仮想通貨損益の自動計算ツール『G-tax』の検証・開発を加速し、対応取引所やウォレット、取引パターン、そして対応通貨数を増やし、仮想通貨取引による確定申告上の悩みをなくすことを目的としたプロジェクトです。仮想通貨税務に関する最新の情報提供や、仮想通貨に関する交流を目的としたコミュニティもつくります。

プロジェクト本文

はじめまして。株式会社Aerial Partnersの代表の沼澤健人と申します。


Twitterでは『二匹目のヒヨコ』として、2017年から仮想通貨に関連する税務上起こりうる問題を中心に情報発信をしてきました。


自身もブロックチェーン技術との出会いとともに仮想通貨への投資を行っており、2017年の夏から Twitter上で500名以上の方から相談をいただき、グループ内の税理士事務所及び税理士法人を通じて1,000名サポートを行ってきました。

また、日本発のICOプロジェクトであるALISのサポートや、仮想通貨交換業者の金融庁登録支援等、広く仮想通貨に関する支援業務を提供しています。

 

 

今では、税理士のみなさま向けの仮想通貨税務に関する啓蒙活動を行う一般社団法人日本仮想通貨税務協会の理事等も務めさせていただいていますが、すべての活動は、「大好きな仮想通貨のコミュニティに貢献したい」という思いからはじまっています。


中でも、仮想通貨に関する会計・税務上の問題はとても複雑且つ多岐にわたり、仮想通貨の本質から少し離れたところで頭を悩ませる方が多くいらっしゃるのが現状です。また、僕一人がサポートできる方の数も限られてしまうため、「仮想通貨税務の困ったを解消する」というミッションを掲げ、KPMG・Deloitte・EYといった大手ファーム出身のメンバーを中心に、日本初の税理士紹介 & 仮想通貨による損益計算サービスである『Guardian』の提供をスタートしました。


それに加え、一人でも多くの方のサポートをさせていただきたいという想いから、ライトな仮想通貨投資家に向けて、無料で仮想通貨の売買損益の計算ができるWebサービス『G-tax』の開発を進めており、現在はβ版としてテストリリースしています。


『G-tax』のウェイティング・リストにも、僕たちの当初予想をはるかに上回る登録をいただいてます。『G-tax』を仮想通貨投資家のみなさまにとってさらに価値あるサービスにしていくのはもちろんのこと、今年の確定申告に間に合うように開発・検証を加速させ、同時に、税制などを含めた仮想通貨取引の環境整備を進めるための意見交換の場としてのコミュニティをつくることを目的に、このプロジェクトを立ち上げました。

 

今回は、今年の確定申告をサポートするリターンもご用意しておりますので、今年の「困った」についても、解消させてください!

※CAMPFIREでは、ビットコイン決済で応援いただけます

 

2017年は、一般に普及が進んだという意味で仮想通貨元年とも言われ、急速に規模が拡大している仮想通貨市場

仮想通貨の時価の急上昇に伴い、投資をする方も増えており、大きな財を成されるケースもたくさん出てきています。

しかし、急激な市場の成長には多くの課題も一緒になって浮き彫りとなります。

その代表的な課題が、仮想通貨をとりまく税務上の問題です。(※1)


※1 2017年、仮想通貨投資により新たに確定申告義務が生じた方は10万人以上にのぼることが予想されます。


仮想通貨に関する税務処理については、取引所や仮想通貨が多岐にわたり、また、法定通貨を介さない取引によっても所得を認識する必要があるために計算が非常に煩雑です。加えて、マイニングやレンディング、エアドロップにハードフォークといった、異なる側面をもった経済事象が日々新たに生まれています。

それにも関わらず、仮想通貨に精通した専門家は決して多くはなく、確定申告をしたいのにできない方が多く存在しています。

実際に僕たちがサポートさせていただいている方からは、「自分で計算ができない」「税理士に断られてしまった」「そもそも確定申告なんて初めて」という声が多くあがっています。

 

そんな中、仮想通貨損益の計算をサポートするため『G-tax』の開発プロジェクトが始動しました。投資家の中には利用している仮想通貨取引所が少なく、また、売買のみを行っているなど、自動計算のみで所得計算が完結するケース(※2)があるため、「確定申告を行いたいのにできない」という方々を総合的にサポートするWebアプリケーションとして『G-tax』を開発・テスト運用しています。


※2 複雑かつ多岐にわたる仮想通貨税務の問題を解決するには、税理士の方をはじめとるする専門家の力が不可欠なのが現状です。


何よりもまず、差し迫った2017年度の確定申告を業界全体で乗り切ることが最重要課題です。テストユーザーのみなさまからのフィードバックをもとに、日夜エンジニアチームが開発に励んでいます。また仮想通貨に関する会計・税務実務を数多くこなしている会計士・税理士10人以上のチームで計算結果の検証を連夜行っております。


一方、テストユーザー(2018年1月20日時点で3,500名)からは一刻も早く正式版をリリースしてほしいとの声を数多くいただいており、開発及び計算結果の検証をもっともっと加速させる必要があります。


細目も含めた制度が整備しきれていない中、現状では税理士のサポートが必要な部分が多いのも事実です。また、まだまだ対応できていない取引所やウォレット、取引種別、通貨が存在し、随時それらに対応していくため、開発・検証のスピードを上げる必要があります。

そして最終的には、『G-tax』の利用をしていただければ、仮想通貨取引により生じた損益計算を完結することができ、安心して仮想通貨投資ができるようにさせていただきます。


本プロジェクトにおいて設定している目標は次の3つです。

 

個人の確定申告はもちろんのこと、法制度を含めた仮想通貨の環境整備はまだ始まったばかりです。

みなさんの意見や情報を集約し、国に、そして社会に対して働きかけることのできる、これからの仮想通貨取引の基盤のあるべきかたちをつくるためのコミュニティをつくります。


そして、仮想通貨投資家の方が抱えている税務上の問題や、日々新たに生まれる仮想通貨に関連する経済的事象について、制度のあるべきかたちを考え、制度に盛り込むための活動もおこなっていきます。

 


とは言いながら、まずは今年の確定申告を業界全体で乗り越えなければなりません。スムーズな申告ができない方が多くなれば、仮想通貨が社会に受け入れられることの妨げになる可能性もあります。盛り上がりつつある今だからこそ、環境整備を早めて、仮想通貨取引を社会に根付いたものにしたい。


しかし、この試練を乗り越えるためには、多くの課題が山積みの状況です。仮想通貨投資家のみなさんの力をお借りし、一緒に乗り越えたいと思っています!


リターンでは、弊社が提供している確定申告サポートのサービス『Guardian Light』の無料利用権が含まれるものもあります。『Guardian Light』は現在未発売のプランとなり、後述する正規の料金よりもお安くご利用いただけるかたちになっています。


コミュニティの一員として、確定申告をスムーズに行うことのできる基盤を構築し、共に日本の仮想通貨取引の未来をつくりましょう。

そして僕たちは、皆まさの確定申告を支える役割を担い、仮想通貨元年と呼ばれた2017年を最高の形で締めくくるお手伝いをしたいと思っています。来たる確定申告期を業界全体で乗り切るため、みなさまの力を貸してください!

 

僕たちのプロジェクトを応援してくださっている方からのメッセージをあずかっています。みなさんも、ぜひ本プロジェクトに参加してください!

 (五十音順)

石倉 壱彦さん(@Ishikura0710)3Minute.inc 取締役CFO

2017年から仮想通貨関連ビジネスは、急成長しておりますが、会計・税務・法務に関しては、複雑かつルールがまだ定っていない状況です。
Aerial PartnersCEOの沼澤君は、会計・税務はもちろんのこと、仮想通貨関連の情報も最先端でキャッチアップしてる頼もしい存在です。
仮想通貨が今後より普及し、生活のインフラになるため、G- taxは無くてはならないサービスだと確信しています!
本プロジェクトの成功を全力応援します!

 

柿澤 仁さん(@hitoshikaki)OmiseGO ブロックチェーン会計士

こういったサービスの必要性は半年以上前から叫んでいましたが、その中でもここまで本気のプロジェクトは見たことがありません!
仮想通貨と税務両方に精通している専門家を増やすことはもちろん必要ですが、目の前の税務申告に間に合う訳もないため、こういったテクノロジーで解決するもしくはテクノロジーと専門家がコラボで解決していくことがいま一番やるべきことだと思ってます!!
皆さんで応援しましょう!!

 


トレストさん(@TrendStream)
10年以上確定申告をやってきましたが、ハッキリ言って仮想通貨取引の税務処理は複雑になりがち…自力でやるにはストレスしか感じなかったです。自分が注力したい活動の妨げになることもあるので、G-taxは取引規模に関係なく仮想通貨投資家にとって心強いパートナーになると思います!

 

 東 晃慈さん(@Coin_and_Peace)

税金の計算などの不安などもあり、以前のように積極的に暗号通貨を利用したりトレードしたり、実験したりしづらい空気になっているのを感じます。G-taxのようなサービスが広く利用されることで、そのような不安感を簡単に取り除き、業界全体がさらに盛り上がることを期待しています。

 


平野 淳也さん(@Junya Hirano)
暗号通貨では、特有のお金の流れが多々あり(暗号通貨同士の交換、HFによるコインの取得、マイニングなどなど)、それらの会計処理は複雑を極めます。
Aerial PartnersのCEOの沼澤さんは、会計の知識も持ちつつ、以前から暗号通貨を自身で積極的に触りながら勉強されている方で、信頼できるサービスになると期待しています。
応援しています。

 

ポインさん(@poipoikunpoi)
「今年の仮想通貨税務をどうにかできるのは、自分たちしかいない」
最初にお会いした時から、沼澤さんはずっとそうおっしゃっていました。
そのような"ある種の使命感"により、G-taxの開発が進められているのだと思います。
私も一人の仮想通貨投資家として、このプロジェクトを応援させて頂きます。

 

mineCCさん(@ETHxCC)
仮想通貨取引に係る所得計算は困難を極めるものであり、10万人規模の新規納税義務者が頭を抱えている難題です。この難題に対して救いの手を差し伸べるG-taxの成功は、日本における健全な仮想通貨普及の一助となるでしょう。時代の急先鋒として活躍し、成功されることを願っています!

 

マナ@仮想通貨/ブログさん(@1000crypto)

去年の仮想通貨の税金計算は一人で自立でやりましたが、かなり時間がかかり消耗しました。今の税制だと売買する度に税金計算の事を考え憂鬱になる人も多いのではないでしょうか。ヒヨコさんが良いサービスを作れる状態になれば沢山の方の悩みが解決されます。応援してます!

 

村口和孝さん(@kazmura)日本テクノロジーベンチャーパートナーズ

2017年後半、日本でビットコイン等仮想通貨の売買が盛り上がりました。ところが、仮想通貨の税金の環境が制度面で全く追いついていない状況で、環境整備が急務。仮想通貨納税難民を救う「G-tax」が、仮想通貨税務申告の民間サービスとして立ち上がって、世の中の進歩に貢献してほしいです。応援します!

 

安 昌浩さん(@MasahiroALIS)ALICE CEO
仮想通貨業界が心の底から好きな方々に共通の、とにかく業界を健全に盛り上げるために業界全体を巻き込んで良いサービスを作りたいという素晴らしい意志を感じます。皆様もGuardianが発表された時の渇望感は忘れられないのではないでしょうか。新サービスのG-taxは業界の守りの部分を素晴らしいものに変えてくれると信じておりますし、何より私自身一刻も早くサービスを利用したい、利用できるユーザが増えてほしいという気持ちで応援させていただきます!

 

Guardian Lightとは、弊社が提供している仮想通貨税務の計算・申告を、投資家の皆様に代わって行うサービス。

各取引所から取得したCSVデータをいただき、税理士が計算結果を確認、そのまま税務署へ申請します。

プランは2種類。税理士の紹介も含めた確定申告すべておまかせの「おまかせプラン」、すでに確定申告をお願いできる税理士がいる方へ計算結果のみ提供する「お手伝いプラン」です。

 それぞれリターン内容に含まれてますので、自分にあったプランをお選びください。(下記画像内の料金は正規料金です。本プロジェクトの支援を通じてご利用いただくと、正規料金よりも割安で無料利用権を得ることができます。)

 ー1/25 よくある質問 追記ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

『Guardian Light』について、よくご質問いただく内容を追記しました。

◆追加料金は発生する?

「お手伝いプラン」「おまかせプラン」ともに、追加料金は発生しません。仮想通貨による所得額による追加料金等の別途料金は発生しない、シンプルなプランとなっております。


◆事業所得がある場合は申込みできる?

「お手伝いプラン」

事業所得がある場合であっても、お客さまご自身にすでに担当の税理士様がいらっしゃり(またはお客さまご自身で)、その所得についての計算が可能な場合はお申込みいただけます。「お手伝いプラン」による計算結果をもとに、担当税理士様とご相談の上で(またはお客さまご自身で)確定申告を行っていただく流れとなります。

「おまかせプラン」

事業所得がある場合については、対象外となります。 「お手伝いプラン」をお申込みの上、お客さまご自身で担当税理士様をお探しいただく(またはお客さまご自身で計算していただく)ことで、『Guardian Light』をご利用いただくことができます。

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

 

 

今回のプロジェクトの立ち上げにあたり、仮想通貨業界のみなさまを中心に、既に多くの方に支援いただいていること、心から感謝しています。そして、仮想通貨取引の健全な発展のために、確定申告難民をつくってはいけないという使命感と、同時に社会課題の大きさからくる責任感を感じる毎日です。

大好きな仮想通貨のコミュニティに貢献できるよう、使命感と覚悟をもって取り組んでいきます。皆さまのご支援、よろしくお願いいたします!

株式会社Aerial Partners 会社情報

商号 株式会社Aerial Partners(エアリアル・パートナーズ)

所在地 〒160-0023東京都新宿区西新宿6丁目15-1セントラルパークタワー・ラ・トゥール新宿604

代表取締役 沼澤 健人(Twitterアカウント名『二匹目のヒヨコ』 )

グループ Aerial法律事務所

加入協会 日本仮想通貨税務協会(JCTA)

  • 5abe198a 4cec 4cf1 aa92 62310aae07a2.png?ixlib=rails 2.1
    活動報告

    [4/22(日)14:00-]G-tax正式版リリースイベント開催について

    2018/03/30 20:03

    大変長らくお待たせいたしました。 株式会社Aerial Partnersの実施したクラウドファンディングで支援いただいた皆さまへ、G-tax正式版リリースイベントのご案内です。 先日確定申告期日である3月15日を終え、仮想通貨取引支援、特に仮想通貨を取り巻く確定申告に関するサポートを主事業...

  • Default image l da671d394b3f9fc866ab67dc2120460e7ef1e7b521ebfff2b6c6437c3e33cbd0.png?ixlib=rails 2.1
    活動報告

    G-taxの開発状況とリリースイベントのご案内

    2018/02/19 20:28

    『G-tax(β版)』開発などの現況についてお知らせいたします。 ◆『G-tax(β版)』 G-taxの社内用システムについては随時計算している状況で、計算結果の精査をしている段階です。 また、近日中にG-taxで行っている計算のロジックに関し、大手会計ファームとの連携を発表させていただ...

  • 5a7303dc cffc 4158 81a7 59280aac0178.png?ixlib=rails 2.1
    活動報告

    G-tax開発、さらに進んでいます

    2018/02/01 21:11

    G-taxについて、本プロジェクト実施中にも続々と機能追加を進めています。本日、次の機能をリリースしました! 4取引所に新規対応 ◆ Binance◆ BTCBOX◆ Yobit◆ Changelly Zaif 新フォーマット対応  特にご要望の多かったZaifですが、ダウンロードでき...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください