はじめに

CIS Creatives の裏方担当のリチャードソン緒子です。愛知県半田市出身の私が1992年に一人でアメリカに旅立ち、戻ってきたのは2015年。主人のポールと娘を連れての移住兼帰国でした。二人三脚で英語教育に携わっている中、私達ができる事って何だろうといつも考えていました。私達はアーティストでもあります。活動を本格的に再開し、私達だからこそできる何かをつかみ始めました。それが CIS Creatives のクリエーターズ・ラボのプロジェクトです。

私たちの活動は、インディとして、アーティスト自身が予算や活動計画を立て、マイペースに活動できるサポートを提供しています。従来の型にはまった方法以外でも、アーティスト活動を本業・副業・趣味のどのレベルでも、クオリティーの高い活動ができるお手伝いをします。運営者の一人ポールは、アーティストとしてアメリカで20年以上、音楽・映画・TV番組制作等に携わってきました。私達が持つ国内外のネットワークの利用はもちろん、新しいネットワークの開拓にも力を入れ、良い作品作りと、良い作品を世に出すことを目標にしています。私達は翻訳というサポートも提供しているため、言葉の壁を取り払い、海外に向けての発信も安易にできるようにしています。

 
・Paulie Rhyme(ポーリー・ライム)より。
Hello everybody! For those of you who may not know me and are thinking about why you
should support a project like this, here are a few reasons. First, I think the story of a mixed
family moving from Ohio to California and then to Japan is very relevant to our global
community and to people who may either want to do the same, have a similar family, or have a connection to these places. Even though this will be in a short film format, it is a full story of
how we have gotten from point A to B to C and how the common threads of family, friendship,
and music have been important. Second, as an independent artist, I wanted to share the
experience of continuing my journey and passion as an artist and also how being an educator
has not only added to what I have been able to do, but enhance it. Lastly, many people jump
right into the story of moving to Japan before they live here, so I think telling this story after we have been here for some years makes it more authentic and real. How we have learn, grown,
and built our lives and relationships at this point took time and that is something that you will
see and feel. 

プロジェクトをやろうと思った理由

ヒップホップアルバムを制作しました。半田に住んだことでインスピレーションをもらい、日本への移住、半田市での生活を語ったアルバムです。「Higher」は曲のタイトルですが、アルバムのタイトルでもあります。そしてこの曲は、アルバムからの第一弾としてリリースされます。歌詞には、半田が大好きである事、この地域から世界が見える事、この町に自分の将来がある事がつづられています。だから、ミュージックビデオは、半田のコミュニティと、半田の町を背景に制作したいと強く思いました。ドキュメンタリー映画は、一人のアメリカ人が半田に住み、このアルバム制作に至った記録、日本に住む前の映像記録、東京や京都じゃない日本に焦点をあてています。半田の町が好きだからこそ、世界に出すミュージックビデオとドキュメンタリー映画は、いい加減な作品、安っぽい映像は作れません。今回のクラウドファンディングで得るご支援は、才能・名声・業界ネットワークを持っている監督を始め、制作スタッフを起用し、国際映画祭に出展しても、ワールドワイドでリリースしても、半田に住む人に関わらず、「半田を舞台にしたドラマ」に心惹かれる作品に仕上げる為、皆様にご支援を頂きたく、クラウドファンディングを実施しました。

・Paulie Rhyme(ポーリー・ライム)より
It is my hope that this shows an open and honest take on what being an artist and family is like in a smaller community in Japan. There are many stories out there about bigger cities or
historical places, but not much about Japan being more like the world, then different from it.
Handa is a real place, with real people, and real life. I hope that people see that and like it.

このプロジェクトの関係者について

Nujabesと並び称される日本が誇るメロウ&ジャジーなローファイ・ビートメイカーとして、世界的にも評価の高いNomakが初めて本格的に手掛けるミュージックビデオ。10年以上前にNomakの楽曲にフィーチャリングのオファーを直接もらい、やがて音楽仲間は友情となり、そして家族同然ともいえる間柄に。Nomakのビジュアルのセンスをちょっとした映像撮影からいち早く感じ取ったポーリーライム。MVを制作すると決まった時、直ぐにLINEで連絡しました。

短編ドキュメンタリー映画は、出身も同じDavid Velo Stewart監督にストーリー構成・映像編集で起用。映像監督として、Nomakもカメラを回します。Davidとポーリーライムの出会いは、Hip Hopの長編映画制作が始まり。彼の映画は、Sun Dance国際映画祭で上映されたりと、仕上がる作品に期待ができる強い味方。何よりも、彼はポーリーライムの良い理解者でもあり、彼の音楽のファンでもある事から、彼しかできないストーリー構成で、感動の1本を手掛けてもらいます。

資金の使い道

支援金はミュージックビデオと短編ドキュメンタリー映画の両方の制作、返礼品に充当させていただきます。

【ミュージックビデオ制作費用】‐ 235,000円
・監督 (本番撮影5日間)
 制作・編集・撮影費 50,000円
 高速料金・ガソリン代 60,000円 (高知県⇔愛知県半田市)
 宿泊費 60,000円
・監督 (編集・修正・ポストプロダクション3日間)
 渡航費 25,000円 (高知県⇔中部セントレア空港)
 宿泊費 40,000円

【短編ドキュメンタリー映画】‐ 600,000円
・監督(監督・編集)
 制作・編集・コンサルティング費 150,000円
・撮影監督(シーン撮影)
 撮影費 50,000円
 高速料金・ガソリン代 60,000円 (高知県⇔愛知県半田市)
 宿泊費 60,000円
・音楽編集・字幕編集等その他の編集 180,000円
・映画祭出展費用 100,000円
(多数の為全部は掲載していません。詳しくはプロジェクトのブログで都度ご報告いたします。)
 Indie Shorts Awards Cannes - Music Video $47
 Indie Shorts Awards Cannes - Documentary Short $47
 Portland Film Festival - Music Video $75
 Portland Film Festival - Documentary Short $75
 Indie Shorts Awards New York - Music Video $45
 Indie Shorts Awards New York - Music Video $45
 Austin Film Festival - Documentary Short $80
 Raindance Film Festival - Music Video £35
 Raindance Film Festival - Documentary Short £35、等

【その他機材、プロモーション、返礼品等の費用】‐ 343,424円
・機材とソフトウエア 編集用コンピューター1台 129,800円
・編集ソフト 8,480円
・プロモーション用兼スタッフT-シャツ 100着 83,000円
・CD限定カバー 300枚 99,144円
・映画パンフレット(12頁) フルカラー 限定100冊 23,000円

【手数料】
・CAMPFIRE手数料 17%(+税)

実施スケジュール

2022年4月14~20日 ミュージックビデオ(MV)撮影(MVの撮影は無事終了いたしました!)
2022年5月中旬 MV編集
2022年6月下旬 短編ドキュメンタリー用の映像精査
2022年7月中旬 短編ドキュメンタリー映画のトレーラーNo.1作成・配信
2022年7月中旬 ミュージックビデオ オフィシャルリリース 世界一斉配信
2022年7月下旬以降 ミュージックビデオの映画祭出展開始
2022年4月~8月 短編ドキュメンタリー映画のインタビュー撮影、その他のシーン撮影
2022年8月から 短編ドキュメンタリー映画の編集スタート
2022年8月下旬 短編ドキュメンタリー映画ののトレーラーNo.2作成・配信
2022年9月下旬 短編ドキュメンタリー映画の完成
2022年10月から 短編ドキュメンタリー映画の映画祭出展開始

海外からご支援される方への注意事項
For those people who support this project from overseas

郵送を伴う返礼品に関しましては、日本からEMSで発送させていただきます。必ず備考欄に発送先の住所、電話番号、受取人氏名を明記してください。
Any "Thank You Gift" that requires overseas shipping, we will use EMS shipping method to
send it. Please provide us shipping address, phone number, receiver's name in the note section.

最後に

自然で正直な作品作りを心掛けています。このミュージックビデオ、ドキュメンタリー映画を観て、今の自分、将来の自分をポジティブに包む作品に仕上げられるよう頑張ります。皆さんの応援、宜しくお願い致します。

・Paulie Rhyme(ポーリー・ライム)より
Thanks for even checking out the project and taking the time to look at our project. If you
decide to support, it will help us create new opportunities and narratives for people to learn and grow from. The people of Handa and the people who are helping with this project are amazing
and the more support we can get for this project, the more chances we can create for future
projects in our area.

<募集方式について>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2022/06/21 20:08

    近況報告Vol.1数日前に、MV監督のNomakさんと現時点での進み具合について話しました。全身全霊で制作していただいていることが伝わり、完成品への期待度がもっと大きくなりました。まず、カメラのアングルとライトの取入れ方が、本当に初めてプロジェクトとして試みたとは思えないほどの良さで、驚いてま...

このプロジェクトの問題報告はこちらよりお問い合わせください