はじめに・ご挨拶

自己紹介!動画

歯医者の嫌いな歯医者さん、自称28歳の大橋真龍です。
2021/07、
「寝ながら歯並びがきれいになる!マウスピース369」
で、クラウドファンディングの目標達成をいたしました。
ご協力していただけた方、ありがとうございました。


27年間歯医者をしていて、
予防に勝るものはないということを悟りました。

歯科での予防は、昔から虫歯と歯周病がメインでした。
電動歯ブラシの進歩と糸ようじの併用により、
今までの考え方が変わり、
しかも長寿時代になったおかげで、
別の問題が出てきたのです。
(詳しくはYouTubeで!)

従来の治療方法や既存の器具を使って、
診療をしていましたが、
同じ部位で再発することが多かったのです。
そのため、再発防止はできないとしても、
なんとか再発期間を長くする方法はないかと考え、
前回マウスピース369を、
7月にリリースさせていただきました。

昨年の4月からデーターを取り、
様々なことがわかりました
おかげさまで、
ミスターマウスピースと言われてもおかしくないほど、
マウスピースに可能性を見込んで、没頭しております。
今回、再度クラウドファンディング に
出させていただいた理由は以下に書きますが、
ここで簡単に言わせていただくと、
「マウスピースを付けて寝る時代」
なっていたということです。

以下の文章で伝わるか、わかりません。
ぜひ最後まで読んで、動画を見ていただいて、
ご理解していただけることを期待し、
十分に納得した上で、ご使用続けていただける方が、
一人でも増えることを願っております。m(__)m

このプロジェクトで実現したいこと

実現したいこと!動画

前回のマウスピース369を開発し、
これで、人々を救うことができる!
と、息巻いておりましたが、
残念ながら、毎日続けて使用できない方も、
いらっしゃいました。

そのため、このプロジェクトを通して、
さらに多くの方に使ってもらえる物を作り、
歯並びの予防ができたり、
年齢と共に削れていく歯の量を少なくしたり、
顎の位置が悪くて体にかける負担を軽減することが、
使い続けることによってできると考えています。

ましてや、日本中だけでなく、世界の人たちも、
同じような悩みがあるようです。
「マウスピースを通して、日本国民だけでなく、
世界中の人々の健康を守りたい!」
そんな、想いを実現できると思っています。


プロジェクトをやろうと思った理由

プロジェクトをやろうと思った理由について!動画

一年間、様々な方に話を聞いてもらったりと、
奔走しておりました。
今までに無い文化
「マウスピースを付けて寝る習慣」
を作るには、生みの苦しみというものがあるようで、
全く相手にされませんでした。

開口一番「売れるんですか?儲かるんですか?」
また、「エビデンスは?」の1点張りです。
エビデンスとは、「根拠と証拠」という意味です。
「根拠」は解っていても、
「証拠」がないと協力できないと言うのです。
当たり前の反応です。
しかしながら、製作してから直後の話で、
他の製品の良い所取りにもかかわらず、
この製品の証拠がないとダメということです。
また、根拠が解らないまま、お金が儲かる?
という観点から話す方も多かった気がします。
残念な話です。

また、昨年からの中国のシリコンの買い占め
この時期に来て、ロシア・ウクライナの戦争で、
材料費がとんでもなく値上がりました。

新しい金型が必要で金型から製作となると、
そちらの材料費まで高額になり、
当初見積もっていた金額の倍以上になりました。

銀行の融資や、
マウスピースを売って利益を上げてからのスタートでは、
世界情勢もあるので、いつになるかわからない

ご紹介で、いろいろな方と話すと、
使ってみたい!早く欲しい!どこで売ってるの?
という声を、多数聞きました。

ならば、以前協力してくれて、夢をかなえてくれた、
クラウドファンディングの会員の皆さんに、
協力してもらおう!
ということで、出品させていただきました。


これまでの活動

これまでの活動について!動画

普段は、保険中心の普通の診療を行っています。
苦しんでいる人を見たくないので、
予防を中心に移行してきました。
歯医者さんで予防と言うと、
虫歯・歯周病を思い浮かべますが、
理論上、細菌性の虫歯・歯周病には、
ならない時代になっていました。
(詳しくはYouTubeで!)

問題は、細菌性ではない虫歯・歯周病です。
原因は、「歯ぎしり」です。
知っている!治療したことがある!
という人がたくさんおられるかと思います。

一年間、患者さん以外で述べ1000人ほどの方から
話を聞きましたが、マウスピースを使い続けている
という人は、ほとんどいないということが解りました。
このことから、生体の機能に合っていない治療が、
多いような気がします。

そのため、体の健康維持に重要な、
「生涯マウスピースを付けて
歯が削れないようにする時代が来ている」

ということが、残念なことに、
伝わっていないということが解りました。


また、「上を向いて寝ると、歯が悪くなる」
という理論に対して、
治療方法や予防方法が皆無であったことから、
前回、「マウスピース369」を
リリースさせていただきました。

皆さんに使ってもらうと、残念ながら、
使い続けられない方も、いらっしゃいました。
調査をすると、原因は、大きく分けて、3つです。
①歯並びが悪すぎる 
②唾液がたくさん出る
③慣れない

②③に関しては、今までになかった習慣ですので、
ご理解の上使用していただいて、
慣れていただくしか方法はありません。

問題は、①でした。

歯並びが悪すぎる方に、合うものが作れないか?
何種類も試作して、いろいろと検証した結果、
上下の前歯のずれが、18mmまで、
対応できることが解りました。
これは、かなりの出っ歯の方にも、
使えると自負しております。

そして、解ったことがありました。
最初の「マウスピース369」は、
子供・女性サイズだったのです。
すべての方に、合うように作っていたのですが、
どうしても変えないといけないところが
見つかったのです。
それは、男女・こどもの顔の大きさです。

「え?」と言われる方も居られると思います。
もともと、大人とこどもの歯並びの大きさが同じで、
型が一つということが、売り文句の一つだからです。
結果として、歯のズレだけでなく、
顔全体の大きさのサイズが違うことにより、
大人用と子供・女性用に分ける必要があったのです。

服のフリーサイズに大人用・子供用があるのと同じです。
ですので、女性でも、歯のずれが大きい方は、
大人用から使っていただいて、歯並びを変化させてから、
子供・女性用に変えていただくことになります。
男性も、小柄な方は、子供・女性用となります。
身長の目安として、165センチ以上は、
大人用と考えています。
顔の大きさなので、身長だけが、
正しいわけではありません
今回、マウスピース369のタイプ2・大人用を
作ることによって、使い続けられなかった方に
使っていただけるようになり、
健康寿命の延長に貢献できるようになりました。
(^^)v

マウスピース369の6つの特徴
①歯の代わりに削れる
②「上を向いて寝ることによる顎の変位」に対する対応
③鼻呼吸への誘導
④唾液量の増加
⑤既存のプラスチック矯正との併用可能
⑥歯並びをの悪化を正す


特徴①②③について動画

特徴④⑤⑥について動画


資金の使い道

50万円:目下の目標

200万円:タイプ2の製作費(1個取り)
大人・男性用の型で、 1週間の製作個数が少ない

500万円:タイプ2の製作費(4個取り)
大人・男性用の型で、1週間の製作個数が多くなる

1000万円:タイプ1の製作費(4個取り)
小人・女性用の型で、
1週間の製作個数が多くできるものを追加で作れる。

2億円:プロが関われば、このぐらい当たり前。
素人の私たちが、どれだけできるか、挑戦金額!(笑)
これだけ金額が集まれば、もっと大量生産できて、
世界中に販売できるようになります。\(^o^)/

宣伝広告費 100万円~
手数料 17%


リターンについて

・従来の在庫一掃セール
①マウスピース369 タイプ1
【形状変更前のクラウドファンディング 特別価格】
13200円(税込み)

・新型マウスピース 
クラウドファンディング 特別価格・22000円(税込み)
(市販の定価は、2022年4月現在25300円(税込み))
②マウスピース369 タイプ1
「ガリレオ」 小人・女性用
③マウスピース369 タイプ2
「キセキ」  大人・男性用

・ペアセット(親子またはカップル、
もしくは、上下の歯が5ミリ以上ずれている方)
④マウスピース369 
形状変更後のタイプ1・タイプ2のセット】42900円(税込み)

・開発者のオンライン診察相談
⑤大橋真龍のオンライン診療相談 
1~2時間 33000円(税込み)

実施スケジュール

4月 クラウドファンディング開始

5月 設計・販売ルート最終チェック、行政の審査

6月 前半、従来の形状のタイプ1の製作。
    後半、順次発送。

7月 前半、金型修正。
        後半、新型のタイプ1「ガリレオ」の製作開始

8月 新型のタイプ1「ガリレオ」順次発送。

9月 タイプ2「キセキ」金型製作開始

11月 タイプ2「キセキ」制作開始

12月~ 順次発送


最後に

最後に

歯科の予防対象は、4つあります。
歯と歯周病と周囲筋と顎です。
冒頭に書きました通り、細菌性のものは、
すでに対応可能です。
周囲筋と言うのは、鍛えることで対応可能です。
MFTという言葉があるくらいですので。

問題は、だったんです。
しかも、いくら高額な治療をしても、
再び悪くなる理由の一つに、
年齢とともに顎がずれる事があったんです。
そして、寝ているときに顎の位置を
安定する方法がなかったんです。

50~60歳で寿命だった時代に、
医療は進歩しました。
現在、基本的な治療方法は変わりませんが、
思いやりに欠けていると考えています。
それは、長寿になった時、
その年齢に合った医療なのか判らないからです。
体力のある子供に行うと効果の出る治療方法を、
年寄りにしているようなものです。
基本的能力が下がっている体であれば、
死期を早めることもあろうかと思います。
様々な出来事に、対応できる体を維持する!
これが、予防の本質だと考えます。
ですが、歯同士は、ぶつかれば、必ず削れます
同じ材質がぶつかれば、削れるのは、
世界一硬いダイヤモンドを磨く・削る方法が、
例になる事はご承知かと思います。
つまり、大人の歯を削れない予防をするというのは、
本当は、6歳から必要だったのです。

また、歯並びは、体の健康に深くかかわり、
悪くなると、健康被害に直結することです。
海外では、幼いころから矯正をしているようです。
マウスピースを使い続けるだけで、歯並びもかわり、
将来、健康被害になる事を防げるとしたら、
ワクワクしません?(笑)

医療教育は、平等であるべきだと考えています。
残念ながら、現在の資本主義の考え方では、
金額で優劣をつけているので、
不平等にしかなりません。
努力した成果より、持っている資本で、
世の中が回っていると思うと、残念でなりません。
健康だけでも、手軽に維持できる方法があれば、
より能力の高い人類が残ると信じています。

最後に、
故バックミンスター・フラーの言葉を掲載します。
「地球を侵すことなく、
一人も傷つけることもなく、
各個人の自然な協力のもとに、
100%の人間性に基づいて
世界が機能していく社会を
どうやって作っていくか?」

共感の持てる一言です。

一緒に考え行動しませんか?

まずは、マウスピースを使って、
一緒に健康維持をしましょう!\(^o^)/


<募集方式について>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2022/05/20 08:45

    マウスピースで、すごい事が解りました!!なんと、肩こりや腰痛の原因が、歯が削れることや、上を向いて寝る事だったのです!!そんな説明を、急遽、今夜、ライブをします!本日、下記のようなライブを行いますので、お時間があれば、ぜひ、ご参加いただければと思います。 また、肩こり・腰痛などで、お困りの方が...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください