――その頂はきっと、狂気無くして至れぬ場所。


クトゥルフ神話登山を融合させたTRPGシナリオ 
『狂気山脈 ~邪神の山嶺~』を原案とする
アニメ映画制作を目指すプロジェクトです。


たくさんの皆さまのご支援を元に、ついに
「パイロット・フィルム(短尺の試作映像)」が完成しました


(パイロット・フィルムより)


ここからついに、最終目標地点である「映画本編の完成」を目指すアタックが開始します。




『狂気山脈 ネイキッド・ピーク』とは

🔗公式サイト:https://nakedpeak.jp

“クトゥルフ神話”の生みの親、H.P.Lovecraftが残した怪作『狂気の山脈にて』
その舞台設定を下敷きに描く登山家たちが未知の領域に挑む挑戦と開拓の人間ドラマ。
それが『狂気山脈 ネイキッド・ピーク』の物語です。


ストーリー原案は、TRPG(テーブルトーク・ロールプレイングゲーム)用のシナリオとして作られた『狂気山脈 ~邪神の山嶺~』。
初出は動画『登山家たちのクトゥルフ神話』。

コズミックホラーと形容される未知への恐怖と、冒険的登山のリアルを描いた本格的な描写がマッチし、極限状態で剥き出しになる人間たちのドラマが多くの人を魅了しました。 

また「視るエンターテイメント」としてのTRPG配信ムーブメントにおいて、ありがたいことに『狂気山脈 ~邪神の山嶺~』は代表的なシナリオとなり、沢山の方々に遊んでいただきました。




※TRPGシナリオとは別に、同じ舞台・背景設定を持つ派生作品として、マーダーミステリー『狂気山脈 陰謀の分水嶺』という作品もあります。
(作:ダバ/まだら牛) 




ここまでの流れ

個人プロジェクトの規模でいきなり映画完成を目標にするのはあまりに無謀と考え、パイロット・フィルムの制作を当面の目標とした第1回クラウドファンディングを2021年10~12月に実施。

その時は、目標金額を800万円としていました。
設定理由は、その額にまだら牛の全財産を乗せれば、なんとかパイロット・フィルムの完成に漕ぎ着けることができそうだという試算のためでした。

――が、しかし。
蓋を開けてみれば、目標額は開始20分という爆速で達成
その後もたくさんの方々の応援とご支援を頂き、
最終的に支援金額1億1930万円支援者数11862人。
いずれも「漫画・アニメ」カテゴリにおける歴代1位を達成するという、とてつもない結果となりました。

さらに、「CAMPFIRE クラウドファンディング アワード2022」では総合賞第1位を受賞。


これはもう、ただアニメ映画を完成させるだけでは足りない……それこそ世界に通用するような作品へと仕上げなければならないと覚悟しました。


2021年10月30日には、ディズム氏主催・主演小ka栗ショーン氏による舞台演劇『狂気山脈単独登頂』も実施。


そして、2022年初頭よりパイロット・フィルムの制作に着手。

キャラクターデザイン海島千本さま
クリーチャーデザイン大山竜さま
監督熊谷友作さま(株式会社ステロタイプ
作画監督黒崎知栄実さま
・山岳監修に株式会社山屋

などなど……本当にたくさんの方々のご協力の下、作りたい映画のエッセンスを具現化していき、1年かけてようやくパイロット・フィルムの完成に漕ぎつけました。


(キャラクターデザイン:海島千本)

『古のもの』(クリーチャーデザイン:大山竜)


(パイロット・フィルム c009 L/O)



しかし、本番はここからです。
映画本編の制作体制を整えられるかどうか。完成させることができるかどうかという挑戦は、まだ入山すらしていない、ベースキャンプに入った直後といったところです。





プロジェクトオーナーについて

合同会社フォレスト・リミット代表。ゲームクリエイター、配信者、山に登る人。
山好きが高じて山麓にセルフビルドで小屋を建築したり、登山ガイド資格(信州登山案内人)を取得したり、ニッチな山雑誌『ヤクのあしあと』を発行したりと、活動範囲はインターネット内に留まらない。

・狂気山脈シリーズ(TRPG・マダミス)
カードゲーム OVERЯOID
・しまどりる企画室 ※プロデューサー
エモクロアTRPG ※プロジェクト立ち上げ&システム設計
新約ネットロア -TRPG都市伝説シナリオブック-
神椿市建設中。NARRATIVE(2023年初旬ローンチ予定) ※企画・ディレクション

など、ジャンルに囚われず新しい「コンテンツ」の創出を目指す。
人と人が起こす化学反応を好んでおり、コラボレーション配信も多数企画。
他配信者の企画の提案・プロデュースを行うことも。

座右の銘は「森林限界」。

(紹介文執筆:ダバ / イラスト:タミロス)



プロジェクトで実現したいこと

ずばり、アニメ映画「本編の完成」です。

ただ完成させるだけでなく、“世界に通用する作品”へと創り上げること。
それが我々の目標です。

パイロット・フィルムを制作する中で見えてきた、創りたい映画の完成形……それを形にするために、まずは万全な制作体制を構築する必要があります。

(パイロット・フィルムより:登山計画)




目標金額と使いみち

目標額は8,000万円です。
なんと……前回のクラウドファンディングでの目標額の10倍です。

正直、無謀な額に思えます。
というのも、前回すでにとんでもないご支援を頂いているのです。
その上で更にこんな途方もない金額を目標にすることについて、僕自身かなり苦悩しました。

本当のことを言えば、パイロット・フィルム制作を進めながら、同時並行で本編制作の体制を整えておきたかったのです
その為の試行錯誤も行ってきました。
前回のご支援や反響を元にすれば、それも可能なのではないかと思っていたのです。

しかし、各所と交渉・プレゼン・意見交換を行う中で見えてきたのは個人がアニメ映画制作を行うということに対する想像以上のハードルの高さでした。
甘くはないと思っていました。厳しい戦いになるとも覚悟していました。
しかし、いざ実際に足を踏み入れてみると、その山は想像を遥かにこえた嶮しさで僕らを迎えました。

僕らがもがき、至った結論はこうでした。
「パイロット・フィルムと脚本が出来上がらなければ、そもそも企画検討のテーブルにつくことすらできない」


(パイロット・フィルムより:厳しい高所環境)


そして、パイロット・フィルムを作る中で見えてきたことがもう一つあります。
この映画を望む形で完成させるには、
おそらく【3億円】は必要になるだろう……と。


パイロット・フィルムを見てくださった皆さまの反響や応援の後押しが、企画実現には必要不可欠であろうことも。


前回、あんなにもたくさんのご支援や応援を頂いたのに。
さらに助けを求めなければ先に進めない自分が歯がゆく、不甲斐ない気持ちでいっぱいです。
ですがどうか、今一度。
我々に力を貸してください。


(パイロット・フィルムより:挑戦と開拓)


今回、目標額である8,000万をもし達成したとしても、本編制作の全てを賄うには至らないでしょう。
同時並行でスポンサー獲得など様々な手段を模索します。

しかし、ここでのご支援が多ければ多いほど、制作が実現しやすく、また妥協のない作品づくりができるようになります。


今回集まった支援金はもちろん、全て「アニメ映画完成」のために使わせて頂きます。
具体的には以下のような使いみちです。

・映画本編制作体制の構築活動費用
・映画本編の制作費
・作品クオリティアップのためのあらゆる活動費用
・リターン品準備・発送費用
・プロモーション費用

(+CAMPFIRE手数料、各種税金)




支援プランとリターン

今回、リターン品としてアイテムをお届けする通常の【商品購入型プラン】の他に、
「パイロット・フィルムの1カット分のオーナー権」をリターンとする、【カットオーナー・プラン】をご用意しております。

※各リターンの詳細は、個別のリターン説明画像をご参照ください。


※3/2追記

ご要望が多かった、「前回のクラウドファンディング」でのリターンの一部再録を行います。

▼ 再録リターン

⛰ コジオスコ・プラン(再)
リターン:オスコー財団会員証(非売品) ※前回のポストカードセットは付属しません

⛰ 穂高・プラン(再)
リターン:『設定資料集β』

⛰ K2・プラン(再) 
リターン:パイロット・フィルムや、制作過程をお届けする特典映像を収録したDVD(非売品)

⛰ 古のもの・プラン(再)
リターン:大山竜デザイン《古のもの》ガレージキット
※再生産困難なため、在庫限りの数量限定となっています。


また、今後追加リターンをご用意する検討・準備を進めております。
追って活動報告などで告知させていただきます。




パイロット・フィルム全107カット中、文字のみカット等を除いた96カットにについて、それぞれのカットのオーナーを募集するプランとなります。
オーナーには【オーナー特典】が与えられます。

各カットのオーナーはもちろん1人だけ。つまり、96人限定のプランとなります。

※オーナー権は、著作権や映像利用権等を譲渡するものではありません。


🌋 カットグレードについて

各カットは、【C・B・A・S・Ex】の5段階にグレード分けがされています。
どのカットのオーナーになるかは、グレード内でランダムとなります。

★グレードCカット一覧

★グレードBカット一覧

★グレードAカット一覧

★グレードSカット一覧

★グレードExカット一覧


※オーナー特典は、グレード間で差はありません。


🌋 オーナー特典

各カットのオーナー様には、以下のオーナー特典が与えられます。

① 映画本編スタッフロールにお名前をクレジット
前回のクラウドファンディングの【狂気山脈・プラン】ご支援者さまよりも、少し大きく名前が掲載されます。
肩書は「パイロット・フィルム カットオーナー」となります。



② オーナー証のお届け
オーナーとなったカットのオーナー証明品が贈呈されます。
オーナー証明品には、「額装セル(オーナー証明書つき)」と、「カット袋」が含まれています。

「カット袋」はアニメーション制作で使われる、各カットの設定画やレイアウト図(L/O)、原画などをまとめて管理するための袋です。
オーナーにお送りするカット袋の中には、実際に制作で使用された書類原画などがそのまま封入されています。

※原画が存在しないカットや、デジタル原画にて作業されたカットなどでは、生原画が含まれていない場合もあります。

※2023.03.09編集・追記

カット袋の封入物のうち、生原画・作監修正等の「手書き」のものに関しては、現品ではなく精巧な複製物(1点もの)となります。経緯についてはこちらの活動報告をご参照ください。



③ 本編制作チーム内進捗報告Twitter(鍵付き)閲覧権
月報や臨時報告など、チーム内での情報共有に使用する予定の鍵付きTwitterアカウントをフォローし、制作過程を継続的にご覧頂くことができます。
もしかすると、オーナー様がたのご意見を募集することがあるかもしれません。

※後ほどプラットフォームが変更になる可能性もございます。



④ 映画本編完成時、特別試写会にご招待
映画が完成した折に実施する特別試写会に、オーナー様をご招待いたします。
日程等は完成目処がたった頃にご連絡いたします。

※日程等はなるべく早くにご連絡いたしますが、都合などでご参加いただけなかった方へは前売りチケットの送付などで代えさせていただきます。


カットオーナー・プランは非常に高額なリターンとなります。
無理のない範囲でご検討くださいませ。




スケジュール

映画本編制作のスケジュールはまだほとんど立っておりません。
映画がいつ完成するか……そもそも完成できるのか否か。全て未知数です。

しかしありがたいことに、前回のクラウドファンディングにて多大なご支援を頂いたお陰で、パイロット・フィルムを作りきってなお、まだ使えるお金が残っています。
これらを元手に(本編制作体制が整うまで待つこと無く)すぐにでもできるところから制作を開始します。


▼暫定スケジュール
・2023/2/28  パイロット・フィルム公開 & 第2回クラウドファンディング開始
・2023/3~  制作体制構築のためのプレゼン・交渉開始
・2023/3~4  パイロット・フィルム全国上映会行脚イベント
・2023/5~  脚本・設定・プロップデザイン等、コア部分制作開始
・2023年中  映画脚本・大まかな構成FIX目標
・2025~2026年   映画完成・公開目標


全てのスケジュールは暫定的なものです。
大幅に前後する可能性が非常に高いです。


プロジェクトの進捗に大きな動きがあった際には、「活動報告」ページにて皆さまに報告をさせていただきます。




最後に

まずは、前回ご支援して下さった皆さまに、重ね重ね感謝を申し上げたいと思います。
ありがとうございます。おかげさまで、パイロット・フィルムが完成しました。

皆さまのお陰で、このプロジェクトは「スタート地点」に立つことができました。
そして、本当のクライミングはここからです。

ゴールは、未だ遥かな高みにありますが、
しかし山頂へのルートは見えてきました。

その頂からの景色を。
共に見たいと思っていただけるならば、どうかお力をお貸しください。
死力を尽くします。
今一度、一緒に夢を見てください。




私は知っている。
最高の登山家が、ここで諦めるなんて選択肢を取りようがないことを。
だから、覚悟して向かってくれ。
そして願わくば、君がこの山を制覇してくれんことを。

           ――とある登山家の手記




Q&A

Q:アニメ映画化は確定していますか?
A:現状まだ映画本編の完成目処は立っておらず、本プロジェクトはいわゆる「企画書」を通そうとしている段階のものです。映画化は私(まだら牛)の人生をかけたプロジェクトとして死力を尽くして挑みますが、完成にたどり着けない可能性が少なからずある事をご承知おきください。

Q:映画の内容は、TRPGシナリオと同じものですか?
A:TRPGシナリオ『狂気山脈 ~邪神の山嶺~』を原案とし、映画脚本として再構成したものとなります。キャラクターの一部や大筋のプロットなどは共通しておりますが、TRPGの映画化というわけではありません。TRPGに関する内容は含まれません。

Q:H.P.ラブクラフトの小説『狂気の山脈にて』の映画化ですか?
A:いいえ。H.P.ラブクラフトの『狂気の山脈にて』から着想を得ておりますが、『狂気の山脈にて』のストーリーを映画化するものではありません。

Q:目標額を超えた支援が集まった場合、どうなりますか?
A:本作は求めるクオリティで完成させるために、おそらく3億円ほど必要になると試算されました。目標額を達成しても、その制作費の全てを賄うには足りません。目標額を超えて集まった支援も、全て同様に映画の制作費に充てさせて頂きます。
もし万が一、制作費を全て賄って余るほどのご支援を頂けた場合は、支援して下さった皆さまに「かけがえない体験」として還元できるようなストレッチゴールを考えさせていただきます。

Q:【カットオーナー・プランについて】エンドロールにクレジットする名前に制限はありますか?
A:本名・団体名・ハンドルネーム・TRPGのキャラクター名など、お好きな名前で申し込みいただけます。ただし、全角8文字以内(半角16文字、半角カナは不可)、記号等使用不可、【自分以外の特定人物を比喩するお名前】や【公序良俗に反する】は不可です。その他、問題があると判断される内容の場合には変更をお願いすることがございます。変更に応じて頂けない場合はクレジット掲載をお断りさせていただくことがあります。ご了承お願いいたします。
なお、ご支援時に「備考」欄にクレジット名を記載頂けると助かりますが、記載いただかなかったとしても、後日CAMPFIREメッセージにて個別に聴取いたします。

Q:【エルバート・プランについて】「秘密の絵本」って何ですか?
物語の詳細はヒミツですが、映画と物語がリンクするストーリーが描かれています。マリノアという不思議な力をもった女の子が主人公。映画『狂気山脈 ネイキッド・ピーク』の登場人物のひとり、レイク・エルバートが娘に買い与えた絵本です。パイロット主題歌の歌詞と関係があるとかないとか……?
まだら牛が原案、バーチャル絵本作家の栗山やんみさんが構成と文を、𝗮𝗹𝗺𝗮さんが絵を担当してくださいます。

Q:【カットオーナー・プラン】エンドロールにクレジットする名前に制限はありますか?
A:本名・団体名・ハンドルネーム・TRPGのキャラクター名など、お好きな名前で申し込みいただけます。ただし、全角8文字以内(半角16文字、半角カナは不可)、記号等使用不可、【自分以外の特定人物を比喩するお名前】や【公序良俗に反する】は不可です。その他、問題があると判断される内容の場合には変更をお願いすることがございます。変更に応じて頂けない場合はクレジット掲載をお断りさせていただくことがあります。ご了承お願いいたします。

Q:海外から支援する方法はありますか?
現状、リターン品を海外への発送に対応する体制がございません。【オリンポス・プラン】(クレジット掲載)については届け先住所が不要となりますが、それ以外の発送物があるプランについては対応ができない状況です。ご容赦ください。
なお、「転送コム」といったサービスもございます。こちらを利用すれば海外の方もリターン品をお受け取りいただけるかもしれませんが、当方としては利用上発生したトラブル等に対応が致しかねますので、あくまで自己責任にてご検討いただければ幸いです。



////////////////////////

※皆さまにお願い

本クラウドファンディングやそのリターンにおける一切の責任は「合同会社フォレスト・リミット」にあります。
各種お問い合わせを、アニメーション制作会社や各関係者などに行わないよう、よろしくお願いたします。



////////////////////////

<プロジェクトオーナーについて(特商法上の表記)>
■特定商取引法に関する記載
●販売事業者名・代表者の氏名・事業者の住所/所在地・事業者の電話番号:
 請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。
●送料:送料込み
●対価以外に必要な費用:プロジェクトページ、リターンに記載のとおり。
●ソフトウェアに係る取引である場合のソフトウェアの動作環境:該当なし
●その他記載事項:プロジェクトページ、リターン記載欄、共通記載欄(https://camp-fire.jp/legal)をご確認ください。


<募集方式について>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


(プロジェクト・キービジュアル 作画:海島千本/美術:スマーチル)


  • 2023/03/17 21:00

    アニメ映画『狂気山脈 ネイキッド・ピーク』製作総指揮のまだら牛です。いつも本プロジェクトに多大なご支援・応援をいただき、誠にありがとうございます。⛰ クラウドファンディング、目標額達成!!報告がめちゃくちゃ遅れてしまいましたが、8,000万円に設定していたクラウドファンディングの目標金額が、な...

  • 2023/03/09 19:30

    ※本件はリターンに関する重要な内容となりますので、公開記事として掲載いたします。※該当のご支援者さまには、同内容を個別にメッセージしております。ご確認いただけますよう、よろしくお願いいたします。 『狂気山脈 ネイキッド・ピーク』製作総指揮のまだら牛です。  本プロジェクトをご支援・応援いただき...

  • 2023/03/03 09:06

    3~4月にかけて、私まだら牛が全国を行脚し、上映会イベントを実施する予定です。映像の上映、トークイベント、そして原画などの製作物の資料展示を行います!なんと、全国20箇所近くで実施させて頂けることとなりました!開催地一覧(Google マイマップ)参加申し込み方法など、会場ごとに異なりますので...

このプロジェクトの問題報告はこちらよりお問い合わせください