新時代の新スペース、リアルコミュニケーションスナックとして渋谷で成功したハイパースナックの2号店を日本一の街、聖地銀座に出店したいと思います!「人」と「出会い」をテーマにした新しくて懐かしいお店、主役は勿論お客様です!お客様同士のコミュニケーションが毎夜花を咲かせる素敵な場所作りをしたいと思います!

プロジェクト本文

 

■ ご挨拶 ■

はじめまして!わたくしSAZANAMI(本名 町田 博雅)といいます!

DJ SAZANAMIとして90年代より東京都内を中心にDJ活動を続けてきました(渋谷の老舗 THE ROOMにて12年マンスリーレギュラーDJを務め上げ、代官山 旧Airや青山Zero、新宿二丁目旧ArcH各所でレギュラーを勤め、現在は青山Tunnelなどでプレイ中)。

2006年より渋谷は道玄坂にて「時代の先駆けとなる刺激的で面白い場所(スペース)作り」をテーマにDJ BAR「BAR SAZANAMI」を開店させ、以降2000年代の渋谷 DJ BARムーブメント、パーティーシーン、アンダーグラウンドカルチャー、バーカルチャーのパイオニア的存在となり、多くのDJやアーティストを輩出してきました。

2016年、キャンプファイヤーのクラウドファンディングにチャレンジ、¥1,697,000の資金調達に成功し「ハイパースナックサザナミ」をオープン、ハイパースナックサザナミはマスコミ(日経MJ、東京新聞等)やネットニュース等でとりあげられ渋谷でも有数の人気店に成長、現在も話題のお店として繁盛しておりスナックブームの火付け役的なお店として広く知られております。


前回ハイパースナックサザナミ(渋谷)クラウドファンディングプロジェクト

ハイパースナックサザナミHP

スナックナビ ハイパースナックサザナミ(渋谷)

東京新聞に掲載


現在、ハイパースナック2号店出店、新時代にマッチングした新しい空間づくり、今までになかった飲食店等の企画出店を目指し奔走中です。

21世紀インターネット時代、人と人のコミュニケーションが希薄と言われがちなこんな時代だからこそ生の「人」と「人」をリアルな世界でつなげるスペース作り(リアルコミュニケーションコミュニティー)を、東京で一番、日本で一番の街、「聖地」銀座にて実現させたいと考えております!


〈この場をお借りして…〉
2016年のハイパースナックサザナミ(渋谷)の出店クラウドファンディングに支援して頂いた多くの皆さま、誠にありがとうございました。
お陰様でハイパースナックスナックサザナミ(渋谷)は渋谷でも話題のお店になり、繁盛店に成長致しました。
多くの皆さまから愛され、お店は今も進化を続けております。
毎夜様々な「出会い」があり、様々なコラボレートが生まれております。
これもひとえに皆様方のご支援があったからこそです。
皆さまのご支援・お気持ちを無駄にせぬよう、これからも日々精進していきたいと思います。
今後とも何卒宜しくお願い致します。


〈知っていましたか?今スナックがすごいブームになっています〉

あのホリエモンもスナック推し

スナック女子、急増中!

東洋経済オンラインもスナック特集

スナックブームは全国的に広まっています

現在平成のスナックブームが到来しています。
面白い人は皆スナックに集まって飲んでいます。
バーよりカジュアル、クラブほど疲れず、程よく知らない人達ともコミュニケーションがとれて気持ちよく酔えるスペース、今やスナックは新しいスペースとして大注目されています。
昔ながらのクラシカルなスナックもさることながら、新しい世代のスナックが元気よく活気づいています。
みんな欲していたスナックという懐かしくも新しいスペース、このムーブメントに乗らない手はありませんよ!
「時代はスナック!」

 

 

● このプロジェクトで実現したいこと ●


「人」と「出会い」が影響し合い未来をつくる、そんな「場」(コミュニケーションコミニュティ)を日本で一番の街、聖地「銀座」に作りたいと思います!

職場や学生時代からの友人以外で大人になってからの友達っていったい何人いますか?
大人になってからの友達作りというのは意外と難しいものです。
学生時代や職場といったある種コミュニケーションを取らなければいけない環境下にあっては自然と友達というのはできるものですが、大人になって職場や学生時代からの友人のコミニュティから離れて考えると純粋に友達と言える仲の人って意外と0人という人も多いのではないでしょうか?

インターネット全盛の時代ですのでSNSやチャット、ゲームの中で誰かと知り合うという機会もあるかと思います、結局、インターネット技術が発展し誰とも関わらずとも過ごせるような時代になった現代においても人間は誰か他者と関わりあい、「出会う」ことを求めているのです。

しかし、それらバーチャルの「出会い」が発展し「リアル」な仲になるかというと、なかなかうまくいかない事が多いのは、なぜでしょうか?
やはり顔の見えにくい相手とはコミュニケーションの純度が薄くなるのは当然で、それらが影響し合いバーチャルの「出会い」がリアルな「友達」には発展しにくい事はあるかと思われます。
このサイトで資金集めをする際も実際の顔写真を載せた方が有効なように、人はやはり生身の人間の顔が見えてこそ、初めて信用を置きます。

そこで、こういう時代だからこそ、リアルなスペースで元々知らなかった者同士が出会い、お互い顔を合わせて、友達になっていく機会を増やせたらいいのでは?そういう新しい時代の新しいスペースを作れればと考えました。

元々、私は渋谷の道玄坂でBARを10年やっていましたのでリアルなスペースの可能性については充分に感じていました。
街にあるリアルなスペースを軸に何か新時代の面白い波を起こす手伝いはできないものか?と考えていました。

「人」と「出会い」をテーマにした、大人になってからの友達作りができる新スペースを作りたい。

そうして、その考えのもとに2016年にオープンさせたのがハイパースナックサザナミ(渋谷)でした。

常連さんは場所柄、音楽関係、Webクリエイターやデザイナーさん、カメラマンさんや芸能関係、作家さんに映画監督、テレビ、広告代理店関係と「何か」を作る、産み出す人たちが多く、常に「何か」が生まれるサロン的雰囲気で盛り上がっております。
加えて私自身がクラブDJを長く続けているのでクラブに遊びにいく音楽が好きな人、パーティー好き、自由で面白いことが好きな人、そういった素敵な人たちが集まります。
そういった方たちと新しいお客さんたちが混じりあい、出会い、面白い化学反応が起きて、実際に仕事につながってプロジェクトが成功したり、アーティスト同士、クリエイター同士のコラボレートで作品が出来上がったり、大きな「未来」に影響し合った「出会い」が溢れております。

人が出会い、コラボレーションするということで「未来」や「街」「遊び方」が変わる、そういう可能性がリアルなスペースにはあると思います。
勿論、ただの飲み友達としてお互いの状況や悩みを相談したり、違う業界の人に話すことで自分の中のモヤっとした何かを消化できる、そういう事もあるかもしれません。
人がコミュニケーションし影響しあい、何かのヒントを得たり、自分の位置を再確認できたりすることは素晴らしいことですし、リアルなスペースで顔を見合ってコミュニケーションするからならではのこととも言えます。

渋谷のアフター5、気軽に行ける友達の部屋のような、或いは学生時代の部室のような、みんなが集まって楽しく語り、飲み合える「スペース」作りという当初目指していた場所づくりにハイパースナックサザナミ(渋谷)は成功し、今も進化し続けています。
みんなどこかでそういうスペースを求めているのに、なかなか現実的には無かったですよね。

例えばテレビドラマや映画に出てくるような、みんなが溜まれるような「溜まり場」、そういうのあるといいのにな、って思ってる人は沢山いると思います。
しかし、なかなかそういう場自体無かったりしますし、元々あったとしても知らないコミニュティに入っていくのは不安もあるし、気を使う部分もあると思います。なので最初から知らない「人」と「出会う」をテーマにしたお店をやってみたら面白いし参加し易いのでは?と考えました。

そんな渋谷で成功事例のあるハイパースナックの2号店を今度は、日本一の街である「聖地」銀座に出したい、と考えております。

アフター5、溜まれる大人の部室、新時代の新スペース、いつもの行きつけ、そんな「場」を日本一の街「聖地」銀座にあなたも持ちませんか?

「人」と「出会い」がテーマのハイパースナックサザナミを銀座に!


 

■ 銀座出店!その理由 ■

・銀座という街
銀座は皆さんも御存知の通り、日本で一番の街です、各地方に「〜銀座」という地名や呼び名がつくくらい銀座は特別な街です。江戸時代、銀を鋳造する「座」があったことに街の名の由来があります。また日本で一番地価の高い街としても知られており、飲食店を経営する人にとっては必ず一度は出店したいという夢の街「聖地」でもあります。
銀座は幾つもの顔を持ち合わせています、歌舞伎座や数多ある映画館、画廊に代表される文化的な側面、古い老舗の料理屋等の食の文化的側面、多くの企業がその本社籍を置く経済的側面、海外の有名ブランドの旗艦店や時代の最先端をいく百貨店や商業施設があるファッション的側面、華やかな夜の世界が今も色濃く残る夜の街としての側面。こんなに狭い地域に数え切れない顔(側面)を持つ街もなかなか珍しいのではないでしょうか?それだけこの街には「魅力」があり、多くの人が流入し、また多くの「可能性」を秘めた街とも言えます。

・銀座の今
明治以降、また関東大震災以降の都市計画で近代的な街へ変化し、「銀ブラ」や「モボ(モダンボーイ)」「モガ(モダンガール)」等時代を代表する言葉を生みだした街も昭和後期、平成前期の夜の街としての銀座絶頂期をピークに変容していっています。ここ数年で今までの銀座にはなかったような激安チェーン店や今までの銀座には似合わないようなお店が続々とできています。コリドー街などは今やその勢いはすさまじく、今までの古い銀座と比べるとまったく違う雰囲気の街へと変わりつつあります。安価で若者向けのお店が多くなった印象はあります。それが良いことなのか悪いことなのかという議論は置いといて、明らかに昭和の雰囲気を残す「古き良き銀座」は失われつつあります。
古き良き銀座が大切にしていたことがあるように思います、それは「人」です、「人」を大切にしてきたことだと思います。遊びに来る「人」を大切にし、「人」がもたらす「出会い」を大切にし、働く「人」を大切にし、そこから生まれる「縁」を重んじていた。大型チェーン店が出来ないような密な「人」と「人」との結びつきや縁を大切にした、奥ゆかしい古き良き銀座の雰囲気、これはもはや昭和遺産と言われるようなものかもしれませんが、今の時代、逆に必要とされていることなのかもしれません。

・私が銀座でやりたいこと、なぜ銀座なのか?
私が銀座に強く感じている魅力は「古き良き銀座」が大切にしていた部分です。「人」と「出会い(縁)」を大切にした温かい雰囲気を持った街の顔です。古き良き銀座の良い部分を踏襲しながらも今という時代にマッチングした新しいスペース作り、それこそが私が銀座でやるべきことなのでは、と思っています。
今回、銀座出店の計画が持ち上がり、実地調査も含め数回古き良き銀座のスタイルを貫くお店を巡りましたが、隣り合った見ず知らずのお客さんと名刺交換する頻度は渋谷の2倍、その名刺交換した次の日に交換した相手からご挨拶のメールが来るのは9割でした、この確率はかなり高いです、今まで何度も異業種交流会などに出席したこともありますが、中途半端な異業種交流会よりコネクションが広がる可能性を持っている街だと感じました。
それだけ銀座という街(古き良き銀座)は「人」を大切にし、その縁から始まるストーリーに非常に価値のある街なんだと気が付きました。
「人」と「人」がつながり街を彩っていく、これは本来の街の形成にとって重要なことでした。それが街の近現代化によって失われいつの間にか他人との関わり合いを避ける、希薄でつまらない街を形成するようになっていったのです、日本の街のほとんどが今このつまらない状態です。しかし、銀座、特に古き良き銀座を守っている所ではまだ人の温もりが残っていて、それが街に影響を与えている姿が垣間見れます。これは非常に素晴らしいことです、「遺産」レベルで守るべきスタイルだと思います。
この「遺産」レベルのスタイルをこのまま放置し、やがては絶滅させてしまうようではあまりに勿体無いではありませんか?私はこの古き良き銀座の「遺産」レベルのスタイルこそこれからの時代に必要な「知」ではないかと考えました、この「知」を受け継ぎ次の世代に伝えることにより「未来」を少しでも良い方向に変化できたら、そういう変化を起こせる「出会い(縁)」を演出できたら、とっても素敵ですよね?
私がやりたいのは、そういう「素敵」なことです!

 

 

■システム・料金、ママさんについて etc■

気軽に行ける「1000円スナック」


今までのスナックにおいて入りづらい理由としてあげられるのが、その料金システムです。だいたいのお店が料金が不透明なため一見さんが入りにくいという部分が多分にあったと思います。

しかし、ハイパースナックサザナミはカバーチャージが1000円でワンドリンク付いてくるという明瞭な設定になっております。二杯目、三杯目はバーと同じように飲む分ごとの料金になっており実にシンプルです(予想客単価4000円〜となっております)。

1000円でお試しでお店に遊びに来る事ができます、気に入って頂ければ二杯、三杯と飲み進んで頂ければ嬉しいです。
銀座店では銀座という街に合わせたハイグレードなお酒を揃えたいと思っております。
ウィスキーからワイン、こだわりの良いお酒を揃えて銀座という街に合った一流の「酔い」を提供できればと思います。
また通常のスナックにはないカクテルにも力を入れていきます、現在のハイパースナックサザナミ(渋谷店)のお客さんの3割から4割は女性のお客様です、そんな女性のお客様に喜んで頂けるようなオシャレなカクテルもメニューとして提供させて頂きたいと考えております。


ママさんについて

ハイパースナックサザナミ(渋谷)では現在日替わりのママさんがいます。お酒の場を盛り上げる「花」として各曜日のママさん大活躍中です。銀座店も勿論日替わりママさんを置きたいと考えております。
ハイパースナックは風営店ではないのでお客さんの煙草に火をつける、お酌する等の接待営業は致しません、ご注意意ください。

またママさんはあくまでお酒の場を盛り上げるためのスタッフです、必要以上のサービスや乾杯の強要、ママさんが嫌がる行為はご遠慮ください、秩序を守れない方は入店をお断りさせて頂く場合がございます、ご理解ご協力を何卒宜しくお願い致します。

★現在、ハイパースナックサザナミ銀座店、渋谷店共にでママさんをやってみたいという方募集中です!お酒好きな方、お喋り好きな方、面白いスペースに興味ある方、サブカル・音楽・映画・アート・文学系がお好きな方(きっと合うと思います)、ご興味のある方は下記までご連絡頂ければと思います。
ママさんやりたい方はこちら!

ハイパースナックサザナミのママさんたち↓


スケジュール
現在、物件獲得、既存店の調整等進めております。
6月中旬以降を目処に銀座店オープン予定となっております。


お客様の層

予想されるお客様の層は20代〜40代の若い世代、新しい遊び場、新しい空間、新しい出会いを求めてる、センスの良い好奇心旺盛な人たち。

「出会い」と一言で言ってしまうと「出会い系」や「出会い〜」という男女の出会いをテーマにしたものと勘違いされますが、当店のやろうとしていることは、そういう事ではなく、大人になってからの「友達」という部分です、誤解されないようにご注意ください(勿論、男女の友達関係から恋人関係に発展したりするプライベートの部分にまでは口出しをするつもりはありません)。

純粋な「友達」という部分に焦点をあてたいのでネットワークビジネス、宗教等の勧誘に本スペースを利用するのはご遠慮ください(個人が何を信じているか、推奨しているかは自由ですが、そういった部分を他人に勧めたり、強要する空間ではないのでご注意ください)。

また銀座ビギナーの方も大歓迎です、むしろ当店を入門として古き良き銀座、新しくて懐かしい街を楽しんで頂けたらと思います。
「銀座は遊んだことない」という方意外に多いですよね、私自身今まで銀座で遊ぶことはそう多くありませんでした。しかし、銀座には面白いお店、意外に知られていないお店が多いのです、当店を起点として銀座という街を楽しんで頂けたらとても嬉しいです。

大人になってからの友達づくりをぜひ「銀座」でしませんか?

 

 
● 物件について ●

銀座8−5−19にある物件、29㎡、地下一階、造作は昭和後期のテイストが残る懐かしくも新しい雰囲気です。

リクルートビルの真裏に位置する当物件は新橋駅(地下鉄)から徒歩3分、今話題のコリドー街までも歩いて5分弱、銀座4丁目の銀座駅がある交差点までも歩いて6分〜7分程度、と大変良い立地です。

銀座だけならず新橋方面からの集客やコリドー街などを中心とした若い世代のお客様も寄りやすく、銀座初心者の人もまずはここから入門スタート、という意味ではとても良い物件となっております。

 


■ 資金の使い道 ■

〜実際にかかる費用〜
物件獲得費
(保証金2,000,000円、礼金360,000円、仲介手数料360,000円、情報提供料180,000円、造作譲渡料1,000,000円、クリーニングや保険等・手数料180,000円)
4,080,000円

店舗改装費(造作一部補修、入口扉補修、ピクチャーレール設置、各所修理、トイレタンク補修、湯沸かし器修理)概算
300,000円

店舗家具類(ベンチソファー、ロースツール4つ、ローテーブル3つ、カウンターチェアー10脚)概算
450,000円 

店舗器具・その他(大型50インチ〜55インチTV、TV専用棚、iPad、ハンガーかけ、電飾等、音響機器等)概算
400,000円

合計 5,230,000 円

ですが、今回は 1,500,000円を目標額とさせて頂きます。
前回クラウドファンディングにチャレンジさせて頂いた時の目標金額が1,000,000円だったので前回より少し頑張って、上を目指したいという気持ちで設定させて頂きました。


目標額 1,500,000円です!
〈〈 もし達成率が200%や300%になった場合、支援者の方々に何かの形で還元させて頂きます 〉〉



●リターンについて●


3,000円:「ハイパースナックサザナミ」ステッカー2枚、チャージ初回来店時フリー&1杯(900円分)サービス、限定1000組(銀座店・渋谷店利用可)*物品は店舗での受け渡しが基本ですが、お送りすることも可能です(送料はお客様負担になります、希望の方はメール頂ければと思います)


4,000円:「ハイパースナックスナックサザナミ 銀座」オリジナルグラス、チャージ初回来店時フリー&1杯(900円分)サービス、限定200個(銀座店のみ)*物品は店舗での受け渡しが基本ですが、お送りすることも可能です(送料はお客様負担になります、希望の方はメール頂ければと思います)


5,000円:焼酎ボトル(キンミヤ等、銀座店5,000円相当)、チャージ初回来店時フリー(銀座店・渋谷店利用可)*ボトルキープは口開けから3ヶ月となります


8,000円:10杯分(1杯900円分)ドリンクチケット(使い終わるまではチャージフリー、銀座店・渋谷店利用可)


10,000円:焼酎ボトル(キンミヤ等、銀座店5,000円相当)・ウィスキーボトル(ジェイムソン等、銀座店7,000円相当)、チャージ初回来店時フリー(銀座店・渋谷店利用可)*ボトルキープは口開けから3ヶ月となります


12,000円:シャンパン1本(マム等、銀座店13,000円相当)、チャージ初回来店時フリー(銀座店・渋谷店利用可)


23,000円:シャンパン1本(マム等、銀座店13,000円相当)、焼酎ボトル(キンミヤ等、銀座店5,000円相当)・ウィスキーボトル(ジェイムソン等、銀座店7,000円相当)、チャージ初回来店時フリー(銀座店・渋谷店利用可)*ボトルキープは口開けから3ヶ月となります

 
35,000円:ジョニーウォーカーブラック5本(銀座店40,000円相当)、限定10組(銀座店のみ) *ボトルキープは口開けから3ヶ月となります


35,000円:シャンパンマム3本(銀座店39,000円相当)、限定10組(銀座店のみ)


60,000円:1日ママさん・パパさん体験(金曜日曜以外)、貸し切りではなく通常営業、シャンパン2本(マム等)、ウィスキーボトル(ジョニ黒等)1本、限定8組(銀座店のみ)*ボトルキープは口開けから3ヶ月となります


140,000円:1日ママさん・パパさん体験、20名様のお客様まで貸し切り飲み放題5時間(お客様の飲み放題料金込み、シャンパン2本付き、金曜日曜以外)、限定4組(銀座店のみ) 


500,000円:銀座店、渋谷店どちらかお好きな方1年間飲み放題(シャンパン等は含まず、ご本人が飲む分だけ)、サブオーナーとして店内にお名前を書き入れさせて頂きます、限定3組


700,000円:銀座店、渋谷店2店舗どちらとも1年間飲み放題(シャンパン等は含まず、ご本人が飲む分だけ)、サブオーナーとして店内にお名前を書き入れさせて頂きます、限定2組


1,000,000円:名誉オーナー、銀座店、渋谷店2店舗どちらとも1年間飲み放題(シャンパン含む、シャンパン1日1本までお連れの方に振る舞いOK、その他のドリンクはご本人が飲む分だけ)、オーナーとして写真お名前を店内に飾らさせて頂きます、オーナーを自称して頂いて結構です、これであなたも夢のスナックオーナーです(有効期間1年)、限定1組  *名誉オーナーとなります、経営権等は付随しません

*全てのリターンの引き渡し有効期限は2019年6月末迄とさせて頂きます

 


■最後に■

2016年に初めてクラウドファンディングに取り組みました。
クラウドファンディングを初めて知った時は新手の「ネット乞食」「物乞い」「詐欺まがいのあやしい資金集め」程度の認識だったのですが、成功しているクラウドファンディングのプロジェクトを勉強すれば勉強するほど、自分の認識違いが恥ずかしく思いました。

成功してるクラウドファンディングのリターンはどれもこれも魅力的で支援する人も、そのリターンを楽しみにしていたり、クラウドファンディングで何かを「起こそう」としている人の思考や方法論、考えに賛同する人の「想い」の結晶が成功を導いているように思えます。
この図式は店頭公開している株式会社の株を買うのと似ています、株を買うと優待や自分にとって得と思われることが得られます。クラウドファンディングの場合はもっと具体的に「こんなことがやりたい」が明確であり、そのサイズも色々です。より独創的なビジネスや発明品であったり、或いは「人」に対して投資するという今までになかった図式まで見えます。これは新しい時代の新しい資金調達の方法であり、より「何かをやりたい」人の夢を叶える新しい手段と断言できます。

私のやっている飲食という業界で限定すれば、今まで金融機関や公庫などから借入をする、もしくは自分で貯めた資金で起業するというのが一般的な方法だったのですが、日本の不動産システムやそれを取り巻く環境を加味すると店舗物件を借り、さらに工事まで入れると莫大な費用がかかってしまい、初年度からはマイナススタートというのが常識でした。
そして多くの飲食店が物件に対して釣り合わない地価を基準にした賃料に苦しめられ、利益を出すことができず、また開店にかかった借金に苦しめられて潰れていくのです。

現在開店してから一年以内に潰れる飲食店は40%弱と言われています、また利益を追わなくていいお店、例えば税金対策や趣味でやっているお店が10%、と考えるとまともにやっている一年以内のお店は約50%程度でそのうちの半分以上が借金をして初年度から利益を上げることなく3年、5年以内で潰れるお店がほとんどです。10年以上続けられる大手資本の入っていないお店はわずか10%にも満たないのです。

潰れていったお店にはいわゆる「銘店」も含まれているのです。美味しくてサービスもよく、雰囲気もよいお店が意とも簡単に潰れていくのです、お客さんがある程度ついていても、メディアに取り上げられたようなお店でも潰れます、特に東京の人気エリア(渋谷、新宿、六本木、銀座等)は移り変わりが激しいです。

日本の不動産システムや価値に合っていない賃料設定について異論を唱えたところ何も変わりません、でもこのまま手をこまねいているのも嫌だと思っていた頃クラウドファンディングを知りました。
価値のあるお店をやろうとしている人にとってクラウドファンディングは本当に良いシステムだと思います。例えば本当に美味しい他にない「何か」を提供することができる、他の店にはないサービスを提供できる、今までになかったような業態ができる、新しい時代に合った新しい「何か」ができる、そんなお店をやるならクラウドファンディングは最高じゃないでしょうか?
新しい時代の新しい資金調達方法で新しいビジネス(お店)をする、これは平成から次の時代へシフトしようとしている「今」に見合ったやり方だと思います。

二年前、この新しい方法で資金集めをさせて頂いた結果、借金返済や設備投資にかかる費用を抑えられ初年度から黒字経営をさせて頂いております、普通の飲食店ではありえないことです。
「ハイパースナックサザナミ」は渋谷という激戦区で繁盛店に成長し、おかげ様で大手メディアにも載り、問い合わせも急増中です。

支援して頂いた方々には本当に感謝の言葉しかありません。
ありがとうございました!

そして今、新しいチャレンジに踏み出します!
「ハイパースナックサザナミ 銀座2号店」です!
今回は前回ほど時間的余裕がありません、物件を新たに獲得したので費用も莫大です。
決して楽なチャレンジではありません、自分一人では到底無理なチャレンジです。

正直に言います、私のやりたいお店、銀座という土地、また新しい業態であるハイパースナックという思考に賛同頂ける方達の「お力」を借りたいと思っております。
甘えと思われるかもしれませんが、皆さまの「お力」が必要です。
勿論、考え方は様々ですのでご賛同頂けない方のご協力無理強いは致しません。
「ハイパースナック」というお店の在り方、思考、新しい業態に少しでもご賛同頂けたら、ぜひ「お力」を借りたいと思っております。
勿論、直接支援でなくとも構いません、このプロジェクトページや「ハイパースナックがどうやらクラウドファンディングやっているよ」ということを拡散して頂いたり、シェア、RTして頂けるだけでもありがたいです。

本当に「お願い」になってしまいますが、リターンもリーズナブルかつお得なものから大きな単位ではありますが「価値」あるものをご用意致しました。
もし、私のやろうとしている「ハイパースナックサザナミ」にご賛同頂けたら、ぜひとも支援者(パトロン)になって頂けないでしょうか?

説明やもっと詳しく聞きたいという方がいらっしゃれば、遠慮なくお問い合わせください、何度でもご説明させて頂きます。

皆さまの「お力」を不肖私、SAZANAMI(町田博雅)にお借し下さい!!!

ぜひ!ぜひとも!!よろしくお願い致します!!!

 

 

■ハイパースナックサザナミは沢山のお客様に支えられております■

ハイパースナックサザナミは多くのお客様に支えられております、改めて皆さまに感謝しております。
この状態に甘んじることなく日々精進して、よりよいお店作りをしていきたいと考えております!
皆さま、今後とも宜しくお願い致します!

  • 活動報告

    目標達成〜〜がしかし!!!!

    2018/05/20

    おかげさまで150万達成!!!! 多くのパトロン様に感謝です!!!! がしかし、まだまだ戦いは終わりません、目指せ200%です! もし200%いったあかつきには銀…

  • 活動報告

    許認可はこちら

    2018/05/15

    今回のハイパースナックサザナミ銀座店の許認可はこちらの先生方にお願いします。 風営法問題勃発時に最初から共に動いていた斎藤弁護士、そして同事務所の…

  • 活動報告

    「銀座オープンまで」⑤〈背中を押してくれる強いチカラ〉

    2018/05/14

    「銀座オープンまで」⑤〈背中を押してくれる強いチカラ〉 

「俺もう38だよ、いい加減奢らせてよ母さん」 
とある百貨店の飲食フロアにある鰻屋はいつも母…

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください