前回はドアストッパーという超ニッチな商品にも関わらず219万円ものご支援を頂き誠にありがとうございました。

 全国放送のテレビ番組でも取り上げられ、一般発売後も好評を頂いています!

※販売サイトより

https://amzn.to/3Qe5dlM

幼い頃に夢見た「どこでもドア」は100年後も作られる気がしませんが、室内にあるどんなドアにでも取り付けることができる革新的なドアストッパーがついに誕生しました。

これまでのドアストッパーの面倒だった部分をちょっとした発明レベルで解決して、立ったままで操作を可能にした新しいドアの相棒です。 ※黒色の製品は前回のモデルです。

従来のドアストッパーは使用の度にストッパーを持ち運び、セッティングするために腰を下ろす。このように2重に手間が掛かってしまい、にも優しくないという問題をかかえていました。

これらの問題を解決するためにユーザーが「何もしなくてもよい」ドアストッパーの開発に乗り出しました。製品のモニターをしたユーザーに「これは楽ちん過ぎでしょ、、」と言わしめたスプリングの全貌がこちらです 

特別なアクションは必要ありません、これまでどおりドアを開けるだけでOK。ドアの動きに合わせて自動でストッパーが跳ね上がり、ドアをキャッチして止めます。

これでつらいスクワット運動からも解放されます。


キャッチしたドアをリリースするのも一瞬です!ドアを閉める際に スプリングの出っ張り部分を軽く踏んでドアを閉めるだけです。 

最も面倒なストッパーをドアから取り外すための手間と負担をスプリングがワンステップで解決。 

スプリングの厚みはわずか2.5mmの極薄に設計されています。誰しもが経験のある「ぐりぐり」と無理やりストッパーをドアのスキマに押し込む。

なんて事もしなくて済みます。スプリングならドアを傷つける心配もありません。

前回のプロジェクトでは黒1色のみでしたが今回は新たに開発した新素材によりスケルトンが完成!

できるだけ存在感を消すNewスプリング

お部屋の雰囲気を邪魔しません

◎強度と柔軟性UP

プラスチックの化学物質の混合率を変更して強度と柔軟性を向上させました。

繰り返し使用してもバネが下がらずに元のポジションに戻って確実にドアをキャッチします。

◎最適な高さを実現

バネの高さをアップして更に幅広いタイプのドアにも対応しました。床から2cmの高さまでのドアをキャッチします。 

◎3M粘着テープ

床に固定するためのテープをより強力な粘着テープにアップグレード。しっかりと床に接着します。 

 

備え付けのストッパーとは異なり、取り付ける場所を自由に選べるので家具や間取りに合わせてベストなポジションでドアをキャッチできます! 

例えばこのようなドアを開けた先に家具やソファがあったとしても心配ありません。

ドアを止めたい場所にスプリングを設置しておけば、仮にお子さんがバタンッと勢いよくドアを開けても大丈夫。スプリングが壁やドア、はたまたその先に置いてある家具を全力で守ります。

スプリングはDIYや説明書を読むのが苦手な方でも、あっという間に設置できるようにとてもシンプルな設計になっています。スプリングが届いたら3つのパーツを取り出します。

お掃除や一時的に使用しない時もスプリングなら邪魔になりません。ドアを保護するプロテクタが収納フックの役目も果たします。  

使用しないときはスプリング本体をそのまま保護プロテクタに掛けるだけでOK。 


ベースプレートの粘着テープはドライヤーで温める事でかんたんに取り外せます。賃貸物件でも大家さんに怒られる心配もありません。

スプリングはわずかな動作だけでとても使いやすく、子供や高齢者、車いすをご利用されている方のサポートにも適しています。

ドアストッパー史上、最もめんどくさいを無くしてドアをキャッチする。それができるのは今のところスプリングだけかもしれません。

Q:3Mテープが接着しない場所はありますか?

A:凹凸のある床(テラス等)やカーペットには接着いたしません。ご希望の場合は同封しておりますオプションのネジをご利用下さい。


Q:取付けられないドアはありますか?

A:一部の特殊な分厚いドア、床から離れているドアには使用ができません。ドアの厚さが6.5㎝以内、地面からの高さが2㎝以内であればキャッチが可能です。

Q:家の中だけでなく、オフィスや玄関のドアにも使えますか?

A:基本的には室内用のドアストッパーになります。3Mテープが接着可能である床で、ドアの厚みや高さが基準内であれば設置は可能です。

※極端に重量のあるドアにはお使い頂けない場合もございます。

ID DESIGNはドイツで38年前に創業したプロダクトデザイナーとエンジニアによるデザイン会社です。人生の半分を過ごすお家での生活が少しでも快適になって欲しいという思いでスプリングを開発致しました

㈱ウィズキュリオスは『ぼくたちがワクワクするプロダクト』をコンセプトに、商品の企画開発や製造、普及販売までを行うマーケティング会社です。 

過去にMakuakeにて実施した「車のタイヤ!?ゴロゴロ音も気にならない!グッドイヤーホイール搭載の多機能キャリー」にて1,514万の支援金額を達成。 

その後同商品は東急ハンズ主催の【スーツケース大賞2019】において賞を受賞し、百貨店や専門店、セレクトショップでの取り扱いを開始した実績がございます。 

リージェントスクエア公式HP

これからもプロダクトのクラウドファンディング後の未来を見据え、より多くの方に手に取って頂けるように、小売店への普及や顧客のサポートに力を注いでいきます。

ーーーーーーー製品についてーーーーーーー
・プロジェクトの属性:輸入品
・代理店によるサポート:日本語でのカスタマーサポート、保証
・プロジェクト実行者国:日本
・開発者(国):ドイツ
・製造者(国):中国

製品は中国で製造した後に日本へは通常3週間程度で配送されますが、稀に1か月を超えることもあります。
日本倉庫到着後は検品を含めて1週間前後で配送を予定しています。


ーーーーーーースケジュールーーーーーーー
9月12日 クラウドファンディング開始
10月26日 クラウドファンディング終了
11月上旬 リターン発送開始
11月中旬 リターン配送完了予定
11月下旬 自社ECサイトにて一般販売開始予定


■ 特定商取引法に関する記載
● 販売事業者名: 株式会社ウィズキュリオス
● 代表者または通信販売に関する業務の責任者の氏名: 上崎圭哲
● 事業者の住所/所在地:〒810-0002 福岡県福岡市中央区西中洲6-27十八親和銀行ビル5階
● 事業者の連絡先:Tel: 050-5274-3086 / Mail: otoiawase@withcurious.com
● リターン価格:プロジェクトページに記載の通り
※リターン価格とは別にCAMPFIRE(machi-ya)のシステム利用料として1支援毎に220円(税込)が支援者様の負担となります。
※システム利用料は2022年9月26日 正午以降の支援申込みから改定され、支援金額1万円未満の場合は250円(税込)/ 1万円以上の場合は支援額の2.5%(税込)が支援者様の負担となります。
※上記システム利用料はCAMPFIREが受け取るもので、当社が受領するものではございません。
※手数料改定に関する詳細はこちら(https://help.camp-fire.jp/hc/ja/articles/230679948

●送料:送料込み

●支払い方法:CAMPFIREの決済手段に準ずる (詳細はこちら

●支払い時期 :当プロジェクトは「All-in型」の為、目標達成の如何に問わず、ご契約が成立しリターンをお届けします。その為、お申込みと同時にご利用の決済方法に準じてご請求となります。
●引渡し時期: 各リターン詳細に記載の発送予定月を引き渡し時期とします。但し、開発・生産状況によって遅れが生じる場合がありますのでその際は当プロジェクトページ内の「活動報告」または購入者へのメール等で連絡します。
●キャンセル・返品: 当プロジェクトは「All-in型」の為、お申込み完了をもって契約が成立いたします。その為、お客様都合による返品・キャンセルはできませんのでご注意ください。尚、製品到着後に破損や初期不良がある場合には交換させていただきますので「メッセージで意見や問い合わせを送る」から、または納品書記載の連絡先までお問い合わせください。
●対価以外に必要な費用:プロジェクトページ、リターンに記載のとおり。
●ソフトウェアに係る取引である場合のソフトウェアの動作環境:該当なし
●その他記載事項:プロジェクトページ、リターン記載欄、共通記載欄(https://camp-fire.jp/legal)をご確認ください。


  • 2022/09/13 22:43

    プロジェクト開始して1日足らずで目標金額を達成することができました!!ご支援頂きました皆様誠にありがとうございました。ありそうで無かったドアストッパーのスプリング。生活を便利にするお手伝いが出来れば幸いです!プロジェクト終了まで今しばらくお待ちくださいませ。引き続きよろしくお願い致します。

  • 2022/09/12 21:32

    自動でドアをキャッチし、一瞬でリリースするドアストッパー「スプリング」のプロジェクトを本日開始致しました!早速ご支援頂きました支援者の皆様、誠にありがとうございます。プロジェクト終了から配送まで責任を持って最後までサポートをさせて頂きます!ご不明な点ございましたらお知らせくださいませ。それでは...

このプロジェクトの問題報告はこちらよりお問い合わせください