▼はじめにご挨拶 

はじめまして、岡山県玉野市でうのまち珈琲店というお店を営んでいる小田と言います。

元々岡山市の街中エリアでカフェを営んでおりました。

そんなある日、岡山県の中でも高齢化が進む地域の古くからあるショッピングモールを大々的にリニューアルするということでお声かけを頂き、デベロッパーさんから若者を集めるきっかけにしたいというアツい想いに共感し、昨年の4月にうのまち珈琲店をオープンしました。

初めは若者集めに苦戦しておりましたが、徐々に認知を広げ今では若い方々に受け入れられていると感じております。

▼このプロジェクトで実現したいこと

私はこのプロジェクトで、看板商品『クレームブリュレの季節パフェ』の生産量を増やし、パフェ目的に来店してくださる方に1人でも多く提供したいと思っています。

 

▼プロジェクトをやろうと思った理由

高齢化が進む街で、若者を集めるというミッションと共にスタートした当店ですが、はじめは苦労の連続でした。

元々のモールの客層は70〜80代の高齢者の方がほとんど。

オープン当初もガッツリ若者向けのカフェ内装なのに、平均年齢70代という不思議な空間でした。

見た目の良いメニューを作ったり、可愛い食器を入れてもそれをSNSに載せる人はおらず、このままではダメだと思い生まれたのが若者受けするパフェを作ろうという企画でした。

パフェは徐々に認知を広げ、今では遠方から目当てに来ていただけるほどの商品になりましたが、設備の不足により満足な数量の提供ができないという問題が出て来ました。

ガラス食器は消耗品とは良く言ったものの、食器量が足りずに生産数量に限りが出て、せっかく遠くから来て頂いたのに肝心のパフェを提供できず、帰られてしまうお客様も。そして日々ひび割れて廃棄されてゆくグラス達。

せっかく可能性のある商材があるのに、設備問題で商機が限られていることに憤りを覚え、初めてのクラウドファンディングに挑戦してみることにしました!

▼資金の使い道

・クレームブリュレの季節パフェ用のパフェグラスを追加生産する。

・パフェの仕込み量を増やすための冷凍ストッカーを増やす。

▼リターンについて

プロフェクトにご支援を頂いた方には、当店でお使いいただける珈琲チケットと、通常行なっていない予約して召し上がっていただける権利をご用意しています。お得な珈琲チケットがつくプランもご用意しました。

また、食べにいけないけれど遠方から当店を応援して頂けるという方には、ささやかですがマグカップとお皿としおりをお送りさせて頂きます。しおりのみの少額支援もございます。

▼最後に

生まれも育ちも岡山県民でありながら、玉野市に今まであまり縁がなかったのですが、来てみると街並みや空気感がとても良いです。アートの島として有名な直島への玄関口ですので、このプロジェクトを通じて玉野を初めて知ったという方も、ぜひ玉野を感じにお越しいただければ幸いです。 

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください