はじめまして
kanikosen_llc です
  • 東京都 / 
初めてのプロジェクト

プロフィールをご覧いただきありがとうございます。
7/1-「雀鬼王」のクラウドファンディングを実施中です!
もしよろしければご支援いただけますと幸いです。

ご質問・コメント等ございましたらお気軽にお申し付けください。


はじめに・ご挨拶

はじめまして、私たちのプロジェクトをご覧いただきまして誠にありがとうございます。
この度開発した『雀鬼王』はとにかく麻雀が好きな人のためのプロダクトとなっております。
場にモンスターを召喚することでドラを増やしたり、魔法カードで相手の手牌を見たり、相手を鳴けないようにしたり、と誰しもが子供のころに遊んだカードゲームの要素を麻雀に加え、いつもの麻雀が100倍熱く盛り上がるカードゲームとなっておりますので是非遊んでいただければと思います。


プロジェクトをやろうと思った理由、このプロジェクトで実現したいこと

私は子供のころからカードゲームや麻雀で友人と遊ぶことが大好きでした。数年前、友人と麻雀をしながら話す中で、子供のころに遊んだカードゲームの要素を麻雀追加できるとより麻雀が盛り上がるのではないか、となり、本プロジェクトの構想が始まりました。

新型コロナウイルスの影響でなかなか実現に向けた活動ができない日々が続いておりましたが、ようやく兆しが見えてきたこのタイミングで、クラウドファンディングという形ではじめさせていただくこととなりました。

モンスターカードや魔法カードなど、プロトタイプを作りながらゲームバランスを検討し、数年間かけてブラッシュアップした『雀鬼王』は必ず麻雀好きの皆様に楽しんでいただけるものとなっています。




■カードの種類の説明

『雀鬼王』には以下のカード種類があります。

1. 魔法カード

1-1. 即効魔法カード
→ゲーム中、いつでも発動可能なカードです。自分のツモ番、相手のツモ番など場面にかかわらず使用可能です。また、相手があがり倒牌した後も発動可能ですが、山を崩し牌を落とした後は使用できません。

1-2. 継続魔法カード

→原則として1局の間効果が継続するカードです。自分のツモ番にのみ使用可能です。

2. モンスターカード

2-1. Lv1モンスターカード

→場に供託1,000点を支払うことで召喚できるカードです。自分のツモ番にのみ召喚可能です。

2-2. Lv2モンスターカード

→場に供託3,000点支払うか、自分の場のモンスター1体を生贄にすることで召喚できるカードです。自分のツモ番にのみ召喚可能です。

2-3. Lv3モンスターカード

→場に供託5,000点支払うか、自分の場のモンスター2体を生贄にすることで召喚できるカードです。自分のツモ番にのみ召喚可能です。


■プレイの流れ

『雀鬼王』では以下の流れに沿って1半荘を進めます。

①半荘の開始時

・半荘の開始時に全80枚のカードをシャッフルし、各プレイヤーに裏側で20枚ずつ山札として配布します。

・各プレイヤーは上から10枚を手札に加えます。(残り10枚は山札として残す)

・最初に各プレイヤーは手札のカードの効果を確認します。

②局の開始時

・東1局から南4局までの各局の開始時、各プレイヤーは山札から1枚を手札に加えることができます(加えなくてもよいです)。

③局中

・カードが発動されるまでは通常の麻雀と同様に進行していきます。

・カードが発動された際は、全員で効果を確認したうえで記載の効果の通り発動します。

・モンスターカードを召喚する際は、卓上の自分の右側にカードを置きます。

・カードが使用済となった場合、または墓地に送られた際は、サイドテーブルなど卓の外に表側表示で上から重ねて置いていきます。

④局の終了時

・局が終了し、牌を落とすタイミング(自動卓でない場合は牌を混ぜなおすタイミング)で、場に存在している継続魔法カードを使用済とします。

・モンスターカードは他のカードの効果によらない限り、局をまたいで場に存在することができます。

⑤半荘の終了時

・半荘が終了し、点数計算が済んだタイミングで全プレイヤーの手札・山札・使用済カードを回収し、シャッフルして次の半荘に進みます。


■注意事項

『雀鬼王』1セットに含まれる内容はカード80枚であり、お遊びいただくためには別途通常の麻雀セットが必要です。(雀荘、市販の麻雀牌など)

また、本カードには通常の麻雀のルールブックは含まれておりませんので、通常の麻雀のルールをご理解いただいている方向けの商品となります。

また、ゲームのプレイ時には以下の注意点に従って『雀鬼王』をお楽しみください。

・使用できないタイミングでカードを発動してしまった場合は、カードを手札に戻します。

・自分の手札を相手に見せることは禁止ですが、自分がどのカードを持っているかを口頭で発言することは禁止ではありません。


【1,000円のご支援に対するリターン】

・お礼のお手紙、およびプロジェクトの実施結果をメールにて送らせていただきます。
・製品説明書にご支援者様のお名前(orニックネーム)を記載させていただきます。・お礼のお手紙、およびプロジェクトの実施結果をメールにて送らせていただきます。
・製品説明書にご支援者様のお名前(orニックネーム)を記載させていただきます。
※支援時、必ず備考欄に掲載を希望されるお名前をご記入ください。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------

【2,980円のご支援に対するリターン】

・『雀鬼王』1セット(80枚)を送らせていただきます(1セットあれば4人麻雀で十分にお楽しみいただけます)。
・お礼のお手紙、およびプロジェクトの実施結果をメールにて送らせていただきます。
・製品説明書にご支援者様のお名前(orニックネーム)を記載させていただきます。
※支援時、必ず備考欄に掲載を希望されるお名前をご記入ください。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

【9,980円のご支援に対するリターン】

・『雀鬼王』4個セット(80枚×4個)を送らせていただきます(雀荘やご友人にも配って遊びたい方は、4個で9,980円のためこちらのほうがお得になります。)
・お礼のお手紙、およびプロジェクトの実施結果をメールにて送らせていただきます。
・製品説明書にご支援者様のお名前(orニックネーム)を記載させていただきます。
※支援時、必ず備考欄に掲載を希望されるお名前をご記入ください。


----------------------------------------------------------------------------------------------------------


資金の使い道

支援いただいた資金は、商品イラストのライセンス費用、カードの印刷・発送費用、CAMPFIRE手数料として使わせていただきます。


実施スケジュール

・現在の状況:全80枚のカードの効果を策定済。カードおよびパッケージデザイン検討中。
・クラウドファンディング実施:~2022年 7月31日

・2022年7月末 クラウドファンディング終了
・2022年8月 カード作成
・2022年9月 発送準備
・2022年9月下旬 リターン発送
・2022年10月~12月一般発売開始予定


最後に

たくさんのプロジェクトがある中、『雀鬼王』のプロジェクトを最後までご覧いただき、誠にありがとうございます。この『雀鬼王』は、学生時代から長年構想を練っていたもので、今回はクラウドファンディングという形になりましたが、今後一般販売や大会の開催なども是非やってみたいと考えております。

そのためにも、たくさんのご支援と応援をいただけますと幸いです。
ご意見やご質問あればお気軽にコメントください!
是非よろしくお願いします。


【Twitter】
@kanikosen_llc
https://twitter.com/kanikosen_llc

<デザインのライセンスについて>
本募集ページ、カード、パッケージで使用されているイラストおよび写真は商用に必要なライセンスを保持したものになります。

<募集方式について>
本プロジェクトはAll-or-Nothing方式で実施します。目標金額に満たない場合、計画の実行及びリターンのお届けはございません。

このプロジェクトの問題報告はこちらよりお問い合わせください