多くのメーカーからリリースされている普通のボードならkidsボードのspec。 安定感と操作性、ミドルカービングターンができる上に切れとグリップ力もある。全ての要素を「極短129cm」の中に入れる事はロッカーとキャンバーの上がり、距離、位置、有効エッジ長、サイドカーブの半径、全てに無駄のない設計。

プロジェクト本文

ブランドプロフィール↓

 

 


MofM_
ブランド名の由来は、常に進化を求め、「感性、感覚、雰囲気」 で生きる人種を意味している。
その時、その瞬間で感じるものを、 独自のライフスタイルからくる思考で造形、 具現化していくことをコンセプトとしている。            
The brand is devoted to people who value sensitivity, feeling and mood in lives and who always seek evolution. 
The concept is to embody momentary sense of one-of-a-kind lifestyle.

 

 

 

 

 

mountain of moods_

本拠地を東京代官山から谷川岳麓、 群馬県みなかみ町山中に移転後、2015AWよりスタート。 高機能素材を使用したOutdoorライン。
機能素材を軸に、谷川岳、武尊山をベースに夏山、 雪山で十分にフィールドテストを行いデザインしている本格レーベ ル。  
A new sport forward line with high technology materials and refined design details started from 2015AW.
Original 3L fabric is mainly used for maximum performance and functions. From mountains to city streets, all styles offer functional features and cutting-edge looks.  
    

  

ディレクター福山 正和_プロフィール↓
1999年・2000年 JSBA中部地区大会優勝
1999年・2000 JSBA全日本選手権優勝
2001年度スノーボード国際大会X-TRAIL JAM in 東京ドームクウォーターパイプ日本人招待選手21人中1位 ・BigAir2位・決勝進出
などの好成績を残し、NIKE、TIME-X、 DCSHOECOUSA等10社との契約を結びトップスノーボー ドライダーとして10年間活躍。
同時期にメンズノンノ、スマート、 ポパイなどモデルとしてファッション誌を中心に活躍後、 独学で洋服を学びMofM(man of moods)を立ち上げる。 
20013年デザイン・活動拠点を東京/ 代官山から群馬県みなかみ市へ移し、自身の作るMofMのアクテ ィブライン「Mountain of Moods(マウンテンオブ ムーズ)」の試作・フィールドテストを行い、 洋服としての美しさと共に機能性の充実と真実を加える。
研ぎ澄まされた精神は、すぐ身近にある山や川とも対話し、 フィールドテストとともに、 自身が確立したエクストリームフィッシングもフィッシング業界か らも注目される。
2016年4月megabass社との正式プロ契約を結び、 渓流プロフィッシャーとして活動の場を更に広げる。
 

山・川・光・雪など、自然を題材とした映像やディレクションや、 自身のバックグラウンドを踏襲した活動が各界からフックアップさ れ、2017年12月ライフスタイルクリエイターとして銘打つ。

プロジェクト概要

一般男性の高速ライディングができるボードで全長が129cmと言う過去に例の無い長さのコンセプトボードの商品化に向けて。

「設計について」

現在多くのメーカーからリリースされている普通のボードならkidsボードのspecであります。

安定感と操作性、ミドルカービングターンができる上に切れとグリップ力があり、全ての要素を「極短129cm」の中に入れる事はロッカーとキャンバーの上がり、距離、位置、有効エッジの長さ、サイドカーブの半径、全てにおいて無駄を最大限無くす設計。

この短さで一般男性の高速ライディングに耐えうる強度も兼ね備える必要性もある。
軽さ・耐久性・強度を兼ね備えフィーリングの乗り味を継承しつつ100%woodの芯材を採用する前提にて、
研究を重ねプレスして一度固めてからカーボンも特定箇所には使用。

129cmでパウダーから圧雪カービングもこなすULスペック&129cmによる極短ショートレングス里山クロスカントリーモデル__小よく大を制す小さな巨人。

 


「軽量&滑走フィーリング」
SOLE材やエッジは軽くする事ができないのでグラスファーバーの選別に入る。
上記でも説明していますが、軽量かつ強度と言えばカーボンを思い浮かべる、だがカーボンと一言で済む問題ではなくカーボンは素材であって、編み込みや積層、使用する量と、成形方法が様々にある。その中から129のコンセプトに合う物を研究採用しています。
SIDEWALLには極力雪面とのフィーリングを良くしたいのでバンブーを採用。
しなやかな繊維なので微振動の吸収、圧雪では雪面に張り付くようなねばりが最高のフィーリング。
軽量、強さ、取り回し抜群の軽快さを体現することが可能です。

 

*ソール素材_ISO SPEED GRAPHITE 7200
*芯材_バンブー&ポプラ&桐&カーボン
*特徴_反発と粘りと強さ&軽さ&軽快さ

スペック
*ウエスト_256mm
*SIDE CARVE_Rear R.7040mm & Front R.9540mm
*ノーズ幅_298mm
*テール幅_274mm
*ウエスト幅_256mm

 

 

 

 

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください