---------------------------------------------

●目次

・はじめに
・「T. U. Dancing Club WISH」について
・これまでの歩み
・12月公演とは
・42代12月公演"prhythm" テーマ「縁」
・クラウドファンディング実施に至った理由
・資金使用用途
・リターンについて
・プロジェクトのスケジュール
・部長挨拶
・公演詳細

-----------------------------------------------


・はじめに

ご覧いただきありがとうございます。T. U. Dancing Club WISH 42代副部長、並びにクラウドファンディング担当の伊丹俊介と申します。私たちは1981年に創部されてから今年で42代目を迎えるストリートダンスサークルです。例年、東京大学の学園祭や自主開催のクラブイベントなどに加え、12月公演と呼ばれる自主公演においてダンスを披露しています。昨今はコロナ情勢も相まり、イベントの中止や対面活動の停止など思うように活動することができずにいましたが、皆様の暖かいご支援ご協力の下、なんとか12月公演だけは中止することなく実施してきました。私たち42代は入学当初からコロナ禍にあり、コロナ禍以前のWISHを知らないまま執行代となりましたが、OBGや周囲の方々のお力を借りながらも、なんとか"日常のWISH”を取り戻そうと日々奮闘しています。今回の12月公演"prhythm"では、サークル運営を進める中で支えていただいた周囲の方々への感謝と私たちがコロナ禍でも前に進み続け成長した姿を、パフォーマンスに還元し、少しでも応援、ご支援くださっている皆様に感動や活力をお届けできればと思っております。

どうぞ皆様のお力添えをよろしくお願いいたします。


・「T.U. Dancing Club WISH」について

はじめまして、東京大学のストリートダンスサークルWISHです!

私たちは今年度で44年目となる歴史あるサークルで、現在は42代〜44代の3代合わせておよそ200名で活動しています。併設ジャンルとしてはHIPHOP,HOUSE,JAZZ,LOCK,POP,WAACKの6ジャンルで、公演によってはFREESTYLEやモダンなども踊っています。年間行事として3月にはOB・OG主体の卒業公演、4月には新入生歓迎公演、5月に五月祭(東京大学学園祭)ステージ、7月に2年生主体のクラブイベント、そして12月には執行代の引退公演となる12月公演を行っており、12月公演は毎年、演出面にこだわった非常にクオリティの高いものとなっております。


・これまでの歩み

WISH42代執行の今年度の活動について以下にまとめました。

【2021年度】
WISH42代2年生イベント"Lilac" 
※新型コロナウイルス感染拡大の影響により中止

【2022年度】

WISH42代新歓公演"Revive"

「コロナ禍で減少しつつあるWISHの部員数をコロナ禍以前の水準に戻し、コロナ後の社会に向けてWISHを新たに生まれ変わらせたい。」という想いから"Revive"という公演タイトルを名づけました。従来のクラブで行う新歓公演から、ホール形式の公演へと変更し、「新入生にWISHというサークルの魅力・コミュニティとしての温かさを伝える」というテーマのもとOBGの方々やプロスタッフの皆様のお力を借りながらも全く新しい新歓公演を作り上げました。


 WISH42代五月祭"Blaze"

コロナ禍になって以来初の東京大学本郷キャンパスで行われる五月祭でした。"例年"を知らず分からないことばかりの私たち42代でしたが、コロナ禍以前の活気ある五月祭を取り戻したいという思いを胸に最後まで走り抜き、無事五月祭公演を成功させることができました。伝統を引き継いでいくことの重要性を再認識したイベントでした。


・12月公演とは

12月公演はおよそ1,000人収容可能な大きなホールで行うWISH最大の公演であり、現役生のみでなくOBGやプロのスタッフさんの力をお借りしながらも、約1年間かけて作り上げます。ダンスのみならず、照明、音響、舞台美術にまでこだわりぬき、学生クオリティを越えた公演であることを自負しています。そんな12月公演の最大の特徴は、ダンスを披露するSHOWパートに加え、ダンスと演技を組み合わせ一つの物語を作り上げるSTORYパートが存在することです。演技とダンスを組み合わせることによって演技のみでも、ダンスのみでも伝えることのできない一つ上の大きな感動を伝えることができると考えています。


・42代12月公演"prhythm" テーマ「縁」

『コロナによって奪われてしまったWISHの日常を途絶えさせることなく繋ぎ止めたのは、ダンスへの思いとWISHの持つ歴史である。そしてこれらによって生まれた、人との繋がりやWISHという場所は我々に取ってかけがえのないものである。』

これが今の我々が感じていることであり、今回の12月公演で最も伝えたいことです。我々42代は入学当初からコロナの影響を受けており、「通常のWISH」を全く経験することなく執行を迎えた初めての代です。そのような状況でありながらも、今我々がWISHという一つの居場所に集い、12月公演という大きな舞台に向けて活動ができているのは、一つは部員全員が「ダンスが好き」という共通項を持っているおかげであり、もう一つは先代方がWISHという居場所ないしは12月公演の場を築き上げ、守り抜いてきてくれたおかげです。練習場所の人数制限やリモートでの練習など、コロナによって思うように集まることができず一人一人がバラバラになってしまいがちなこの時代において、200人もの部員が同じ目標に向かって活動できているのは、全員が共通して持つダンスへの思いが我々を結びつけているからであり、またコロナの感染拡大によってイベントや練習が十分に行えなかった中でもWISHが我々の居場所としてあり続けてくれたのは、先代達が築き上げてきたWISHとその想いを、過酷なコロナ禍においても40代,41代が途切れさすことなく我々に繋いでくれたからなのです。

 テーマとして掲げた「縁」には、二つの意味が込められています。人と人との巡り合わせ、結びつきを意味する「縁(えん)」。よりどころを意味する「縁(よすが)」。上で述べたように、ダンスによって作られた「縁(えん)」、先代方との「縁(えん)」、WISHという「縁(よすが)」はかけがえのないものであり、それらのおかげで今の我々が存在します。これらへの感謝、またこのような「縁」の大切さを12月公演で表現したいと考えています。


・クラウドファンディング実施に至った理由

上述のように長年の伝統を持ち、多くの人にとって心の拠り所となっているWISHですが、昨今の新型コロナウィルスの蔓延による煽りを受け年々部員数が減少しつつあります。その結果、サークルを運営する上でWISHの持つ伝統とWISHの現状との間にずれが生じ始めているのも確かです。最大の公演である12月公演もその例外ではありません。1000人規模のホールを借り、膨大な時間と手間をかけSHOWパートとSTORYパートの二つを作り上げるという従来の公演のあり方、中でも大道具などの舞台美術、演技練習などが必要とされるSTORYパートは、現在の部員数で実施するにはあまりにも負担が大きすぎるのではないかという意見も見られ、規模を縮小して開催することも視野に入れていました。しかしながら、そのような状況下でも従来の規模感で尚かつSTORYパートを含む公演を作り上げる決意を固めたのは、WISHの12月公演が、単なる42代の引退公演ではなく、先代から受け継いできた公演であり、そして後代へと残していくべき公演であると考えたからです。人生の夏休みと謳われる大学4年間の中で、寝る間を惜しんでまで話し合い一つのモノを作り上げる経験は、心の底から夢中になって一つのことに打ち込む経験は、一つのコミュニティが架け橋となって世代を超えた多くの人との繋がりを感じることができる経験は、WISHの12月公演でしかできません。そんな12月公演を作り上げるため、現在準備を進めておりますが、公演の予算の大半が12月公演に参加する部員からの参加費で賄われている一方、今年度は12月公演に参加する部員数が大きく減ってしまったため公演予算が不足しており、従来の演出のもと12月公演を開催することが厳しい状況にあります。そこで、私たちの12月公演に対する思いを発信し、賛同してくださる方々のお力を拝借する場としてクラウドファンディングを実施することにいたしました。


・資金使用用途

クラウドファンディングで皆様からいただいた資金は主に舞台美術費用に使用させていただきます。現在、収入減により最も予算を削っているのが舞台美術の費用です。上述したstoryパートではさまざまな大道具・小道具を用いて物語を表現しているのですが、予算の制限により思うような舞台美術を導入できていないのが現状です。皆様からいただいた資金を舞台美術費用に充てさせていただき、よりクオリティの高い公演を目指します。具体的には高台を用いた立体的な演出を考えておりますが、現在の予算では厳しい現状があります。是非お力添えをお願いいたいします。


・リターンについて

※今年度使用しているCAMPFIREでは、それぞれのリターン内容について、最低支援額のみが決められている形になっており、それ以上ご支援くださる方はご自身で金額を設定することが可能です。その点にご留意いただければ幸いです。

【3,000円~】
パンフレットとエンドロールにお名前(もしくは企業名)を掲載いたします。

【5,000円~】
①公演チケット一枚をお届けいたします。
②公演限定Tシャツをお届けいたします。

【10,000円~】
①本年度の公演DVD または Blu-rayをお届けいたします。
②公演チケット一枚をお届けいたします。 + 公演限定Tシャツをお届けいたします。
③公演ペアチケットをお届けいたします。

【18,000円~】
公演チケット一枚をお届けいたします。 + 公演限定Tシャツをお届けいたします。 + 本年度の公演DVD または Blu-reyをお届けいたします。

【30,000円~】
本年度の公演パンフレットに広告を掲載いたします。


≪リターン品説明≫

◎公演チケット

・12/17(土) 1回目公演チケット一枚
・12/18(日)  2回目公演チケット一枚
・12/18(日) 千秋楽公演チケット一枚

のいずれか一つをお選びください。約2時間の公演を予定しております。会場は「サンパール荒川大ホール」です。

※お席はクラウドファンディング支援者様招待席としてご用意させていただきます。


◎公演ペアチケット

・12/17(土)  1回目公演チケット二枚
・12/18 (日)  2回目公演チケット二枚
・12/18(日) 千秋楽公演チケット二枚

のいずれか一つをお選びください。約2時間の公演を予定しております。会場は「サンパール荒川大ホール」です。

※お席はクラウドファンディング支援者様招待席としてご用意させていただきます。


◎本公演限定Tシャツ

本番で私たちが着用する、オリジナルデザインの公演Tシャツをお届けいたします。
デザイン・カラー等未定ですが普段でも着られるようなものになる予定です。サイズはS/M/L/XL/XXLになります。
参考までに以下の昨年度公演限定Tシャツをご覧ください。


◎公演パンフレットに広告掲載

※広告はB5サイズとなります。
※広告内容に指定はございません。
※広告データはメールでの受け渡しを予定しているため、メールアドレスのご入力をお願いいたします。


◎エンドロール

12月公演の最後に舞台上に投影されるエンドロールに名前が載ります。今年度のものは未完成ですが、参考までに昨年度のエンドロールを元にしたイメージ画像をご覧ください。



◎公演DVD or  Blu-ray

プロの映像スタッフがカメラ計5台で撮った映像を編集した本格的なものを自信をもってお届けします。
以下が昨年度12月公演の公演DVDの様子になります。参考までにご覧ください。


※チケット・Tシャツは2022年12月、DVD or Blu-rayに関しては2023年5月頃の発送を予定しています。


・プロジェクトのスケジュール

2022年9月25日 クラウドファンディング開始
2022年10月31日 クラウドファンディング募集締切
2022年12月初旬 リターン品配信開始
2022年12月17,18日 WISH42代12月公演『Pryhthm』開催


・部長挨拶

初めまして、WISH42代代表の磯邊優奈と申します。

まずは、ここまで読み進めてくださり誠にありがとうございます。

本公演のタイトルである「prhythm」は、「prism」と「rhythm」を掛け合わせた造語になっております。prismとは透明体の三角柱で、光を屈折・分散させるものを指します。prismを通った一筋の光は、光の分散によって虹色に変わります。コロナ禍において色褪せてしまった日常に、WISHというprismが彩を与えてくれた、そしてそれぞれがWISHの中で個性を磨き自分の色を見つけ、全体を俯瞰すると綺麗なグラデーションを成している、このような思いを込めて「prism」という言葉を採用しました。そして、WISHがprismになりえたのは、リズムに乗せて身体を動かす”ダンス”が好きだという共通項を構成員が持っていたから、という思いを込めて、prismに「rhythm」という言葉を重ねました。

今年度の執行代である42代の多くは、2020年度入学、つまり新型コロナウイルスが流行し始めた年に大学に入学しました。入学当初は大学に行くこともできず、私も地元の石川県で淡々とオンライン授業を受けるだけの日々でした。友達と呼べる相手もできない、そんな色褪せたような大学生活に彩を与えてくれたのがWISHでした。40代、41代の先輩方は、感染症対策等に苦しみながらも、様々なイベントを私たちに経験させてくれました。大好きな先輩、同期、後輩と共に、大好きなダンスを楽しめたことは、未来の見えなかった大学生活に一縷の光が差し込むようでした。

このような経緯もあり、代表職を務める中で常に意識していたのは「みんなの青春の場を守る」ということです。先輩方が長い時間をかけて作り上げ、そして守り抜いてくださったこのWISHという素晴らしい場所を、なんとかして後代に伝えていきたいと強く考えております。

そしてこの12月公演は、WISHの中でも最も規模の大きいイベントであり、私たちにとっても他のイベント以上に多くの意味を持つものになっております。感染症の影響で、中止になったり、形を大きく変えたりしたイベントも多くありましたが、12月公演だけは、先輩方がその歴史を絶やさずに、守り続けてくださいました。私たちもそんな12月公演を、なんとしてでも後代に伝えていきたい所存です。

しかし上述のように、新型コロナウイルスの影響もあり、構成員の数が減少しているのが現状です。収入源の大半が部費である我々にとって、会計面で、12月公演を従来通りのクオリティを実施するのが難しい状況にあります。

大変恐縮ではございますが、これまで繋いできた12月公演の歴史を、色褪せさせることなく後代に繋いでいくために、皆様にお力添えをいただけないでしょうか。皆様のご期待を裏切らない、素晴らしい公演を作り上げていく所存です。12月公演を高いクオリティで実施することができれば、WISHをさらに盛り上げていくことにも繋がり、部員数減少の打開策にもなるのではないかとも考えております。

現役一同、皆様に感動を届けられるよう、日々邁進してまいります。ご支援のほど、何卒宜しくお願いいたします。


・公演詳細

T.U. Dancing Club WISH 42nd 12月公演 「Prhythm」

日時:

1回目公演
12月17日(土)18:00開演

2回目公演
12月18日(日)13:00開演

千秋楽公演
12月18日(日)17:00開演

会場:サンパール荒川大ホール


※2022/12/17と2022/12/18に、サンパール荒川大ホールにて、東京大学ストリートダンスサークルT.U.Dancing club WISHの12月公演を開催したことをもって、プロジェクトを終了と致します。

※新型コロナウイルス感染拡大状況や天災等、やむを得ない事情により本公演中止の判断をする可能性もございます。その場合、皆様からいただきました支援金は、公演中止により発生する費用 ・2024年3月に開催予定のWISH 42代卒業公演開催費用・43代への引き継ぎ金に充てさせていただきます。また、リターンの内容につきましても変更する可能性がございます。ご理解いただけますと幸いでございます。

※掲載されている写真は、撮影時のみマスクを外しております。ご理解のほど何卒よろしくお願いいたします



このプロジェクトの問題報告はこちらよりお問い合わせください