ご覧いただき有難うございます。
10ants Brewing代表の本間と申します。

私たちは平成27年3月にビール会社を東京都府中市に設立し、当社ブランドのビール「10ants Brewing」をOEMにより製造し、多摩地域を中心に販売して活動をしてきました。

ビールには、それ自体の美味しさ

ビールが生む空間の楽しさ

ビールがきっかけの人間関係 など

たくさんの楽しみがあると弊社は思っており、
少しでも皆様にそういったことが感じていただける「ビール」と「空間」を作ることが私たちの理念です。
今回オリジナルビールが作れるオンラインサービス「Be+」のリリース及び専用醸造所を作るため、ぜひ皆様にお力添え頂ければと思います。

2022年11月頃に東京都日野市においてビール醸造所を開業することとなっています。
既に建設は進んでおり各設備の発注は終わっています。
今回のプロジェクトで支援頂いた調達金額は、以下設備の資金の一部として使わせて頂きます!

2リットルからオリジナルビールが作れると聞くと「そんなに少なくできるの?」と驚かれるかもしれません。

それもそのはずです。
多くのビールメーカーはそもそも「少量多品種」のビールを作ることはありません。

ただでさえ1種類のビールを作るのにコストや手間や税務署対応が必要なのに、1度に何種類ものビール醸造をするのはとても煩雑です。費用対効果を考えて、多くのビールメーカーはある程度の種類に絞った醸造を行っています。


業界ではオリジナルビールを作るのにどんなに少なくても200〜300リットル必要と言われています。

それは先ほどお伝えした通り「製造的な面」と「制度的な面」2つの側面があります。

ただ2リットルからオリジナルビールを作りたい!と言っても、「やりたい」ことを追求した結果、従業員に過度の負担が行くことや、お客さまへご迷惑をかけるわけにもいきません。

そこで私たちはビール醸造にかかる膨大な事務作業について、「Be+」システムのレシピ情報等を自社開発の帳票作成システムにコンバートする仕組みを設計して、半自動的に書類作成ができる仕組みを構築しました。

これにより事務処理経費を大幅に削減でき、味やコストの追求ができるようになります。

インターネット上でレシピ作成から決済までの全てを、この「Be+」で行うことができます。

これによりオーダー専用窓口の用意をする必要がなくなり、自由度の高いオリジナルビールを作る事が実現できると共に
オンラインという特性上どんどんアップデートして様々なビールを作れる可能性を秘めています。

季節や仕入状況により適時追加や季節のフルーツなど期間限定素材も採用予定なので、あなたのお気に入りのレシピが見つかる事間違いありません!

もっと手軽に作りたい!という方には既存製品のラベルだけを変えてオーダーすることもできます。


多くの醸造所は一度に大量のビールができる工場の設計をしますが、私たちは2リットル醸造を経済的かつ効率的に実行できるよう小規模醸造に特化した工場を設計しました。


裏を返すとどんなに多くの量を作ろうと思っても他の醸造所が最低としている300リットルまでしか作れませんが、
小型の醸造設備を複数導入することで1日に醸造できる「種類」を多くすることができ多くのお客様にこだわりのオリジナルビールをご提供できます。

既にこの工場は昨年の10 月から醸造所建設に向けて始動しています。

22年9月現在、税務署の酒税免許の仮審査は通過し、現在は内装工事や設備の搬入を待っているところになり着々と準備は進んでおります。


醸造所は11月に醸造免許が交付される予定で、そこから1ヶ月間試運転を行い、12月中旬を目標に「Be+」の正式リリースを目指しております。


醸造所と「Be+」が出来る事で「製造面」と「制度面」の問題はクリアし、個人でもまるで醸造家のように原材料を選んでオリジナルのビールを作れる世界が待っています!


それは「一人でも多くの消費者にクラフトビールの魅力を伝える」を理念に掲げる弊社の夢であり、「誰でも」「いつでも」気軽にクラフトビールに触れてもらえる機会があるということを、このプロジェクトを通して多くの方に知って頂きたいです!

ぜひ応援お願い致します!

醸造所建設にあたって「10ants Brewing」、「直営店BEER BULK J」についてよくご理解のうえ応援して頂きたいという想いから、実際に東京にご来店頂ける方から、東京までは来られない方にも全員にお楽しみ頂けるリターンを多数ご用意しました。

※画像は企画段階のものです。デザインは変更する場合もございますので、あらかじめご了承ください。

※20歳未満の者による飲酒は法令で禁止されています。20歳未満の方は酒類を提供するリターンを選択できません。

株式会社フムルスは3人のビール好きが集まって作った会社です。


出会いは社長本間が経営していたビアバー。
そこで何百種類のビールを飲み、その都度感動を覚えました。
「たくさんのビールが世の中にあるのに知らないなんてもったいない!」
「ビールは苦手と言っている方も飲めるビールがある!」
「でもそんなビールに出会える場所や機会が少ない…」
などの葛藤を経て、私たちは「一人でも多くの消費者にクラフトビールの魅力を伝える」ということを理念に活動することを決めました。

私たちは身近にあるということを「どこでも」「誰でも」「いつでも」だと思っています。
まず着手したのは「どこでも」ということで、ビールを多く揃えた和食居酒屋を開店しました。
多くの方にご来店いただき楽しかったです。(コロナの影響で人員確保や在庫管理が難しく現在は閉店させて頂きました)
現在は聖蹟桜ヶ丘に酒販併設飲食店を経営しています。

次に取り組むべきものとして実行したのが今回の「Be+」になります。
この「Be+」を運用することで、「誰でも」「いつでも」気軽にクラフトビールに触れてもらえるのではないかと考えました。

お客様の発想が、私たちの想像を超えたすごいビールを生み出してくれることをすごく楽しみにしています!!

今回の「Be+」の導入及び専用醸造所による小ロットで沢山の種類が作れる特徴を活かして、弊社においても新ブランド「GLaSS Hopper Brew Team」の展開を計画しています。


「GLaSS Hopper Brew Team」=地元密着型のビール醸造サービスです。

名前の由来は元々IPA専門のブランドとして出していた「10ants」=「アリ」という意味でした。
アリは勤勉で一途でIPAだけをとことん追求することと感謝の意味を込めて「10ants」でした。

一方、「GLaSS Hopper」=「キリギリス」
キリギリスは自由気ままで。余計なことを考えずやりたいことをやる。

既存の「10ants Brewing」はIPAというビールの種類の専門ブランドという枠組みを超えて、2リットルという少量で自由度高くビールを作れる強味を活かし、地元特産品に合わせたものや、地元飲食店の特色に合わせたいろいろな種類のビールをグラスホッパーという名前に込めて製造していきたいと思います。

まだ計画段階ですが、「Be+」による今回のプロジェクトが起点となって、

ビール自体の美味しさ

ビールが生む空間の楽しさ

ビールがきっかけの人間関係

がどんどん広がっていきます!
ぜひこの夢へ向かって応援頂けると幸いです。
宜しくお願い致します。



【酒類販売管理者標識】

販売場の名称及び所在地:東京都多摩市一ノ宮3-5-16
BEER BULK J

酒類販売管理者の氏名:佐藤大仁
酒類販売管理者研修受講年月日:2020年11月27日
次回の講習期限:2023年11月26日
研修実施団体名:東京小売酒販組合


このプロジェクトの問題報告はこちらよりお問い合わせください