"私たちのプロジェクトは、始まったばかり。これからバドミントンをもっと、みんなのスポーツにします。" 流通の仕組みを変え、インターネットでの販売などを駆使して皆さんとより密接につながり、作る側と使う側の関係を変え、気持ち的にも、価格的にも、ご満足いただけるようにしていきます。

プロジェクト本文

▼はじめにご挨拶

コンポジットテクノ株式会社の町田と申します。

 

まずは、このページを閲覧頂きありがとうございます。

 

私は十数年にわたり、バドミントンラケットブランドでラケットの商品企画を手掛けてまいりました。

 

非常にマニアックな市場ではありますが、昨今の日本選手の活躍により、ようやく注目されるようになって来たのではと感じております。

 

しかしマニアックな市場ゆえに、大手メーカーが独占し、市場価格、商流等もその意思のままコントロールされていると個人的に考えておりました。

大手メーカーは、多くの社員を抱えていますし、莫大な宣伝広告費用、販売促進費用、契約選手への費用が必要となります。さらに既存の商流に、一定のマージンを落とすことも計算の上、最終製品の価格を決定しております。

 

そうしたロジックの中で、大手メーカーが市場をささえ、業界を牽引していることは周知の事実ですが、彼らができない、もっと身近に、もっと気楽にバドミントンを楽しむ人を増やすことが、我々にできないかということで本プロジェクトを立ち上げました。

 

具体的に申しますと、そうした通常大手メーカーが負担する商品以外のコストをすべて差っ引いて、商品そのもののお値段に我々が最低限運営できる利益を頂戴した価格で、お客様に提供しようと考えております。

 

 

 

▼このプロジェクトで実現したいこと

 

「価格」の面では、実はバドミントンラケットも同じカーボンを使用した商品でも数千円のものから数万円のものまでございます。

 

1万円以下の安価でご提案できるもののほとんどが、カーボンとして低品質なもの(中国、台湾製のカーボンシート)、保証基準が明確でないもの、PL保険非加入の商品(製品安全協会SGマークがないもの)、日本バドミントン協会非認可の商品となっております。

 

私たちは、これらの商品品質に関わるポイントはすべて高価格帯商品と変わらない、むしろそれ以上の付加価値を持った商品を、商品以外にかかるコストを徹底的に見直し、安価で提供することを実現しました。

 

上代20,000円のラケットが「常に20%オフ」であったり、「特価で半額」のような広告を見ますが、我々の商品は基本的に定価設定から割引は行いません。

 

 

商品へのこだわりポイント

①日本製カーボンシート(東レ株式会社 TORAYCA使用)

②日本製シャフト(自社大分工場生産)

③最先端素材の使用

→4軸SOF(自社大分工場にて加工)

→超高弾性60Tカーボン使用(日本グラファイトファイバー製)

④製品安全協会認可工場にて生産(SGマーク)

⑤日本バドミントン協会検定合格品

⑥ご購入から6か月間の保証

 

▼プロジェクトをやろうと思った理由

上記に記載

▼これまでの活動

コンポジットテクノでは、カーボン素材を活かす最先端の技術をゴルフシャフトに反映させ、高い評価を得て参りました。そしてその信頼の技術をさらに活かすために選んだスポーツが、バドミントンです。より多くの人が楽しめるこのスポーツを通して、私たちのカーボン技術がより多くの人々の心と体の健康に役立つこと。それが私たちの使命だと思います。

 

▼資金の使い道

商流として店舗を通さず、ユーザーダイレクトの販売とするため、どうしても手に取って使って頂くという機会が少ないのが現状です。

 

このような状況を打破するために、資金援助を頂き、「試打サービスの充実」(サンプルラケットの往復運賃)、「試打ラケットのストリンギングサービス」(市場で一番流通しているガットとその張上げ費用)をご援助頂きたく思っております。

 

こうしたご援助のもと、たくさんの方にラケットを試して頂き、安価で高品質なラケットが市場に流通すればと考えております。

▼リターンについて

当初は利益度外視で、まずは使用して頂き、商品の良さを知ってもらい、弊社のブランドとしての価値を向上させ、さらに工場の生産効率をあげることが目標としております。

 

したがって発売3機種の商品にさらに同スペックの限定未塗装商品(ブラックモデル)をプレゼントとして差し上げます。未塗装品は非常にレアなので、保管頂いても良いですし、もちろん性能としては本製品と変わりませんので練習用に使用して頂いても構いません。

 

 

▼最後に

我々はラケットに特化したブランドです。アパレル、シューズ、その他の商品は取り扱いません。理由は他社比較し本当に自信のあるジャンルで、価値のある商品しか取り扱わないというポリシーがあるからです。

 

多くの人が、良いものを適正な価格で手に入れることを実現させ、そこで出た余裕は、また豊かな生活の為に使って頂く、そんな企業を目指しています。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください