☆20万円達成!第二回に向けてネクストゴール、30万円を目指します!

のべ38人の皆さんのご支援のおかげで、本日、目標金額の20万円を達成することができました!ご支援いただいた皆様、改めて本当にありがとうございます!はじめは20万円も集まらないのでないかと不安でしたが、なんと開始4日間で達成金額に到達することができました。今でも信じられないという気持ちと同時に、プロジェクトを応援してくださる皆様の協力への感謝でいっぱいです。

10月2日の第一回パークマーケット終了後、参加してくれた高校生からもお客さんからも次回開催を望む声が多かったため、本格的に第二回開催のため動き始めます。何よりも私自身がこのイベントを運営するのが楽しくて、学業そっちのけで取り組んでいたこともあり、第二回を開催できることは本当に嬉しいです。今回の良かった点、反省点も含めてパワーアップして戻ってきます。

そのため、第二回実施に向けての活動資金としてネクストゴール30万円を目指します。

引き続き応援とご協力よろしくお願いいたします。



☆第一回『未来のおとながつくる!パークマーケット』開催しました

みなさんのご支援で無事快晴の中、『第一回未来のおとながつくるパークマーケット』を開催することができました。

初めてのイベントで人が集まるのかギリギリまで不安でしたが、小さいお子さんから大人まで約500名ほどの方が、高校生の出店をゆっくり楽しんでいる姿を見て本当に安心し、嬉しく思いました。


高校生が自分の好きを生かして一生懸命挑戦している姿。

椅子、机、ハンモック、黒板、チラシなどでおしゃれに設計した公園でそれぞれの人がゆっくり過ごしている姿。

公園ではいつもは禁止されている花火などを子供から大人まで全力で楽しんでいる姿。

これらの姿はとても素敵でワクワクで、公園ってこうあるべきだなと改めて感じさせられました。


今度は暖かくなってきた3月ごろにできたらよいなと考えていますので楽しみにしていてください!高校生がワクワクなイベントを今後も創り上げます、どうぞご期待を〜



高校生、とあるイベントを開催します…!

みなさまこんにちは!「未来のおとながつくる!パークマーケット」実行委員事務局長を務めている高校2年生の谷早帆子です。私はこのイベントの運営や企画等を行っています。


突然ですが、私は公園が大好きです。しかし、公園にあるルールについては、常に疑問を抱いていました。球技しちゃだめ。花火は危ないからダメ。ペットを連れてきちゃだめ。人の迷惑になることはだめ!これでは小学生のように遊具で遊ぶか、おにごっこをするくらいしかできません。花火だって昔はできていたはずなのに、なぜ今は禁止されているのでしょう。

ルールや常識に縛られず、高校生が好きなことを自由にできるようになれば、公園が高校生でも楽しんで遊べる場所になるのではないかと考えました。

そこで高校生が本気で楽しめるイベント『未来の大人がつくる!パークマーケット』を開催する運びとなりました。



高校生が本気で学んで遊べるイベント

まだどのようなイベントなのかイメージ湧かないと思うので、イベントについてもう少し詳しく紹介させてください。

このイベントは”奈良の公園を高校生が本気で学んで遊べる場所にする”をモットーに、高校生が出店者としてお店を開くというイベントです。お店の内容は物販でも、飲食でも、習い事でもなんでもよし!

高校生が自分の好きなことを生かした出店内容を、事務局メンバーによるビジネスガイダンスを通して具体化し、イベントにて、高校生自身がお店を経営します。

また、マーケット終了後に後夜祭も行います。ここでは花火やシャボン玉、楽器演奏など、普段高校生が公園でできないことを思いっきり楽しんでもらいます。

何事にも縛られず高校生のエネルギーを爆発できる。全力で楽しみながらも学べるようなイベントです。



第一回に挑戦した高校生たち

今回本気で公園で学んで遊びたい!という志を持った高校生が集まったので、彼らの出店内容を紹介します。


①『色々な音を鳴らしてみよう!ハープ教室』

実際に聞いたり演奏体験ができます。初めての方でも楽しめて癒されるハープ教室を目指します!出店者の伝宝は、小学2年からハープを始めました。きっかけは父から勧められたという単純な理由ですが、ハープと過ごしていくうちに段々とハープの魅力に気づき、もっとたくさんの人と共有したいという思いが強くなりました。お店の出店を通じて、ハープを弾くという新しい体験や癒しを届けます🎵 


②『Identity bracelet Am I...?』

自分とは何かを知って、表現するidentity ブレスレット屋。出店者の岩井がこのアイディアを思いついたきっかけは、カナダ留学をしていた経験を通じて日本人には自分のアイデンティティーを表現する人は少なく、それ以前に自分とは何かを考える機会や時間が圧倒的に少ないことを身を持って感じたこと。パーツを選ぶ、つまり、このアイデンティティーブレスレットをつくるという作業を通して少しでも自分とは何ものなんだろうと考える機会になります!! 


③『高田商業まち部。すき焼き屋』

生徒の「やりたい」を実現させるため2017年に設立された高田商業高校非公認組織「まち部」。今回は、高田商業で60年続く伝統行事「すき焼きパーティー」を商品化したレトルトすき焼きや、今回初登場のすき焼き味変用缶詰をご用意しました。奈良県知事賞を受賞した「奈良の新しい定番」を楽しんでください!


④『高田商業まち部。靴下隊』

自然に還る、環境ストレスゼロソックス。「今までにない靴下を」という合言葉の元生まれた、埋めれば地球に還る商品です。どうすればより世間に訴求できるか、日々相談しているチームです。広陵町の靴下メーカーさんと連携してプロジェクトを行っています。今までない靴下を世間に訴える!世界を変える一助に!よそでは手に入らない商品の購入チャンスです! 


⑤『わたがし~懐かしい昭和の味わい~』

わたがし屋さんです。セルフで作ってもらって楽しむこともできるお店です。出店者は高田商業高校まち部。今回の企画は、比較的高い年齢に設定されているような部分もあり、小学生以下の子も来てもらったとき楽しめる店を、ということで企画しました。「まち部。」初の綿菓子屋です。子供にも大人にも楽しんでもらう綿菓子をつくります! 



イベントの背景

この度わたしは奈良県で行われているトライアルサウンディング制度(公園の暫定利用事業を募集制度)を利用したイベントを開催させていただくことになりました。

チームのメンバーとは奈良市のワークショップで出会いました。奈良の活性化事業を行っている安田さん。デザイナーの三原さん。フラワーショップで働く山室さん。このチームでプロジェクトを作っていく上で私の公園への思いを語りました。

私が高校生として率直に思ったこと、“とりあえず公園はルールが多すぎるんだー!”

と大人たちに訴えました笑。 

そこで、公園多いよNGでも高校生にあるのはエナジー

と韻を踏みながら思いに共感していただき、このイベントを開催することを決定しました。



資金の使い道

今回ご支援いただいた資金は、

イベント什器、イベント備品(スピーカー、発電機など)、チラシデザイン、印刷代に使わせて頂きました。



応援メッセージ

●青木純さん(株式会社nest 代表・奈良市公園マネジメント基本計画策定委員)

僕が生まれ育った東京・豊島区の池袋で「南池袋公園」の日常づくりに仲間たちと取り組みはじめたのは2016年。今でこそ多くのファンをもつ人気の公園になりましたが、もともと怖い、危ない、汚いといった池袋のネガティブなイメージの象徴的な場所でもあったので、期待値を高めるために、暮らしの選択肢が豊かになる定期的なマーケットや映画上映、パークウェディングなど前例のない取り組みをたくさん重ねてきました。実現に向けて順調に進むことはほとんどなかったけれど、さまざまな壁を一つひとつ乗り越える原動力になったのは、未来の大人たちへの責任と未来を切り開きたいエナジーでした。だから谷さんをはじめとする皆さんの想いに心から共感します。


未来は日常の積み重ねの先にあります。日常が劇場になる。予想を上回るハッピーが日常のなかに潜んでいたら、未来はきっと楽しくなる。年齢や立場を超えて今を生きる人間にあまねくあるのは未来の日常への責任です。

高校生としての視点や上限のない想像力を信じてください。未来の大人の皆さんの本気のチャレンジの先にこそ、奈良市が掲げる「日常に公園のある暮らし」は豊かなものになるはずです。自分たちを信じて、コミュニケーションをあきらめずに、たくさんのハッピーハプニングを巻き起こして、未来を切り拓いてください。

はじめの一歩となる10/2当日を心から楽しみにしています。

 

●園田聡さん(有限会社ハートビートプラン 取締役 / 認定NPO法人 日本都市計画家協会 理事 )

仕事柄いろんな街を訪れることがありますが、その街が素敵だなぁと思うのは「豊かな暮らしのシーン」を体感した時です。それは特別なイベントや伝統行事ではなく何気ない生活の一部です。私たち来街者が街の印象を持つ際に強く影響するのは屋外空間でのアクティビティであることがほとんどです。だから、公園や広場、道端や軒先のような場所に人々の暮らしが滲み出ていることが大切です。

そんな状況を生み出していくのは私たち1人1人の「こうなったら良いな」「これがやりたい」という想いです。自治体ごとの条例でまだまだ制約が多い公園ですが、そうした1人の想いが仲間や関係者の共感を呼ぶことで少しずつ変えていくことができると思っています。私が携わっている愛知県豊田市の駅前広場では、地元の想いを持った人たちと5年以上に渡って議論と小さな実験を重ねた結果、ボール遊びもスケボーも焚き火も小商いもできる環境を実現しました。

谷さんや奈良市の皆さんの今回の取り組みは、公園から暮らしを変えていく大きな一歩になると思います。それを高校生が中心となって実行していくということに、本当に嬉しい気持ちと希望を感じます。

このチャレンジを成功し、奈良の街に新たな「豊かな暮らしのシーン」が生み出されていくのをとても楽しみにしています。 



パークマーケット開催への私の想い

このイベントを通じて私は、公園をもっと面白い場所にしたいと考えています。

最近の公園は人に使われておらず、汚いし、どこか寂しいようなイメージがあるように感じます。そこで、今回のイベントのように高校生が公園をルールに縛られず面白く使うことで、たくさんの人が公園に集まり、公園がもっとにぎやかな場所になれば良いと思います

また、高校生がもっと自由に好きなことをできるイベントにしたいです。このイベントでは、お店の出店内容、イベントの具体的な内容、後夜祭の内容など、ほとんどを高校生自身が考えるものになっています。自らが楽しい、おもしろいと思うものを、高校生が自ら考えて、意見を交わし、形にする。このように高校生ならではのアイデアを使い挑戦してもらう機会にしてもらいたいです。



イベント当日の情報


日時:10月2日(日)13:00-17:00 マーケット(高校生ブース5店舗、大人ブース2店舗)

          18:00-19:00 後夜祭(花火、シャボン玉、楽器演奏)

*時間帯については多少前後することがあります

場所:右京三丁目一号区公園(〒631-0805 奈良県奈良市右京3丁目21)

近鉄京都線高の原駅から徒歩8分 / 駐車場はございませんのでお車でお越しの方は周辺の有料駐車場をご利用ください


是非遊びにきてください!!

詳しくは以下のHPでご確認ください。

https://sites.google.com/view/parkmarketnara/



ご支援お待ちしています

公園は子供でも、お金がなくても、学校に居場所がなくても誰でもいられる場所です。だからこそもっと自由であってもいいのではないかと思います。今回は高校生がお店、花火などをすることで、自由にイベントを創造し、ルールに縛られない公園の可能性をみなさんに共有できたらと思います。

また、将来の展望として、これから二回、三回とこのイベントを引き続き開催し、定番化していきたいと考えています。たくさんの高校生の挑戦の機会を作り、公園を面白く、楽しく活用できるように活動していきます。その過程の第一歩として、今回全力でわくわくする面白いイベントを創りあげます。

何卒応援よろしくお願いします!!!!!


谷早帆子



[訂正とお詫び]

この度は未来のおとながつくる!パークマーケットへ興味を持っていただき誠にありがとうございます。本プロジェクトの返礼品において訂正がございます。返礼品にある、レトルトすきやきの内容量が250×3パックとありますが、正しくは250×1パックとなっております。この度は私の不手際によりご迷惑おかけしてしまい本当に申し訳ありません。心より深くお詫び申し上げます。また、返礼品の配送を10月としていましたが、10月下旬にご支援いただいた方は、配送が11月になります。ご了承ください。

今後とも本イベントの応援をよろしくお願いいたします。

  • 2022/10/18 11:43

    こちらの活動報告は支援者限定の公開です。

  • 2022/10/06 18:05

    【奈良テレビのゆうドキッ!でパークマーケット放送されます!】みなさんお世話になっております。イベントの際に奈良テレビさんから取材を受け、それが明日10月7日17:30-から放送されることになりました!!嬉しい!!奈良テレビで17:30-から放送されている、ゆうドキッ!という番組の「いきいきまち...

  • 2022/10/03 23:07

    ●第一回パークマーケット開催しました10月2日。快晴の中、『未来のおとながつくる!パークマーケット』を開催することができました。奈良の公園をルールに縛られず学んで遊べる場所へをモットーに創り上げてきたイベント。5月のPark Life Laboによってアイデアが生まれ、始動し、ようやく形にする...

このプロジェクトの問題報告はこちらよりお問い合わせください