はじめまして
YAMATOMO_FUN です

20年以上続けてきた登山、数年前まではただ楽しむだけに登っていました。しかし年々、年齢の壁を実感。それでもパートナーと一緒に楽しむ登山を諦めたくない、亀足で体力や脚力がない私でもなんとかして好きな登山を続けたい、そう思っていた矢先にU.L.(ultralight)カルチャーに出会いました。徐々にU.L.にシフトするも、既存の登山ギアでは満足できず「もう少しこうだと良いのに」とか、「こんなのあったら良いのにな」と思うことも多く、デザイン学校を卒業し元々何かを作るクリエイティブなことが好きだったので、自分の欲しい物は自分で作ってしまおうと思い、山ブランド【 YAMATOMO.FUN 】を立ち上げました。手にした方がワクワクし楽しい嬉しい気持ちになるよう一つ一つ丁寧な物作りと、新しいことにも柔軟にチャレンジすることを心がけています。どうぞよろしくお願い致します。

登山やハイクで肌寒い夜明け、モルゲンロートと絶景を前にいただくドリップコーヒーは格別です!

それは地上では味わえない非日常的な臨場感が胸の高揚と相まって、身震いする中、ホッとする極上のおいしさに感動し、誰かと共有したいほどエモーショナルな瞬間。

山とコーヒー好きなら、そんな経験がきっとあると思います。

U.L.(ウルトラライト)的には贅沢品かもしれないギアが、極薄で超軽くクッカーの隙間に収まり、本格的なドリップコーヒーが抽出できる円錐型のコーヒードリッパーだったら?

それは、もはや贅沢品ではなく心安らぐ必需品になるでしょう。

【 U.L. FUN Drip 】(ウルトラライトファンドリップ)は、限りなく円錐に近い形状でお好みのおいしいコーヒーが淹れられるお洒落なアウトドア用のコーヒードリッパーです!

マグカップからクッカーに対応し、ソロはもちろん2人分のコーヒーが抽出できます!重さわずか11gでクッカーの隙間に収納でき、封筒にも収まる大きさ。登山やハイキングはもちろん、キャンプ、アウトドア、ツーリング、家、オフィスでとさまざまなシーンで役ちます。


登山やハイキング、あるいはキャンプで、パートナーや友人と2人分のおいしいドリップコーヒーを淹れて一緒に楽しみたいと思ったことはありませんか?

1人分のアウトドア用コーヒードリッパーは、軽量化やコンパクト化したものも数多くあるけれど、2人分のコーヒーを一度に抽出できるアウトドア用のコーヒードリッパーは、なかなか納得のいくこれというものに出会えませんでした。

1人分ずつ抽出していると、最初のコーヒーは冷めてしまったり、時間もかかります。縦走やロングコースでは時間配分も大切なので、できるだけ時間のロスはなくしたいところです。

その一方で、せっかく自分の足で登って来て絶景を前にしたら、おいしいコーヒーを堪能しながら、地上では味わえない贅沢な時間を味わうのも登山やハイキングの醍醐味です。

※ 写真の一部はサンプルを使用しています。



これら5つは、コーヒーが好きで U.L. Hiker (ウルトラライトハイカー)にこだわる「YAMATOMO.FUN」として譲れない条件でした。


「YAMATOMO.FUN」のこだわりのひとつ「U.L.(ウルトラライト)」であることは、登山やハイクでは外せない重要な要素です。

発泡ポリプロピレン製にすることで、このドリッパーとベース合わせて約11gという超絶の軽さを実現。

※ 注意:軽さに特化しているため、強風下では使用しないでください。




厚さわずか1mmと薄く、平らにすれば長形3号の封筒(A4用紙の3つ折りが入るサイズ)にコンパクトに収まるサイズなので、持ち運びも邪魔になりません。

※ 一度使うとある程度形状は残りますが、極薄のため収納するものに柔軟に対応します。
※ 使用後薄い布地を介して低温でアイロンをかければ、真っ平に戻すことも可能(但し必ず布地を介してください)。

例えば

・U.L. FUN Drip1セット
・直径約9.5cm×深さ約11cmのクッカー
・直径約7.6cmのマグカップ
・1〜2杯用円錐型ペーパーフィルター
・アルコールストーブ
・五徳(YAMATOMO.FUN自作)
・アルコール燃料
・ライター


・U.L. FUN Drip1セット
・直径約12cm×深さ約10.7cmのクッカー
・直径約9.5cmのクッカー
・1〜2杯用円錐型ペーパーフィルター
・ストーブ
・ガス燃料
・ライター
※ マグカップはそれそれ別で持参する前提です。


これまで、軽量でコンパクトな持ち運びが楽にできるドリッパーは、2人分となると、なかなか無かったのがこの円錐型です。

素材の柔軟さを生かし限りなく綺麗な円錐に近い形状を実現しました。

この円錐型で、登山やハイクでもより自分の好みに合ったコーヒーを抽出できるので、一層おいしいコーヒーを味わいながら充実した時間が過ごせます。

※ 円錐型の1〜2杯用のペーパーフィルターに対応します。


これまでにあった軽量でコンパクトな登山やハイクで持参できるコーヒードリッパーは、マグカップに設置するようなサイズのものがほとんどで、一度に2人分のコーヒーを入れるには工夫が必要でした。

↓こんな感じで、下の容器とサイズが合わないので、割り箸をかませて使っていました。大きいサイズもあるのですが大きくなると当然ながらその分重量も重くなります。

この【 U.L. FUN Drip 】は、下でコーヒーを受ける容器の直径が約7cmのマグカップから直径約9.5cm程度のクッカーまで設置が可能です。

これひとつあれば、お持ちのマグカップはもちろん、クッカーでも使うことができます。

口に傾斜があるサーバータイプには、ベースを広げて使用可能です。


誰でもわずか10数秒で簡単に設置ができます。


1杯分のドリップコーヒー、カップにセットすると高さが低く、抽出時にコーヒーが浸かってしまいます。U.L. FUN Dripのベースをスタンドとして使うと高さを確保でき、おいしいコーヒーが抽出できます。形もさまざまなタイプに対応できます。


普段のお手入れは、使用直後は洗剤を使わずに流水で流すだけでキレイになります。

コーヒーの色が残った時は、食器用の中性洗剤で洗ってください。

登山やハイクの時など水道が使えない場所では、キッチンペーパーや食器などにも使えるウェットティッシュなどで拭くことをおすすめします。









これまで登山やハイクでうちの夫婦は、私が登山を始めた頃からずっと使っていたバネの小さいドリッパーをずっと使っていました。それこそ20年以上経つかもしれません。

その小さいドリッパーで2人分のコーヒーをいつも淹れていたのです。2人分なのでマグカップでは小さく、クッカーを下に置いて使っていました。すると当然ながらドリッパーとサイズが合わず、しっかりと乗りません。そこで手で押さえながら淹れたり、ほんの少し前までは割り箸をかませて使っていました。

2人用のドリッパーに変えれば解決するのですが、これがなかなか自分が納得のいくようなものが見つからず、結局諦めて何年も小さいバネのドリッパーを使っていたのです。

U.L.カルチャーと出会ってから、なんとか自分で作れないかなと考え巡り、いつしか自分でポリエチレンのシートでまるで工作のように、無我夢中でカッターで切り込み最初のドリッパーを作りました。大きな期待感で胸がワクワクしながら淹れたコーヒーは、なんとか抽出はできたものの、課題が山積みで商品化できるようなクオリティーではありませんでした。

そこからこのドリッパーの試作の旅が始まり、何度も何度もカッターを片手に作ってはコーヒーを淹れて試しました。自分達でレーザー加工機を使って試作したことも。やっと納得のいく形がある程度できて、今度は製品化するための工場を探す旅が始まりました。

そうしてやっと工場で加工した試作まで漕ぎ着き、今回やっと納得のいく【 U.L. FUN Drip 】が誕生しました。

ぜひ、この【 U.L. FUN Drip 】を登山やハイクのお供に、バイクツーリングやキャンプ、さまざまなアウトドアのフィールドで。もちろん日常でも使っていただけますので、充実のひとときを過ごしていただければ幸いです。


商品名:U.L. FUN Drip(ウルトラライトファンドリップ)

原材料:ポリプロピレン

サイズ:ドリッパー 約 199mm × 106.5mm × 1mm

ベース 約 106mm × 160mm × 1mm

重量:約 11g(ドリッパーとベース)

耐熱温度:100度(100度以下で使用してください。)

取扱上の注意:
・初回は中性洗剤で洗ってからご使用ください。
・直径が9.5cmを超える容器では使用しないでください。
・U.L. FUN Drip を火のそばに置いたり、マグカップやクッカーなどにセットしたまま火にかけないでください。
・軽さに特化しているため、強風下では使用しないでください。
・ドリップ中は水平を保持してください。
・推奨する使用方法以外、また常識の範囲以外での怪我や破損については一切責任を負いません。

適応する容器サイズ:直径約7〜9.5cm

適応フィルター:円錐型の1〜2杯用ペーパーフィルターを使用してください。

原産国:日本製

食品衛生試験:適合

意匠登録出願中

プロジェクト開始:2022年6月23日(木)

プロジェクト終了:2022年7月29日(金)

2022年8月より順次発送開始予定

全てのリターン発送後、️ YAMATOMO.FUN にて一般販売開始予定


内容:U.L. FUN Drip 3個
一般販売予定価格 ¥1,680(税込)➡️ ¥1,590(税込)× 3個 = ¥4,770(税込)
送料:¥400(日本郵便)
発送:2022年8月より順次発送
発送地:岩手県


内容:U.L. FUN Drip 2個
一般販売予定価格 ¥1,680(税込)➡️ ¥1,590(税込)× 2個 = ¥3,180(税込)
送料:¥400(日本郵便)
発送:2022年8月より順次発送
発送地:岩手県


内容:U.L. FUN Drip 1個
一般販売予定価格 ¥1,680(税込)➡️ ¥1,590(税込)
送料:¥400(日本郵便)
発送:2022年8月より順次発送
発送地:岩手県


● 商品材料の仕入れ、作製工程で生じる生産コストに使用させていただきます。

● 本商品や新商品の開発費に使用させていただきます。

● 当ブランドの販売促進のために使用させていただきます。


初めまして。【 YAMATOMO.FUN 】代表の山下知子です。

20年以上続けてきた登山、数年前まではただ楽しむだけに登っていました。しかし年々、年齢の壁を実感。それでもパートナーと一緒に楽しむ登山を諦めたくない、亀足で体力や脚力がない私でもなんとかして好きな登山を続けたい、そう思っていた時にやっとU.L.(ultra light)カルチャーに出会いました。U.L.カルチャーは、これまでに多くのギアやウェアを無駄にし、多くのお金と時間を費やしてきた私の登山やハイクはなんだったのか、私が目指す登山やハイクはどんなものなのか、見つめ直す良いきっかけになりました。

しかし、地面に直接物を置いたり座るのは汚れが気になるからできるだけ避けたい、ウェアもできるだけ汚したくない、フロアーレスのテントは苦手な虫が気になる、超軽いけど硬いマットは腰が痛くなり熟睡できない、と私にはU.L.カルチャーのトレンドのような行動やギアは、せっかくの山を楽しんでいるのに逆にストレスになり合いませんでした。

その代わり、U.L.カルチャーからすると過剰かもしれない快適さを備えるドーム型フロアーありのテントやエアーマットでもできるだけ軽量コンパクトなものを選び、他のギアを選ぶ時も軽さやコンパクトさシンプルさを重視するようになりました。その日の登山やハイクの目的に合わせて持って行くギアも変える「My U.L. Style」に。

私の場合は、登山やハイクが大好きだし、大自然の雄大な景色の感動やさまざまな体験をパートナーの夫とできるだけ多く一緒に味わい共有したい、憧れの山やロングトレイルにも挑戦したい。それぞれが自分の(登山やハイクの)目標や目的を果たすために、U.L.カルチャーを上手に取り入れ、自分で判断しギアを取捨選択していく「My U.L. Style」こそ自由なハイカーと提唱します。

そして自立した自由なハイカーが決して忘れてはいけない大切なことは、U.L.カルチャーの真髄とも言える環境に対する「Low Impact(ロー・インパクト)」であること。自然の中で静かに過ごし、自然の中に痕跡を極力残さないこと。

ごく自然に「My U.L. Style」を突き詰めて行く中で、既存のギアでは満足できず「もう少しこうだと良いのに」とか、「こんなのあったら良いのにな」と思うことが増え、デザイン学校を卒業し何かを作りあげるクリエイティブなことが好きだったので、自分の欲しい物は自分で作ってしまおうと一念発起し、山ブランド【 YAMATOMO.FUN 】を立ち上げました。

U.L.はもちろん、手にした方がワクワクし楽しい嬉しい気持ちになるようなカッコ良くお洒落なデザイン、ひとつひとつ丁寧な物作りと工夫、新しいことにも柔軟にチャレンジすることを心がけています。

【 YAMATOMO.FUN 】というブランド名には、山と共に楽しむ、山と友達になる、山で友達になる、U.L.カルチャーを上手に取り入れて登山やハイキングの幅を広げ、より楽しめるフィールドを増やし、憧れの山にも登れるようになるという意味が込められています。

【 YAMATOMO.FUN 】では、山やハイキングで使う自分が欲しいと思う道具を、自分で考えひとつひとつ丁寧に作製しています。素材を一から探してサンプルを集め、実際に見て決めています。自宅の片隅に職業と工業用ミシンを置いてアトリエにし、さまざまな面でパートナーである夫が身近で支えてくれながら始めた本当に小さい山ブランドです。

これまでに試作してきた物は、さまざまなサイズや素材のスタッフサックやアイゼンケースなど多数ありますが、ちょっとした箇所の改善や修正を繰り返し、完成度を高め製品化へ繋げています。新しいことを即座に取り入れたり、少しでも疑問や思ったことを具体化し改善と修正に取り組めるのは、個人で作製している強みでもあると思います。

現在は、登山用のキャップ、バックパックカバー、オリジナルスタッフサック、Tシャツを開発中です。今後は、バックパックやウェアの開発も行っていく予定です。構想はかなり出来上がっているので、徐々に製品化できたものから、このmachi-yaでプロジェクトとして挑戦していこうと思っています。

今後ともぜひ、【 YAMATOMO.FUN  】をよろしくお願いいたします。

(※ U.L.とは、ultra light の略でウルトラライトと読みます。)

URL :【 YAMATOMO.FUN 】


● Makuakeで【 UL Rainproof Sacoche 】先行予約販売、目標金額640%以上、完売達成!

➡️ https://www.makuake.com/project/yamatomofun/

 ※物価上昇、海外からの輸送コスト上昇に伴い、製作コストを見直し価格を改定させていただきました。


● 「所ジョージの世田谷ベース 」48号に【 UL Rainproof Sacoche 】に掲載されました。


● アウトドアフリークが好きに遊ぶメディア「.HYAKKEI」で【 UL Rainproof Sacoche 】【 U.L. FUN Drip 】が紹介されました。

➡️ https://hyakkei.me/articles-21039/


● 国内最大級の登山メディア「YAMA HACK」で【 UL Rainproof Sacoche 】が紹介されました。

➡️ https://yamahack.com/5111


● 国内最大級の登山メディア「YAMA HACK」で【 U.L. FUN Drip 】が紹介されました。

➡️ https://yamahack.com/5181


● くらしを彩るモノ発見・比較サイト「HEIM(ハイム)」で【 U.L. FUN Drip 】が紹介されました。

➡️ https://heim.jp/news/8446711


● 日本のアウトドア、レジャースポーツ産業の発展を促進する事を目的とした総合ウェブメディア「Greenfield」で 【 U.L. FUN Drip 】が紹介されました。

➡️ https://greenfield.style/article/119861/


● 言わずと知れた SmartNwes(スマートニュース)と LifeHacker(ライフハッカー)[日本版]の記事で【 U.L. Rainproof Sacoche 】が紹介されました。

➡️ https://www.lifehacker.jp/article/machi-ya-ul-rainproof-sacoche-review/


● 未来を感じる動画メディア「bouncy」で【 UL Rainproof Sacoche 】が紹介されました。

➡️ https://moov.ooo/article/61af6d68cca2e864484fe8c5

➡️ https://twitter.com/bouncy_news/status/1480872116618600449?s=21

➡️ https://www.facebook.com/137425523308794/posts/1605106876540644/


※ このプロジェクトページの掲載画像に使っているU.L. FUN Dripの一部はサンプル試作のため、ロゴとマークの色が黒ですが、皆様にお届けする商品のロゴとマークは白です。

※ 使用感などに関しましては、感じ方に個人差が予想されるため、返品・返金はお受けできません。

※ 初期不良以外に関する返品・返金はお受けできません。

※ モニター環境によって、画像の色が実物と異なって見える場合がございますので、ご了承ください。

※ 製品につきましては、デザイン・仕様などが一部変更になる可能性がございます。

※ ご注文状況、使用材料の供給状況、製造上の都合などにより、出荷時期が遅延する可能性がございます。

※ 本文中に記載させていただいたスケジュールは、あくまでプロジェクト公開時点の予定です。 クラウドファンディングの性質上、配送遅延のおそれがございます。

※ 初回は中性洗剤で洗ってからご使用ください。

※ 直径が9.5cmを超える容器では使用しないでください。

※ U.L. FUN Drip を火のそばに置いたり、マグカップやクッカーなどにセットしたまま火にかけないでください。

※ 軽さに特化しているため、強風下では使用しないでください。

※ ドリップ中は、水平を保持してください。

※ 推奨する使用方法以外、また常識の範囲以外、での怪我や破損については一切責任を負いません。

<募集方式について>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

以上の注意点につきましてあらかじめご理解とご了承をいただいた上でご支援くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。 最後に、【 YAMATOMO.FUN 】のプロダクトを手にしていただいた皆様に喜んでいただけるよう、心を込めて対応していきますので、 応援よろしくお願いいたします。


■ 特定商取引法に関する記載

●販売事業者名:山下 知子

●事業者の住所/所在地:請求があり次第提供致しますので、必要な方はプロジェクトページの「メッセージで意見や質問を送る」フォームよりご連絡ください。

●事業者の連絡先:E-mail:info@yamatomo.fun

●リターン価格:各リターン記載の通り
※リターン価格とは別にCAMPFIRE(machi-ya)のシステム利用料として1支援毎に220円(税込)が支援者様の負担となります。尚、このシステム利用料はCAMPFIREが受け取るもので、当社が受領するものではございません。

●送料:送料込み

●対価以外に必要な費用:プロジェクトページ、リターンに記載のとおり。

●支払い方法:CAMPFIREの決済手段に準ずる (詳細はこちら

●支払い時期:当プロジェクトは「All-in型」の為、目標達成の如何に問わず、ご契約が成立しリターンをお届けします。その為、お申込みと同時にご利用の決済方法に準じてご請求となります。

●引渡し時期: 各リターン詳細に記載の発送予定月を引き渡し時期とします。但し、開発・生産状況によって遅れが生じる場合がありますのでその際は当プロジェクトページ内の「活動報告」または購入者へのメール等で連絡します。

●キャンセル・返品: 当プロジェクトは「All-in型」の為、お申込み完了をもって契約が成立いたします。その為、お客様都合による返品・キャンセルはできませんのでご注意ください。尚、製品到着後に破損や初期不良がある場合には交換させていただきますので「メッセージで意見や問い合わせを送る」から、または納品書記載の連絡先までお問い合わせください。

●ソフトウェアに係る取引である場合のソフトウェアの動作環境:該当なし

●その他記載事項:プロジェクトページ、リターン記載欄、共通記載欄(https://camp-fire.jp/legal)をご確認ください。。

  • 2022/06/29 12:00

    こんにちは!実行者の山下です。今日は、これまでにU.L. FUN Dripをご購入頂いた方々のレビューの一部をご紹介します!tさん山で飲むコーヒーは、とても美味しい。だから、道具にもこだわってしまう。今回、手に入れ@yamatomo.funのU.L.FUNDRIPは、11gと超軽量。これだとス...

  • 2022/06/28 16:32

    ご支援者の皆様へ実行者の YAMATOMO.FUN 代表の山下知子です。この度は、この「U.L. FUN Drip」のプロジェクトにご支援頂き、誠にありがとうございます。お陰様で目標金額を135%を達成することができましたっ!本当にありがとうございます!また、上乗せでご支援頂いた方、重ね重ねあ...

  • 2022/06/25 11:18

    ご支援者の皆様へ初めまして。実行者の YAMATOMO.FUN 代表の山下知子です。この度は、この「U.L. FUN Drip」のプロジェクトにご支援頂き、誠にありがとうございます。沢山のこだわりと思いを詰め込んだ我が子のようなこのプロダクトを皆様に受け入れてもらえるのか、ハラハラドキドキでし...

このプロジェクトの問題報告はこちらよりお問い合わせください