★最新NEWS★

最終ストレッチゴールの500%を達成いたしました。
皆様のご支援・応援のおかげです。ありがとうございます!

これまでのストレッチゴール達成によって、キャラクターボイスあり・イベントカットあり・主題歌&オープニングあり・ローカライズ版ありと充実した内容にできることが決定しております。

今回のクラウドファンディングでしか手に入らない貴重な初回限定パッケージ版はじめ、クラウドファンディング限定グッズ・残り少ないですが数量限定のリターン品もあります。
残り期間もあと僅かとなっております。是非、チェックしてみてください。

また、ご要望にお応えして、終了間際ではありますがクリアファイル&キャラクターボイスのコンプリートセット」を新たにリターンとして追加致しました。ご確認ください。※こちらは既に10,000円以上のリターンのご支援いただいている方限定のオプションとなります。

本作のキービジュアルが完成しました!(2022/7/27)

初回限定パッケージ版のイラストになります。 このイラストのパッケージ版が手に入るのは今回のクラウドファンディングのみ。

ご挨拶

皆様はじめまして。
既にIMYUICをご存じの方には、お世話になっております。

IMYUIC(イミュイック)は2020年、老舗アダルトゲームメーカー・アリスソフトの新ブランドとしてデビューしました。
現在、これまでのR18ユーザーの方・新しく全年齢ユーザーの方、ともに楽しんで頂けるRPG開発に着手しています。

IMYUICは、昨年から2作目の開発に取りかかっていましたが、諸事情によりアリスソフトによるプロデュース事業からは完全に離れることとなり、協議の上、IMYUIC単独で開発を続行する許可を頂き、この度、独立を致しました。

原画にイラストレーターのぶくろて氏、音楽担当にkururuku氏らを迎え、開発が進行していたところでした。

本作に携わっているクリエイターの方々の作品を世に出したい、また、本作を楽しみにして頂いているファン・ユーザーの皆様に作品を届けたい、との思いから、クラウドファンディングを行うことを決意致しました。

勿論、ここで初めてIMYUICのこと・本作のことを知って頂いた皆様にも、IMYUICの物語・世界観のゲームに興味を持って頂き、IMYUICのゲームでしかできない体験をお届けできればと思っております。

クリエイターの方々に引き続き制作に取り組んで頂ける体制を確実なものとし、まずは想定していたクオリティ、ボリュームで完成させられることを第一と考えております。

更に、ご支援によって、世界観の表現やゲームシステムの向上を計り、キャラクターボイスやオープニング主題歌といった音楽・音声面を充実させ、より楽しんで頂ける作品をお届けできればと考えます。

Steamでの公開を予定しているため最低限、英語版が必須と考えておりますが、開発予算によってはディレクター自身で翻訳することも考えられ、品質やスケジュールに関わってきます。良い翻訳者の方を迎えたいと思っております。

独立によって、実質的に個人開発となり、パブリッシャーの出資ありきで想定していた作品の開発費を個人でまかなうことは大変困難な状況です。

IMYUICの開発チーム(開発者)は現在、ディレクターである私、IMAYUI一人の状態です。

皆様のご支援を、どうぞよろしくお願い致します。

企業でのディレクターを務める以前には、個人開発で『ユトレピアの伝説』『12亜神伝』といった全オリジナル素材を自作してのRPG複数作品を完成させてきた経験と、個人開発・企業でのディレクター開発通して持ち続けた、着手した作品は必ず完成させる、という気持ちを、再び個人開発に戻ることとなった本作にも反映させ、必ず皆様のもとへ届けたいと思っています。


ディレクターのIMAYUIです。
これまでの活動と思いについて、インタビュー形式で掘り下げた内容およびGame*Spark様によるインタビュー記事リンクを、ページ後半に追加掲載しました(7/25)。是非ご覧ください。



ダークメルヘン/フリーシナリオ制RPG/全ドット絵の世界観をコンセプトとしています。

本作のタイトルは『Terminus Historia(テルミナス・ヒストリア)- 境界戦役 -』。

"境界(Terminus)"と呼ばれる、人と魔の世界のあわいで繰り広げられる両者の戦いを描きます。

本作の魅力・ゲームシステム紹介

バトルパート。武器熟練度・術熟練度があり、好みの武器や術を使い込む程、ヒット回数や効果が高まります。武器熟練度が上がると、必殺技を習得。戦い方に応じたパラメータが上昇。どの武器を装備・どの術を習得させどう育てるのも、誰を仲間にして一緒に冒険して育てるのも、自由です。

ストーリーパートでは、

...あなた(プレイヤー)次第。
物語の始まりから、情報を集めて色んな場所へ向かうことも、世界の危機なんて関係なしに裏町で遊ぶことも、自由。物語中の針路や選択によって、イベントやエンディングが変化します。
好きなNPCと一緒に、旅に出ましょう。
邪魔なNPCはぶん殴って(バトルを挑んで倒す)もOk、奪って(アイテムを盗む)もOk、あるいは、(仲間に)誘ってみても、Ok。
特定のNPCと、恋愛関係を進めることも、可能です。

といった、ストーリー/バトルともに、自由度の高さもウリのRPGとなっています。

クリアまでのプレイ時間は、1ルート7時間~15時間程度を想定しています。


キャラクター紹介


スタッフ

キャラクターデザイン・原画:ぶくろて
サウンド:kururuku
ドット絵:ivyoomori
ディレクター・シナリオ・システム:IMAYUI

現在の開発状況:RPGのシステムは9割完成状態。仮パーツでのマップエディットが50%程度(町のエディットが終了してダンジョンのエディット前)。主要ルートの各シナリオはスタートからエンディングまでの流れを組み込み済。キャラクター会話・イベント等の清書を行っていく段階です。各クリエイターへのイラスト・ドット絵・サウンドの発注について、メーカーでの開発が停止してIMAYUI単独の個人資金しかないため、ご支援によって発注を正常化し、下記スケジュールに基づいて開発を遂行予定です。

2022年5月~7月 CAMPFIRE実施
2022年12月までに体験版範囲(序章)の素材を揃え、体験版としてのプレイ可能な状態にします。
2022年12月頃 Steam版・早期アクセス実施可能性あり
2023年 3月頃までに全ての素材を揃え終え、ゲームエディットを終え、仮パーツへの正式素材差し替えや全体的な調整に入ります。
2023年 6月頃 Steam版(日本語版)リリース
※英語版リリース時期は、支援額(翻訳者確保の可否)によって変動する可能性があります。
本プロジェクトの目標金額を超えたご支援を頂いた場合の、更なる目標となります。

● 支援総額「150万円」達成 英語版翻訳者の確保
● 支援総額「200万円」達成 キャラクターボイスあり
● 支援総額「270万円」達成 イベントカットあり(10枚程度予定)
● 支援総額「500万円」達成 主題歌・オープニングあり

● 本作に関わるクリエイターの方々への残り発注費(イラスト・ドット絵・サウンド):約70万円
※ディレクター費は含まれません
● リターンとなるパッケージ版・グッズ制作費:約20~30万円

以下、ストレッチゴール(目標金額を超えたご支援を頂いた場合 )における資金の使いみちです。
● ローカライズ依頼費用:約50万円
● キャラクターボイス発注費:約50万円
● イベントカット制作費:約70万円
● 主題歌・オープニング制作費:約200~230万円

他、
● CAMPFIRE手数料

となります。

リターンとして、Steamキーコードや初回限定パッケージ版をお送りする形で、本作(ゲーム)をプレイして頂けるようにしています。プラスアルファで、様々な特典・企画を用意致しましたので、詳細は各リターンの内容を是非ご覧ください。

※応援コース(設定資料集+キャラクターボイス)は、ゲームは付属しません。

※プランナー系・広告主コースのリターンは、アペンドディスクに組み込む形になります。広告は設定資料集にも掲載いたします。

プランナー系・キャラクターデザイン系・広告主コースは、購入時点で備考欄に希望を記入頂く形か、クラウドファンディング終了後にこちらからメール致しますので、その際に希望内容を返信頂く形(その場合備考欄に終了後希望と記入下さい) でお願い致します。備考欄が空欄やメール連絡ができない場合、イベントやキャラクターの作成ができないためご注意ください。

※著作権や商標等を侵害する内容等は規約上NGとなります。公序良俗に反する・世界観に反する内容等は修正・調整を相談させて頂く場合があります。 

クラウドファンディング実施後に、キャラクターやシナリオの更なる詳細は順次お知らせしていく予定ですので、その内容も見つつ是非ご検討ください。
活動報告で一部リターン詳細のご紹介も行います。気になるリターンのある方は、ご参照ください。ご質問も受け付けます。

【リターン品ご紹介】初回限定パッケージ版+特典コース
【リターン品ご紹介】キャラクターデザイン系コース
【リターン品ご紹介】広告主/武器デザインコース  

★(7/29 追記)ご要望にお応えして、クリアファイル&キャラクターボイスのコンプリートセットを追加致しました。※10,000円以上のリターンのご支援者限定のオプションとなります。 


注意点

・このゲームはWindows専用です。WOLF RPGエディターによって開発されています。動作環境は、WOLF RPGエディター最新版の動作環境に準じます。

・本プロジェクトにおけるリターンについては全て全年齢のものとなります。


童話塾時代の後輩・爆乳ショップ店員(@creampie_kcup)さんにインタビュー頂く形で、これまでについてを話しています。

ディレクター:IMAYUI
インタビュアー:爆乳ショップ店員

爆乳ショップ店員(以下爆):IMAYUIさんにはかつて、子どもの本専門店メリーゴーランドの童話塾でお世話になりました。

IMAYUI :私が11期生で爆が14期生で、私が童話塾卒業する年の一年間、一緒に学びました。2008年のことで、ゲームを制作・公開していくよりも前のことです。

:その後、IMAYUIさんがゲームクリエイターになるまでやゲームクリエイターになった時の思いなどをお聴きしていきたいと思います。
IMAYUIさんは、童話塾に通いつつその頃、詩の雑誌へ投稿をされていました。

IMAYUI「ユリイカ」「現代詩手帖」に投稿していて、2009年のユリイカの新人に選んで頂きました。

:選者は、辻井喬(堤清二)さんですね。辻井さんに選出されたユリイカの新人として、「ユリイカ」から詩人デビューされましたが……

IMAYUI:辻井さんには本当に感謝しています。
しかし、「ユリイカ」に2編詩を寄稿して以降、雑誌から依頼が来ることもなく、出版社には詩集を出すことも断られましたし、まったくの不遇でした。

:うーん。しょうもない。

IMAYUI:自身の表現がきちんと人に届けられるところを求め、PBWのゲームマスター・シナリオライターなどを経て、フリーゲームに辿り着いたとき、ここだ、と思いました。
中学生の頃からRPGツクール(最初はSUPER DANTEとDANTE98から)のファンで新作が出る度に触っていたのですが、これからを模索していた時にこれだ、と思えるツール・WOLF RPGエディターに出会えたことも大きかったですね。

:ウディターですね。暗黒のツールともいう。

IMAYUI:ええ。ウディタです。作品を作って公開していくと、フリゲにはフリゲ好きなプレイヤーや批評をしてくれるレビュアー達もちゃんといて、段々反響も大きく、何が自分に求められているのかということもわかってきて、成長できることが嬉しかった。お金は一切絡んでいなかったけど、不思議と需要と供給が成り立っていた。そこで学んだもの・得たものは多かった。

:お金は得られなかったけど、お金より大事なものを得たのですね。

IMAYUI:そのときがあってこその今がある、ですね。
コアな世界だったかもしれないけど、閉じられた狭い世界という感じは全くしなかった。実際その頃(2013年から2014年頃)ニコニコ動画などのメディアが参入したりフリゲ実況が盛り上がったりノベライズなど商業化等のちょっとしたブームもあって(そのときその波には乗れなかったけど)とても可能性のある開かれた世界だと感じました。
フリーゲームというもの自体に、表現の可能性が満ち溢れていたと思います。

:色々作られましたね。主にRPGとか、他にも変なゲームとか。
絵も音楽もプログラム(※ウディタの自作システム)も全部一人で作られていました。

IMAYUI:ほとんどを一人で作りましたが、企業に入る手前くらいで、知り合いのイラストレーターさんや作曲者さんと組んで同人ゲームを作ったことも少しだけありました。
爆にも音声(朗読)をお願いしたり、ニコニコ自作ゲームフェスの授賞式に代理で出てもらい生放送に映ってもらったりもしましたね。

:そんなこともありましたね。何故自分で出なかったのですか?

IMAYUI:あの頃は、人前に出たくなかったから……

:今はやっと出ていくことにしたんですね!

IMAYUI:でも本当は開発に

:これから、頑張ってください。今日はありがとうございました!

IMAYUI:これで終わり? 強制終了ですか。ありがとうございました。

(インタビュー 2022/7/23)







←ブランドロゴを制作中のディレクター



企業のディレクターになって、更にインディーゲームデベロッパーになるまでのことを、ゲームメディアのGame*Spark様にインタビューして頂きました。こちらも是非、チェックしてみてください。

【フリーゲーム作者からアリスソフトを経てインディー開発者に―RPG『Terminus Historia | 境界戦役』IMAYUI氏インタビュー】Game*Spark

IMAYUI
2009年 辻井喬氏によってユリイカの新人に選出。
雑誌「ユリイカ」から詩人としてデビュー。
雑誌「ユリイカ」へ2編の詩を寄稿後、個人でゲーム制作を始める。
2011年から2014年までRPG『ユトレピアの伝説』『12亜神伝』ADV『ユカイナお遣い』『機械天使』等をWOLF RPGエディターコンテストやニコニコ自作ゲームフェスで公開。

その後、アリスソフトに所属。ディレクターを務める。
2022年、独立。

ディレクターメッセージ:
IMYUICのスポンサーになって頂ける方、お待ちしています!



IMYUICは元々、インディーズゲームを志向して立てられたブランドですが、個人開発となり、より本来のインディーズゲームを目指す形に近付けたことを、前向きに捉えて開発に臨んでいます。

より自由度の高いシナリオやゲームシステムを目指して開発を進めていきます。

皆様のご支援を、どうぞよろしくお願い致します。

IMYUIC代表・IMAYUI


<募集方式について>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2023/01/31 20:30

    お世話になっております。ゲームブランドIMYUIC(イミュイック)です。年が明けて2023年1月の進捗ご報告になります。まず年始にお知らせしておりますが、『Terminus Historia|境界戦役』体験版ver0.1を公開しておりますので、まだの方は是非プレイしてみてください。https:...

  • 2023/01/07 00:00

    新年あけましておめでとうございます。ゲームブランドIMYUIC(イミュイック)です。今年もよろしくお願い致します。年末に、支援者の方向けに先行体験版ver0.09を公開致しましたが、この度、体験版ver0.10を一般公開致します。先行体験版では、整備しきれていない部分もあったのですが、その関係...

  • 2022/12/31 00:11

    こちらの活動報告は支援者限定の公開です。

このプロジェクトの問題報告はこちらよりお問い合わせください