テクノロジー時代を想定し、これからのものづくりに必要な概念を持った「NEO(ネオ)工芸」を考案しました。テクノロジーに多くを与えられる時代に生きる私たちだからこそ生まれるプロダクトがあると考えています。そして大量生産・大量消費の時代に、行き場を失った(失いつつある)素材を活用したプロダクトです。

プロジェクト本文

本プロジェクト代表であり、TAKEHANAKE BRANDの竹鼻 良文(タケハナ ヨシフミ)といいます。

このページを見ていただきありがとうございます。

 

「TAKEHANAKE BRAND」はTAKEHANAKE design studioのプライベートブランドです。

 

▼いきなりですが、リターンとなる作品の一例をご紹介させていただきます。

「ピアス」「指輪」「陶器」作品です。

 

以上の作品には深い深い意味があります。

ぜひこれからお話しさせていただきます内容をご一読いただけると幸いです。

TAKEHANAKE BRAND代表のわたくし竹鼻 良文(タケハナ ヨシフミ)は学生時代、建築学科で学び、修士設計で「情報(今でいうビックデータ)だけで都市を作る(2008年)」を発表し、社会人になり独立してから「住み手や環境の情報だけで家を設計するOS的思考の建築(2011年)」を発表しました。

OS的思考の建築

その後2012年からスタートしたTAKEHANAKE BRANDでは、常にテクノロジー時代を意識した「物・事・場」のデザインをしてきました。

しかし、決してテクノロジーを駆使しているわけではありません。

テクノロジーが世界を席巻する時代が来ても、人間にできること、日本の伝統文化や職人技などの可能性を追求することで

 

 

に力を注いできました。

そしてさらに重要視してきたのが

 

 

を追求することです。

そこで私はアートの世界で作品を作り

 

 

ことによって、まったく新しいプロダクトデザインを創造してきました。

 

横浜アートコンペティションやArt in the office CCC awardで入選するなど、アートの自由性から生まれるデザインは他に類を見ないようなデザインが生まれ始めています。

少しだけ過去の作品を紹介させてください。

 

①計算折り紙の技術と数学が形を決定した木の照明

形は数学的な造形にゆだね、薄くスライスされた木を素材に照明を製作しました。薄くスライスされた木は日本特有の技術で作られています。

 

②障害を持つ方が機織りで織った生地を使ったTシャツ作品(オリジナルブランド1STEST(ファーテスト):http://1stest.jp/)

障がいを持つ方々が機織りで織った生地をパッチワークしてもらい出来上がった作品をTシャツに仕上げました。手のぬくもりをコンセプトに人のぬくもりをTシャツとして表現しました。

 

③自然の力が作り出す陶器

移動可能な陶芸窯で焼いた陶器作品です。この窯は燃料の種類や陶器を焼く季節、窯から陶器を取り出すタイミング、焼く陶器の種類、燃料を入れるスピードなどによってデザインが変化します。人知を超えたデザインが生み出されます。

 

④無意識的に製作した建築模型

数学的な構造体を無意識に組み上げていくことで有機的な造形が完成しました。

 

⑤数学的な構造体によるオブジェ

Art in the office CCC awardで代官山t-siteギャラリーでの展示の様子と、蔦屋家電でも有名なCCC本社での一年間の展示の様子です。

 

今後「人は多くの事柄をテクノロジーに与えられる存在になる」ことを予見し、10年前から「自然や数学や無意識」といった「人知を超えたもの」をデザインのヒントにし、作品を作り続けてきました。

テクノロジーは今後、人間が自然と対峙した時のように「想定外」の「何か」を人間に突きつける可能性もあります。

 

もしお時間がありましたら以下のブログをご一読ください。

http://takehanake.hatenablog.com/entry/2017/11/24/160314

 

それはテクノロジーがさらに進化し、例えばアルゴリズムによって生み出された椅子は人の感性によって生み出されたデザインではありませんが、これからデザインの主流になると考えたからです。

 

 

合理的に多様なデザインを生み出すテクノロジーに人間がどう立ち向かうか、これがこれから人間に求められる、人間が立ち向かうべき課題だと思います。

そしてテクノロジー時代と共存するヒントになるかもしれないと行き着いたのが

 

 

という概念です。

テクノロジーが作り出す新しい工芸品もまたNEO工芸だと考えています。

 

NEO工芸の概念は以下です(今後多くの人によってNEO工芸の概念が進化することを願っています)。

①歴史的意味合いを持たない現代に生まれた工芸品もしくは歴史的意味合いを持っていても全く新しい発想で進化した工芸品

②完成形が人間によって準備されていない工芸品(数学やアルゴリズムなど人間の手が離れたデザインや自然などによって与えられるデザインなど)

▼本プロジェクトのリターンとなるNEO工芸品について

 

 

今回のNEO工芸品に使う素材は、社会問題にもなっている空き家から出される「思いの詰まっているのに破棄されてしまう素材(建築建材)」や経済の衰退によって建築の仕事が激減することによって 「行き場を失いつつある建築建材」の利活用となります。

現在、空き家は平成5年に 448 万戸だったところ、平成 25 年 では 820 万戸と、この 20 年間で 1.8 倍になっています。これから人口減少を免れることのできない日本において空き家の数も増えていくことが予測できます。多くの団体や個人がその利活用に尽力されていますが、増える一方の空き家に追いついていないのが現状です。そして新築の着工数も平成9年には約134万戸だったのが平成28年には約97万戸に減り(平成21年には約77万戸に激減)今後も減り続けることが予想されています。それに伴って建築建材の需要も減ると考えています。

 

 

 

特に空き家は元々誰かが住んでいた「思い」が詰まった素材の集合体です。

だから素材を簡単に捨てたくない。

誰かにとってとても価値があったもの。

大切にされたことのある貴重な物。

誰かにとってとても大切な風景。

その風景は誰かの宝物。

誰にでも存在する原風景。

見ると幸せな気分になる思い出。

でもその誰かがいなくなってしまったら・・・。

この活動への賛同者が増えれば空き家問題対策や大量生産・大量消費問題への力になるのではないかとも考えています。

 

このプロダクトは以下の仕組みが作り出せると考えています。  

 

 

そしてこの活動は私たちだけでは到底社会を変えることはできません。オンラインショップが普及してから増えているクリエイターなどの賛同者が増えることによって社会がより良い方向に進むことを切に願っています。

▼参加クリエーター紹介

TAKEHANAKE design studio代表:竹鼻 良文(タケハナ ヨシフミ )

(写真はLEXUS DESING AWARD  2017にて澤氏と)

TAKEHANAKE design studioは東京を拠点に活動するデザイン事務所です。活動を「プロデュース」・「ラボラトリィ」・「アート」の3つを中心に事業展開し、建築・ファッション・プロダクト・インスタレーション・イベント企画・ブランディング・マーケティングなど幅広く活動しています。LEXUS DESIGN AWARD 2017 panel winner。建築では35歳以下の若手建築家による建築の展覧会2016に選出され、愛知建築士会名古屋北支部建築コンクールでは古谷誠章賞・江尻憲泰賞などを受賞しました。アートの分野でも横浜アートコンペティション2015入選、第24回・25回紙わざ大賞入選、Art in the office CCC award 2015入選など企業が進めるアートコンペティションなど多くの分野で評価をいただきました。近年では総合プロデューサーを務めるオリジナルブランド1STEST(ファーテスト)でコニカミノルタソーシャルデザインアワード2016にてプロジェクト賞を受賞しました。

 

文五郎窯(信楽焼)

滋賀県甲賀市にある日本六古窯でもある信楽焼の5代続く窯元です。 伝統工芸士である奥田文悟氏、小物陶器を中心に製作される奥田章氏のお二人で日々陶器を製作されています。 東京ドームで行われるテーブルウェアフェスティバルでは行列ができる他、個展を開かれた時には売り場担当者が「こんなにお客様が来られる陶芸家の方を見たことがない」と言わせるほどの人気です。 2017年にLEXUS DESIGN AWARDのpanel winnerに選ばれるなど国際的にも評価を受ける窯元です。

 

mahoroba(アクセサリー作家)

普段、有名建築設計事務所で働きながら「建築建材」を使ったアクセサリー作家としても活躍中。 イベントで販売した作品が完売するなどこれから人気が上がってくること間違いなしのアクセサリー作家です。

▼「思いがこもった素材」を収集する空き家のご紹介

現在TAKEHANAKE BRANDは山梨県の「とある場所」で移動可能な陶芸窯体験や山梨県の美味しい物が食べられる体験型ギャラリー「KURA COCOLONO」を作っています。そのギャラリー横にある空き家をこの場所を訪れていただいた方々の休憩所や将来的には宿泊施設として運用するための改修工事をDIYで進めています。 この空き家から出てくる思いのこもった素材も作品の一部として使わせていただきます。

空き家の様子

破棄されるタイル

張り替える障子和紙

捨てられる陶器

▼空き家改修メンバー紹介

改修工事責任者:香川芳樹(KAGAWAYOSHIKI/DESIGN)

 

竹鼻 良文(TAKEHANAKE design studio主宰)

西井勇希

 

他にも地域の方々には多くの支援をいただいています。

 

▼リターンについての重要なお知らせです

 

「重要」必ずお読みください!!

※アートから生み出された作品たちです。植物のような繊細さも兼ね備えています。大切にご使用ください。

※指輪はTAKEHANAKE design studioオリジナル計算折り紙構造によって強度を上げていますが、強い衝撃などはお控えください。

※リターン作品に同じ物は一つもありません。色味などが必ず違います。全て手に入れられた方だけの作品となります。

※ピアスに関しましては、素材が偶然得られる物が多いこともあり、こちらでお送りさせていただく作品を選定させていただきます。

※指輪に関しましては、ご希望がありましたら「青・赤・黄色・紫・緑・黄緑・ピンク」の中から色をお選びいただき、メッセージにてご希望をお伝えください。色を組み合わせることも可能です。ご希望がない場合はTAKEHANAKE BRANDオリジナルの色合いを入れさせていただきます。

※必ず指輪のサイズをメッセージにてお知らせください。防水加工(レジンなど)が体温によって密着性が高まりますので、指輪はそのサイズより少し大きめに作らせていただきます。

※指輪に関しまして、防水加工は施していますが、和紙を基調としていますので内部に水が入りますと破損する恐れもあります。なるべく水気のある場所は避けてください。手を洗う程度であれば問題ありません。

 

 

 

▼3000円(10セット限定)

・お礼状

・mahoroba(アクセサリー作家)による建物の外壁材ピアス「家を持ち歩こう(右左別デザイン)」1個

作品説明

家を作る時の外壁素材をピアスにしました。家の素材を持ち歩く可愛いピアスです。

 ※写真は参考です。どのピアスをお届けするかはこちらで選定させていただきます。

ご了承いただきますよう何卒よろしくお願いいたします。

 


▼4000円(40セット限定)

・お礼状

・mahoroba(アクセサリー作家)による建築外壁材ピアス「家を持ち歩こう(右左同じ種類デザイン)」1個

作品説明

家を作る時の外壁素材をピアスにしました。家の素材を持ち歩く可愛いピアスです。

※写真は参考です。どのピアスをお届けするかはこちらで選定させていただきます。

ご了承いただきますよう何卒よろしくお願いいたします。

 


▼6000円(10セット限定)

・お礼状

・TAKEHANAKE BRAND×mahoroba(アクセサリー作家)による建築外壁材ピアス「風景を持ち歩こう-舞い降りる花びら-」1個

作品説明

家を作る時の素材である外壁材。その外壁材に花びらが舞い降りた一瞬の風景をピアスで表現しました。

※写真は参考です。色合いなどが変わることがあります。

 


▼6000円(10セット限定)

・お礼状

・TAKEHANAKE BRAND×mahoroba(アクセサリー作家)による建築外壁材ピアス「風景を持ち歩こう-雨上がり-」1個

作品説明

家を作る時の素材である外壁材。その外壁材に花びらが舞い降りた一瞬の風景をピアスで表現しました。

※写真は参考です。色合いなどが変わることがあります。

 


▼10000円(10セット限定)

・お礼状

・TAKEHANAKE BRAND×mahoroba(アクセサリー作家)による建築外壁材ピアス「風景を持ち歩こう-舞い降りる花びら- &-雨上がり-セット」

※写真は参考です。色合いなどが変わることがあります。

 


▼10000円(5セット限定)

・お礼状

・TAKEHANAKE BRAND×mahoroba(アクセサリー作家)による建築外壁材ピアス「風景を持ち歩こう(舞い降りる花びらor雨上がりをお選びください)」1個

・指輪「和紙タイプ」1個

作品説明

和紙は襖(ふすま)などに使われる素材です。その和紙(ふすま和紙など)をTAKEHANAKE BRANDオリジナルの計算折り紙の構造で指輪に仕上げました。

※写真は参考です。色合いなどが変わることがあります。

 


▼12000円(10セット限定)

・お礼状

・TAKEHANAKE BRAND×mahoroba(アクセサリー作家)による建築外壁材ピアス「風景を持ち歩こう(舞い降りる花びらor雨上がりをお選びください)」1個

・指輪「和紙・薄い木タイプ」1個

作品説明

和紙は襖(ふすま)などに使われる素材と薄くスライスした木を使って指輪に仕上げました。色は一点一点手作業で入れているため同じ模様はありません。

※写真は参考です。色合いなどが変わることがあります。

 


▼12000円(2セット限定)

・お礼状

・TAKEHANAKE BRAND×mahoroba(アクセサリー作家)による建築外壁材ピアス「風景を持ち歩こう(舞い降りる花びらor雨上がりをお選びください)」1個

・指輪「和紙・庭の落ち葉や花びらタイプ」1個

作品説明

和紙は襖(ふすま)などに使われる素材と空き家の庭にひらりと舞い降りた落ち葉を使って指輪に仕上げました。同じ葉の模様はありませんので全て一点物になります。

※写真は参考です。色合いなどが変わることがあります。

 

 

▼20000円(3セット限定)

・お礼状

・TAKEHANAKE BRAND×mahoroba(アクセサリー作家)による建築外壁材ピアス「風景を持ち歩こう(舞い降りる花びらor雨上がりをお選びください)」1個

・お好きな指輪のペアリング1セット

※写真は参考です。色合いなどが変わることがあります。

 


▼30000円(1セット限定)

・お礼状

・TAKEHANAKE BRAND×mahoroba(アクセサリー作家)による建築外壁材ピアス「風景を持ち歩こう(舞い降りる花びらor雨上がりをお選びください)」1個

・指輪「和紙・金箔タイプ」1個

作品説明

和紙は襖(ふすま)などに使われる素材の指輪に日本の伝統的な建築建材である金箔をあしらいました。

※写真は参考です。色合いなどが変わることがあります。

 


50000円(1セット限定)

・お礼状

・TAKEHANAKE BRAND×mahoroba(アクセサリー作家)による建築外壁材ピアス「風景を持ち歩こう(舞い降りる花びらor雨上がりをお選びください)」1個

・お好きな指輪タイプ1個

・TAKEHANAKE BRAND×文五郎窯の一点物陶器(移動可能な陶芸窯)1個

※写真は参考です。色合いなどが変わることがあります。

 


100000円(1セット限定)

・お礼状

・TAKEHANAKE BRAND×mahoroba(アクセサリー作家)による建築外壁材ピアス「風景を持ち歩こう(舞い降りる花びらor雨上がりをお選びください)」1個

・お好きな指輪タイプ1個

・TAKEHANAKE BRAND×文五郎窯の一点物陶器(移動可能な陶芸窯)1個

・半年に一度TAKEHANAKE BRANDの新作を3作品分(1年半)お送りしさせていただきます。

※写真は参考です。新作については楽しみにお待ちください。

 

最後まで読んでいただきまして誠にありがとうございます!

TAKEHANAKE BRANDを何卒よろしくお願いいたします。

 

このプロジェクトは支援が希望金額に満たない場合でも実行致します。

  • 箱小さい
    活動報告

    リターンの準備が整い、随時郵送をしています!!

    2018/09/12 10:07

    リターンとなる作品などの準備が整いました!!   随時、作品やお礼状をお送りさせていただいております!!   1つ1つ、大切に製作させていただきましたので、大切に使っていただけますと幸いです。   早い方は本日中に届くかと思います。   今後とも、温かい応援のほど何卒よろしくお...

  • Default image my 0dc654dcb96a5e77583383cdf465256716de01a9aa70669e7d408c3203f5613a.png?ixlib=rails 2.1
    活動報告 - パトロン限定公開

    指輪の素材が決定しました

    2018/04/13 10:34

    こちらの活動報告は支援したパトロン限定の公開です。

  • 5a97a75b c868 406f ad6e 451b0aba8295.png?ixlib=rails 2.1
    活動報告

    エシカルアクセサリーを身につけるという選択

    2018/03/01 16:10

    最近、エシカルという言葉を聞くようになりました。 エシカル(ethical)とは、「倫理的」「道徳上」という意味の形容詞である。 つまり、「法律などの縛りがなくても、みんなが正しい、公平だ、と思っていること」を示す。 近年は、英語圏を中心に倫理的活動を「エシカル(ethical)○○○○」と...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください