Logo

ブラジルで『子どもの命』を守るサッカーグラウンドをつくる!

キャンプファイヤー 寄付型のバッヂ5a80f11b d478 4568 b4d9 369c0ab91ef9
現在の支援総額
2,161,000円
パトロン数
155人
募集終了まで残り
終了

現在108%/ 目標金額2,000,000円

このプロジェクトは、2018-02-15に募集を開始し、155人の支援により2,161,000円の資金を集め、2018-03-19に募集を終了しました

ブラジルで、薬物や交通事故の危険と隣り合わせで生きている子どもたちがいます。サッカーをしている時でさえ命を落としかねない環境に対して、地域住民と一緒に、子どもたちが安心して居られる居場所『命を守るサッカーグラウンド』をつくります。皆さんの応援が子どもが子どもらしく過ごせるグラウンドを実現します!

 

 

みなさん、はじめまして。love.fútbol Japan代表の加藤遼也です。

1983年愛知県瀬戸市生まれの34歳。この6年間、生まれた地域や環境の違いから「安全にサッカーすることができない世界中の子どもたち」に安全なサッカーグラウンドをつくる活動をしています。

昨年、勤め先を退職し、これまで副業だったこの活動を本業にすることを決め、今回のプロジェクトを始めました。

多くの方と同じように、僕もサッカーで育ってきた人間です。今なら分かりますが、その根幹には、思いきりプレイできる場所=サッカーグラウンドがありました。グラウンドと多くの人に支えられサッカーで育ってきた一人として、これからその恩返しを子どもたちにしていきます。

今回、ブラジルで「子どもたちの命を守る」サッカーグラウンドをつくります。どうかみなさんの力を貸してください!

 

これは、過去にブラジルでグラウンドをつくった時の子どもの言葉です。

あまり知られていませんが、世界では路上でサッカーをしている時に交通事故で死んでしまう子どもたちがいます。元ブラジル代表のマイコン選手も幼い頃に兄弟を路上サッカー中の交通事故で亡くしています。安全な場所でスポーツができない子どもたちは、怪我や死という危険性だけでなく、スポーツ選手になる夢や希望、それを通じて得られる仲間といった成長の機会を失っています。けれども、もし安全なサッカーグラウンドがあれば、子どもの命を守ることができ、子どもが夢を持って成長していく機会をつくることができます!!

love.fútbolは、上記のような子どもたちの環境を変えるため、2006年にアメリカで設立された非営利団体です。アメリカ本部、ブラジル支部、僕ら日本支部love.fútbol Japanの各国スタッフ計15名が中心となり、世界各地、生まれた地域や環境によって「安全にサッカーすることができない子どもたち」に安全なサッカーグラウンドをつくっています。これまでにつくったグラウンド数は計27個。言語や文化、宗教観も様々なグアテマラ、ブラジル、アルゼンチン、メキシコ、エジプト、インドの6カ国、27地域でつくり、3万人以上の子どもたちが安全に、笑顔でサッカーを楽しめる場所を届けてきました!

昨年7月、ブラジル・レシーフェにあるブラジル支部を訪問した際に、Brasilia Teimosa(ブラジリア・テイモーザ)という街で出会った子どもたちがいます。彼・彼女らは、雨にも関わらず外でサッカーをしていました。その光景もさることながら、僕はその「場所」に衝撃を受けました。フェンスもなく、車通りの激しい道路とサメのいる海・岩場に挟まれた、冗談のような場所でした。話を聞くと、街には他にボール遊びができる場所はなく、過去にはこの場所でボールを取りに行った子どもが事故に遭っており、子どもたちは今すぐにでも安全なグラウンドを必要としていることが分かりました。

(ゴールは錆びており、ボールの状態も良くありません。海岸沿いにはサメに注意の看板があります)

さらに、この街には別の大きな地域課題があります。それは「薬物」です。中毒性の高い薬物の売買が生業として存在し、子どもや若者の今と未来が常に薬物に脅かされている状況です。

総じてこの大きな2つの課題、1)子どもたちが安全にサッカーする場所を必要としていること、且つ2)薬物の危険にさらされていることに対してどのように取り組んでいくのか?僕らの解決策は、地域住民を主役としたサッカーグラウンドづくりです。

サッカーグラウンドは必要ですが、ただ「つくって与えるだけ」で子どもたちが直面している課題を改善できないケースが多々あります。そこで僕らは上記3つの目標を掲げ、地域の課題を地域自身が解決できるよう、「地域の力」を引き出すグラウンドづくりをしています。

例えば、具体的には、
●地元NPOと提携しグラウンドづくりの手法を教えて、彼らにプロジェクトを牽引してもらう
●地元住民が色々なチームを結成し、グラウンドづくりを担う(建設チーム、イベントチーム、教育チーム、音楽チーム、料理チームなど)
●完成したグラウンドは、地域住民が事業計画、収支計画を立てて地域のために運営する
●完成したグラウンドでは、NPOがサッカー教室だけでなく、薬物防止の教育プログラムを提供する などなど。

この方法は、「これからの社会に求められているグラウンド」を示してくれます。つまり、グラウンドは、スポーツができる場所であるとともに、地域の困りごとを解決したり地域の成長を支えていく場所になること。今回のプロジェクトでも、子どもたちが安全に楽しくサッカーでき、グラウンドを拠点に薬物から子どもたちを守る地域づくりを進めていきます。

 

今回は2面あるうちのグラウンド1面を改修します。完成すると、子どもと若者約5,900人が安全にのびのびとサッカーや他のスポーツを楽しめる場所になります。また、地元NPOと提携し、地域課題を解決する拠点としても活用し、薬物から子どもたちを守る地域づくりを進めていきます。

<内容>
1. 地元NPOと提携し、地域住民を主役として実施するプロジェクトチームの形成
2. サッカーゴール2つを設置
3. フェンス4面を設置
4. 照明設備の設置
5. 壁のペイント
6. 道路に車のスピードを落とすためのバンプ(速度抑制舗装)と標識の設置
7. 地域住民によるグラウンド運営(サッカーおよび薬物防止の教育プログラム実施

<スケジュール>
2018年4月〜8月末。グラウンド完成から3ヶ月間は、僕たちも継続して関わりますが、それ以降は、地域住民の運営委員会と地元NPOが中心に運営していきます。

 <プロジェクト予算>
今回のプロジェクトの総予算は、314万円。そのうち、114万円はアメリカ、ブラジル、日本がそれぞれ企業、個人サポーター、募金箱など別の方法で集めています。残りの200万円をCampfireで募りたいと思っています。

●総予算(内訳)
・サッカーゴール2つ 12万
・フェンス4面 48万
・照明設備 60万
・壁のペイント 24万
・速度抑制舗装と標識 24万
・航空券 18万
・プロジェクト運営費 105万
・Campfire手数料 20万
・リターン郵送費 3万
--------------------------------------------
         計 314万円

 <プロジェクトパートナー>
地元のNPO「Brasilia Teimosa Dribland o Crack(ブラジリア・テイモーザ・ドリブランド・オ・クラック)と提携します。彼らは、「次世代に影響する負の連鎖を断ち切ろう!」と立ち上がった地域の大人たちの集まりで、子どもと若者が薬物を使用しないよう、薬物のリスクや必要な情報を届ける「サッカーを活用した教育プログラム」を開発し、放課後に海岸沿いのグラウンドで提供しています。

 安全なグラウンドができると、子どもたちの顔がイキイキと変わります!笑顔でサッカーを楽しむ姿は見ていて嬉しくなります!!

僕らは、冒頭のレナトやルーカスのように、サッカーが好きな子どもがサッカーを安全に楽しめる子どもを増やしていきたい!その環境をこれからもつくり続けていきます!

「子どもたちに安全なサッカーグラウンドを。」という想いは、おかげさまで サッカー、フットサル関係者のみなさまをはじめ、多くの方々に共感いただき、2月よりさまざまなチャリティイベントを実施できることになりました。

●募金箱設置 

関西、東海、関東の飲食店、フットサル場を中心に20箇所に設置いただいています。*敬省略

●チャリティフットサル(love.fútbolカップ及び個サル)

東急スポーツシステム(株)にご支援いただき実施致します。お申し込み方法は、各施設のHPをご覧ください。

●チャリティアート展「GROUND」の開催
サッカーグラウンドをテーマにしたチャリティサッカー写真展。写真家・嶌村吉祥丸がディレクションおよびキュレーション。love.fútbol Japan代表加藤遼也がコロンビア、ブラジルで撮影した写真を中心に、嶌村吉祥丸がアジアで撮影した写真、人気イラストレーターYunosukeとCITY BOYs FCのイラストを展示します。全展示物の売上の一部が寄付になり、今回のプロジェクトに使用されます。
日時:2月16日(金)〜2月23日(金)
会場:W+K+ (中目黒駅から徒歩3分。目黒区上目黒1-15-8)https://goo.gl/maps/TCJDfkZ6bRM2

 

イベント会場でlove.fútbolを見かけたら、お気軽にお声がけください!お会いできること楽しみにしています!

 

2011年、僕はサラリーマンを辞め、南アフリカに行き、貧困街で活動する団体でHIV/AIDSや薬物から若者を社会復帰させるプログラムを担当していました。しかしながら、団体の意向により、そのプログラムが途中で実施できなくなり、 大人の都合で子どもたちを裏切ることを経験しました。その時、「また大人に裏切られた」と感じたかもしれない子どもたちの気持ちを考えたら、怖くてぞっとしたことを今でも忘れられません。

この失敗経験から学んだことが2つあります。

1つは、サッカーのためではなく、「子どもたちのため」に目を向けること。この順番を間違えてはいけないのだと、身を以て知りました。2つ目は、続けること。この失敗があったからこそ、今でもlove.fútbolを続けています。何よりも、地域に根付き、子どもと地域のために使われ続けるlove.fútbolのグラウンドは、この2つの学びが体現されたものでした。

僕は、兄の影響で小学生になる前からボールを蹴り始めました。サッカーを通じて、たくさん笑い、泣き、努力することを学び、一生の仲間と出会い、世界の輪が広がり、30歳を超えた今もたくさんの素敵な人たちと出会う縁に恵まれ、サッカーはきっとこの先も人生に幸せを与えてくれるのだと思っています。

サッカーで育ってきた一人の人間として、今と未来の子どもたちに何を遺すかを考え、出した答えが、グラウンドであり、子どもたちが安全に笑顔でサッカーできる環境を整える文化でした。

周知の通り、日本でも子どもたちのスポーツ環境は課題を抱えています。僕らの現時点の活動は海外中心ですが、日本でも社会的・経済的状況に関わらずサッカーをしたいと望むすべての子どもがサッカーができるよう、これからの社会に必要とされる「地域の力」を引き出すグラウンドづくりを実施できるよう、すでに準備をしているところです。今回はその未来に向けた第一歩です。

今回をきっかけに、子どもたちのために安全なグラウンドをつくろう!と願う日本の仲間が増え、国内外でさらに何千、何万人の子どもたちが安全にサッカーできる環境を増やしていく。そんな未来をみなさんと一緒に目指せたら幸いです。

どうかみなさんの力を貸してください!!! 

(love.fútbol Japanチーム!)

(love.fútbolブラジルチーム!)

******プロジェクト補足******

 ブラジリア・テイモーザは、ベルナンブーコ州のレシーフェに在る貧困地域です。レシーフェと言えば、サッカーファンの方なら、2014年ブラジルW杯で日本代表がコートジボワールと戦った場所として馴染みがあるかもしれません。

<地域の課題>
ブラジリア・テイモーザは、海岸沿いのとても綺麗な景色がある町ゆえに、過去に土地の利権をめぐり政府と激しく戦ってきた歴史があり、その影響で都市開発、経済成長から取り残された一面があります。漁業以外の主要産業を育てることができず、他地域と比較しても、教育面では卒業・進学率が低く、経済面では所得が低い一方、失業率・貧困率が高いことが分かります。もっとも大きな地域課題は、薬物です。特にコカインベースのクラックと呼ばれる中毒性の高い薬物が町中で売買され、世代をまたぎ悪い悪循環を生んでいる。もちろん子どもたちへの悪影響も必須です。

 

******税制優遇について******
love.fútbol Japanは、特定非営利活動法人として認定されていますが、このクラウドファンディングを支援することで、支援者が税制優遇を受けることはありません。