ついに最終日を迎えました!

皆さんで創り上げる”グランマ”の第2章。

よろしくお願いいたします!


支援者様限定記事、日々配信しております!そして、これからも配信予定です!








◎感謝のリターンのを追加しました!


皆様のあたたかいご支援のもと、クラファン初挑戦、残すこと残り一週間となりました。

感謝の気持ちを込めて、今季2022年AWのアイテムをcampfireにて先行予約販売させてください!


通常価格10,800円を、特別価格9,720円(税込・送料込み)で提供いたします。

◯サイズは表を参考にS〜XLをお選びください。
◯カラーはAshブラックのみです。(色味参考画像ご覧ください)
◯商品のお届けは2022年12月を予定しております。
※生産の都合上、前後する可能性があります。予めご了承ください。





 

 

サイズ表

 



注 //あくまで色味の参考です。同じアイテムではありませんのでご注意ください。

 



◎はじめに・ご挨拶


初めまして!

秋田県秋田市中通に2017年から

”秋田にはない都会的な部分と秋田にしかない

「おばあちゃん家に遊びに来たような故郷をおもわせるそんな空間を!」

と、2017年1月より始めた昼から呑めるコンセプトショップ『グランマ』を運営、代表の吉田麻衣子と申します!



幼馴染みの親友フローリスト安田と当時花屋の看板猫のブルー 

ブルーは中通の看板猫 



私の愛してやまない母マリ子さんは中通の街の癒しそのもの 





普段、私は東京に住みながら、スタイリストという職業をしており、はや15年が経ちました。

当時、東京にいながらも故郷秋田への想いがなくなることは無く、さらに想いが増すばかりでした。

そんな時、働き者の母が40年勤めた会社を定年退職し、ずっと家にいる生活をしている姿に感慨深いものがあり、幼少時代の祖父母が営んでいた商店の当たり前にモノを通して人と人がつながる環境への憧れもあり、母の第二の働く場所を!と一念発起して異ジャンルの商売に挑み、幼馴染みの親友フローリスト安田を口説き落として一緒にグランマを立ち上げました。


お店は、昼から呑めるカフェスナックだったり、フローリスト安田が手掛けるお花屋さんだったり、アパレルや雑貨も少し置いていて、飲食スペースは10席ほどを設けております。




開店初日たくさんのお祝いのお花をいただきました

 


 









人気のバナナサンド

 


 


 



肌寒くなる頃に始まる白湯うどんも人気です!  




◎これまでの活動

秋田へ他県から、お客様が遊びに来て下さることで秋田の経済効果に少しでもグランマが尽力できることは何なんだろう。と、自らの様々な経験を活かし活動して参りました。




高橋優フェスにて出店





青森の和裁士のEriさんによる『着物 de グランマ』お茶会イベント 


 





 


 

 

 

母の日2022

 

 

秋田出身・金足農業野球部OBレザー作家TOMY君によるスペシャルなコラボイベント@渋谷PARCOさんによんでいただきました

 

 

 



北千住の伝説のラーメンこばやしさんとのコラボイベント

 



◎メイクアップアーティスト宮本由梨さんによるメイク講座イベント

◎「祐天寺Cotori」さんによるコラボイベント

◎「アナザースカイ」のんちゃんにグランマで撮影して頂きました

◎男鹿の「ひのめ市」への出店

◎「さとやまコーヒー」さん来店イベント

◎三種町「松庵寺郷土まつり」出店

◎山の学校イベント参加

◎「chivicos」さんカレーイベント

◎「KOJI CLEAR」さん甘酒イベント

◎「ごちめし」への参加

◎男鹿「アジサイ寺雲昌寺」さん出店

◎「kermis」さん来店イベント


etc...


◎プロジェクトの背景


2020年2月より続く新型コロナウィルスの感染拡大に伴い、秋田の街並みも一変。

外出する方も、旅行にいく方も劇的に減少し、様々なところにおける売上への打撃は到底すさまじく、これまでにない長い長い厳しい状況を迎えました。

それでもグランマだけは無くすまいと借入れを重ねてきましたが、負債は大きくなるばかりで会社としての力が残っておらずとうとう崖っぷちまで来てしまいました。

なんとか続けていく方法として、皆様にご支援いただき、何とか再起をはかりたいです。




◎このプロジェクトで実現したいこと、地域や若い人に私が貢献したいこと



地元を離れ、ファッションやクリエイティブな業界で仕事をしたからこそ

東京や海外で私がキャッチ出来た感動や感覚、感度

それを秋田の若い世代にも届けられる場所が秋田にあったならどれだけ素晴らしいでしょうか。


「秋田でこういうことが叶う。出来る。」

“そして秋田は素晴らしいんだ”


と伝える姿を見せていかなきゃいけない。


秋田で育った私が地元を離れてから学んだ素敵なもの全てを、

地元秋田に注いでいきたい。楽しんでもらいたい。


それが自分とグランマの役割だと心から思っています。



豊かな自然、素敵な生産者さんやごはんやさんやお店はあるなかで

私たちだから出来る“役割”


秋田には無いから、秋田を離れてる若い世代に

日々のワクワクすような気持ちを届けたい。


より強く芽生えた故郷秋田への想いです。



このプロジェクトではグランマが運営していけることで出来る故郷秋田の街の地域活性化持続可能化を実現させたいです。


今回支援いただいた方々と活動をとおして、withコロナ時代に生き抜ける力強さを発信したい!









◎私たちの地域のご紹介


年々深刻化する人口減少と高齢化


素晴らしい情緒豊かな景色やモノだけではないライフスタイルとしての美しさが秋田県にはあります。

しかし、年々抑えられない人口減少。


こんなに素晴らしい奇跡体験ができるということをもっともっと伝えていきたい。



五城目・ネコバリ岩 photo by 菅野証



 仁賀保・元滝伏流水 photo by 菅野証




大潟村・桜と菜の花 photo by 菅野証





小安峡の紅葉 photo by 菅野証





男鹿・寒風山からの眺め photo by 菅野証

 

  


男鹿・寒風山からの夕陽 photo by 菅野証

 




男鹿・雲昌寺アジサイ photo by 菅野証    男鹿・雲昌寺アジサイ photo by 菅野証 




角館・桜並木 photo by 菅野証 




 
阿仁の雪山 photo by 菅野証

 



*掲載の風景は当プロジェクトに無関係ですのでご了承ください

 

◎資金の使い道・実施スケジュール


東京や海外で培った様々な人人人。

そんな人との繋がりで近年はグランマで様々なコラボイベントを打ち出してきました。


その度にきてもらったシェフに申し訳なさすぎるグランマの厨房設備。

幾度となく改装工事を考えたり思案しあったりしてきましたが、コロナ化での売上げ低迷や様々な要因があり、手を出せずにおりました。


厨房

 この劣悪な環境をまずは整えながら、今後は飲食部門もより力を入れて色んなサービスを提供したい。

東京にいるからこそゲストをよんでイベントを繰り広げたい。

そんな経済活動が、近年のヒントになり

色んな人達と色んなことしたい、企画したい、やりたい、とよりリアルに思うようになりました。

 

来てくださるゲストの方達が必ずかけてってくれる魔法のようなパッション。

 こういったリアルは、伝え続けるためにリアルなコンテンツが必要で

だからこそ、ファッションやクリエイティブを若い子に見せていくことができる。




今回のクラウドファンディングで頂いた支援は店舗の修理費に当たる資金(300万円)の一部に充てたいと考えています。


もし、修理費以上に支援していただけた際は、


・当面の運営費用

・壊れているトイレのドアの改装修理

・当面の広告費

※他にCAMPFIRE手数料にも使用されます。



このような形で皆様の資金の使い道にさせて頂きたいと考えております。



 

◎実施スケジュール

 

22年8月初旬 クラウドファンディング開始

22年8月末 クラウドファンディング終了

22年9月初旬 厨房工事開始

22年10月初旬 リターン発送開始

22年10月中旬 店舗リニューアルオープン




〜最後に〜

最終章までグランマのクラウドファンディングページを見て頂き本当にありがとうございます。

感謝の気持ちでいっぱいです。






コロナウィルスがとてつもない大きな打撃を経済に与え、2年が経過した今もなおその影響は多分に出ています。

ただ、このような危機に立たなければ、クラウドファンディングへの挑戦もなかったかもしれません。

そして、こうして、全国の皆様に「どうか助けてください!」と訴えかけることや、改めてグランマの小さな歴史を見直すこともなかったかもしれません。


そう考えると、今の状況はなるべくしてなった状況であり、ここからどれだけ頑張っていけるか試されているのだと感じています。

経営素人のままではいけないのだと、根底から見直していくことや、こうした貴重なご縁の数々ももっと深く大切にして、この窮地を何とか乗り越えたいです。

周りの支えて来て下さった叡智を振り返りこの時代をグランマ全員で乗り越えたいです。

どうかお力を貸してください。


最後までご一読頂き、本当にありがとうございました!


                               

               株式会社grandma 

                                         代表取締役 吉田麻衣子








両親が共働きで、幼少期は母方の祖父母に育てられました。

祖母は 田舎の小さな商店『武田商店』を営んでいました。

当たり前にモノを通して人と人がつながる環境がそこにあって、

その中でいきいきとしている祖父母が大好きでした。


いつか母を生んでくれた祖母にお礼がしたくて、

ありがとうを言いたくて、

それなのにその言葉は届かないまま、祖母は天国に逝ってしまいました。

いつも「ありがとう」って言える場所が欲しい。

祖母の背中をずっと追いかけながら、いつか祖母の面影があるお店を作りたい‥

それがずっとずっと夢でした。


祖母には敵わないけど、

ようやく、夢の出発点には辿りつけた気がします。


おばあちゃん、ありがとう。

これからは毎日ありがとうって言わせてね。


コンセプトショップ GRANDMAはこんな想いで誕生しました。

いつか秋田へ来る機会がありましたら、 ぜひお立ち寄りください。



商店を営んでいた祖母の若かりし頃の写真

 




<募集方式について>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


  • 2022/11/27 17:37

    私の人生で初めてのアルバイトは、お菓子屋さん。男鹿市の船越に『ゴンタロー』というお菓子屋さんがありました。多分まだある?のかな当時は生粋のお嬢様学校の学生だったことと母親が今からでは想像もつかないほど、柔軟性ゼロのガッチガチのかたーーーーい親だったこと、などなど重なり、いわゆるバイトなんて駄目...

  • 2022/11/27 04:31

    こちらの活動報告は支援者限定の公開です。

  • 2022/11/25 12:42

    こちらの活動報告は支援者限定の公開です。

このプロジェクトの問題報告はこちらよりお問い合わせください