人口2,173人の浜松市天竜区水窪町。平均年齢63歳の町にオシャレなカフェをGWにグランドオープンさせます!!しかも水窪町の老舗和菓子屋「小松屋製菓」と冨士川夫妻の「ライオンカフェ」がコラボ。皆の溜まり場や会社の研修施設として運営を目指します。絶対すっごい!お店にしますので応援よろしくお願いします。

プロジェクト本文

—美しい水窪川の川辺に、カフェを作りたい。

水窪を訪れた人が口を揃えて言うのが「カフェがない」。せっかくの良い景色の中、腰を落ち着けて一休みする場所がないのは大変もったいない。

そして、水窪の人たちにとっても、カフェがないのは実は悩みの種。数人で集まろうと思っても、場所は誰かの家か協働センター。。カフェが欲しい。。。

 

町の外からやってきた人、そして町の人たちが集まる場所をつくりたい。ただ集う場所でなく、美しい空間を田舎につくりたい。

大自然の中、川の音を聞きながら静かに打ちあわせができたり、気軽に訪れると新しい出会いやアイディアが浮かぶクリエイティブな空間でありたい。

美味しい水を使ったハンドドリップ・コーヒーと地元の和菓子を楽しめ、企業合宿やハッカソンもできて、クリエーターが集う場所・・・。

●ご挨拶

多数の案件からこちらのプロジェクトに興味を持っていただきありがとうございます。  静岡県浜松市水窪町在住の冨士川と創業90年目の小松屋製菓です。 水窪町の高齢化率は57%。平均年齢63歳。

スターバックスはもちろん無く、最寄りのコンビニ まで車で50分。電車は1〜2時間に1本の田舎です。そんな田舎に必要な場所は、子育て世代や若者、さらに遠くから訪れる人が気軽に集う場所です。

遠くから訪れた方が一休みして、ここでしか食べられないものを提供する。そのような空間(カフェ)を作りたいと思います。

美しい自然、美しい空間からアイディアが生まれ、人間関係が生まれ、新しい発見、発明ができると思うのです。

 

●いままでの活動

・・・元は倉庫でした。

数年前から少しづつ手を加え、倉庫を改装しカフェに作り変えてきました。もちろん1人の力ではできず、浜松市外、県外、いや国外から助っ人を呼び、みんなの力で改修作業を行いました。

思い出せば壁を塗ったり、作ったり、床を切ったり、貼ったりしました。そんな皆の思いが集まった空間です。

そして小松屋製菓さんは創業昭和元年。2016年で90年経ちました。老舗ですが、いつもオシャレで美味しいお菓子を作ってます。

 

● 美しい水窪町の自然と文化

水窪町の四季風情は恐らく世界一です。街の周りは高い山に囲まれ、山間地域ならではの寒暖の差から美味しいお茶や味が強い在来種(昔から育てられた)の野菜を頂けます。標高の高い集落は別名浜松のマチュピチュと言われ、天空の里「農家民宿ほつむら」が存在します。文化の面では1300年以上世襲で続く西浦の田楽が存在し、水窪に来るだけで時間の感覚を忘れてしまいます。自然の中でリラックスとはまさにこの事です。

● アイディアは美しい自然と美しい空間から生まれる。

美味しいコーヒーを提供するだけでなく、時にはカウンターで酒を飲みながら集い、時には大型スクリーンの前でプレゼンテーションを行う。

地域の未来について、日本の未来について本気で語る。 素晴らしいアイディアはいつの時代でも美しい自然と美しい空間から生まれと聞きます。

水窪町でリフレッシュ休暇もいいですね!

 

●オープンに向けて

誰もが欲しがっていた国道に面した集えるカフェ。今まで数ヶ月に1度イベントなどでお店を開けてましたが、これから毎週日曜日開店させます。

予約をせず、ふらっと気軽に訪れ珈琲を飲んで美味しい和菓子を食べるお店。 ありそうで無かったお店の実現に向けて動き出しました。

●カフェ完成予想図

カフェには「ハンモック」や「薪ストーブ」、「ソファー」など設置しておりますが、座席数を増やし、さらに快適な空間へ改装したいと思います。

★デザートを作る「小松屋製菓」について

小松屋製菓では地元の食材を活かしたお菓子作りにこだわっています。 水窪は天竜川の支流が流れている水源の町です。おいしい水、そして水窪の自然からいただいた栃の実やきびなどの地元の食材を輝かせるスイーツづくりを追求しています。 新しくグランドオープンさせる国道沿いのお店でも、食材にこだわった美味しいデザートを作ります!

例えば「生クリーム入り栃大福」は昔から地元に伝わる栃もちを現代風にアレンジした洋風大福です。自家製こしあん・純生クリーム・香ばしい栃。三種のバランスが絶妙な小松屋だけのオリジナル大福です。

お店のWEBはこちら!!

●資金の使い道

CAMPFIREで得た資金は、お店の改装費用に使います。まずは、このカフェで一番良い席となる、川に面した席を作ります。川のせせらぎを眺めながら、のんびりしてください。

そして、キッズスペースも作ります。「水窪には子供が少ない」と言われますが、幼稚園から中学校まである水窪には、100人近くの子供達がいます。

そのお母さん達は、たまには家以外で集まる場所が欲しいはず。そんなお母さん達が安心して来られるお店にしたいと思っています。その他、外装の改装などにも利用したいと思っています。

必要な資金で皆さんが居心地よいと感じてもらえるような空間作りのために使用します。老若男女様々な方が集える美しい空間にしたいですね!

 

●改装スケジュールについて

お店のグランド・オープンは2018年5月のゴールデンウィークを目標としています。そのため2月中旬〜3月下旬までクラウドファンティングを行い、4月上旬から4月下旬までお店の改装を行ないます。クラウドファンディングで改装資金が得られ、お店の改装も順調に進めば5月のゴールデンウィークに開店します!

ゴールデンウィーク後は毎週日曜日はお店を開けます。お店の営業時間、開店日はのちほど決定します。

●最後に

浜松市天竜区の人口は政令市の中で唯一3万人を切りました。連日ニュースで報道されている少子化・高齢化、人口減少に伴う空き家の問題など地域は様々な病を抱えています。

事実毎月水窪町の人口は減っています。 空き家問題の解決は難しいですが、カフェを通じ地域の未来を語れるコミュニティを形成できれば、今後問題の軽減につながるのではないか?と感じます。

↑水窪町とても良いところです。

地域の拠点として、グランド・オープン出来れば幸いです。皆様のご参加・ご協力よろしくお願いします!!

ライオンカフェ:冨士川 凛太郎

小松屋製菓店 :小松 裕勤

  • 2018/04/14 19:35

    3月30日、皆様から多くのご支援を頂き、目標金額を達成することが出来ました。あらためて御礼申し上げます。 さて、今月から始まりましたカフェの改装ですが、大工さん(プロ)のお力でコツコツと進んでおります。まだ外は寒そうですが、テラス席も完成しました。 まだまだ改装途中ですが、キッズスペー...

  • 2018/03/12 20:54

    皆様のご支援をいただき目標まであと少し!の所まで来ました! ありがとうございます。   本当に少しずつではありますが・・・ オープンに向けてDIY進行中です! まだ手を付けられない大事な箇所がありまして。。 水窪川を眺めながら風を感じながらホッと一息入れていただきたいベストポジショ...

  • 2018/02/28 23:05

    浜松・水窪町の夫婦がカフェ改修へ クラウドファンディングで支援呼び掛け 日々のご支援ありがとうございます。残り1ヶ月となりましたが、支援総額100万円を超えました!そして浜松経済新聞に記事が掲載されました!! https://hamamatsu.keizai.biz/headline/19...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください