―― その頂はきっと、狂気無くして至れぬ場所 ――


TRPGシナリオ『狂気山脈 ~邪神の山嶺~』を原案とした、
アニメ映画制作を目指すプロジェクトです。


※シナリオの中身に触れる文章が含まれます。ご注意ください。


昨今、TRPGが「視るエンターテイメント」として
YouTube等を中心として新たなムーブメントを起こしつつあります。

そのシーンにおいて『狂気山脈 ~邪神の山嶺~』は
ありがたい事に代表的なシナリオとなり、沢山の方々に遊んでいただき、
多くの視聴者を虜にするドラマを生み出してきました。




この物語をアニメ映画化するという無謀なチャレンジに、本気で挑むことにしました。
まずは第一歩として、パイロット・フィルムの制作を目指します。



『狂気山脈 ~邪神の山嶺~』とは

TRPG(テーブルトークRPG)用に書かれたシナリオ。初出は動画『登山家たちのクトゥルフ神話TRPG』。

“クトゥルフ神話”として世界的に有名なH.P.ラヴクラフトの小説のひとつ『狂気の山脈にて』に登場する、南極の未知なる世界最高峰「狂気山脈」を舞台とし、人類未踏の頂を目指す登山家たちの挑戦を描く冒険譚です。


「コズミックホラー」と形容される未知への恐怖と、冒険的登山のリアルを描いた本格的な描写がマッチし、極限状態で剥き出しになる人間たちのドラマが多くの人を魅了しました。

(イメージボードより)


※TRPGシナリオとは別に、同じ舞台・同じ背景設定を持つ派生作品として、
 マーダーミステリー『狂気山脈 陰謀の分水嶺』という作品もあります。
(作:ダバ/まだら牛)


(マダミス狂気山脈シリーズ)



ごあいさつ

『狂気山脈 ~邪神の山嶺~』の作者、まだら牛です。
この物語は、僕がゲーム制作や配信などの活動を始めるきっかけになった作品です。

おかげさまで、驚くほど多くの方々に遊んで頂ける作品になりました。
今や”狂気山脈登頂者”は数え切れないほどになっています。
(過去のアンケートなどから類推するにエベレストの登頂人数をも超えているはずです)


活動の最中に実感するのは、TRPGが豊かな創作の土壌になっていることです。
今はまだマイナージャンルではありますが、そこには多くのクリエイターたちが集結し、
日夜魅力的な「キャラクター」や「物語」たちが生み出されています。

今メジャーで活躍するミュージシャンの多くを育んだVOCALOID文化と同じように、
TRPGも、メジャーで戦える作品を生み出す土壌となり得ると、僕は確信しています。


そして先日、衝撃的な出来事が起きました。
ディズム氏主催のTRPG発舞台企画『カタシロRebuild』です。

一部の人だけが遊んでいたTRPGを元にした企画が、メジャーなエンターテイメントの場に進出し、その道のプロすらも唸らせる舞台劇を作り上げることに成功しました。
いよいよもって、TRPGという場で育まれた物語がメジャーな場で通用することが証明されてしまったのです。


お陰で覚悟が決まりました。
『狂気山脈』を愛してくれたたくさんの人々のお陰で、勇気も湧きました。

個人・TRPG発の物語をもって、エンタメの王道たる映画の世界へ切り込む。
そんなでっかい“未踏峰”に先陣を切って道を作るべく、頂を目指して一歩を踏み出したいと思います。


皆さまのお力添えを、どうかよろしくお願いいたします。


(イメージボートより:荒天での停滞と進行)




プロジェクトオーナーについて

●まだら牛

ゲームクリエイター、配信者、山に登る人。
山好きが高じて山の麓にセルフビルドで小屋を建築したり、登山ガイド資格(信州登山案内人)を取得したり、ニッチな山雑誌『ヤクのあしあと』を発行したりと、活動範囲はインターネット内に留まらない。

代表作は『狂気山脈』シリーズ(TRPG・マーダーミステリー)の他、カードゲーム『OVERЯOID』『エモクロアTRPG』システム制作など多数。
ジャンルに囚われず、新しい「コンテンツ」の創出を目指す。

人と人が起こす化学反応を好んでおり、コラボレーション配信も多数企画。
他配信者の企画の提案・プロデュースを行うことも。

座右の銘は「森林限界」。

(紹介文執筆:ダバ / イラスト:タミロス)


プロジェクトで実現したいこと

最終目標は「アニメ映画化」です。

しかし、個人プロジェクトの規模でいきなり映画完成を目標にするのはあまりにも無謀です。
ですので、当面の目標は短時間の「パイロット・フィルム」の制作とします。


(イメージボード:山岳の美しさと厳しさ)


『狂気山脈 ~邪神の山嶺~』の物語をベースに、アニメ映画用の脚本へと再構成します。
※注1:TRPGのアニメ映画化ではありません。TRPGに関わる内容は含まれません
※注2:H.P.ラブクラフトの小説『狂気の山脈にて』のアニメ映画化ではありません


本作は、本格的な山岳知識に基づいた構成も評価された作品です。
株式会社山屋を中心とする山岳専門家などの監修を受け、地に足のついた登山モノとしての映像と、“クトゥルフ神話”ならではのホラー要素、そして極限状態での人間ドラマを融合させた作品へと昇華させたいと考えています。

(イメージボードより:自然的驚異とコズミックホラー的驚異)

まずは「こういった映像を作りたい」というプレゼンになる、描きたい映像のエッセンスを詰め込んだ予告編のようなパイロット・フィルムを制作します。

その試行錯誤制作の過程をも、後に続く人たちの為のコンテンツとして公開します。

出来上がったパイロット・フィルムは、YouTubeなどで無料公開する予定です。
その映像とそれを見た視聴者の反応、それらを企画書とあわせて、映画本編の制作体制を構築したり、スポンサーを集めたりする予定です。


先の長い道のりとなると思います。
実現は果てしなく困難ですが、皆さんのご支援・ご期待がきっと何よりの推進力になります。



目標金額と使いみち

目標額は800万円です。
集まった支援金は、全額「アニメ映画化実現」のために使わせて頂きます。
具体的には以下のような使いみちです。

・パイロット・フィルムの制作費用
・映画本編制作体制の構築活動費用
・作品のクオリティアップのためのあらゆる活動費用
・リターン品準備・発送費用
・プロモーション費用

(+CAMPFIRE手数料)

目標額を800万円としている理由は、まだら牛が手出しで出資できる最大額(※全財産)に支援金を上乗せすれば、望むクオリティを担保してパイロット・フィルムの完成までなんとか漕ぎ着けることができそうだという試算の元です。

目標金額以上にご支援いただければ、よりアニメ映画化を成功させるためにとれる手段・選択肢が増えていきます。もちろん、作品のクオリティアップにも繋げさせて頂きます。

例えば、当面のストレッチ・ゴールとして「テーマソングの制作」および「パイロット・フィルム用のアニメーションを再編集したMVの制作」を、プロモーション活動の一環として計画しています。

(イメージボードより:クライミングシーン)



支援プランとリターン

全てのプラン共通で、CAMPFIREの「活動報告」にてプロジェクトの進捗報告を随時お届けします。


⛰ コジオスコ・プラン 【2,228円】 <数量制限なし>
記念グッズ「オスコー財団会員証(非売品)」「ポストカード(4種)」

⛰ 穂高・プラン 【3,190円】 <数量制限なし>
設定資料集(ブックレット)

⛰ K2・プラン 【8,611円】 <数量制限なし>
パイロット・フィルムや、制作過程をお届けする特典映像を収録したDVD(非売品)

⛰ 狂気山脈・プラン 【10,363円】 <数量制限なし>
パイロット・フィルム、および映画本編(完成時)のエンドロールへお名前をクレジット

⛰ SIX SUMMITS・プラン 【35,765円】 <数量制限なし>  
・全イメージボード、資料、映画制作のビジョン、アピールポイント、プロジェクトにかける想いなどを網羅した関係者向け企画書(PDF)を今すぐ読める
・DVD(K2・プランと同内容)
・記念グッズ「SIX SUMMITS ロゴ入りメタルタグ」(非売品)


---------------------------
●追加リターン
---------------------------

🌋 舞台『狂気山脈単独登頂』プラン(3種)について

2021年10月30日にYouTube「ディズムチャンネル」で配信される演劇、舞台『狂気山脈単独登頂』にまつわるグッズのリターンとなります。
この演劇は、本プロジェクトの応援・プロモーション企画として実施されるものです。
演劇の主催はディズム氏となりますが、リターンの準備や発送は「狂気山脈 アニメ映画化プロジェクト」が担当・責任の元で実施いたします。

・台本プラン 【2,500円】 <数量制限なし> 
・音源CDプラン 【3,000円】
 <数量制限なし> 
・映像DVDプラン 【8,000円】
 <数量制限なし> 

詳細については、各リターンの説明文をご参照ください。



🌋 大山竜デザイン《古のもの》フィギュア・プランについて

映画中に登場する、「狂気山脈」と縁の深いクリーチャーである《古のもの》を、
造形作家の大山竜さまがデザインしてくださる事になったのを記念して、
そのデザインをガレージキット化し、お届けする追加されるプランです。

・ガレージキット・プラン 【10,000円】 <限定150個> 
・ゲスト塗装フィギュア・プラン 【70,000円】 <限定各1~3個>
・大山竜謹製デコマス・プラン 【1,000,000円】 <限定個>

いずれも完全先着となります。 ※以上全て完売

・ガレージキット・プラン(追加受注) 【10,500円】 <数量制限なし> 

詳細についてはこちらの活動報告の記事、および各リターンの説明文をよくご参照ください。




スケジュール

・2021/8/8(山の日) プロジェクト所信表明 【済】
・2021/10/10  クラウドファンディング開始
・2021/11~  アニメーション制作体制構築、制作始動
・2021/12/14(南極の日) クラウドファンディング終了
・2022年中  パイロットフィルム完成・公開目標

スケジュールは暫定のものであり、アニメーション制作の進行具合などによって大幅に前後する可能性があります。
スケジュールに変更があった場合、随時「活動報告」ページにて進捗や予定を報告いたします。


最後に

一見、無謀な挑戦です。
おそらく誰も成し得ていない未踏峰でしょう。
その頂は高すぎて、その山は険しすぎて、正直足が震えています。

しかし、この『狂気山脈』という作品を愛してくれている皆さまのお陰で
僕は一歩を踏み出す勇気を頂きました。


僕たちは登山家だ。
今までにない大きな山が姿を表した。
臆している場合じゃない。
何が起こるかわからない危険な挑戦になる。
だが、夢がある。そうだろう?

          ――ケヴィン・キングストン


皆さまと一緒なら、この果てしなき未踏峰の頂に辿り着けるかもしれません。
どうか、一緒に夢を見てください。


(イメージボードより:オーロラの夜に)



FAQ

Q:アニメ映画化は確定していますか?
A:現状まだ映画本編の完成目処は立っておらず、本プロジェクトはいわゆる「企画書」を通そうとしている段階のものです。映画化は私(まだら牛)の人生をかけたプロジェクトとして死力を尽くして挑みますが、完成にたどり着けない可能性が少なからずある事をご承知おきください。

Q:パイロット・フィルムとは何ですか?
A:映画制作にあたって、スポンサーを集めるために制作される試験的な短い映像のことです。

Q:出来上がったパイロット・フィルムは公開されますか?
A:通常、パイロット・フィルムは制作関係者にしか見せないことが多いですが、今回のプロジェクトで制作するパイロット・フィルムは必ず何かしらの形で一般公開いたします。今のところ、YouTubeでの無料公開を行う予定です。

Q:映画の内容は、TRPGシナリオと同じものですか?
A:TRPGシナリオ『狂気山脈 ~邪神の山嶺~』を原案とし、映画脚本として再構成したものとなります。キャラクターの一部や大筋のプロットなどは共通しておりますが、TRPGの映画化というわけではございません。TRPGに関する内容は含まれません。

Q:H.P.ラブクラフトの小説『狂気の山脈にて』の映画化ですか?
A:いいえ。H.P.ラブクラフトの創作した「クトゥルフ神話」から着想を得ておりますが、『狂気の山脈にて』のストーリーを映画化するものではありません。

Q:リターンのお届け予定日はいつですか?
A:「コジオスコ・プラン」「穂高・プラン」のリターンは、クラウドファンディング終了後2~3ヶ月程度で発送する予定です。その他のプランのリターンはパイロット・フィルムが完成し次第となります。スケジュール感に関しては活動報告を通して随時お知らせする予定です。

Q:エンドロールにクレジットする名前に制限はありますか?
A:本名・団体名・ハンドルネーム・TRPGのキャラクター名など、お好きな名前で申し込みいただけます。ただし、全角8文字以内(半角16文字、半角カナは不可)、記号等使用不可、【自分以外の特定人物を比喩するお名前】や【公序良俗に反する】は不可です。その他、問題があると判断される内容の場合には変更をお願いすることがございます。変更に応じて頂けない場合はクレジット掲載をお断りさせていただくことがあります。ご了承お願いいたします。

Q:エンドロールにクレジットされる名前の入力を忘れた or 間違えてしまいました。
A:2021年12月31日までは内容の追記・変更を受付いたします。CAMPFIREの「支援したプロジェクト」のページから、「備考」の項目を編集してください。2022年に入ってからの変更は無効とさせていただきますのでご了承ください。

Q:目標額を超えた支援が集まった場合、どうなりますか?
A:ストレッチゴールとして、「テーマソングの制作」「パイロット・フィルムの映像を再編集したMVの制作」などを予定しております。また、その他映画化を実現する・盛り上げるためのプロモーション企画などにも使用させていただきます。もし資金が余った場合、映画本編の制作資金のために充てさせて頂く可能性があります。

Q:「コジオスコ・プラン」のリターンの「オスコー財団会員カード」とは何ですか?
A:ファングッズ・記念品のひとつです。物語中に登場する登山隊のスポンサーである「オスコー財団」と、今回の映画化のスポンサーとなるクラウドファンディング支援者の皆さまを重ね合わせております。クレジットカードサイズ、ナンバリングあり(数字割当はランダムです)。

Q:「穂高・プラン」のリターンの「設定資料集」はどんな内容ですか?
A:詳細は未定ですが、キャラクターデザインや特定のキャラクターの過去を描いたSS(ショートストーリー)、TRPGシナリオには記載されていない舞台設定や科学考証などを収録する予定です。

Q:「K2・プラン」「SIX SUMMITS・プラン」リターンの「DVD」はどんな内容ですか?
A:完成したパイロット・フィルム(YouTubeなどで公開されるものと同内容)の他に、制作過程をお届けする特典映像などを収録する予定です。なお、本リターンは非売品となります。
発送予定日は仮で2023年8月としておりますが、こちらはパイロット・フィルムが完成し次第となります。予定より大幅に早くなる・遅くなる可能性があることをご了承くださいませ。

Q:「SIX SUMMITS・プラン」のリターンの「企画書」とは何ですか?
A:映画制作のために、アニメスタジオや制作会社、クリエイターや関係者各位などに提出する企画書を、一部編集(公にできない内容などの除外など)したPDF文書となります。本企画に込めた想いや、映画化に際してのビジョン、各種詳細資料や準備した全イメージボードなどが記されています。
こちらのリターンは支援直後より「活動報告」にダウンロード記事が表示されます。内容は部外秘ですが、企画書を読んだ感想などはぜひSNSなどで呟いて頂けると嬉しいです。

Q:「SIX SUMMITS」って何ですか?
A:作中に登場する予定の、とある団体名です。



////////////////////////

<プロジェクトオーナーについて(特商法上の表記)>
■特定商取引法に関する記載
●販売事業者名・代表者の氏名・事業者の住所/所在地・事業者の電話番号:
 請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。
●送料:送料込み
●対価以外に必要な費用:プロジェクトページ、リターンに記載のとおり。
●ソフトウェアに係る取引である場合のソフトウェアの動作環境:該当なし
●その他記載事項:プロジェクトページ、リターン記載欄、共通記載欄(https://camp-fire.jp/legal)をご確認ください。


<募集方式について>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。



■■■ プロジェクト・テーマビジュアル ■■■

以下のテーマビジュアルは、本プロジェクトの拡散・紹介目的であれば
SNSに投稿することを許可します。


プロジェクトキービジュアル


このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください