2013年内の完成に向けて、有志クリエイターによる制作チーム“記憶図書制作委員会”が、脱出ゲーム+水彩画+アニメーションによるファンタジーアドベンチャーゲームを制作!

プロジェクト本文

■ゲーム概要

『リゼットの処方箋』はクリックで主人公のリゼットと共に謎をとき明かす旅に出るゲーム。
リゼットと共に“記憶の本”へと飛び込もう!

00-1
▲主人公の少女リゼットを、クリックで仕掛けを解き先に進ませよう

00-2
▲相棒の黒猫ゲーデも活躍!

00-3
▲仕掛けを解くためのパズル要素も

タイトル:リゼットの処方箋~記憶の本と揺れる天秤~
ジャンル:2Dパズル系ポイント・アンド・クリック型アドベンチャーゲーム
頒布形態:ゲームプレイフリー
プレイ人数:1人
公開媒体:Webブラウザ向けFlashゲーム
完成予定:2013年内完成予定

公式ホームページ:http://www.resette.net/
公式Twitter:@kitokai_resette
外部公開用企画書(PDF):http://www.resette.net/resette_plan.zip

■ごあいさつ

皆さんこんにちは!
この度は私達 ”記憶図書制作委員会”によるゲーム制作プロジェクトページをご覧頂き、ありがとうございます。
私は今回のゲーム制作プロジェクトを主催しています、高橋ワタルと申します。ゲーム中のストーリー、音楽、エフェクトの作成や、マップ、イベント、仕掛けなどの設計を担当しています。

■“自分達が面白いと思うゲームを作りたい”という想いから始まったプロジェクト

私はもともとゲームの音楽が作りたいという動機で、音楽制作をメインに創作活動をしていました。しかしながら、なかなか作りたいゲームに関われる機会というのは少なく、「だったら自分で企画してしまおう」と考えていました。その頃ちょうど、現在のグラフィック担当である虎瀬くのさん、プログラム担当のさば缶と知り合う事が出来まして、温めていたストーリーをベースに、「水彩画の背景の中を歩く絵本のようなゲーム」は面白いんじゃないか、「パズルや仕掛けがストーリーの演出にもなっているようなゲーム」も良いんじゃないか、というような話をしているうち、二、三時間後にはゲームを制作する事が決定していました。現在は更にグラフィック担当として飴谷くこさんも加え、4人のメインスタッフでゲームを制作しています。

■3つのゲームコンセプト

1.“外へ出ていく” のではなく“中に入っていく” ことでストーリーと連動して展開していく脱出ゲーム的ゲームシステム

00-4
▲行く手を阻む仕掛けを解いて、リゼットを先へと進ませよう

リゼットの処方箋のゲームシステムはいわゆる “脱出ゲーム” を想像すると簡単でしょう。画面上のアイテムを取得したり、パズルを解いたり、仕掛けを動作させる等の操作を行うことで、主人公のリゼットを先へと進ませていくというアドベンチャータイプのゲームです。

従来の脱出ゲームとの違いは2点あります。
1点目は、脱出ゲームが閉じ込められた状態から“外へ出る”のを目的とするのに対し、リゼットの処方箋は人の精神世界の“中へと入る”のを目的としている点。
そして2点目は、仕掛けを解いていく度に“ストーリーと共にゲームが展開”していくという点。
この2つのポイントが、リゼットの処方箋におけるゲームシステムの柱となります。

2.水彩画の背景とデフォルメキャラクターによる絵本の中のような世界観の構築

01
▲”眠り病”になってしまった少年アシルとリゼットの出会い(?)

ゲーム中の背景にはアナログの水彩画を採用しています。
“水彩画を取り入れたゲームを作る”というのが、ゲーム企画当初からのモチベーションの1つです。この水彩画の背景の中を、デフォルメキャラのCGが動きまわるという組み合わせによって、絵本の中を冒険しているような世界観を構築します。

02
▲森の中の大樹

03
▲異国の街“リルヘイム”

04
▲記憶が”本”になった世界、記憶図書館

3.“アニメーション”“表情変化”“エフェクト動画”を用いた躍動感のある演出

05
▲AfterEffectsによる演出

06
▲主人公の少女リゼットは表情豊か。時々叫んだりします。

ゲーム中、キャラクターは歩いたり、走ったりといった動作の他、会話中の表情変化、瞬き、口パクなどのアニメーションによって感情豊かな表情をします。また、AfterEffects によるエフェクト動画を加え、ゲーム全体に躍動感を与える演出を行います。

これら3つのゲームコンセプトによって、“2Dパズル系ポイント・アンド・クリック型アドベンチャーゲーム”は形作られます。

■オープニングアニメーション制作を開始!

re07-1

07-2

07-3
▲制作中のアニメーション絵コンテ

ゲーム本編に加え、今年4月から主題歌に合わせたオープニングアニメーションの制作も開始しました。こちらはゲームスタッフとは別にアニメーションチームを作り、絵コンテから仕上げまで本格的に作っていこうというコンセプトで制作を進めています。現在はオープニング楽曲のデモと絵コンテの制作まで完了しており、これより原画制作に入ろうという段階です。

■クラウドファンディングを通して、継続的に創作活動が出来る仕組みを

最近ではソーシャル系ゲームの一部、数年前であればいわゆる”DLC商法”などと言われてしまうようなゲームの売られ方に、私は日頃から疑問を持っていました。ゲームに対するリアクションというのは、金銭だけでなく、Webページで感想を書いたり、二次創作的な話を作ったり、友達とそのゲームの事で話をしたりと色々存在するはずで、それらの蓄積によって、1つのゲームを中心とするコミュニティが形作られると考えています。そのため「ゲームに対するリアクションはプレイヤー側が選択出来るようにしたい」という思いがあり、制作の当初から「ゲームそのものはフリーで公開する」という事は決めていました。

その上で、「応援してくれる有志の方からは資金支援して頂けるような場も作りたい。そこから継続的に制作が出来る仕組み作りに繋げられないか?」という思いがあり、制作開始当初(2011年当時)はゲーム公開後にWeb投げ銭やPaypalによる寄付などのサービスの利用を考えていました。そんな中で、最近このクラウドファンディングというサービスの存在を知った時、まさに「求めていたのはこれだ!」と感じ、今年4月のオープニングアニメーション制作決定を機に、応募する事にしました。

■資金的支援をしてくださった方を“ゲームを形作った1人”と私達は考えます。

クラウドファンディングを通して行われた資金的支援を私達は“ゲーム制作支援”と定義し、設定額以上ご支援下さった方に対しては、専用グッズのプレゼントの他、お名前を今作のスタッフロールに“制作支援スタッフ(パトロン)”として掲載させていただき、ゲーム内でお礼をするという手法を取ろうと考えています。(掲載を希望しない方を除く)

設定額と謝礼内容は下記の通りです。
500円支援すると
お礼のメッセージをお送りします。

1000円支援すると
“制作支援スタッフ(パトロン)”としてゲーム中のエンディングスタッフロールに掲載致します。※1

2000円支援すると
スタッフロールへの掲載
+先行サウンドトラックをプレゼント。※2
CD版に先行して、データ版サウンドトラックをプレゼント致します。
配布時期はゲーム完成から約2ヶ月後(2014年2月頃)を予定しています。

3000円支援すると
スタッフロールへの掲載
+ノンクレジット版オープニングアニメーションムービーをプレゼント。
パトロン様限定特典として、スタッフ名等の記載の無いノンクレジット版オープニングアニメーションムービーデータをプレゼント致します。
配布時期はゲーム完成から約2ヶ月後(2014年2月頃)を予定しています。

5000円支援すると
スタッフロールへの掲載
+先行サウンドトラックの配布(データ配布)
+ノンクレジット版オープニングアニメーションムービー(データ配布)
+限定ゲームメイキングブックとリゼットの処方箋"前日譚"をプレゼント。※3
背景CGや仕掛けが出来るまでの流れや、キャラクターの原案、シーン、音楽の解説等を一つの本としてまとめたゲームメイキングブックに加え、本編の前日譚を綴った漫画をプレゼント致します。
配布時期はゲーム完成から約4ヶ月後(2014年4月頃)を予定しています。

10000円支援すると
スタッフロールへの掲載
+先行サウンドトラック
+ノンクレジット版オープニングアニメーションムービー
+限定ゲームメイキングブックとリゼットの処方箋"前日譚"
+好きなキャラクター1人を描きおろした水彩画をプレゼント
パトロン様限定特典として、ゲームに登場するキャラクター1人を手描きで描き下ろしたハガキサイズの水彩画をプレゼント致します。また、お名前入りメッセージも添えさせて頂きます。(メッセージは希望者のみ)
配布時期はゲーム完成から約4ヶ月後(2014年4月頃)を予定しています。

※1
特定の宗教、法人、団体名や、公序良俗に反する単語が含まれるお名前については掲載出来ない可能性が御座います。企業名・団体名は確認が取れた場合のみ掲載可能とします。

※2
後日同内容のCD版を頒布予定です。

※3
ゲームメイキングブックは一定の部数のみ印刷発注を行います。
支援スタッフ(パトロン)の方は必ず手に入れる事が出来、支援スタッフ(パトロン)の方へ配布した残りの冊数だけ後日頒布される限定版です。また、“前日譚”漫画は、体験版CD頒布時に先着100冊限定で頒布されたもののデータ版となります。

支援頂いた資金の主な使用用途は、“オープニングアニメーション制作費”となります。オープニングアニメーションはゲーム制作スタッフとは別にチームを立ち上げ、別途制作費が必要となるためです。

■さいごに

最後までお読み頂き、ありがとうございました。
私達のプロジェクトに少しでも興味を持っていただけたら幸いです。
皆様からのご支援、お待ちしております!

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください