インプロカンパニーPlatformから独り立ちし、新たな道を歩き出すことを決めた男の最初の一歩めが断崖だった!貧乏で貯金もない男が、創作環境をみなさんのおかげで手に入れ、一生感謝するためのプロジェクトです。

プロジェクト本文

▼はじめにご挨拶

こんにちは。戸草内淳基です。ふだんは平仮名表記のじゅんきと名乗り、インプロと呼ばれる即興劇をしたり、ニコニコやYouTubeの動画にお呼ばれして賑やかしたり、一言で何屋さんと言えないくらい様々なことにチャレンジしています。

このたび、所属していた劇団「インプロカンパニーPlatform」を退団することになりました。

不安と寂しさに胸が潰れそうですが、音楽の製作に以前から興味があったことと、動画を作り投稿することに興味があったため、新たな道へ踏み出す決意をしました。

▼このプロジェクトで実現したいこと

新たな活動のための活動資金を集めたいと考えています。情けない話ですがぼくはパソコンすら持っておらず、貯金の残高は生活費ギリギリどころかややマイナス。いわゆる貧乏な役者のひとりです。

事務的な作業はちまちまとスマホに向かって時間を費やし、音楽や動画の作成もスマホでできる範囲で頑張ってきました。当然自由度は限られ、満足いくものがなかなかできない歯がゆさの真っ只中にいます。

独り立ちするにあたり、せめてパソコンは揃えようと思ったのですが、どうせなら音楽や動画を思う存分作れるようなスペックのものがほしい。今まで作業のたびに人に借りたり、ネットカフェに入って制限時間の中で焦りながら作業していた日々から抜け出したい。

そして、自分の全力をかけて作ったものを皆さんと共有したいのです。

▼プロジェクトをやろうと思った理由

きっと二年我慢して整えてから活動するのが普通なんだと思います。でも、その頃に情熱の炎が燃えているかわかりません。ぼくにはいま創作環境が必要なのです。この熱い気持ちを通して生まれてきたものが、絶対に人に喜んでもらえるものだと確信しています。

ぼくの家庭は再婚をしていて、父とぼくは血が繋がっていません。毎日「おまえは俺と血が繋がっていないからな」と皮肉を言われて育ってきました。育ててくれて父には感謝していますが、血が繋がっていないことに遠慮しおねだりをしたことがありません。いつも気軽に甘えているほかの兄弟を羨ましく眺めていました。

そのせいか、人に甘えることもやはり苦手で、今回もクラウドファンディングをしていいものか散々悩みました。

それでも、やりたいことや夢はどうしても諦めきれず、こうして支援をお願いすることを決意しました。

血が繋がっていなくとも、皆さんとの縁を頼って見たいと、はじめて心から思えたのです。

お願いします。ご支援という形で、一緒にぼくの企画を手伝ってください。

▼これまでの活動

18才で声優を目指し上京。

21才のときにインプロに出会い、研究会(加速装置)を立ち上げ独学でインプロに没頭する。

この頃から独自のインプロ観を持つようになり、オリジナルのシーン形式やエクササイズを発案し実践していく。

インプロスタイルは独特・愉快・情熱的。

2013年6月よりPlatformに参加。

本公演では好青年や狂気を孕んだ役、はたまた712才の老人など幅広い役を演じる。

2018年1月に退団発表。新たな目標に向けて歩き始める。

▼資金の使い道

目標額に届いたらiMacを購入したいと考えています。

届かなかった場合でも集まった金額に応じて環境を整えます。

▼リターンについて

個人プロジェクトのためリターンのお届けに時間がかかる場合がありますが、どうか気長にお待ちくださると幸いです。

▼最後に

退団祝いの花束のようにたくさん集まって形になってくれたなら、ぼくにとってこれ以上の幸せはありません。

自分で選んだ道とはいえやはり寂しさと恐怖がつきまとっています。それでも前に踏み出す一歩に、応援の声をかけていただければ幸いです。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください