ネクストゴール:200万円に挑戦

 本ページを閲覧いただきありがとうございます。公開後、24時間以内に目標金額100万円を達成することができました。支援金はもちろんですが、温かい激励のメッセージが本当に嬉しく、これが人が人の背中を押すクラウドファンディングの力だと感じております!
 この度、ネクストゴールとして目標金額200万円を目指すことにしました。ご支援いただいた資金は当初の目的である販促費に厚く広く使用させていただき、「落とし物が必ず見つかる世界」の実現に近づけていきます。活動報告にて、これまでいただいた「落とし物クラウドFIND」へのご質問に回答いたします。ぜひ、ご覧いただけますと幸いです。
 最後になりますが、我々のことを応援していただき本当にありがとうございます。理想の実現に向けて仲間と試行錯誤する毎日は、刺激的で魅力的である一方、不安との葛藤の毎日でもあります。そんな毎日において、応援してくださる皆さまの存在は本当に心強いです。リターンはもちろんのこと、行動と成果でもこの感謝を示していきたいと考えています。(FINDs 高島彬)


はじめに・ご挨拶

 はじめまして!株式会社FINDs(ファインズ)代表の高島彬(タカシマアキラ)と申します。本ページを閲覧いただきありがとうございます。
突然ですが、 あなたは今までの人生で、

落とし物をしたことはありますか?

落とし物を拾ったことはありますか?

落とし物を預かったことはありますか?

 きっといずれかの経験をされたことがあるのではないでしょうか。そして、そこには色んなストーリーや想い、何より不安があったことと思います。
 SNSを見てみると、多くの方が大切なものを落としてしまい、探されているのが見受けられます。無事に拾った人と繋がったケースは多くないのではないでしょうか。

 胸を張って言える話では全くないのですが、私は頻繁に落とし物をしてしまいます。小さい頃から今まで、財布、スマートフォン、クレジットカード、免許証、パスポート、カバン、リュック、イヤホン、メガネ、ショッパー等々・・・落としたことに気づいたときの落胆や、見つかったときの安堵も沢山経験してきました。(実は最近もリュックを紛失し、見つかっておりません、、!情けないです。)

 私が㈱FINDsを創業したきっかけは、昨年10月頃にスマホとメガネを紛失する事件を起こしたことがきっかけです。その際、落とし物にまつわる構造的課題は根深く、落とし主である私だけではなく、落とし物を拾った人や預かった施設もそれぞれ悩みを抱えており、それらを「全体最適」で解決するサービスは見つけることができませんでした。


落とし物クラウドFINDとは

 そこで、我々は「落とし物クラウドFIND(ファインド)」を開発・提供することにしました。落とし物は今もなお、そのまま放置されたり、届けられたとしても各施設や警察などそれぞれで管理されています。落とし物をした人の「連絡するだけでも大変」「探したくても見つからない」という悩み・不安を、テクノロジーとコミュニティの力によって解決します。FINDは「落とし物が見つかる」だけではなく、新たな感謝の輪を生み出すことを目標としています。

 将来的には、鉄道会社や各種施設ともアライアンスを組むことで日本全国の落とし物データベースを構築していきます。そして、日本の素晴らしい文化を詰め込んだサービスとして海外に展開していきます。 


開発中のアプリイメージ

落とし物情報の投稿
落とした物の写真や名称、詳細、落とした場所、お礼金(任意)の情報を入力します。 落とし物の詳細では、困っている様子や見つけたい想いを書くことができます。

落とし物のマッチング
投稿した落とし物とFINDに登録されている拾われた落とし物をAIで照合します。 類似度が高いものがみつかると、拾った人と落とし物の詳細についてメッセージをやり取りすることができます。

お礼金のお支払い
落とし物を拾ってくれた人に、お礼金をお渡しすることができます。 今後、感謝の気持ちを伝える機能も開発予定です。


プロジェクトをやろうと思った理由

 今回開発するFINDは新しい体験を提供するサービスです。「このようなサービスがあったら使いたい!」と思っていただける方がどれくらいいるのかを確かめたい、 応援してくださった方と一緒に「落とし物が必ず見つかる世界」を実現していきたい・・・という想いで本プロジェクトを始めました。


このプロジェクトで実現したいこと

 FINDは、落とし物に関する当事者の困りごとを解決するサービスです。しかしながら、落とし物をした時・拾った時それぞれのタイミングで、ユーザーがFINDを認知していないと世の中の落とし物情報が蓄積されず、落とし物を見つけられなくなってしまいます。そこで、本プロジェクトのご支援額を販促費に使わせいただき、ユーザー認知向上と、それによる利便性向上を実現させたいと考えております。このプラットフォームが機能するには「コミュニティ」の力が必要で、皆さまと一緒に「落とし物が必ず見つかる世界」を実現していければと考えております。

※初期はCtoCアプリとしてスタートしますので、まずは前述した当事者のうち「落とし物をした人(ドロッパー)」、「落とし物を拾った人(ピッカー)」の課題解決にフォーカスします。


資金の使い道

 ご支援いただきました資金は、CAMPFIRE手数料を除き、ユーザーを増やすための販促費の一部として使わせていただきます。集まった資金が大きくなるほど、ユーザーを増やすための販促費を投下することができ、「落とし物が必ず見つかる世界」の実現に近づけることができます。尚、プロジェクトはAll-or-Nothing方式を採用しており、期間内に調達金額に届かない場合は、支援した金額は返金されます。


リターン

ご支援いただいた金額に応じて、以下の内容を組み合わせたリターンをご用意しております。

①お礼メール
 最大級の感謝の気持ちを込めて、お礼メールをお送りいたします。

②β版アプリ(iOS版)へのご招待
 9月上旬頃に配信予定のβ版アプリへ特別にご招待します。
 ※β版アプリはiOSのみ配信となります。Androidをご利用の方は予めご了承ください。

③立上げクレジット
 支援してくださった方のお名前をアプリ内のクレジットページに掲載させていただきます。
 ※ご支援いただく金額に応じて掲載サイズが異なります。
 ※表示は、正式版アプリの配信(2022年9月予定)から1年間を予定しております。
 ※掲載方法は、正式版アプリをご利用いただく際に登録いただく、プロフィール情報(アイコン・ニックネーム)を使用します。

※名前や画像は実際のユーザーのものではありません。

④プライオリティパス
 9月末頃に配信予定の正式版アプリ内で、ご自身が投稿した落とし物情報の優先表示を行います。
 ※有効期間は正式版アプリの配信から3年間です。 ※正式版アプリ配信時に、プライオリティパスの表示デザイン・表示方法が変更になる場合がございます。


これまでの活動

 2021年12月に、高島と和田が㈱FINDsを共同創業し、 チーム作り・資金調達・アプリ開発を進めています。 2022年4月現在は、各領域に専門性のある個性的なメンバー8名が参画し、ワクワクしながら日夜開発作業を進めております。高島と和田は、3月末に前職を退職し4月よりFINDs事業に注力しております。
※創業経緯についてNewsPicksにインタビューいただきました。(リンクはこちら


実施スケジュール

~5月31日:募集期間(約1か月)
7月~:支援額を販促費に投資
9月上旬:β版アプリを先行配信・ご招待
9月末:正式版アプリを配信
※本スケジュールは前後する可能性があります。その場合は活動報告等で事前にご連絡します。


最後に

 日本は落とし物が返ってくる珍しい国ですが、実はその裏側には100年前に交番制度が始まって以来ほとんど変わらないアナログなオペレーションによる構造的な課題があります。また、それは「落とし物はこういうものだよね」と誰もが諦めてきた課題です。それをコミュニティとテクノロジーの力で解決するのが「落とし物クラウドFIND」です。皆さまのご支援によって、日本の素晴らしい文化をカタチにすることができます。一緒に「落とし物が必ず見つかる世界」を実現していきませんか?


  • 2022/04/28 22:10

    FINDsの高島です。4月27日12:00に公開後、なんと開始24時間以内に目標の100万円を達成しました。これは全くの想定の範囲外で、メンバー一同大変驚いております。現在、「人気急上昇中のプロジェクト」としてもページ上位に表示されているようです。支援者の皆様には本当に感謝しております。支援金...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください