【はじめに・ご挨拶】

はじめまして。
たくさんあるプロジェクトより、本プロジェクトのページにたどり着いてくださり、ありがとうございます。

福島県出身、仙台在住のシンガーソングライター「@なおポップ(ナオポップ)」と申します。

東北全県、関東を中心にライブ活動をさせていただいています。

こんな歌を歌っています。


新型コロナウイルスの感染拡大以降は、宮城県と岩手県がライブ活動の中心となっていましたが、少しずつ東北の各地や関東圏でのライブも増えてきました。

また、配信ライブや動画制作などでの音楽活動も続けさせていただいています。

@なおポップとしての詳細は下記より見やすいページにてご覧いただけましたら幸いです。

https://lit.link/naopop


【このプロジェクトで実現したいこと】

このプロジェクトは、僕が音楽活動で全国各地を旅させていただく中で出会い、特に心を動かされた、東北および全国各地の凄腕ミュージシャンを一挙仙台にお招きする無料音楽フェスティバル「東北HAPPYHOLIDAY」の2022年開催と継続のために立ち上げさせていただいたプロジェクトです。

この映像でも、イベントの趣旨や雰囲気が伝われば幸いです。


2021年は、2年ぶりに無料アコースティックフェスティバルという形式に戻すことができました。

一部同時生配信にも挑戦しました。

※撮影:草刈晋、宮下大輔

【これまでの活動】

このフェスティバルの初開催は2012年、当時仙台にありましたHEAVENという小さなライブハウスからはじまりました。

翌年から会場を仙台MACANAへ移し、3年に渡り仙台での開催を続けさせていただきました。
この頃から、野外無料フェスティバルへの移行を考えていました。

特に若い世代のアーティストの音楽活動の比率としては、SNSなどオンライン上での活動形態が占める割合も増えており、生の音楽(ライブ)という娯楽自体がアンダーグラウンドになりつつある時代なのかもしれません。

しかし、その時代に生きるアーティストの生身からでしか生み出されることのない音楽や言葉はそこにあり続けていて、それを目の当たりにすることで、心揺さぶられ、目を輝かせている人たちを何度も見てきました。

こんなに素晴らしい瞬間はないと思います。

それをもっともっと、街行く人の目に触れる場所で、提案できる場所があってもいいんじゃないかと思ったのです。

野外開催へ移行する前に「東北」と冠がつく以上、東北全県で開催してから移行したいと思い立ち、2016年~2017年にかけては、宮城県以外の5県での開催を決行し、2018年から夢だった野外開催へと生まれ変わりました。

ただ、ここで一つ大きな壁が生まれました。

無料野外フェスとなり、みなさんにお買い求めいただいていた「チケット」という収入減がなくなったのです。

正直なところ、それまでの開催は全公演について僕自身はこのイベントでの収入はゼロ(チケット収入→出演者へのバック+会場費)でした。

むしろ殆どは赤字運営でした。

それでもやるべきだと信じ進んできましたが、野外フェスという規模になると1人で気軽に背負えるような金額ではなくなってきてしまい、

悩みに悩んだ結果たどり着いたのが"クラウドファンディング"という方法でした。

"「好き」でどこまでいけるか"一緒に見に行ってくれる人と作りたい。

このフェスティバルの芯となる部分を大切にしながら資金を募る、一番いい形だと思えました。

2018年、2019年、2021年の過去3回開催でクラウドファンディングを活用させていただき、300万円以上のご支援を寄せていただきました。

自分の想いをここで伝えさせていただいて、それに賛同、応援してくださるみなさんと一緒に作り上げるという、新しい感覚と喜びを与えていただき、本当に感謝しています。


また、唯一のオンライン開催となった2020年も、仙台の映像ディレクター草刈晋氏を招き、関係スタッフや各地のアーティスト、ファンのみなさんと力を合わせて、当時の配信ライブでは異例とも言える質と内容でお届けし、6000以上のアクセスを記録しました。


★配信の模様

その①

https://twitcasting.tv/naopop1228/movie/644193924

その②

https://twitcasting.tv/naopop1228/movie/644223483

その③

https://twitcasting.tv/naopop1228/movie/644230096

 

そして2022年、

お気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、東北HAPPYHOLIDAYは10周年を迎えようとしています。


東北HAPPYHOLIDAYの歴史
https://tohokuhappyholiday.jimdo.com/history/


【プロジェクトをやろうと思った理由】

僕の「やってみたい」から始まった弾き語りフェスが、たくさんの人の支えの中、少しずつ形を変えながら、規模を大きくしながら、進み続けて10年が経とうとしています。

とても不思議な感覚です。

ライブハウスで開催していた頃は、とにかく嬉しくて嬉しくて毎回夢中な自分がいて。

野外開催に変わってからは、本当にこれは自分が代表をしているフェスなのかさえ分からなくなるくらい、いい景色が広がっていて。

やりたい形が実現できなくなってしまった2020年も「それでも今を全力で届けよう」と一緒に動いてくれる、それぞれの道で頼りになる仲間が、僕の周りにはたくさんいることに気づかされて。

毎回共通しているのは、

東北HAPPYHOLIDAYは僕の音楽活動の、そして人生そのものの真ん中に位置しているということ。


僕が一番のハピホリファンです。

そして、自分の目で肌で心で体感し経験させていただいてきたからこそ言える、

「ライブは絶対に必要なもの」

だということを、まっすぐにみなさんに提示できる場所でもあるんです。


そして、本当に本当に本当に、僕たちの体や、生活、社会全体、何よりも心を脅かし続けている新型コロナウイルスの影響は、きっと目に見えるところや想像がつく部分以外にも、広がり続けています。

今だからこそ、人間文化の中で長きに渡って僕たちのそばにあり続けている「音楽」というひとつのキーワードで、

生の音楽に触れる高揚感を

誰かと目を合わせて笑い合える幸福感を

同じ空の下には様々な町があり、様々な人がいることを知れる特別感を

堪能できる"幸せな休日"で心の健康にも目を向けるきっかけにしたく思っています。

今年も賛同してくださるみなさんとともに、この1日を作りたいと思い、本プロジェクトを立ち上げさせていただきました。


【昨年までとの違い】

1点だけ、昨年までと大きく違うところがあります。

それは"目標金額"

今までの約2倍の金額を目標に設定しています。

「え?」と思った方もいると思います。
「ついにお金に走った?」と思う方もいるかもしれません。笑

正直に書きます(SNS等ではご報告していましたが)が、昨年は赤字決済という形で終えました。

「クラファン達成してたのに??やりかた下手くそか!」と思う方もいるかもしれませんが、正直に言うと、あまり大きな額を掲げることでの対外的な見え方を考えたり「超えたね!」という結果でみんなで盛り上がれた方がワクワクするよね!という想いから、実際に必要な金額よりも低い額面で目標額を設定してきました。

年によっては、個人的なご協賛金や当日の募金、グッズご購入などで最終的に賄えていましたが、実際は170万円~200万円の運営資金がないと、赤字になってしまう規模のイベントとなっています。

※出演者をはじめ関係者のみなさんには、ほぼほぼ相場の半額以下でご協力いただいています。
※僕はこのイベントで個人的には1円も受け取っておりません。

はじめて10年、いい節目なのかと思い、今回からは正直な価格で設定をさせていただくことにしました。

これまでの10年や、これからの期待がはっきりと数字で見えてしまう怖さはありましたが、ミュージシャン個人としては活動20年を迎える今、

正面から勝負してみたいと思います。


【資金の使い道】

1.基本的には出演者のみなさんへのギャランティー、専任スタッフへの日当、ステージや音響機材等の設備、感染対策費に使用させていただきます。

※上記の通り、殆どの関係者のみなさんには、通常よりもとてもリーズナブルな金額でお受けいただいています。
そのため、他のお仕事の影響を避ける(このくらいで依頼できるんだ…という認識違いが起きないように)ため、細かい内訳は掲載しませんこと、予めご了承くださいませ。

※ご支援額より手数料として全体の金額の17%をCAMPFIRE様へお支払いします。

2.それ以外にも机や椅子などのレンタル費や広告宣伝、会場使用料や雑費などの運営費としても使わせてわせていただく予定です。

.台風や感染症の急拡大等によりオンライン開催へと変更となった場合も野外開催と同様に運営費として活用させていただき、全リターンは予定通りお届けさせていただきます。

万が一運営費に繰越金が発生した場合は、2023年以降の開催のための継続資金とさせていただきます。


【リターンについて】

金額に応じて本プロジェクトでのご支援限定のリターングッズをご用意させていただきました。
※グッズはすべてクラウドファンディング限定デザインです。

■1000円プランのリターン内容
お礼のメッセージ文

■3000円プランのリターン内容
お礼のメッセージ文
オリジナルステッカー
パンフレットまたはオフィシャルHPへのお名前掲載

■6000円プランのリターン内容
お礼のメッセージ文
オリジナルステッカー
パンフレットまたはオフィシャルHPへのお名前掲載
オリジナルラバーバンド

■10000円プランその1のリターン内容
お礼のメッセージ文
オリジナルステッカー
パンフレットまたはオフィシャルHPへのお名前掲載
オリジナルラバーバンド
オリジナル巾着袋
オンライン打ち上げ参加権

■10000円プランその2のリターン内容
お礼のメッセージ文
オリジナルステッカー
パンフレットまたはオフィシャルHPへのお名前掲載
オリジナルラバーバンド
オリジナルミニポーチ
オンライン打ち上げ参加権

■13000円プランのリターン内容
お礼のメッセージ文
オリジナルステッカー
パンフレットまたはオフィシャルHPへのお名前掲載
オリジナルラバーバンド
オリジナルマフラータオル
オンライン打ち上げ参加権

■20000円プランのリターン内容
お礼のメッセージ文
オリジナルステッカー
パンフレットまたはオフィシャルHPへのお名前掲載
オリジナルラバーバンド
オリジナルマフラータオル
オリジナルミニポーチ
オリジナル巾着袋
オンライン打ち上げ参加権

★リターン早見表

【2022年8月時点の開催概要】

■10月23日(日)仙台市・西公園(お花見広場)
※仙台市営地下鉄東西線 大町西公園駅直通

「東北HAPPY HOLIDAY2022~10th~」

開演 11:00
終演 19:30
入場無料

第一弾公開アーティスト
@なおポップトリオ
中村マサトシ
竹森マサユキ
猪股秋彦
ave
河野圭佑
近野淳一
小玉哲也

SaS Sound Project(インスト)

<第二弾公開アーティスト>
KUDANZ
HONEBONE
小山内創祐
岩船ひろき
天野花
北村蕗

小田和也(ラジオブースMC)
福島彩音(ライブ書道) 

オーディション枠、ブース出店者(雑貨等)さま募集中!
https://tohokuhappyholiday.jimdo.com/recruitment-audition-shop/

※8/10 第三弾アーティスト公開予定
※ボランティアスタッフ募集開始予定
※地域の学生のアトラクションステージあり
※東北を感じられるフード出店あり
※ハンドメイド・フリマゾーンあり

主催
東北HAPPY HOLIDAY実行委員会

後援
仙台市

東北HAPPYHOLIDAY
https://tohokuhappyholiday.jimdo.com/


【最後に】

「一緒に作ったんだ!」と自慢になるような1日を、みんなで作りましょう。

その一員になっていただけたら、とても心強く思います。

よろしくお願いいたします。

<本プロジェクトに関するお問い合わせ>
東北HAPPYHOLIDAY実行委員会
担当:高橋亨明(@なおポップ)
MAIL:info_happyholiday@yahoo.co.jp
※またはCAMPFIREのメール機能をご利用くださいませ。


<募集方式について>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。
目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

■ 特定商取引法に関する記載
販売事業者名:東北HAPPYHOLIDAY実行委員会
代表者:高橋 亨明
事業者の住所/所在地:〒981-1223 宮城県名取市下余田字中荷630-8 Coffee&Session PABLO内
事業者の電話番号:Tel: 050-5435-7795
送料:送料込み
対価以外に必要な費用:プロジェクトページ、リターンに記載のとおり。
その他記載事項:プロジェクトページ、リターン記載欄、共通記載欄(https://camp-fire.jp/legal)をご確認ください。

  • 2022/09/28 00:19

    こんばんは。実行委員長の@なおポップです。残すところ約24時間でこのプロジェクトも終了となります!ご支援の通知の頻度が狭くなってきて、昨年のこの状況を思い出しております(笑)本当に励みになっています。頻度が上がってからはお礼のメール等が遅れてしまっていますが、応援メッセージ含めすべて見させてい...

  • 2022/09/25 23:29

    こんばんは!実行委員長の@なおポップです。本日は「とみざわマルシェ」という地域の(と言うには規模の大きい)マルシェイベントの実行委員&出演でした。面白い大人が集まって、地域や地域の子どもたちやその家族を迎える一大イベント。地域の事業者として、ミュージシャンとして参加させていただく中、いち実行委...

  • 2022/09/21 19:58

    こんばんは!実行委員長の@なおポップ@なおポップです^^いよいよクラウドファンディング終了まで1週間となりました!そんな中、私@なおポップの直属の先輩であり、ハピホリもほぼほぼ皆勤賞で毎回ご出演いただいているaveさんから応援メッセージ動画が届きました!去年に続き、強めの動画です(笑)お食事し...

このプロジェクトの問題報告はこちらよりお問い合わせください