はじめに・ご挨拶

はじめまして。ざわわと申します。

現在大学四年生で、大学二年生の頃から埼玉県の全市町村を巡り写真を撮っています。

Twitterが主な発信源でもしかしたら見かけたことのある人もいるかもしれません。

今回のプロジェクトはこの活動の集大成ともいえます。


このプロジェクトで実現したいこと

写真展「埼玉展」を開催します。埼玉県全市町村を巡って撮影した写真を展示予定です。

日時:12月中旬頃

場所:浦和駅周辺

※日時・場所は決まり次第お知らせします。

展示ではより一層埼玉県に対して理解を深めてもらいたく、特に行ったことのない市区町村も知る機会になればなと思います。

自分が写真を撮っている理由としては、誰かの日常を代わりに切り取りたいというのが1番です。いつも通っている道でも、他の人から見たら日常ではなく、引っ越してしまったらそれは日常ではなくなります。いつも当たり前に通っていた道を写真に収めていることは少なく、思い出すのも難しいです。そのような景色を写真に撮って他の方に共有したり、形あるものとして残しておくことで思い出しやすくなって欲しいなと思っています。

プロジェクトをやろうと思った理由

大学2年生の頃からコロナウイルスが流行し、埼玉県内に籠っていて、そのときに小川町という街に出会いました。埼玉県にもこんな所があったのかという感動を多くの人に伝えたいと思い、埼玉県の市町村を巡る活動を始めました。

大学二年生の頃から始めた埼玉県の市区町村巡りですが、大学四年生春頃に巡り終えました。ただ、ここで燃え尽きることなく撮った写真を多くの方々に見ていただきたくこのプロジェクトを企画しました。

これまでの活動

これまでにフォトブックは大宮、与野、北浦和、浦和、南浦和、高砂一丁目、飯能市、日高市、伊奈町、秩父市を作成・販売してきました。

また、与野の魅力を発信しているヨノ代官さんとも協力し、クラウドファンディングにフォトブックをリターンとして提供しています。

2022年3月にはインターン先である「株式会社 住んで埼玉」さんの協力の元、伊勢丹浦和店さんで出店させていただき1週間でフォトブックを100冊販売しました。



すんで埼玉代表岡野さんからの応援メッセージ


株式会社住んで埼玉 代表の岡野です。ざわわくんとは2年前から一緒に仕事をしてます。責任感が強く、やることはやるタイプで信頼できます。今回のプロジェクト、ざわわくんとしては人生で一番大きいチャレンジかと思います。ぜひ彼の作品や発信を見て共感した人は、具体的な応援をお願いします。

ヨノ代官@与野本町駅非公式キャラクターさんからの応援メッセージ


与野本町駅の非公式キャラクター「ヨノ代官」じゃ!ざわわさんと一緒に与野を盛り上げているよのぉ。与野好きのワシも「なんでそこまで!?」ってぐらい埼玉大好きなざわわさん。いつも見ている埼玉の「美しさ」を切り取ってくれるざわわさんの写真展を応援したいよのぉ~。ご支援よのしくお願いします!

資金の使い道

資金はほとんどは埼玉県内の交通費に充てさせていただきます。残りはフォトブック製本代や写真現像代に充てます。

リターンについて

リターンに関しては主にフォトブックを予定していて、フォトブックには埼玉県全市区町村を載せます。他には現像写真や撮影データ、任意の市区町村のフォトブックがあります。

実施スケジュール

展示は12月中旬頃の月曜日~日曜日の1週間を予定しています。

最後に

大学生活のほとんどを埼玉県に捧げてきました。埼玉県への愛は誰にも負けないと思っています。ぜひ応援のほどよろしくお願い致します!


<募集方式について>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2022/08/25 22:37

    ギャラリーを借りる日時と場所が確定いたしました。日時:1/31~2/5 の10:00-18:00(最終日は16時まで)場所:ギャラリー彩光舎 (浦和駅徒歩10分、調神社前)当初は12月に開催する予定でしたが、ギャラリーが空いていなかったため1月下旬からの開催となりました。DMを作りましたらまた...

  • 2022/08/19 10:17

    活動報告ではないですが、販売中フォトブックのご案内をさせていただきます。今回のリターンでは埼玉県全市町村が載ったフォトブックを販売予定ですが、今までに多くのフォトブックを販売してきました。具体的にはさいたま市のもの→大宮、与野、北浦和、浦和、高砂一丁目(再開発エリア)、南浦和さいたま市以外のも...

  • 2022/08/19 08:12

    クラウドファンディング開始から1日経ちました。本当にありがたいことに1日で目標金額の10万円に達してしまいました!!当初は10万円なんて行くかな?とネガティブになっていましたが、そんなのも関係ないくらいの伸びで驚きです。このまま支援額が増えれば増えるほど、当日展示する印刷代やフォトブック制作費...

このプロジェクトの問題報告はこちらよりお問い合わせください