【はじめに・ご挨拶】


はじめまして!

私達は飯島風鈴街道実行委員会です! 長野県の南部、2つのアルプスを望む伊那谷に位置し、山々からの「風」が流れ、9200人あまりの人々が暮らす飯島町。 そんな、山と自然に囲まれた小さな町を盛り上げるため、世代や分野の垣根を越え集まったメンバーが私たちです。


 町を盛り上げるにあたって軸となる町の魅力は何かと考え浮かんだのは、四季折々、飯島町を流れる「風」。

風の奏でる音は時に優しく、時に厳しく私たちの暮らしと共に流れ、季節のうつろいや自然の豊かさを運んでくれる、目に見えぬシンボルです。



その音を風鈴にのせて全国、全世界の方々に届けたい!そのために、風鈴で飯島町の風を感じる「信州飯島風街道 りんりん祭」を企画しました。


【私達がプロジェクトで実現したいこと】


 私達は飯島町の地域資源を活かした、今までにない夏祭り『りんりん祭』を創り上げたいと思っています。飯島町の「風」を肌で感じ、耳で聞き、そして、目で見て楽しんでもらうために、風鈴街道の制作を行います。 いくつものやぐらにたくさんの風鈴を飾り、連ねることで、 小さなお子様から大人まで誰もが通れる一本の街道を作り上げ、その中を歩くことで、風鈴の美しさを楽しみながら飯島町の「風」を感じてもらいます。

2つのアルプスから流れる心地よい風。その音を風鈴で表現したものをメインとした『りんりん祭』の開催が、私達の実現したいことです。


【これまでの活動と今後の実施スケジュール】


2021年1月:風鈴街道実現のため仲間を募り活動開始。初年度 は風鈴3000個を目標に掲げ、企画を進める。

2021年3月:風鈴・短冊・やぐらの製作を地域の事業者へ依頼。 風鈴の製作は飯島町のおとなり、中川村にあるガラス工房「錬星舎」に。短冊は町内の地域自立支援事業所「こまくさ園」に、やぐらも町内の建設・建築業者へ製作を依頼。


2021年7月:クラウドファンディングと地域協賛により目標金額達成。

2021年8月:3000個の風鈴展示を行い初年度の目標達成。

 


今年から新メンバーも加わり、より広い活動を行えるようになりました。

2022年度の目標は風鈴3500個の製作と、 昨年度製作の3000個を合わせた計6500個の風鈴による風鈴街道 を中心としたお祭りの開催になります。 今後は更なる仲間の募集、夏祭りの規模拡大、風鈴の増量も目指しています。

2022年りんりん祭スケジュール

22年1月 2022年度実行委員会始動開始

       3月 りんりん祭HP更新

     5月 クラウドファンディング開始

     5月 チラシ・ポスター制作

     7月 クラウドファンディング終了

8月20日 『信州風街道りんりん祭』当日

9月下旬 リターン返送完了 


【支援金の用途】


・風鈴の制作費用

・お祭りの運営費用

・クラウドファンディング手数料



【リターンについて】


今回支援いただいた方のお名前、または企業様の社名を風鈴の短冊に記入させていただきます。

 完成した風鈴は、令和 4年 8 月20日飯島町で開催予定の「信州飯島風街道 りんりん祭」にて展示させていただきます。

お祭りの詳細は以下のようになります。

日時 2022年8月20日

場所 長野県上伊那郡飯島町文化館駐車場

時間 14:30~20:30

変更がありましたら、活動報告やHPにてお知らせいたします。

ご支援いただいた風鈴の短冊の写真を、後日お礼のメールと共に送信致します。 なお今回制作した風鈴・短冊は翌年以降のお祭りでも使用させていただきます。そのため風鈴を差し上げることは出来かねません。 あくまで短冊に記入させていただくことのみとなりますので、ご了承ください。 加えて、お祭り内イベントステージに飾り付けられる大型提灯への名入れ、お祭りのフィナーレを飾る花火へのご支援も募集しております。



リターンのお名前は飯島太郎(仮)の部分に記入させていただきます。 りんりん祭のロゴが裏面に入ります。

※支援者様、並びにスタッフ希望の方も、来場の際の交通費・ 滞在費は自己負担とさせていただきます。予めご承知おきください。


【最後に】

実行委員長からのメッセージ


飯島町の特性である 2 つのアルプスの谷間から流れる「風」を活かし、夏にレトロで幻想的な「風鈴」街道をつくり町の PRをすると同時に、新たな試みの夏祭りで町を盛り上げ地域活性できないかと地元有志がお祭りを立ち上げることとしました。 私達は来年2023 年に『風鈴 10000 個で世界一の風鈴街道』を計画しています。

飯島の風の音を全国へ!そして世界へ!その想いは発足当初から変わっておりません!!

皆様のご支援・ご協力をよろしくお願いします!


※ビジュアル・本文・リターンに使用されている動画・画像につきましては、全て掲載 許可をいただいております。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください