プロジェクト本文

はじめまして。料理研究家の藤原慎吾です。多くのプロジェクトの中から本プロジェクトをご覧いただき、ありがとうございます!

甘酒のやさしい甘さで作った極上生チョコを全国に届けたい

ここ数年、テレビや街で色々な新商品を目にするようになった甘酒。ビタミン・ブドウ糖・アミノ酸などが摂取できるので、「飲む点滴」「飲む美容液」とも呼ばれ、健康意識が高い女性を中心にその美容効果に注目が集まっています。

今回私たちが実現したいことは、砂糖を使わず、甘酒のやさしい甘さで作った、透き通るような生チョコの全国展開です。

 最高の素材との出会いで、甘酒のコクとつぶつぶ食感が、生チョコと絶妙にマッチした今までにないスイーツに仕上がりました。

試行錯誤の末、これ以外にないと思える、とっておきの糀(こうじ)で完成した生チョコを、全国の皆様に届けたいという思いで、クラウドファンディングに挑戦します!

新しい生チョコを探して 糀蔵で探し求めていた新素材と出会う 

今から1年前、あんこ、抹茶などこれまでの和の素材とは違う、新たな和の味を取り入れた生チョコの開発がうまくいかず、行き詰まっていた頃の話です。友人との旅行で訪れたある糀蔵で、できたての甘酒をいただく機会がありました。

一口目で口の中に広がった濃厚な糀の風味。その味は、パッケージされた市販の甘酒と全く別物で、作りたての甘酒というものはこうも違うものかと驚かされました。

その瞬間「これだ」と思いました。

それまで、市販の甘みが勝った平坦な風味の甘酒しか知りませんでした。私には、とても甘酒が新たなスイーツの素材になるという発想がなかったのです。

しかし、糀蔵で甘酒を口にした瞬間、これこそ探していた和の素材だと感じました。

甘酒とチョコの最高の組み合わせ それでも納得がいかなかった理由

早速、生チョコの試作にはいりました。思った通り甘酒の風味と生チョコの相性は抜群。

色味も考慮して組み合わせたチョコと甘酒のコクが絡み合い、まったりとした独特の風味に仕上がりました。

透き通るような美しい色合いで、甘酒のつぶつぶ感が、今までの生チョコにない新たな食感を生み出していました。

一度口にすると癖になるような、生チョコと甘酒のコクが引き立てあって広がっていくような繊細な味わい

十分に美味しい。

ですが、どこか心に引っかかる部分がありました。

糀蔵で飲んだ甘酒の感動に一歩届かない感覚。

あの感動をこの生チョコで再現したい、その感覚の正体を追求したいと思ったのです。

感動できる生チョコを目指して 最高の糀さがしがはじまる 

調べていくと、市販の甘酒は、火入れという処理がされていることがわかりました。

甘酒の元になる糀は生きているので、容器の中でも発酵は続いています。熱処理し発酵を止めてしまわないと、容器が爆発してしまうのです。

しかし、糀蔵で感動した甘酒は、火入れされていない、できたての生きた糀で作られたものだったのです。

それがこれまで感じていた一歩届かない感覚の正体でした。

さらに試作を繰り返してわかったことは、生チョコの素材となる甘酒に使われる糀は、シンプルで風味の強いものが適しているということです。

「生きた」「シンプルで風味が強い」二つの条件にあう糀を全国で探しました。

そして出会ったのが、堺で元禄時代からの続く糀を守る糀蔵「糀屋雨風」でした。

「糀屋雨風」の糀との出会いで生まれた最高の甘酒生チョコ

大阪堺の糀蔵「糀屋雨風」。

江戸時代から昭和まで醸造業(酒・醤油・味噌の製造)の町であった堺。その頃の糀が守り伝えられていました。

しかも糀の風味を殺さないため、管理が難しくても火入れをしない、生きた糀

まさに探し求めていた糀だと感じました。

さらに、私の思いを伝えると、生チョコの開発に全面協力を申し出てくれたのです。

そして、「糀屋雨風」の生きた稀少糀を使った甘酒生チョコは、元禄時代に飲まれていたであろう麹で作った甘酒の深い風味と、ホワイトチョコのコクがマッチして、一粒一粒じっくりとあじわいたい最高の一品にしあがりました。

ぜひプロジェクトを成功させ、この最高の甘酒生チョコを全国の皆さまにお届けしたいです!

最後までお読みいただきありがとうございました!

多くのご支援よろしくおねがいします。

  • 活動報告

    3%達成ありがとうございます!

    2018/04/28

    4月26日よりスタートしました甘酒生チョコプロジェクトです。 開始1日目で1%達成しています。本当にありがとうございます! 今日も丹精込めて作った糀か…

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください