なぜ働き方や生き方に悩む人が多いの?たぶんそれは「一歩踏み出す術を知らないから」「こうしなきゃいけない」という当たり前に囚われてるから。「多様な働き方と理想のライフスタイルの提供」をテーマに、各業界でユニークな働き方をする「100人」に取材してWebで発信とフォトブックにして教育機関に届けます!

プロジェクト本文

4/26 追記:本のデザインが完成しました!

このプロジェクトを通して取材した方々を本にまとめてリターンとしてお渡しする予定ですが、デザインが上がりました...これだ!

カッコよすぎませんか??イケすぎじゃないですか???

デザインを作ってくれたのは、その圧倒的なセンスで信頼を置く、新井リオくんです!

ウチのブログで取り上げた記事→音楽×英語×デザイン3つのスキルを掛け合わせる学生フリーランス新井リオの「可能性の広げ方」 

 

100人取材して、本作って、多くの人と教育機関に届けます!! 

▼はじめにご挨拶

数あるプロジェクトの中からご覧いただきありがとうございます!
"プロ無職"という肩書きで活動しております、るってぃ(@rutty07z)です。ふざけてはいません。

 

 

ざっくり自己紹介しますと、新卒でアパレルメーカーに入社するのですが、古い慣習にとらわれた体制や人間関係、周りに流されて働く日々に疑問を持ち、10ヶ月で退社。フリーランスとして独立しました。

 

 

それ以来ずっと「多様な働き方とライフスタイルの提供」が活動のテーマとしてありまして、2016年はクラウドファンディングで54万円の支援をいただき、シリコンバレーの起業家やフリーランスを取材。

 

 

2017年は103万円支援をいただき、ヨーロッパを1ヶ月かけて取材してきました。

 

取材を通して感じたことや得た現地の情報を、今の働き方や生き方に悩む若者に向けて発信したり、全国で講演してます。これが僕の仕事のひとつです。

 

※最近はYouTubeでも「フリーランス」や「好きを仕事にする」をテーマに発信してます!

 

「より多くの人に選択肢を与える」ために、ライターさんの協力の元、多様な働き方をするフリーランスやパラレルワーカーを取材してます。 

【会社員は一生安泰ではない】9つの複業を持つHIROに聞くパラレルキャリアという生き方 

 

ベルリン在住フリーランス高田ゲンキ氏に聞く「海外で働く」と「日本との教育の違い」に期待すること

  

「日本最高!移住したいね。でも絶対働きたくない」スウェーデン人が語る日本の労働環境の歪み

▶︎これまでのインタビュー記事はこちらからお読みいただけます。

 

「ただ取材した内容を文字に起こして発信する」だけでなく、

・働き方に悩んでる人に広く届けること
・読んで終わりではなく、読者に考えてもらい次の進むべき一歩を提示すること

を一貫して取材・編集・発信してます。

SNS上での評判もよく、取材を引き受けてくれたインタビュイーさんと太く長い関係を構築できるのも、インタビュー記事の醍醐味です。

ベリルン在住フリーランスWasabiさんに聞いた「海外から情報発信する強みとメリット」

 

 

ただ

 

 

のです!

 

▼プロジェクトをやろうと思った理由

 

現在、インタビューして記事を書いてくれるライターさんに報酬として1万円、撮影をお願いしてるカメラマンさんに5000円、つまり1本あたり15,000円のコストで記事を作ってます。金銭的なリターンは今のところほぼ0円です。

Webメディアって本当にマネタイズまで時間がかかります。こういったインタビュー記事が「お金」とはかなり遠いコンテンツというもの承知してますが、長期的に見た時に大きなリターンがあると信じてますし、これが我々が継続していきたい発信スタイルなんです。もちろんもっと数字にコミットできるようになって、ライターさん・カメラマンさんに依頼するお金を上げていきたい気持ちもあります。

 

「金銭的な理由で継続が難しい...」と言って諦める僕ではありません。お金を理由にやりたいことを諦めたくない人間なので、これまでもそうしてきたように今回もクラウドファンディングを立ち上げた次第です。この「100人取材プロジェクト」を応援してくれる"共犯者"を集めながらも、取材活動を行うための費用を集めます。 

 

これまで1人で海外で取材して発信してきたノウハウを、協力してくるライターさん・カメラマンさんに共有していき、"チーム"として取材を行う予定です。

 

そしてこのプロジェクトで取材した1人1人を取り上げた雑誌風のマガジンを制作し、Webで発信していきます。下記はイメージ図ですが、こんな感じでオシャレにかっこよく。

 

取材で取り上げられる方々もテンションあがりません?(僕だけ?)
そして、このマガジンを見た子供とか学生さんとか「こんなカッコいい大人がいるんだ」ってなりません??

最終的に取材した100人をまとめたフォトブックを作り、Webだけでなく紙媒体としても発信していきます。このクラファンのリターン全てに入ってます。許可いただければできるだけ多くの教育機関や福祉施設に送らせていただこと思ってます。

さらに多言語に翻訳し、海外の学校にも届けようと思ってます。

100人取材した本を、世界にも届ける。

全ての層にこのプロジェクトを届けられるよう、泥臭くやってく予定です。

▼資金の使い道

このクラウドファンディングでの目標金額は150万円。

記事1本あたりの制作コストが約15,000円なので、100人に取材で150万円と設定しました。

そして本気の気持ちと熱意を伝えるためにAll-or-Nothing(目標金額150万円に達成しないと1円ももらえない)で挑戦します。本気です。

▼取材先について

この「100人取材プロジェクト」の取材先は、もう30名ほど(心の中で)決めています。

北海道内で札幌〜函館間約200kmを2拠点で働いてる起業家、千葉で村づくりをビジネスにしてるやつ、体は不自由だけど働いてる人、旅しながらライティングで生計を立ててるライター、学生時代引きこもりだったけど起業した人...

そしていつも通り今年も海外も飛び回る予定なので、"海外で多様な働き方をする日本人"もバンバン取材していきます。文字通り、国内外問わずいきます。

今書いたのはほんの一例ですが、周りには"常識的な働き方からすると"変な肩書きや生き方をしてる人が多いので、取材を通して今悩んでる人たちに一歩踏み出す選択肢を与えれば...と考えてます。

 

またこれは取材するこちら側の話なのですが、あえて取材先は30名ほどしか決めてません。おそらくこのプロジェクトを通して取材させてくれる人の層や幅が大きくなると思ってるからです。最後に取材する90〜100人目くらいの方々は、自分たちの想像の範疇を超えるような人に会えるかもしれません。

そういった良い意味での「不確実性」を楽しもうと。このプロジェクトを通して取材チーム全員がパワーアップできればと思ってます。そして応援してくれる読者のみなさまに有益な情報を還元していきます。

▼リターンについて

運営するオンラインサロン「ヤるサロン」のメンバーと一緒に魅力的なリターンを考えました。ビビっとくるものがあれば、ぜひご支援ください(リターン欄を見てくださいね!)

▼最後に

 

実はこの「100人取材プロジェクト」を通してやりたいと思ってることがあります。それは、取材したインタビュイーさん全員集めて「働き方」をテーマにしたトークイベントを行うこと。

 

もう絶対やばいと思う。多種多様で、自分の生き方を貫いてる日本人を全国・世界各地から集結させるのだから!

今の生き方に悩んでる人のその悩みを潰せると思うし、選択肢と一歩踏み出す勇気を与えると思う。100人もおるから誰か1人は「ビビビッ」と来る人いるでしょ!(単純思考)

 

最近知ったのですが、「関係人口」という言葉があります。

近年の若者は家や車のような「モノ」ではなく「体験」にお金を払う。これは分かりますよね。そして今、「体験」から「関係」にお金を払う方向にシフトしてるそうです。

 

みなさんもこんな経験はありませんか?「友達の○○くんがいるからあのBarに行こう」とか、「○○が作った服だから買おう」ってやつ。

「○○が体験できるから行く(買う)」だけでなく、人間関係が人の行動を決めるというやつです。ネットで情報が全て無料で手に入れることができる時代、価値としていまフォーカスされてるのが「人間関係」です。

お金の価値も急速に変化し、「儲かるからこのビジネスをしよう」から、「あいつとこんなビジネスしたい」に変わりつつある、という考え方です。

インタビューってこの「関係人口」を築くのに最高の方法なんですよね。僕はこのプロジェクトを通して、これから100人の方々との関係人口を築いていきますよ。そしてその人たちとまた面白いプロジェクトやワクワクすることを一緒にしていく未来が見えます。

そして僕だけじゃなく、インタビュイーさんと読者のみなさんも「関係」を築いて欲しいんですよね。我々編集チームはその架け橋になります。

取材を通して生きた情報を届けます。そしてインタビュイーさんと読者さんが繋がって、世の中をワクワクさせてください。面白いことしましょう。

このプロジェクトに共感いただけましたら、ご支援のほどよろしくお願いします!!!

動画でも熱く語ってるので、よければ見てください。

 

 

Photo by Takumi YANOトウユウジ

 

  • 活動報告

    本日がクラファン最終日です。

    2018/04/28

    こんにちは、るってぃです。   1ヶ月に及ぶクラウドファンディングが、ついに本日が最終日になります。 目標金額の150万円を超え、ついに200万…

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください