豊橋近郊の若者がグランピング体験可能な施設で2日間を共にし、普段交流のない人とイベントを通して仲を深める場を提供する。皆で食事を作ったり、異なる世代の人の話を聞くことで自分の視野を広げたり、相手からインスピレーションを受けることで、何かしらのこと(留学、起業、難関大学etc..)へ挑戦する人を増やす

プロジェクト本文

 

▼姫路→豊橋→ミャンマー→豊橋

皆様初めまして。愛知県豊橋市にある豊橋技術科学大学3年(21歳)の今井裕太です。(18歳までは地元兵庫県姫路市)

そして現在、Sfida(イタリア語で挑戦)×Link(繋がり)を語源にしているSFIDINKの代表です。

 

近況としては、大学を昨年4月より1年間休学し、夏から東南アジアのミャンマーにてインターンを経験しました。

そこでは、留学事業の立ち上げを経験し「0から1を作る」を経験させて頂きました。

そして、2月下旬より再び豊橋での生活をスタートさせます。

 

【SFIDINK 公式ウェブサイト】

https://camp-fire.jp/projects/view/64384

▼豊橋で実現したいこと

社名にあるように「挑戦の繋がり」を作りたい、更に人脈が一気に広がった愛知県豊橋市から!

その思いから生まれたのが、普段会ったことのない若者同士が繋がれるイベント

海辺の隠れ家に集え!YMCT Younger Meet Camp in Toyohashi】です。

豊橋市東七根町にあるRoot7さんのグランピング施設にて限定20名の若者に参加費無料で貴重な体験を提供します!

 

 

特別ゲスト

豊橋技術科学大学4年の前田奨平さん

→サッカー日本代表本田圭佑選手がオーナーのサッカークラブ「SVホルン」にて半年、

CMでもお馴染み世界的IT企業「Intel」にて2ヵ月のインターン経験を持っています。

 

当日は前田さんから、YMCTに参加された高校生、大学生向けに講演会をして頂きます。

・海外でのやったこと

・海外で得たこと

・海外に出て良かったこと

・まだ海外に行ったことがない高校生、大学生へのメッセージ

などなどを参加者全員でディスカッションしながら濃密な時間を進めていきます。

 

 

▼プロジェクトをやろうと思った背景

少子高齢化、将来年金がなくなるかも、AIで仕事がなくなる。。。

日本は今、技術の進歩、時代の発展に伴い様々なリスクが生まれてきています。それは特に我々のミレニアル世代(現在の10代、20代)に直面しています。

仕事も多様性に富み、選べる進路は確実に増えています。

しかし、これまで常識であった道を選ばず、誰もやらないことをやろうとすると、敬遠される風潮が未だに先進国の日本で残っている悲しい現状があります。

 

 

『だからと言って、たった20名の若者を集めたイベントだけで、将来が動くわけがない。』

そう思う人もいます。しかし、これはマクロ(小世界)かミクロ(大世界)の考え方の違いです。

その中でたった1人でも何かに挑戦するきっかけをこのイベントで掴んでほしい。

1人の挑戦で回りの500人が感化されるとして、それが20人の挑戦者であれば感化される人は10,000人にも及びます。

小さいコミュニティ発かもしれないが、私に18歳から様々な経験を与えてくれた豊橋市から「挑戦の繋がり」を増やしたいと思い、企画しました。

▼ミャンマー経験で得たことを、まだ海外を知らない若者へ伝えたい

さらに、今回は私がミャンマー帰り間もないうちにイベントを開催するという事で、現地で感じた全てを伝える場も設けます。それは少しでも何かに挑戦したい若者への後押しになると信じています。

海外でインプットした経験を、日本にいる若者にアウトプットすることは、地域貢献の一つでもあります。

・ミャンマーに住む同年代(16~22)の若者がどんな生活を送っているのか

・なぜ日本への留学希望者が多いのか

・東南アジアで日系企業がなぜ人気なのか

・日本と海外の差

・海外に居るからこそ感じた、日本の素晴らしさ

・若いうちにするチャレンジの大切さ

 

上記の内容を存分にアウトプットしようと思います。

▼資金の使い道

1泊2日のグランピング施設でのMeet Campでは参加費無料で開催します。

しかし、それを全て自らで賄うことは非常に厳しいため、この度はCAMPFIREさんを使わせて頂き、皆様からの資金援助をお願いしたいと思っております。

必要資金はトータルで35万円です。

内訳は、

・宿泊費12,000円×20人=240,000円

その他、往復送迎費用、農場体験費用、全員分の食費、。オリジナルTシャツ製作費

▼今後の活動

今後も愛知県豊橋市を拠点に活動の幅を広げていきます。

豊橋は太平洋側でもあり、綺麗な海が広大に広がっています。海×人の集まるイベントを開催したり、多くの人が繋がれる機会を提供していく予定です。

さらに、2020年東京五輪では豊橋市がドイツ・リトアニアのホストタウンに選ばれました。2年後の開催を控えており、豊橋市国際交流協会との共同イベントや観光誘致プロモーションムービーの製作を行ないます。

 

▼リターンについて

【全リターン共通】

→ご支援頂いた各個人・企業様のお名前を当日のイベントフライヤー及びウェブサイトに掲載させて頂きます!

3,000円
当日のキャンプレポート及びお礼のメッセージ動画+感謝を込めたレターポット

5,000円
①当日のキャンプレポート及びお礼のメッセージ動画
②グランピング施設「Root7」1000円割引クーポン+感謝を込めたレターポット

10,000円
①当日のキャンプレポート及びお礼のメッセージ動画
②グランピング施設「Root7」4000円割引クーポン+感謝を込めたレターポット

50,000円
①当日のキャンプレポート及びお礼のメッセージ動画
②SFIDINKオリジナルTシャツ
③SFIDINKオリジナルマグカップ+感謝を込めたレターポット

▼ご支援のお願い

『最近の若者はダメだ』『最近の若者は教育がなっていない』

私はこれらの言葉が嫌いです。なぜなら若者の可能性を潰す一言だからです。

 

10年前の2008年、私たちは2018年にAIや仮想通貨がニュースになるなんて想像もしなかったはずです。

つまり、もしこのイベントに参加した高校生や大学生が、何かに挑戦するきっかけを得て、10年後の豊橋はたまた日本を大きくかえるかもしれません。だからこそ、数年先を見据えた若い世代への支援を心の底からお願い申し上げます。

常に風潮は変わり続け、現代の若者もそれに順じて今の姿があります。

特に今回の企画は、若者に視点を置いています。

今の時代を生きている若者がさらに飛躍することで、社会全体の仕組みが良くなることを考えると、高校生や大学生への支援というものが更に重要性を増してきます。

私の事業から少しでも教育面の改革や金銭的補助の増加を将来的に期待しつつ、そのような流れを作りたい思いがあります。

 

重ね重ねになりますが、皆様ご支援のほどよろしくお願いします!

特に豊橋在住の方々、豊橋に拠点を置く企業様からのご支援の程お待ちしております。

 

  • Default image l da671d394b3f9fc866ab67dc2120460e7ef1e7b521ebfff2b6c6437c3e33cbd0.png?ixlib=rails 2.1
    活動報告

    新リターン追加(全支援者様対象)

    2018/03/12 16:06

    追加の新リターンのお知らせです。   ご支援いただいた方全員に、当日の講演会の動画をノーカットでお届けします。 約1時間分です。余すとこなくお届けします。   講演者 特別ゲスト 豊橋技科大 前田奨平さん Roots7 宇都野代表 SFIDINK代表 豊橋技科大 今井裕太

  • 5aa62474 1a3c 4be4 9252 111e0aba8295.png?ixlib=rails 2.1
    活動報告

    【高校生必見!!】インスタ映えが豊橋で出来るんです!!

    2018/03/12 15:55

    今年もインスタ映えできていますか?? このイベントは『豊橋のバリ島』東七根にて行います。   そして、高校生・大学生を限定20名無料で招待します。   お子さんのいる親御さん、周りに高校生・大学生の知り合いがいる方 是非とも当イベントを知らせてあげてください(^^)    

  • 5a95235a 1978 49c5 acb6 59de0ab91ef9.png?ixlib=rails 2.1
    活動報告

    リターン追加のご報告

    2018/02/27 18:22

    各リターンにキングコング西野さん考案のレターポットをお返しとして今井裕太よりお送りすることになりました! 今井がリターンとして送るレターポットは、ただのメッセージではなく、「感謝」と「価値」を一緒に乗せてお送りします。 【単なるメッセージではなく、1文字を購入し感謝と価値をしっかり添えてご...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください