(マスクの繊維を観察。透明な繊維も観察しやすい。)

(普通の顕微鏡では観察できない、岩石薄片の結晶を緻密観察)

(白粉花の花粉を観察。観察対象のみを浮かび上がらせる事ができ、観察が容易。)


2022ベスト・インベンション で「A Smartphone Microscope」と題して紹介されています)

国内クラウドファンディングで合計1000名以上の支援者様を集めたレンズに、新シリーズが登場!

(多くの支援を集めた前シリーズ)

普通の顕微鏡では見ることが難しいものも観察できる

特殊な顕微鏡「偏光顕微鏡」をご存知ですか?
なんと、ミクロハンターシリーズにこの偏光顕微鏡レンズが加わりました。これがあれば、透明・半透明な物質、岩石薄片・鉱物や結晶、プラスチックなどの構造やひずみなどを観察でき、顕微鏡観察の楽しさが大幅に広がります

偏光顕微鏡は研究・医療・工業に携わる専門家が使用する事が多く、一般の方で持っている人はぼぼいません。
「偏光顕微鏡持っているよ」と財布から取りだしなんかしたら、知る人はびっくり、知らない人は何それ!?と興味津々になると思います。

さて、microHunter X100Pで撮影した2種類の顕微鏡写真の違いをご覧ください♪
左が普通の顕微鏡撮影、右が偏光顕微鏡撮影したものです。

上の画像はなんと全て、「microHunter X100P」とスマホだけで撮影
通常、透明な物体の構造、状態やひずみは、人間の目で見ることは難しいです。
しかし偏光顕微鏡を使うと、その物質の特性を色の変化や明暗に置き換えて観察でき、物質の様々な情報を得ることができるのです。
一般的に出回っている偏光顕微鏡は非常に高価です。microHunter X100Pは優れた光学性能を維持しつつ、低価格で手軽に使え、小型軽量化を実現しました。 

ミクロの世界がより身近に

ミクロハンターレンズは財布に忍ばせておき、使いたいときにサッと取り出せる秘密道具です。
ミクロの世界がより身近になり、普段目にすることができない神秘・非日常の世界に大人も子どもも、きっと目が輝くはず。
ミクロの世界の感動を子どもたちともぜひ一緒に味わって頂きたいです。
ミクロハンターシリーズの新製品、microHunter X100Pについて詳しくご紹介します!

※※※重要※※※

今後も円安が止まらない場合、クラウドファンディング後の一般販売価格を引き上げざるを得ません。現在予定している一般販売価格から最大20%OFFのこのチャンスを逃さないためにも、ぜひじっくりとご検討下さい。 


これらのミクロハンターレンズは、レンズ設計には一切の妥協は許さず卓上顕微鏡にも匹敵する解像度を誇ります。
それもそのはず。ミクロハンターレンズは、光学技術を学び様々な研究に携わってきたリー・キュイ氏と顕微鏡専門家、愛好家たちが開発した製品。
これまでの製品を含めると、世界70ヵ国以上の人々に、約3万個もの数が提供されてきました。
これは携帯型顕微鏡の中でも記録的な数字で、このことからも世界中にミクロハンターのファンがいることがわかります。 


「microHunter X100P」の誕生の前に、2018年、長年の努力によりモバイル顕微鏡の常識を打ち破る極小顕微鏡 「microHunter X100」が誕生しました。プロも使う卓上顕微鏡にも匹敵する光学性能を備えており、財布に入るほどコンパクト。さらに、その改良版はあらゆるスマートフォンに対応しました。
その「改良版microHunter X100」に偏光機能が搭載されて誕生したのが「microHunter X100P」です。

microHunter X100P で撮影したミクロの世界をご覧ください。 

マスクの繊維

デンタルフロスの繊維

岩石薄片:結晶の大きさや形等から地学を学べます

クエン酸の結晶

ネギの細胞(細胞膜までハッキリと確認できます。)


【うごめ紀さんに紹介されました】

冬虫夏草に非常に詳しいYoutuber、うごめ紀さんがミクロハンターレンズを気に入って下さりYoutubeで紹介して下さいました。うごめ紀さんの動画は非常に面白く勉強になります。先日チャンネル登録者数が10万人を突破!
興味のある方はぜひご覧ください。
※虫の解剖シーンがあるので苦手な方は閲覧注意

 


microHunter X100P 自体の倍率は約100倍ですが、スマートフォンの性能と組み合わせることで最大800倍の倍率で詳細にズームすることができます。 例えば上の写真でいうと、デンタルフロスの繊維を約100倍の倍率で全景で観察した後、800倍にズームし、繊維表面の構造を詳しく観察する事ができます。 


重さはわずか0.5g程度。 また非常に薄く、厚さはわずか3.2mm。 スマホに装着しても、まったく目立ちません。まさに指先サイズの極小顕微鏡レンズです。 

(動画はミクロハンターキットlite)

レンズは指先サイズ。フォーカススタンドは組み立て式。すべてカードサイズの専用ケースに収まるので、財布に入ってしまう超コンパクト設計になっています。常に持ち歩けるので、「観察してみたい」と思った瞬間を逃しません。思い出したときに使用できるのもミクロハンターのおすすめできる点です。


(動画はミクロハンターキットlite)

スマホのカメラへの取り付けはとても簡単です。 装着後は、見たいものに近づけるだけ。お手軽にミクロの世界を楽しんで下さい♪


多非球面レンズ採用により歪みを極限まで抑えた高度なレンズ設計。顕微鏡において、このレンズ構成は非常に重要な要素です。像面湾曲、球面収差、その他の収差を解消することでピントの合う視野が広くなります。 ミクロハンターレンズは高解像度と低収差の両方を実現した顕微鏡レンズです。

この光学性能試験からわかる通り、microHunter X100P は卓上顕微鏡に匹敵する優れた光学性能を備えています。 

上の画像はmicroHunter X100P と卓上偏光顕微鏡(XINTIAN FOIC XP3D)の比較です。岩石のスライスを映したものですが、光学性能の素晴らしさがわかります。


上画像はmicroHunter X100P の解像度の高さを証明しています。
USAF1951解像度テストチャート( 最小テストバーの間隔は2.19㎛ )を使用して、iPhone11でmicroHunter X100 の解像度を検証したところ、ご覧の通り、最小テストバーが余裕ではっきりと確認できます。


ミクロハンターレンズ はあらゆるカメラ付きスマホで使えるように設計されています。 お使いのスマホのカメラがが単一のバックカメラであろうと複数のバックカメラであろうと、ほぼすべてに対応しています。
※撮影中にもライトをONにできるカメラアプリを使用する事をおすすめします。


独自開発した吸着ナノパッドにより、簡単に何度でもスマホに取り付ける事ができます。もちろんレンズを傷つけたり汚したりしません。吸着が弱くなったら、セロハンテープで汚れや油脂を取り除くことで吸着力を復活させることが可能です。


ほとんどのスマホにはカメラとライトの機能がついています。ミクロハンターレンズ には革新的な透過光設計を取り入れられ、スマホライトで明るく撮影できます。

レンズの収納ケースも照明ボックスとして役立ちます。スマホライトや周囲光は、ケースの底面に反射しサンプルを裏側から照らします(透過照明)。


セットに付属のフォーカススタンドを利用すると簡単にピント合わせ、ピントの固定が可能です。



特殊顕微鏡撮影に特化したミクロハンターキットPLに加えて、普通の顕微鏡撮影に使用するミクロハンターキットliteをオプション品としてご用意予定です。
汎用性が高く、おすすめのキットです。

ミクロハンターキットliteの内容品
・microHunter X30
・microHunter X100
・マイクロ定規M
・フォーカススタンド

X100とX30について簡単にご説明します
↓ ↓ ↓

microHunter X100は偏光機能の付いていないシンプルな高倍率レンズ(倍率は約100~800倍)です。X100P と違い偏光顕微鏡撮影はできないですが、透明なフレームをしているのでより明るく撮影する事ができます。不透明な物体など一般的な顕微鏡観察には X100 の方が向いています
(詳しくは:https://microhunter.karaseed.com/microhunterkit/) 

下の写真は、microHunter X100で撮影した写真例です。 

microHunter X100は凹凸のある立体的なものの撮影はピント合わせが難しいですが、薄く小さい物体の高倍率顕微鏡撮影を得意とするレンズになります。 


microHunter X30の撮影距離は約4mmと長めです。またピントの合う範囲が比較的広い(被写界深度が深い)です。そのため、回路基板上の電子部品、結晶内部の欠陥、ガラス越しにある物体など、microHunter X100では撮影が難しいものも鮮明に撮影できます。
(詳しくは:https://microhunter.karaseed.com/microhunterkit/) 

iPhone11+microHunter X30で撮影した画像をご覧ください。 




TwitterやInstagaramで撮影した写真や動画をアップしていますので、もしよろしければご覧ください!
クリックするとURL先に飛びます


対物レンズと接眼レンズを組み合わせた光学顕微鏡とは違い、ミクロハンターレンズは3段階の倍率を組み合わせて高倍率を実現しています。

これにより最大800倍もの倍率を可能にしています。

光学技術とスマートフォン技術の進歩、そして過去数年間に蓄積された努力と専門知識により、ミクロハンターレンズ は低コストで優れたパフォーマンスを達成することができました。


持ち運びに便利で、複雑な設定も必要ないので、様々なシーンで利用可能。また画像をすぐに共有することもできます。

自然は感動と好奇心を揺さぶる存在の宝庫です。素晴らしいミクロの世界を子どもたちと一緒に探索し、楽しみながら子供たちの好奇心を育てる事ができます。
キャンプで昆虫や微生物を子どもと観察したり、アウトドアでの過ごし方にも新しい楽しみが加わるかもしれません。
また、ミクロハンターはミクロの世界を楽しむだけではなく、その性能の高さから多くの職業の現場でも役立つ製品です。



microHunterセットに標準装備しているマイクロ定規Mは、主に下記の目的で使用します。 

観察対象の正確なサイズを測定するため、専用アプリ「i-Seeing」や顕微鏡のスケールバーを校正するのに使用できます。
第三者機関である東中国国立測定試験センターにてマイクロ定規の精度を計測してもらいました。その結果、95%の確率で、測定値の誤差はわずか±1.5μmと判明。 これは、マイクロ定規として非常に優れた精度です。

5種の特殊な測定パターンにより、対象物の長さ・太さ・形・面積・角度などを厳密に測定することが可能です。


一つ一つ丁寧に制作された岩石薄片12種セット(説明書付き)をオプション品として購入可能です。虹色に輝く結晶を観察するだけでも楽しいのですが、「火山岩と深成岩の見分け方」など地学がわかるようになります。楽しく、かつ勉強になる12種を厳選しました。
ちなみにこの岩石薄片、体験したことのある方ならわかりますが1枚作るだけでも非常に手間がかかります。手間をかけることが好きな方は自分で作ってみるのも良いかもしれません。

【12種の内容】
・流紋岩(火山岩の一種)
・角閃石安山岩(火山岩の一種)
・玄武岩(火山岩の一種)
・キンバーライト(火山岩の一種)
・花崗岩(深成岩の一種)
・閃緑岩(深成岩の一種)
・斑れい岩(深成岩の一種)
・かんらん岩(深成岩の一種)
・角閃岩(広域変成岩の一種)
・青色片岩(広域変成岩の一種)
・ホルンフェルス(接触変成岩の一種)
・灰鉄輝石スカルン(接触変成岩の一種

※岩石の誕生や性質などをわかりやすく図解した解説書もおまけで付属します!


ミクロハンターレンズは、撮影中にもライトをONにできるカメラアプリが入っていればどんなスマホでも使用可能です。ただし、目的によっては記録として顕微鏡写真にスケールバー表示させたい場合があります。 専用アプリの「i-Seeing」は、そのような専門家のニーズを満たす顕微鏡写真を撮影できるように設計されています。

顕微鏡写真のスケールバーのオン/オフ切り替えが可能で、必要に応じて画像にスケールバーを表示させることができます。Androidアプリ、iOSアプリの両方に対応しています。
※スマホの種類、OSバージョンによってうまく動作しない場合がございます。


microHunter X100Pの使い方は下の動画からご覧頂けます。

その他詳しい使用説明、専用アプリi-seeingの使い方、使用に関するよくある質問はこちらをご覧ください。 


開発者であるリー・キュイ氏は2012年に最初の特許を登録して以来、スマホの顕微鏡ツールの開発には長い道のりを歩んできました。
リー氏は「Shanghai Qingying E&T LLC」を立ち上げ、顕微鏡専門家、顕微鏡愛好家たちと協力しながら今までも様残な顕微鏡ツールを開発してきました。
そして、製品ユーザーの提案や感想に耳を傾け、製品アイデアを形作り、磨き上げてきました。度重なる試作品の製作、試験、改良を繰り返す中で生まれたのが、指先サイズの高性能顕微鏡レンズ「ミクロハンターシリーズ」です。

リー・キュイ氏というひとりの人の情熱から誕生したミクロハンターレンズ。リー氏は子ども時代、学校の理科の授業をきっかけにミクロの世界に魅了されたそうです。しかし、当時リー氏の家族には経済的な余裕がなく、高額な顕微鏡を買ってもらう事できなかったという経験がありました。
ミクロの世界への情熱は大学卒業後も消えることはなく、電子産業に就職。そこで最先端の光学技術を学び、様々な研究に携わりました。その後、「誰もが気軽に買えて気軽に使える高性能な顕微鏡をつくろう」という信念をもと、優れた電子技術や光学技術を持つ仲間たちを結集し、2012年に「Shanghai Qingying E&T LLC」を設立しました。

※マイクロ定規Qのみの購入はできません
※オプションご希望の場合は、まとめ支援機能で複数のリターンを選択ください。詳細はこちら (https://help.camp-fire.jp/hc/ja/articles/230472367)


Q.ケースを付けたままでも使用できますか?

A.レンズの直径が12.7mm、吸着パッドの直径が10mm(厚み0.4mm)です。レンズ取り付け部にその分のスペースがあればスマホケースをつけたままでもレンズを取り付け可能です。 

Q.iPhoneを使っていますが、カメラレンズが複数あり、標準カメラアプリですと自動でレンズが切り替わってしまいます。どうすれば良いでしょうか?
A. iPhoneの標準アプリは手動でカメラレンズを切り替える事ができません。自動でレンズが切り替わってしまう場合は、「常時フラッシュ点灯」「レンズの手動切り替え」ができるマニュアル機能に特化したカメラアプリを使用するか、下画像のように設定で「カメラをロック」をONにして動画で観察して下さい。 

Q.吸着パッドはどのような面にくっつきますか?
A.旧略パッドは、つるつると滑らか、かつ平らな表面でしっかりとくっつきます。多孔質な表面や凹凸のある表面ではうまく吸着しません。 

Q.吸着パッドは使っているうちに吸着力は落ちてきますか?
A.使用しているうちにホコリや汚れがついて吸着力は落ちてきます。吸着力が落ちてきたらセロハンテープで汚れを取り除くことで吸着力を復活させることができます(テープはゆっくりと剥がして下さい)。

Q.所有しているスマホには複数レンズがありますが、使えますか?
A.標準レンズや望遠レンズに装着して使えます。広角レンズはケラれてしまうのでおすすめしません。マニュアルでレンズの切り替えを行えるカメラアプリがあると便利です。

Q.最近のスマホのレンズは大きいですが、対応していますか?
A.標準レンズや望遠レンズであれば、使用可能です(広角レンズは使用不可)。

Q.持っているスマホでは撮影中ライトが点灯できませんがどうすればいいですか?
A.お使いのカメラアプリによっては撮影中にライトを点灯できない場合があります。その場合は別にアプリをダウンロードして下さい。すでにお持ちのアプリでも、動画だと撮影中もライトを点灯できる場合もございます。

Q.高い倍率でも綺麗に撮影するコツは?
A.綺麗に撮影するポイントで最も大事なものは「光」です。十分な光量を得られるように工夫することで、綺麗に撮影できます。光量が不足すると画像が暗くなるだけでなく、ノイズの入った荒い画像になりやすいです。
またmicroHunter X100は、観察対象がなるべく平らなものである必要があり、場合によってはプレパラートの使用をおすすめします。

Q.水に濡らしても大丈夫ですか?
A.多少濡れても大丈夫ですが、レンズを水にさらす事はおすすめできません。レンズが濡れた場合はしっかりと自然乾燥させてください。

Q.専用アプリi-Seeingは定期的にアップデートされますか?
A.アプリは必要に応じてアップデートされています。ただし、Andoroid版アプリについては、Androidスマホの機種が多すぎるためすべてのスマホに対応する事は難しく、お持ちの機種によってはうまく動かないことがあります。iOS版は動作が安定しています。


合同会社KaraSeedはミクロハンター(microHunter)の正規総代理店であり、物販を主にグローバルに事業展開し、「モノ・コトを通してお客様の人生を豊かにする」ことを目指している会社です。

その思いに沿って厳選した製品を、必要とするお客様に届ける、それが私たちのパッションです。製品に込められた作り手の思い、それを使うお客様の思いを大切に、活動しています。
(HP:https://www.karaseed.com/)


【特定商取引法に関する記載】

●販売事業者名
合同会社KaraSeed

●代表者または通信販売に関する業務の責任者の氏名
請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。

●事業者の住所/所在地
〒183-0011 東京都府中市白糸台4-2-8

●事業者の連絡先
請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。

●リターン価格
各リターン記載の通り
※ 商品内容に関してはリターン欄記載の通り
※リターン価格とは別にCAMPFIRE(machi-ya)のシステム利用料として、支援金額1万円未満の場合は250円(税込)/ 1万円以上の場合は支援額の2.5%(税込)が支援者様の負担となります。
※上記システム利用料はCAMPFIREが受け取るもので、当社が受領するものではございません。

●送料
送料込み

●対価以外に必要な費用
プロジェクトページ、リターンに記載のとおり。

●支払い方法
CAMPFIREの決済手段に準ずる (詳細はこちら

●支払い時期
当プロジェクトは「All-in型」の為、目標達成の如何に問わず、ご契約が成立しリターンをお届けします。その為、お申込みと同時にご利用の決済方法に準じてご請求となります。

●引渡し時期
各リターン詳細に記載の発送予定月を引き渡し時期とします。但し、開発・生産状況によって遅れが生じる場合がありますのでその際は当プロジェクトページ内の「活動報告」または購入者へのメール等で連絡します。

●キャンセル・返品
当プロジェクトは「All-in型」の為、お申込み完了をもって契約が成立いたします。その為、お客様都合による返品・キャンセルはできませんのでご注意ください。尚、製品到着後に破損や初期不良がある場合には交換させていただきますので「メッセージで意見や問い合わせを送る」から、または納品書記載の連絡先までお問い合わせください。

●ソフトウェアに係る取引である場合のソフトウェアの動作環境
該当なし

●その他記載事項
プロジェクトページ、リターン記載欄、共通記載欄(https://camp-fire.jp/legal)をご確認ください。

※上記以外の事項に関しては、お取引の際に請求があれば遅延なく提示いたします。

  • 2023/02/02 12:05

    応援購入して下さった皆様、たくさんの応援ありがとうございました。今回もご友人に紹介して下さったり、SNSで発信して応援して下さった方もおり、大変嬉しく感謝しております。お陰様でなんと642人もの方から応援購入頂きました。プロジェクトが終了する数日前から商品の準備を既に進めていましたので、2月下...

  • 2023/01/31 13:45

    【カサカサに乾いた苔の中から・・・】クマムシを観察したくて、昨日ギンゴケを採取して来ました。(※ギンゴケ: 町中で普通に見かける苔です)冬の乾燥でカサカサになったギンゴケを水で湿らせて、しばらく放置。その後、スポイトで苔から水を吸い取ってプレパラートで観察!(レンズはX100を使用)残念ながら...

  • 2023/01/28 17:57

    今回ご用意しておりますミクロハンタキットには下記の2種類がございます。・ミクロハンターキットPL偏光顕微鏡のキットになります。付属するレンズは1個。・ミクロハンターキットLite普通の光学顕微鏡のキットになります。付属するレンズは2個。偏光顕微鏡撮影はできません。ミクロハンターキットLiteを...

このプロジェクトの問題報告はこちらよりお問い合わせください