はじめまして
sidestandproject です
  • 日本 / 
初めてのプロジェクト
信じられますか?
健常者(左) 義足の方(中央) 車いすの方(右)

「Side Stand Project 」

~支える勇気・支えられる勇気~

オートバイはサイドスタンドがあるから、立っていられる。
支えることも、支えてもらうことも勇気がいる。
でも、そこから始まることがある。


『青木3兄弟』 
オートバイと共に活動をしています。

 幼い頃から3兄弟でオートバイに乗りポケットバイクレース ミニバイクレース ロードレースとステップアップ。

ロードレース世界選手権(MotoGp)にも3兄弟共参戦していました。

1998年脊髄損傷を負い車いす生活になった次男「拓磨」が約7万人の大観衆の中の鈴鹿8時間耐久ロードレース、世界選手権ロードレースMotoGpで23年ぶりに自身でオートバイを運転しデモ走行をして大きな話題になりました。


当たり前のようにオートバイは健常者しか乗れない乗り物だと思っていた。


Side Stand Projectを立ち上げ障がい者がオートバイで楽しめる社会貢献活動を行っています。



障がい者がオートバイに乗る事は不可能

障がい者がオートバイ!!

「絶対ありえない」

「危ない」

「何考えてるの?」

誰もが思う事だし、私自身も無理だと思っていました。


ある時、SNSでフランスで車いすの方が1000ccのオートバイでサーキットで走行し、レースを行っている映像を観ました。

正直、驚いたと同時に、車いす生活を送っている次男拓磨に申し訳ない気持ちでいっぱいに。

勝手にオートバイは健常者だけの乗り物と決めつけていた事に恥ずかしさがこみ上げ、何もしてあげられなかった事を後悔。

「下半身不随になって23年」拓磨は口に出さなかったけど

きっとオートバイに乗りたかっただろうなぁ~っと!!



何もしてあげられなかった23年間を取り戻す為に

 ある時、就寝しようとベットで寝始めた時、『ふと』子供の頃から一緒に乗っていたオートバイに再び3兄弟で乗りたい想いがこみ上げて、いても経ってもいられずベッドから飛び起き深夜から明け方まで夜通し企画書を書き上げました。

青木3兄弟はロードレース世界選手権(現MotoGp)で走っていた事もあり日本で行う注目レースでの拓磨の復帰を掲げ企画をしました。

世界選手権 鈴鹿8時間耐久ロードレース 拓磨のデモ走行

MotoGp 日本グランプリMotegi    3兄弟での走行


沢山の方の協力を得て実現しました。


拓磨が走った鈴鹿8耐では観客約7万人の中を1人締め

「拓磨お帰り~」

惜しみない拍手、声援を頂き感動の渦となりました。


3兄弟で並走したMotoGp日本グランプリMotegiでは、約30年以上前の事

※30年以上前に3兄弟でポケバイに乗っていた写真

3兄弟でオートバイで走る事が一生不可能だと思っていた事が、再び拓磨と3兄弟で走れた喜びはデモラン中に涙流しながらこの瞬間を噛みしめ、一生の”宝物”に変わりました。

この2大イベントは2019年に無事成功させる事ができました。



2020年 Side Stand Project スタート

 拓磨がオートバイに乗った事で、同じ境遇をもつ障がい者からオートバイに乗りたい相談を受けるようになりました。

しかしオートバイに装着するハンドシステムを海外から輸入したり、障がい者が安全に走行する場所が無い事で安易に始められない環境でした。


「オートバイは危ない」「危険」

確かに運転操作を誤れば重大な事故につながりかねない。

Side Stand Project では、危険リスクを最大限に抑えるよう取り組みをしています。


転倒リスクを最大限に抑える取り組み

ステップアッププログラム

First Stepの手押しバランスサイクル、他3段階の補助輪を使用しバランス感覚を取り戻しながら徐々にステップアップします。


万が一の場合は緊急停止リモコンスイッチを備えています。

HP、Facebookで毎回ボランティアスタッフを集い毎開催、講習を行います。

3段階に分かれてるステップアッププログラムをプロライダーが判断しステップアップします。


クリアした人は

無事ステップアッププログラムが卒業できたら補助輪無しの大型バイクでサーキットをプロライダーが先導しツーリングレベルのスピード、最適な走行ラインでオートバイを楽しみます。


夢が叶ったパラモトライダーの笑顔は最高のプレゼントです。



人の支え、近年のシステムを使用する事で
視覚障がい者(全盲)の方がオートバイに乗ります。



パラモトライダー参加者

Side Stand Projectは2020年よりサーキット及び教習所にて、約20開催で約40名をオートバイに乗せ、叶わなかったオートバイに乗る“夢”を叶えてきました。現在も参加を待つ方が20名程いる状況です。


体験走行会には全て無料で参加出来ます。

健常者はオートバイ販売店に行けば無料で試乗できます

障がい者も無料で体験してオートバイの趣味や楽しみを増やしたい考えです。

通常行うSide Stand Project 走行会では、参加費は頂きません。

ヘルメット、レザースーツ、オートバイ等は企業サポーター及び個人サポーターの協力によりSSPが用意をし運営をしています。

主な開催場所

千葉県  袖ケ浦フォレストレースウェイ

三重県  鈴鹿サーキット

熊本県  HSR九州

埼玉県  ファインモータースクール上尾校

神奈川県 向ヶ丘自動車学校

群馬県  群馬県自動車教習所



~~~ このプロジェクトで ”挑戦” したいこと ~~~


箱根ターンパイク開催の必要性

Side Stand Project でオートバイに乗っている人は、サーキットが走りたいからでなく、「免許が必要ない」からサーキットで走行しています。


本当はご家族、ご友人と公道でオートバイに乗る事が最大の ”夢” なのです。

今回の企画で箱根ターンパークを貸切る事により免許が不要となり、次から次に迫るカーブを自身が運転するオートバイを巧みに操り、往復26Kmあるワインディングロードを颯爽と駆け抜け、駆け上がる度に変わる風景を楽しみ、振り向けば家族、仲間と一緒に一般道をツーリングする事が人生の中でかけがえのない時間になります。


障がい者が一般道で健常者と一緒にツーリングは世界で初めての開催です。

支える仲間がいれば一緒に成し遂げる事ができ “夢” が叶います。

この日本から世界中の人につなげたい。


きっとこれからのオートバイの常識、価値観が変わると感じます。


Side Stand Projectは世界中の人が諦めていた “夢” “希望” を叶える為

新たなチャレンジに踏みだします。



資金の使い道・実施スケジュール

「やるぜ!!箱根ターンパイク2022」はこれからのSide Stand Project にとって大変重要な開催ですが、まだ予算の見込みがたっていません。

皆様のお力をお借りし支援金をお願いしたい為、リターンの金額設定が高めとなります事をご理解の程お願い申し上げます。

こちらで集まった支援金は、箱根ターンパイクの運営費に使わせて頂きます。


【実施日】 2022年9月11日(日曜日)

開催場所 箱根ターンパイク(小田原料金所~大観山)


資金の使い道

広告宣伝費      約50万円 

リターン製作費、梱包送料 約60万円

警備費、音響レンタル、その他運営費 約70万円 

CAMPFIRE手数料・決済手数料 約24万

目標達成金額以上の場合はSide Stand Project運営資金に使用させて頂きます。


リターンのご紹介


やるぜ!!箱根ターンパイク2022 

限定Tシャツ・マスク・どデカバッグ・キーホルダー・タオルを製作致します。



箱根ターンパイクのイベントで着用できるよう8月中の発送予定となっております。


最後に

ダメを探すではなく、「出来る」を探せばきっと ”叶う” 事をこの活動を通じ深く感じました。パラモトライダーの活力は健常者が見習うべき所。

オートバイ社会では健常者と障がい者が分かち合う事は無かった

これからは世界中でもオートバイでしかできない ”絆” ”喜び” ”体験” が生まれます。この活動は世界でもSide Stand Project だけです。


障がいを抱え諦めている世界中のオートバイ好きな人を

健常者と同じようにオートバイに乗る事が

趣味に出来るよう活動にしてまいります。

皆様のお力を貸して下さい。


Side Stand Project ホームページ

https://ssp.ne.jp/



<募集方式について>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2022/06/16 23:04

    開催タイトル  やるぜ!!箱根ターンパイク2022開催場所  アネスト岩田 箱根ターンパイク(小田原料金所)日  時  2022年9月11日 日曜日主  催  一般社団法人SSP開催概要 障がい者がオートバイに乗る事は不可能でした。Side Stand Projectは2020年よりサーキット...

  • 2022/06/15 20:21

    本番に備えシミュレーションを行いました。片道13km有る道避難場所で無線で通話できるか?雨天時どのようにしたらいいか?緊急時どうするか?障がい者トイレは大丈夫か?雨が降っている時の路面に雨水が溜まる場所は?などなどしっかりシミュレーションをして来ました。本番に向け念入りの準備をしていきます。

  • 2022/06/15 00:28

    みなさまのご支援誠に有難うございます。今回の企画「やるぜ!!箱根ターンパイク」に向けての体験会の報告をさせて頂きます。6月13日に箱根ターンパイク続くSideStandProjectを開催致しました。下半身不随の方2名、視覚障がい者3名をオートバイに乗り沢山の笑顔をこぼしてくれました。この「や...

このプロジェクトの問題報告はこちらよりお問い合わせください