プロジェクト本文

はじめまして、DJダイノジと申します。

ダイノジ 大谷ノブ彦と大地洋輔の2人で2005年から、はじめたDJ x パフォーマンスというスタイルで活動を続けていて、最初こそ鼻で笑われていたけれど、近年では全国のロックフェスに呼ばれ、今では日本一フェスに呼ばれるDJと呼んでいただけるようになりました。

なのに、なぜかアメトーーク!のフェス芸人には呼ばれません。

DJダイノジとして、クラウドファンディングに投稿させていただくのは二回目で、一回目の「DJダイノジ 念願の初海外公演を大成功させたい!!」では229人の方にご支援いただき1,610,000円ものご支援をいただきました。
そのほとんどはリターンの経費使わせていただき、残りはタイへの渡航費と2017年の『気仙沼フェニックスフェス』の資金として使わせていただきました。

もちろんタイのJAPAN EXPOの出演は、皆様のおかげで大成功しました!

 

▼気仙沼フェニックスバッティングセンターとDJダイノジの出会い

東日本大震災で9人のご家族のうち、7人の尊い命が奪われ、生きる希望をなくしていたご主人の千葉清英さんが、生き残った息子さんの願いから希望を見出し、"希望の飲むヨーグルト"を売ってその利益で本当に気仙沼にバッティングセンターを作りあげました。それが気仙沼フェニックスバッティングセンター。

千葉さんとDJダイノジの出会いは、2015年ある番組で千葉さんとお電話で話す機会がありました。

その中で、千葉さんが「大谷さん!打ちに来てくださいよ!」と言ってくださったのがきっかけで、そこで僕らの行く理由ができてレンタカーに乗ってDJダイノジで行きました。千葉さんと抱き合い、バッティングを打ちながら、いろんなお話しをお聞きしました。

 

その時に壁に沢山飾られたプロ野球選手の写真やサインの中にミュージシャンの方の写真が飾っています。聞くとこのゲージの中に簡易のステージを作って音楽イベントをやられたのだとか。
思わず
"僕もやりたいです!"
と言いました!

千葉さんは楽しいことが本当に好きで、これからの気仙沼にはそれが必要だからと口を酸っぱくして言います。
ご自身の経験をふまえてそうおっしゃっているのかと思い胸が熱くなりました。

その翌年春から、気仙沼フェニックスフェスを地元の皆さんの協力もあって開催しました。
元々音響機材等が全くないので、本当にライブハウスの方々が持ち寄ってくれたり、CDJなんかも個人で持ってる人が貸してくれたり、とにかくみんなで手作りでやりました。
そしたら、すごくいい空間になったんです。

初年度に心の中に思ったのは、これやっぱり入場料無料でやって、もっともっと町の人、それから町以外の人が気軽に来れるようにできんもんかなと。

ほんで、その分のお金を気仙沼に落としていってもらう。夜は気仙沼で美味しいもん食べて、お土産買って帰ってもらう。温泉入って、町の人と触れ合ってもらう。

要はこのイベントはただのきっかけ。

気仙沼って街を好きになって、何度か脚を運ぶようになってくれたらいいなと。
それが理想なんです。
これは2011年以降のDJダイノジが心がけてきたことなんです。
何度も辞めようと思ったDJ活動もそれきっかけで、楽しくやれる以上はやれるとこまでやるぞって思って前回のクラウドファンディングで集まった資金を使わせていただきました。

そしたら、地元の人も来てくれて大成功!

これも皆様のおかげです。
やりたかった形が出来たのは、本当にみなさんのおかげです。

これ本当にDJダイノジだけじゃなくて、いろんな可能性を持っていると思うのでできるだけ共犯者を募りたい。そう思って今回もクラウドファンディングを立ち上げたいと思いました。

▼第三回 気仙沼フェニックスフェス(通称:フェニフェス)を入場無料にしたい!

2018年3月20日(火)・3月21日(水・祝)に開催フェニフェスを開催します。
これを今年も入場無料にして県内・県外の人も気軽に遊びにこれるお祭りにしたいと思っています。

何をするの?というと、気仙沼フェニックスバッティングセンターで、とにかく遊びます。昨年は、バッティングセンターなのでバッティングしたり、サンマを焼いて食べたり、ダイノジが漫才したり、FUNKISTさんがライブやってくださったり、ジャイアンナイトしたり、とにかく県外から来た人とか、地元の人とか、老若男女かきまぜて遊べる空間にしました。


DJダイノジ ジャイアンナイト


FUNKISTさんLIVE


ダイノジも漫才させてもらいました


地元の中学生の女の子がジャイトラをやってくれました

これを2018年春も気仙沼でやりたいんです。今度はもっとステキにしたいと思っています。賛同してくれるアーティストさんも増えたし、スタッフや協力者もグッと増えてきました。だからこそ出来る気仙沼フェニックスフェスを、文化祭のようで、楽しいエンタメのお祭りをつくりあげたいんです。

これを僕たちの物だけじゃなくて、みんなのものにもっとしていきたい。

一緒に作ってほしいし、
一緒に遊んでほしいし、
一緒に応援してほしい。
 
力を貸してください。お願いします。
タスケテクダサイ!

▼出演アーティスト

気仙沼フェニックスフェスに出演してくれるアーティストを現在決まってるだけ紹介させてください。(敬称略)


FUNKIST


絶叫する60度


ホームレス小谷(ホームレスなので、すっぽかす可能性があります。)


ダイノジ

現時点で、これだけのメンバーが集まってくれました。これにジャイアンナイトメンバーが参加します。絶対に楽しませるし、絶対に楽しい。全員が優しく勝てるようなお祭りにしたいです。

▼資金の使い道

今まで、足りない分をDJダイノジのポケットマネーでお支払いしたり、アーティストさんには理解をいただいて出演していただいたりしていました。会場の千葉さんも無料で笑顔で貸してくださるのですが、営業を2〜3日止めねばなりません。

正直、これだとつづかないと思っています。

出来るだけ入場無料で続けて少しでも復興支援をするために、クラウドファンディングで集まった資金をもとに、気仙沼フェニックスフェスの運営を健全にしていきたいと思っています。現場を観てみると、まだまだ遠い日の出来事では無いので少しでも復興支援として継続していきたいと思っています。

資金100万の内訳
ざっくりですが、こんな感じで考えています。
・出演するアーティストさん(3組)の出演費(約30万)
・スタッフの移動交通費(レンタカー・宿泊費)など(約10万)
・運営費(会場レンタル、機材レンタル、雑費)など(20万)

その他、リターン返送費用として(15万円)
CAMPFIRE 手数料もろもろ13%(13万円)

残った分を、気仙沼にお金が落ちるように使いたいと思います。例えば、遊びに来てくださった方がお店をやってたら、その人のお店に遊びにいって使って来るとかそんな感じで。その方がみんなで作る意味があるから、共犯者になって良かったって思えるもの、思い出になるようにしたいなと思ってます。

よろしくお願いします!

 

▼支援いただいた方にはFBグループご招待します

気仙沼フェニックスフェスの準備や模様を共有出来たらなと思っています。活動報告のFB版みたいなものですね。その辺をメッセージで共有したいので、ご支援いただいた方には定期的メッセージ機能でにお知らせさせていただきます。
FBをやってない方でも、活動報告で報告させていただきます。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください