はじめまして
IY Holdings です
  • 長崎県 / 
初めてのプロジェクト

IY Holdingsでは、
地域や組織の持つ可能性に気づき、可能性を広げ自ら進化する地域や組織を増やすことをミッションに事業を展開しています。

【First Goal[100万円]を達成しました感謝❤️ & Second Goal[500万円]のお知らせ❗️】

100万円を超えるご支援をいただき、90名に迫る数の方々にご支持いただけたこと、

とても嬉しく思います、本当にありがとうございます!

今回の出版に際して、最高のキャストと最高の仕様でお届けしたいと思いまして、編集チーム、カメラマン、デザイナー、印刷会社さん、さまざまな方々のご協力のもとに雑誌の制作を進めております。

そして、一切の妥協を許さないという前提で進めた結果、必要な経費が1,500万円にも上ることが最近分かりました。(いや、ある程度は覚悟していたのですが、想定の倍近くかかることが最近確定しました・・・苦笑)

ということで、第2のゴールを設定させていただき、また、リターン内容もよりウェットに富んだ、私が全面的に稼働させていただき、しっかりと稼ごう!ということになりました。

本当になんでもします!(もちろん、公序良俗に反しないものの前提で)

是非とも、本誌に制作費用の一部に足させていただけるように、一所懸命がんばりたいと思いますので、どうぞよろしくお願い申しあげますm(_ _)m

追加リターン内容について:

②オンラインサロン 10,000円

私のオンラインサロン【The First Angel Investor 】2ヶ月分チケットとセットで、今回の雑誌のPDFをご提供します!ベンチャー業界のアレコレを知るのには最適な、最新情報を提供してますので、ぜひ、ご興味ある方はご覧ください^^

詳細は、リターン内容をご確認ください。


①食事会 120,000円

投資先の起業家やベンチャー関係者との食事会にご一緒いただき、楽しい&美味しい食事をご一緒しましょう!

詳細は、リターン内容をご確認ください。


③沖縄ツアー     300,000円

私は、実は8年前から沖縄県のお仕事でほぼ数ヶ月に一度くらいの頻度で沖縄に訪れておりました。そして、今年の3月から沖縄県民になっております(実は!)

私の好きな沖縄スポットをまわり、お食事をご一緒しましょう!という1日沖縄を堪能できるツアーですので、沖縄に行って遊びたいという方は是非に^^

詳細は、リターン内容をご確認ください。


④京都ツアー 500,000円

実は、私は京都の舞妓さんでご贔屓にしているお茶屋さんがあります。

普段敷居が高く、また、なかなか一見さんだと入れないお店や京都の世界ですが、実は、私と一緒に楽しむ方法があります。ということで、[山口豪志と行く京都舞妓ツアー]を限定数人で行きましょう!

詳細は、リターン内容をご確認ください。


⑤オンライン講演 540,000円

すっかりおなじみになったオンラインセミナーや講演会、皆さんの会社の社員さん向け、または、学校での生徒さん向け、どんな場面であってもお題をいただければそれに合わせてお話をさせていただきます!

詳細は、リターン内容をご確認ください。


⑥山口豪志8時間 880,000円

あれを頼みたい!これをしてほしい!というご要望を何なりとうかがいます!

出来ることがアレコレ増えて38歳にもなったので、きっとお役に立てるはず、です!

詳細は、リターン内容をご確認ください。


ということで、引き続き、ご支援のほど、どうぞよろしくお願いいたします!


-----------------[本文]-----------------------------------------

2022年の現代に生きる偉人たちの言葉を100年後の2122年の人類へ残す為、また、改めて今の時をともに生きる我々が同じ時代を共に生きる偉人たちの言葉や視点を見聞することで彼らならではの新鮮な刺激と学びを得るために【The Race】という雑誌を創刊いたします。

なお、この書籍はタイムカプセルとして、日本国の土地にタイムカプセルとして物理的に埋めて、100年後の未来に掘り返して見てもらえる様に残します。

プロジェクトをやろうと思った理由

本誌では、Art & Business , Scienceの3つのテーマにて、それぞれで大きな功績や実績、作品を残されている方々の話を通して改めて世界を立体的に捉え直す機会を作れたらと思っています。

Art & Business , Scienceの3つがテーマの雑誌は、ある意味ではごった煮のような印象を受けるかもしれない。

ただ、三十路を越えて大人の円熟味を増していく方々にとってはこの3つのテーマは、オトナの教養として必須になってくるものであり、学生時代の座学では習えない事ばかりではないでしょうか。

アートの話ができる方と、そうでない方はどちらが魅力的に映るだろう?
ビジネスの話ができる方と、そうでない方はどちらが興味を持たれるだろう?
サイエンスの話ができる方と、そうでない方はどちらの会話が楽しいだろう?

3つのことへの知識や知見があると、魅力的で興味をひかれる存在、そして、誰とでも楽しい会話が出来ると思います。
そういう大人が増えた方がきっと、もっと社会全体が素敵になるに違いない!と、私は思うのです。

本誌の創刊にあたって私には、2人のスーパースターがいました。
彼らに憧れて今までの社会人人生の時間を生きてきたし、彼らから学ばせて頂いたことによって
今の自分自身の全てがあります。

『堺屋太一』
(たまたま21歳の頃、ユーラシア大陸横断の一人旅の最中、バックパッカーとして泊まったイランの日本人宿でたまたま読んだ、【知価革命】という書籍が私の人生を変えた。私はインターネットの会社で働くことを選ぶきっかけになった。)
https://www.php.co.jp/books/detail.php?isbn=978-4-569-56262-9

『原丈人』
(25歳の頃、クックパッド社が東京証券取引所に上場させていただき、株主資本主義の現実をまざまざと直面して腐っていた時に、会社の同僚に教えてもらって読んだ【ほぼ日刊イトイ新聞】での原丈人さんと糸井重里さんの対談記事に影響を受けて、私はベンチャー投資家になる道を選びました。)
https://www.1101.com/hara/

この二人の思想と行動が生み出した言葉たちは、確実に私自身の人生を変わりました。

堺屋太一さんには亡くなる直前に、一般社団法人外国人雇用協議会という会合のイベントに登壇された際に、ご本人の面前での席に座る事が出来て、一つだけ質問をすることができました。

その時の彼のお話にも大変感銘を受け、直接インタビューしてもっとお話を聞きたいと思い、当時経営していた会社のWEB媒体で取材依頼を行ったのでした。

しかし結局、ご本人の体調不良等を理由にインタビュー企画は流れてしまい、その後すぐに亡くなられてしまって、彼と対話する機会は永遠に失われてしまったのです。

偉人(人間)は必ず自然人です。
そして、彼らには必ず寿命があります。
年齢が若いか、そうではないか、ではなく、誰もが必ず死ぬ存在です。
一方で死という姿は、また今を生きる者への新たな教えになる事象でもあると私は思っています。

私は堺屋太一さんの死を無駄にはしたくない。
現代の偉人を確実に100年後の未来に届けるために私は雑誌という紙媒体にこだわりたい。
パピルス紙の発明以降の人類の歴史において紙媒体ほど保存性が良い物はなく、人類に対して影響を与えた発明はないのではないかと思っています。

今でも、そして、これからも紙媒体は長い時間を残り続けるのだろう。

また、紙媒体としての雑誌という形式には、3つの利点がある。

・長期での情報の保存が可能となり国立国会図書館にて日本国があり続ける限り、半永久的に物理的に保存ができる
・企画を通じて、そこで取り上げる人、物、事象について、さまざまな言説をあたえて表現ができる
・広告媒体として、その当時の時代感を閉じ込めたクリエイティブや情報を遺して未来の世代に伝えられる

すっかり前置きが長くなってしまいました。


さぁ、皆さんにはこの覚悟はあるでしょうか???
今生きている私たちが、未来を生きる人たちへ出来る最大の贈り物、『後世への最大遺物』を創り・遺す、というその覚悟が。


では、未来の人類社会でも会いましょう、チャオ^^

                          発行人:山口豪志



創刊する雑誌について

■雑誌名:THE RACE(ザ レイス) Art,Business&Science
■サブタイトル:人類に『気づきの視げき』を与えるマガジン
■創刊号コンセプト:
〜100年後の人類に残したい現代の偉人伝〜
科学者、芸術家(アーティスト・名工)、起業家を特集する、人類への貢献をする偉人特集
■創刊号概要:2022年10月発刊予定、124ページ、全ページフルカラー
■紙媒体の発行部数:クラウドファンディングでの発行部数のみ(数百部程度)
■PDF配布部数:1万部以上
■コンテンツ:
-原丈人特別インタビュー
-後世に伝えたい現代の傑物
-アートの未来:満田晴穂、堀春貴、ほか
-ビジネスの未来:家入一真、田口一成、ほか
-サイエンスの未来:宇沢達、七丈直弘、ほか
■閲覧可能場所:

・本CAMPFIREサイト上

・・全国のコワーキングスペース150箇所程度に配布 ( https://staat.jp/

・WEBメディア『THE RACE』上 ( https://therace.jp/



発行人:山口豪志について

山口豪志(やまぐちごうし) 

1984年1月5日生 岡山県岡山市出身
2002年岡山県立岡山朝日高校卒
2007年茨城大学 理学部地球生命環境科学科卒
SYGグループ   総帥

2006年から日本最大料理レシピサイト「クックパッド」を運営するクックパッド株式会社にて、広告事業・マーケティング事業の創成期より参加。2009年の同社IPOにトップセールスにて貢献。大手食品・飲料メーカ、流通・商社、広告代理店を担当し、バリューチェーン全体を幅広くカバーした事業創造を行う。

2012年より3人目の社員としてランサーズ株式会社に参画。ビジネス開発部部長として大手企業との事業提携・協業、広告企画の販売開始などを実行。その後、社長室広報チームリーダーにて、クラウドソーシング業界の普及啓蒙活動でフリーランス交流会の実施、中小企業庁主催の各県セミナー登壇を行う。

2015年1月デフタパートナーズのアクセラレーターとして、インキュベーション施設である横浜グローバルステーションの管理運営とベンチャー企業向けに育成プログラムを提供するなど、活動領域を拡げる。

2015年5月に株式会社54を創業。常時約30社のスタートアップ企業のアドバイザーとして事業戦略策定、BtoBアライアンス支援、広報部門立ち上げ等のコンサルティングを行う。2016年9月より全国50箇所をめぐる[事業スタートカンファレンス]を開催。日本全国で事業を創る創業・新規事業創造のキッカケを提供するイベントを実施。総勢1300名を越える動員を得る。

2017年7月より起業家の最初期から事業成長ごとに多面的で支援し、100名を越えるベンチャー起業家が集まるコミュニティを運営するプロトスター株式会社に代表取締役COOとして参画。日本のベンチャー企業・スタートアップのエコシステム創りに貢献。2019年10月で共同代表を退任。

2021年より投資先のベンチャー企業をまとめて支援するSYG(Success for Your Goal)Groupとして投資先の企業同士の連携と営業・広報等の支援を行い、各社の企業価値の向上を図る活動に注力している。著書に『0 to 100 会社を育てる戦略地図』(ポプラ社)がある。

東京都、横浜市、岡山県、公益財団法人沖縄県産業振興公社、独立行政法人中小企業基盤整備機構他の主催イベント・セミナーでの登壇実績多数。
https://www.poplar.co.jp/book/search/result/archive/8008165.html


資金の使い道

皆様からご支援いただいた資金の全額を、
書籍制作に関する、取材費用や印刷費用に使います。


実施スケジュール

2022年5月 クラウドファンディング開始
2022年7月 クラウドファンディング終了
2022年8月 リターンの取材など対応、印刷物の制作
2022年10月下旬 リターン発送


募集方式について

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。
目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2022/08/02 10:38

    なぜ、紙の出版物にこだわるのか?私は、紙の本が好きである。何故か?本には、その実物の本自体の歴史やストーリーがある。同じ本であっても、誰が所有し、どう流通して、今はどこの誰の手元にあるのか、という色々と思いを馳せることができる。芸術作品に近いものが、紙の書籍にはある。ちょっとした書き込み、折れ...

  • 2022/06/23 07:08

    今回は、全然違う側面での本雑誌について語りたいと思います。みなさん、『広告』と聞いてどういう印象を受けますか?私は、実はファーストキャリアである人材系企業のインターンにて、人材業界における広告業界を経験し、その後、新卒で入社したクックパッド社では、インターネット広告事業部にて、年間で数億円の広...

  • 2022/05/30 11:30

    今回の雑誌でしか読めない対談、鼎談が盛りだくさんの内容になっています。それぞれのインタビュイーの方々と直接話す機会を頂けたことが、まず私にとっては大きな喜びとなりました。それぞれの方々が培ってこられたご経験や知識、そして、その中で芽生えた想いを直接うかがえて、本当に心が揺さぶられる瞬間が何度も...

このプロジェクトの問題報告はこちらよりお問い合わせください