お仕事されている方で、バッグを背負って通勤やご商談で移動する時間は長いかと思います。そんな移動時間の『お客様のストレスを少しでも軽減したい!』という願いを込めて、『アレも、コレも、ラクにする。』LAKOLEから、”背筋矯正ベルト付き4WAYビジネスBAG”を開発しました!

プロジェクト本文

私たちLAKOLEについて。

皆様こんにちわ!

私たちはLAKOLE(ラコレ)という2017年3月にスタートした新しいブランドです。
まだまだ出来立てのブランドを皆様と一緒に盛り上げていきたく今回クラウドファンディングに参加致しました。お客様の日々のストレスを少しでも“ラク”にできるよう<ライフファンクション>をコンセプトに様々な商品を開発しています。

ブランドサイト http://www.dot-st.com/cp/lakole_lifefunction

通販サイト http://www.dot-st.com/lakole/

現在、国内店舗数12店舗。今後は海外へのグローバル出店を目指し、出店計画中。 

  
日々メンバーでお客様のストレスを軽減できる商品開発に取り組んでいます!

商品MD、部長含め7名のメンバーでお客様の日々のストレスを少しでも“ラク”にできる商品は何か?を日々議論しながら商品開発をしています。

第1弾の2WAY耐圧分散マットは沢山の方々にご支援頂きまして大変ありがとうございました!!

 https://camp-fire.jp/projects/view/58542

 

 

皆様お待たせしました!新商品発表の第2弾!ようやく開発に成功しました!!
今回は雑貨MDの利根が担当いたします!

 

 

『お客様の日々の通勤のストレスを少しでも軽減したい!』という願いを込めてメーカー様と共同開発に取り組みました!

背筋をシャキッと!

毎日たのしく上向きな気持ちで!過ごしてみませんか?  

 

 

 背筋矯正4WAYビジネスBAG × INDISPENSABLE × LAKOLE  別注モデル

 

開発の経緯

郊外にお住まいの方で会社までお時間かけて通われている方、毎日の通勤大変ですよね。。
特に座れないと”立ったまま1時間かけて”通勤という方もいらっしゃると思います...。
私も毎日会社まで通勤していますが電車で長時間立って、会社に行くのは大変です。
またお客様とのご商談や営業回りで、電車を使用する方も多いかと思います。
1週間のうち電車で立っている時間は、結構多いかと思います。

そんな通勤時間や移動時のストレスと皆様の会社と家の往復のお時間を有効活用して頂きたい!という思いで開発したのがこの【背筋矯正4WAYビジネスBAG】 です。

PCでのデスクワークなどに加え、スマホ・タブレットの普及などにより、現代の生活はひと昔前に比べ、肩や腰、首などに負担をかける姿勢になる要因が増えています。
知らず知らずのうちに背中が丸まり、猫背が癖づいてしまい背筋を矯正したい、美しい姿勢になりたい。
とはいえ、それだけの為に時間やお金を使うには気が引ける。。。

背筋矯正ベルトとBAGの一体型は良いけどカッコイイBAGを持ちたいとうい方の為。。。

今回バッグメーカーさんに全面ご協力頂き、

セレクトショップでもお取扱いのある【INDISPENSABLE】さんとLAKOLEオリジナル使用で別注モデルを開発頂きました!

 また背筋矯正ベルトは市販されているものは多くありますがその背筋矯正ベルトとBAGが一体化された商品は国内ではほとんどありません。

通勤時にベルト着用で姿勢矯正をし会社についたら外して頂きそのままビジネスで使用する事も可能です!

 

通勤時は背筋を伸ばしながら出勤!

 

 

会社に着いて商談に出かける際は、背筋矯正ベルトを外して”ビジネスバッグ”として商談へ

持ち方色々! リュック、ショルダー、手持ちでも(横、縦)

 収納盛りだくさん!全部で9か所のポケット

■外ポケット
ファスナーポケット大×1
ファスナーポケット小×2
■内ポケット
ファスナーポケット×1
メッシュファスナーポケット×1
ウレタンPCスリーブ×1
ウレタンモバイルポケット×1
ウレタンオープンポケット×2

 
INDISPENSABLE」とのダブルネームをさりげなく

 
 
 商品のご説明

INDISPENSABLE」のバッグの特徴でもある機能美と、どんな格好にも合わせやすいスタイリッシュなデザインはそのままに、取り外し可能な姿勢矯正ベルト型のショルダーハーネスを配しました。

人間工学に基づき立体的にデザインされた姿勢矯正ベルトは肩から背中の方向に引っ張るベルトの力で背筋を自然に起こし、肩甲骨を後ろに引き寄せ美しい姿勢に調整してくれます。
バッグを取り外しできるので、ベルトだけでの使用も可能です。
毎日の通勤や通学時に使うことにより、少しずつ正しい姿勢を身につけ背筋を改善することが期待できます。

 

 

INDISPENSABLEとは

 

There was a time when we didn’t even have a word for “BAG”.
What people put their belongings in to carry around was called
“INDISPENSABLE”
Times have changed, but a “BAG” remains a necessary item in our life.
The things we use everyday should be well cared for.
For this reason all our products are made with the same care
and attention to detail.
Each item is carefully designed with
perfection to function for any lifestyle.

遠い昔、まだ「BAG」という言葉が存在しない頃、人々が物や通貨を入れるために持った袋の事を、
“必要不可欠なもの”=「INDISPENSABLE」(インディスペンサブル)と呼んでいました。
時代が変わった現代でも「BAG」は生活する上で“必要不可欠なもの”であり、
いつも使うものであるからこそ、こだわりを持った物作りをしたいと思い、
原点回帰の意味を込めて「INDISPENSABLE」という言葉をもったブランドを立ち上げました。

 

 

Our Philosophy

“TRADITION & FUNCTION”
A bag will never change.
but we as people strive to evolve and change every day.
These two opposites attract to create our inspiration.
To create functional bags that are “INDISPENSABLE”.

“伝統と機能”
長年を越えて変わることなく受け継がれる伝統。
長年を掛けて日々開発され進化し続ける機能。
私達はそんな相反する二つの事象を「BAG」というカテゴリーに落とし込み、
両極に存在するメリットを抽出し、新たなものを生み出します。

 

 
 
歴史あるバッグメーカーさんに全面協力頂きました!

今回の商品開発を全面的にサポート頂いたのは 国内でソックス、バッグ、帽子、インナー等の服飾雑貨の企画・生産・卸を展開されている 株式会社ギャレットさんです!

 

 

 

クラウドファンディング第2弾企画を実施するにあたり お客様のストレスを軽減できるアイテムは何かを担当の方と話し合いました。
世の中で機能性のあるBAGは数多くありすぎて新しく開発できるものが無いような状況でした。。。
開発の会議でアイデアに行き詰まり皆で頭を抱えていました…。 

その時メーカーさんの担当さんの一言で

「背筋矯正ベルト付けたら面白いんじゃないですか??」

利根

「おお!それ面白いアイデアですね!!」 

から開発がスタートしました。

 

 

背筋矯正ベルトとBAGに一体型はよかったのですが。。ただBAGに付けただけでは見た目の良くなくアイデア出しに苦労しました。

毎日BAGを背負っている時間が長いのはいつかな??と考えた時 通勤電車や商談の行帰りにBAGを背負っている時間が長いと思い
ビジネスマンの日々のストレスを軽減できるBAGを作ろう!となりました!!

ただのBAGに背筋矯正BAGを付けても面白くない...
かっこいいBAGを持ってもらいたい...
ビジネスでも活躍できるBAGにしたい...

そこでセレクトショップでもお取扱いのある【INDISPENSABLE】さんと別注モデルとしてLAKOLEオリジナル仕様で開発協力頂けることになりました!
ギャレットさんありがとうございます!!

サンプル作成し検討重ね今回の商品開発に至りました!

 

 

商品情報

 本体BAG

高さ43cm 横幅31cm マチ幅16cm

背筋矯正ベルト

フリーサイズ 長さ調整可能

*肩幅の大きい方、体格の大きい方はサイズが合わない場合がございます。

*使用の効果は個人差があります。

 

返品交換について

商品に欠陥がある場合を除き、基本的には返品交換には応じておりませんのでご了承ください

 

最後に

『アレも、コレも、ラクに。』

今後もお客様のストレスを少しでも“ラク”に。出来る商品開発を日々メンバーで議論しながら開発していく予定です。

皆様のご協力を頂ければと思いますので、引き続き私たちLAKOLEをどうぞ宜しくお願いします!

 

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください