第15回ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展において「ヴェネチアの橋」を制作、展示するプロジェクトです。 今回『橋の制作』及び『報告展開催』の為、皆様のご協力をお願い致します。 ※報告展「プレゼント・ブリッジ」は、403architecture [dajiba]が主催し、独自に開催するものです。

プロジェクト本文

はじめまして!

403architecture [dajiba] の彌田徹、辻琢磨、橋本健史 です!

©kentahasegawa

この度私たちは、イタリアにて2016年5月28日から11月27日まで開催される、世界最大の建築の祭典「ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展」の日本館出展作家として選出されました! 



今回は、ヴェネチアビエンナーレ国際建築展に出品するために現地で制作を行っている
「ヴェネチアの橋」及び、静岡県浜松市で開催予定の報告展「プレゼント・ブリッジ」開催の為に、皆様にご協力頂ければと思います。

 
私たちの、浜松での活動について

私たちは2011年4月から静岡県浜松市を拠点とし、場所と密接に結びついた設計活動の可能性を模索しています。

参考website : コロカル「リノベのススメ」インタビューリスト
http://colocal.jp/tag/sol-z-renovation-403architecture

設立してから5年の間に、浜松駅から徒歩10分の範囲で、小さいながらも約20プロジェクトに取り組みました。その一例が「KAGIYAビル」です。戦後すぐに建築された大変古いビルで、一時は利用者がほとんどいない状況でした。 


このような浜松の地域資源に新たな価値を見出し、同じビル内、あるいは徒歩圏内に同時多発的にプロジェクトを展開するなど、地域そのものと深く関わることで可能な実践を行なっています。


©kentahasegawa

参考website : 403architecture [dajiba]公式Facebook
KAGIYAビル内のプロジェクト
1F... 鍵屋の敷地 / 2014、 鍵屋の基礎 / 2015 4F... 鍵屋の階段 / 2015  

 
ヴェネチアでは、「ヴェネチアングラス」に新たな価値を見出します!

 私たちはこれまで様々なプロジェクトにおいて、そこに既にある環境や素材を注視してきました。例えば、廃材や余剰材を通常の用途とは違う使い方で用いるなど、
「つくるもの」と「そこにあるもの」をいかに結び付けるかに取り組んできました。


©kentahasegawa

参考website: 403architecture [dajiba]公式Facebook
渥美の床 / 2011


「ヴェネチアの橋」プロジェクトでは、美しく繊細なヴェネチアン・グラスが制作される際に生まれる「一級品以外のヴェネチアングラス」を地域資源として捉えています。
歴史・技術・産業といった文脈と深く結びついた、その地域だからこそ可能なプロジェクトの実現をめざしています。通常は処分される一級品以外のヴェネチアン・グラスですが、 改めて加熱・再成形することで色が混ざり合ったガラスができあがります。

このガラスを「ヴェネチアの橋」として架けるにあたり、世界的に活躍するヴェネチアングラス・アーティスト土田康彦さん(写真左)、パリと東京を拠点として、こちらも世界的に活躍される構造家の金田泰裕さん(写真右)を制作協力者とし、チームとして各々の能力を結集したプロジェクトとなっています。

参考website: 

土田康彦さん/・公式HP  ・公式Facebook
金田泰裕さん/・公式HP  ・公式Facebook

 

現地では既に制作が進められています。土田さんの指導のもと、廃材や余剰材とは思えないほどにヴェネチアの職人の手によって美しく蘇っている最中です。



また、この「ヴェネチアの橋」はヴェネチア・ビエンナーレ期間中、ジャルディーニ地区の日本館内で使用される、ベンチとしての機能を持っています。
幅36cm全長300cmとなるベンチを、ヴェネチアでは馴染みある「橋」という構造体と同じアーチ状とすることで、ヴェネチアングラスという通常は装飾品に使われる素材を用いて、わずか5cmという厚さで実現します。このアーチの上に6人程座ることが可能で、日本館に入った際に、見学者の方々をお出迎えするプロダクトとなる予定です。

 
 報告展を開催します!報告展「プレゼント・ブリッジ」
 「ヴェネチアの橋」の制作や展示に関する報告展「プレゼント・ブリッジ」を、
浜松の「KAGIYAビル」にて開催予定です!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

※以下は仮の内容です。詳細は追ってご連絡いたします。

開催時期:平成28年12月中旬(仮)

場所:KAGIYAビル(仮)

オープニングパーティー:初日19:00から

展示内容:「ヴェネチアの橋」の写真数点と1:1図面/「ヴェネチアの橋」の動画(人が乗る様子など)/「ヴェネチアの橋」のテストピースの展示/日本館の様子の写真/ヴェニスの街(橋)の写真展示 など。

報告展企画①トーク:「ヴェネチア・ビエンナーレ」及び「ヴェネチアの橋」制作報告

報告展企画②動画上映:現地で撮影した動画の放映。

報告展企画③料理:オープニングパーティー限定。地域の料理店によるケータリング。

報告展企画④ツアー:スーパーパトロンにレセプション前に浜松ツアー開催。


レセプション当日スケジュール

13:00  スーパーパトロン向けツアー開始

17:00  ツアー終了

19:00  オープニングパーティー、動画上映、トーク

21:00  レセプションパーティー終了

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

RETURNについて 

A. 【403architecture [dajiba] の直筆メッセージ付きポストカード

403architecture[dajiba]の三人による、
パトロンの皆様への感謝の気持ちを込めた、
直筆メッセージカードをお送りいたします。

 


B. 【「ヴェネチアビエンナーレ報告書」データ送付】

403architecture[dajiba]の三人により執筆・編集した、ヴェネチアビエンナーレの報告書をデータにてお送りいたします。

 


C.【浜松にて開催予定の報告展「プレゼント・ブリッジ」の
オープニングパーティーご招待券

報告展「プレゼント・ブリッジ」のオープニングパーティーにご招待いたします。ご招待券は後日郵送にてお送りいたします。詳細についても追ってご連絡いたします。

 

D.【「ヴェネチアの橋」プロジェクトブック贈呈】

 「ヴェネチアの橋」の制作過程や、展示風景など、写真ベースで編集・製本したプロジェクトブックをお送りいたします。

 


E.【プロジェクトメンバー全員による直筆メッセージ付きポストカード】

403architecture[dajiba]の三人・土田康彦・金田泰裕による、プロジェクトメンバー全員より、パトロンの皆様への感謝の気持ちを込めた直筆メッセージカードをお送りいたします。

 


 F.【「ヴェネチアの橋」と同じ手法でつくられた、
ミクスト・ヴェネチアン・グラス(サイズ小)プレゼント

・サイズは50×50×50mm(実際に使用したピースの約1/4)になります。
・ガラスのミックス具合やサイズに関しては、1つ1つハンドメイドで制作するため、同じものは1つとしてありません。



※写真は参考画像であり、加工中のものです。安全のための面取り、ツヤが出るまでの研磨作業が行われます。

G.【「ヴェネチアの橋」と同じ手法でつくられた、
ミクスト・ヴェネチアン・グラス(サイズ大)プレゼント】

・サイズは約120×120×50mm(実際に使用したピースと同じサイズ)になります。
・ガラスのミックス具合やサイズに関しては、1つ1つハンドメイドで制作するため、同じものは1つとしてありません。



※写真は参考画像であり、加工中のものです。安全のための面取り、ツヤが出るまでの研磨作業が行われます。

H.【403architecture [dajiba]浜松ツアーにご招待!】

スーパーパトロンの方限定で、浜松ツアーにご招待いたします!403architecture [dajiba]の三人と会食、プロジェクト作品巡り.....など、
浜松の魅力をディープに知ることのできるまたとない機会にご参加いただけます!

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください