皆さん、夢語ってますか? 若者の自殺率が世界1位の日本、もっとやりたいことをやりたい!と言える世界にしたい! 山盛りのラーメンを食べたあとに夢を語るラーメン屋さん、Yume Wo Katareが沖縄に5月中旬ごろに登場!

プロジェクト本文

初めましてみなさん!

夢を語るラーメン屋、Yume Wo Katare Okinawa代表の 平塚 旦です! 


Yume Wo Katare Bostonの料理長トモと一緒の代表

 

みなさん、夢語っていますか?

やりたいことを声に出して言えていますか?

僕の夢は、

「夢を語る場所”Yume Wo Katare”を、沖縄に作る!」

親の反対を受けて後ろ髪を引かれながらも沖縄に来ました。だってほんとにやりたいことを見つけたから。

自分の”夢を語るラーメン屋さん”のYume Wo Katareを作り、仲間と切磋琢磨して、若者のロールモデルになること、5歳の子どもにかっこいいと言われる仕事をすること、そして沖縄Only Oneを叶えることを決意。


タイムズスクエアにて、大好きなラーメン食べて夢語って来ました!
その時のドキュメンタリーはこちら

 ▼プロジェクトをやろうと思った理由

僕は日本で生まれ育ち、小さい頃はたくさんの夢を持って語っていました!

授業のソフトボールが楽しかったから野球選手になりたい!アニメーション映画製作の本社をテレビで見て楽しそうだったからそこに入りたい!、お父さんが音楽大好きだからミュージシャンになりたい!などなど

 

でも、徐々に周りの環境は変わり、しまいには友人に「なにがしたいの?一つにしなよ」と言われることも。

年を重ねるにつれて夢を語る機会は減って行き、気づいたら安定を求めて自分のやりたいことを無視するレールを進んでいました。

夢を語る環境が徐々になくなって行きました。


転機がおずれたのは2013年10月、アメリカはボストンにあるYume Wo Katareの1周年記念営業の日に初めて知らない人ばかりのお店で自身の夢を語りました。

”I want to be a photographer”

写真家になりたいと語ったその時の緊張感と高揚感は、僕の夢に溢れて無邪気だったあの時のことをふっと思い出させました。

好きなことやっていいんだ... このお店にいるみんなは僕がやりたいことを応援してくれれるんだ...!

僕のなりたい自分になれる人生が始まった瞬間でした。

 


一心不乱に写真を取り、写真が評価され写真家としてのキャリアもスタートしました。もしあの時、夢を語っていなかったら... もしあの時自分のことのように喜んでる人たちがいなかったら... もしあの時のように応援してくれる人たちがいなかったら... と考えると、僕はやりたいことをやれる人生に気づけなかったです。

 

 ▼これまでの活動


その時の感覚をもっと突き詰めたい、大学で学んだことを生かしたいと思い、Yume Wo Katareにマーケティングマネージャーとして就職。

SNSを使ったファン集客、夢を楽しく叶える勉強会"YumeLab"の企画、イベント企画・立ち上げ・準備、NYポップアップストアでの経営、Green Bird Boston 創設、Yume Ga Arukaraの立ち上げ、夢を語る人々を日々応援する業務を通して一大決心。



僕はYume Wo Katareを作り、若者がやりたいことを見つけられる場所を作りたい。
かつての僕のように。

 

あなたの応援で、若者がなりたい自分になれます。
そんな若者の夢を熱い想いのこもったラーメンで応援してみませんか?

 

 

▼このプロジェクトで実現したいこと

夢を語るラーメン屋さんを沖縄に5月中旬ごろにオープン
恩送りで若者の夢を応援する”ポジティブサイクル”をつくること

▼”ポジティブサイクル”とは

私たちYume Wo Katareは2015年から新たにポジティブサイクルという取り組みを始めました。

ラーメンを食べに来るお客さんの中には夢を語るだけでなく、夢を聞きに来る方もおられます。そして若者の語る夢に対して質問をすることもあります。

その方たちが夢に感動し若者にラーメンをご馳走することもあるのです。僕たちはそんな光景を世界中に広げたいと思いました。

私たちの夢は、いつかこのポジティブサイクルが途絶えることなく回り続けることです。この世の中が夢を応援することでお金が使われ、そのために仲間が協力し合えるようになる。そんなきっかけを作っていけたらと願っています。

▼リターンについて

ゴチする一杯

 YWK Okinawaに来る夢ある若者のラーメンを一杯ゴチする。恩を与えられた側はその恩を返すべく、与えられた側から与える側に回っていく、そんなポジティブサイクルをあなたから回しませんか?
 若者から夢を語るお礼の動画と、YWK Okinawaからお礼としてボストン京都東京にあるYume Wo Katareで一杯のラーメンと交換できるキーチェーンをプレゼントさせていただいます。
 ボストンの夢を語ってる様子はこちら!

ショップカードに夢を書いて掲載

 活版印刷が施されたYWK Okinawaの旗に自身の夢を書いてお店に掲載させていただきます。 遠方の方はこちらが代筆いたします。

YWKシャツ

 夢のスタート地点を示し、夢を語った人々を応援するためのYWK Okinawaの旗。このメッセージ性のあるデザインを全面的に押し出したおしゃれなT-シャツです。サイズはS/M/L/XLから選べます。T-シャツの色も白色と灰色、どちらかを選べます。

YWK Okinawa 食べ放題パス

  YWK Okinawaで所定の期間中食べ放題!を一名、そして一緒に来る人も無料!
  こちらの権利、譲渡もできます。食べ放題を譲渡する場合は
  1.譲りたい相手のフルネームと連絡先
  2.応援したい若者(例:琉大のアメフト部の部長など)のように相手を指定していただけます!

1日体験

 YWK Okinawaで1日体験! 12席のお店で食べに来たら聞ける夢って限られてる...一緒に働いてたくさんの夢を聞いて、質問して、私たちにしかできないYume Wo Katareを作りませんか? 働いた時に使っていただいたエプロンとキャップ(非売品・新品)は差し上げます。営業後の飲み会付きです!

夢旗荘(仮)一泊

 代表のもう一つの夢、「夢を語るゲストハウス」を即席で始めます。毎週月曜日に夢を楽しく叶える勉強会YumeLabの企画をしていた代表の自宅に泊まってあなたの夢の叶え方をどうやったら楽しくできるかのステップを見つけましょう。夢の段階によって各種ワークシートを用意しています。朝ご飯とYWKのラーメン付きです。

YWKでポップアップ

 1日YWKで自分の”夢を語る空間”を作ってみませんか? 業態はなんでも大丈夫です! カレー屋さん、モーニングを出す喫茶店、アートギャラリー、ライブハウス、etc…

 ”夢を語る空間を作る”という夢のもと、面白い店を作りましょう。
旅する立ち飲み屋さんリョーヤさんとコラボ予定!
*予備校のその先を行く予備校グレイトヴォヤージュとコラボして、空間デザインの授業をYWK Okinawaでやります!

 

▼最後に


(“偏差値2那由多”さんからのご提供です!ありがとうございます!彼がボストンで夢を語ったブログはこちら!)

Yume Wo Katare は現在、ボストン京都東京にもあります!
ぜひ、夢を語る雰囲気を感じてってください!

 

質問などありましたら、yumewokatareokinawa@gmail.comへ気軽にご連絡ください。
Facebook, Twitter, Instagram, ブログもあります。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください