【世界の果てまで芸術を届けたい】 団費なし、チケットノルマなし。旧来のバレエ団運営の分業システムを抜本的に見直し、所属する一人ひとりが才能を最大限に発揮できる環境を目指します。

はじめに

はじめまして。みなとシティバレエ団岡脇柚太加と申します。
私たちは東京港区に本拠を置くバレエ団でして「すべての人に芸術を」をスローガンに掲げ
活動の一環としてバレエを用いた社会貢献活動を行なっています。

これまでに行ってきた社会貢献活動の実績としては以下のようなものがあります。

国内での実績

-港区の子育て施設にて無償のバレエワークショップ、プロダンサーと舞台で共演の機会を提供

2020年11〜12月(第1期)

2021年2~3月(第2期)

2021年11〜12月(第3期)

2022年6〜7月(第4期実施予定)2022年11〜12月(第5期実施予定)


-2020年12月、藤沢市の児童養護施設にオンラインバレエ公演鑑賞の機会を提供

-2021年12月、前年度に鑑賞を提供した舞台のピクチャーブックを児童養護施設に25冊寄贈


海外での実績

ベトナムでの無償公演(2019年実施)

2019年9月 ベトナム公演実施 観客動員1万5,000人

2020年2月 カンボジア孤児院にて無償バレエ講習会実施

2023年1月 コンゴ民主共和国(キンシャサ)へ無償バレエ講習会実施予定

2023年9月 第2回ベトナム公演実施予定

カンボジアコーラップ孤児院での無償バレエ講習会

これらの公演や講習会を全て無償で提供してまいりました。

今回のプロジェクトは
藤沢市にある「聖園(みその)こどもの家」で暮らす子どもたちに対して
無償の訪問バレエ公演を行うために立ち上げられました。

子どもたちが、置かれた環境に関わらず、舞台芸術を観劇する機会を得ることができる世の中を実現させることが私たちの使命の一つだと思っています。

解決したい社会課題

現在日本に児童養護施設は612個あり、23,631人の児童が施設にて社会的養護を受けています。
(令和4年3月31日 厚生労働省子ども家庭局家庭福祉課 調べ)
現状として子どもたちの衣食住の保証はされていても、全ての施設で文化経験や文化教育の十分な提供がなされることは難しい状況にあります。

私たちはこの社会課題と向き合い、社会的養護の質の向上に貢献したいと考えています。


このプロジェクトで実現したいこと

社会的養護を必要としている子どもたちに必要なことは衣食住だけではなく
芸術鑑賞や文化体験といった文化教育も含まれます。
すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。と憲法にも定められています。

私たちはこのプロジェクトを通して社会的養護下で暮らす子どもたちに文化体験の機会提供を行いたいです。


今回の訪問先
聖園こどもの家

神奈川県藤沢市に拠点を置く「聖園こどもの家」さまとの出会いは
子どもたちへの文化体験提供の支援先を探していた際にご紹介をいただき
2020年12月よりお付き合いが始まりました。
12月25日にオンラインでの舞台鑑賞にご招待させていただき、翌朝には写真と公演の映像データなどを
施設を訪問し寄贈させていただきました。当時はコロナ禍ということもあり、リアルでの開催は
感染症拡大防止の観点から実施が難しい状況でしたが、今回ようやくリアル開催が叶うということ
に私達も非常に嬉しく思っています。

資金の使い道

ー目標金額の内訳、具体的な資金の使い道
 
舞台照明などの輸送費:約4万円
照明機材費用:10万円
ダンサー人件費:約30万円
衣装費用:約10万円
スタッフ人件費:約7万円
手数料:約7万円 (9%+税)

実施スケジュール

ープロジェクト自体の実施スケジュール
2022年6月よりリハーサルスタート

2022年7月3日 公演(演目シンデレラ)

<募集方式について>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


リターン

ーリターンの紹介(リターン画像・リターンの詳細)
・ただただ応援
・レッスン年間パス
・写真グッズ

など

※ご購入いただきましたデータなどの著作権は作者に帰属します。
商用へのご使用はご遠慮いただきますようお願いいたします。

最後に

社会貢献は行う側、受け取る側、双方の心に利益をもたらすものだと思います。
ご支援を通して、是非このプロジェクトに関わっていただきたいと思います。
何卒ご支援のほど宜しくお願い致します。

団体紹介など
みなとシティバレエ団について

東京都港区に本拠を置くバレエ団。
一般社団法人日本文化芸術振興協会の傘下団体で、代表理事は岡脇柚太加。
みなとシティバレエ団では、バレエ界の慣習を断ち切って、団費やチケットノルマのないバレエ団として初めてスタートした。現在20名を超える男女のダンサーが所属し、地域に深く根ざした活動を行っている。2019年9月5日から13日にかけてクラシックバレエ「シンデレラ」をベトナム・ホーチミン市にて無償上演し、総観客数1万5,000人を記録した。
2020年~2021年のコロナ禍では、いち早くオンラインとオフラインを融合させたハイブリット公演を実施し2020年、2021年ともに50回以上の公演開催を記録した。
近年ではバレエを用いた社会貢献に力を入れ、子供たちに無償のバレエ教育を提供する
”Project Future“を継続して実施している。国内児童養護施設、海外孤児院などで実施。


プロジェクトリーダー紹介

後藤奈津子(みなとシティバレエ団 副理事長)

明治大学商学部卒。
文化交流大使として米国留学。
環境教育NGO(ラムサールセンター・ジャパン)、
バレエ団(ABC-TOKYOバレエ団)で海外交渉を務める。
2019年みなとシティバレエ団副理事長就任。
2019年ベトナム公演ツアー監修。
(観客動員数1万5,000人)

NPO法人 Side by side International 理事
一般社団法人日本文化芸術振興協会 副理事長
バレエ写真家としても写真展などを行い、活躍中。(国際コンペ受賞)
SONY SPS会員

  • 2022/07/17 16:54

    こんちには!みなとシティバレエ団岡脇です。この度はクラウドファンディングへのご支援誠にありがとうございました!いよいよクラウドファンディング最終日をむかえました。現在71名の方より43万3,000円のご支援を頂戴しています。目標達成率63%。残り24万7,000円で目標達成することができます。...

  • 2022/07/06 23:31

    皆さん、こんばんはm(__)mシンデレラストーリーの解説記事、いよいよ本日で完結です‼︎多くの方から、写真付きでストーリーを読むと凄く分かりやすいとのお声を頂き、私も嬉しい限りです☺︎今日はいよいよクライマックスシーンなので、最後まで楽しんで読んで頂けたら嬉しいです。みなとシティバレエ団【シン...

  • 2022/07/05 23:13

    皆さん、こんばんは!みなとシティバレエ団 千葉美南海です☺︎昨日のシンデレラのストーリーを写真と共に解説記事は読んで頂けましたか?まだの方は、みなとシティバレエ団【シンデレラ】を写真と共に -前編-こちらから読むことができます⬆︎では、早速本日も昨日の続きから解説していきたいと思います。〜仙女...

このプロジェクトの問題報告はこちらよりお問い合わせください