数あるプロジェクトの中からこのページをご覧いただきまして、ありがとうございます。青森県青森市にある『陸奥護国寺』の住職、堤景瑞と申します。

陸奥護国寺は温泉で有名な青森市浅虫にある高野山真言宗の密教寺院でございます。飾りっけも無ければ大きなお寺でもございませんが、「お陰とご縁」を大切に思いやりのあるお寺を目指し、心から法務に勤しんでおります。

自然に恵まれた環境の中で、空と海・緑の中から生命の息吹を感じ、一息つく癒しの空間として、また安らぐ拠所として、皆様の身近なお寺であり続けたいと心から願っています。


【~十方に浄土あり、本州最北の地に癒しの寺有り、称を陸奥護国寺と呼ぶ~】

そもそも当寺の開山は、紀州高野山塔頭の遍照尊院が津軽に別院を置いたことを起源としています。

遍照尊院は高野山塔頭の中で鎌倉時代中期に開創された寺院であり、青森津軽家の菩提所となった寺院であります。

ところがのち、諸事情によって僧の派遣が滞り、別院を一時閉鎖することとなり、当寺は史上から名を消すこととなりました。


大正に入り、遍照尊院に弟子入りした青森出身の尼僧堤隆興が、地元に一庵を築きたいと申し入れたことから、当時の住職目黒隆見僧正が尼に別院再興の悲願を託し、その後押しもあって大正末年青森は港町に一庵を建立して、高野山遍照尊院別院の中興に到ったのであります。

昭和十年には、旧津軽藩主の遊山地で住昔蝦夷の籠城があったとされる現在の地に、仏縁を頂き移転しました。

移転時、裏山境内地に八十八ヶ所石仏霊場を開場し、更なる聖地をしての威厳を高め、今日も荘厳な雰囲気を保っております。


本堂に祀っている毛綱(女性の髪の毛を編んだ綱)は、この八十八ヶ所の石仏を配置するのに使われたもので、難航を極めた工事の中で丈夫で切れることがなく、工事完了に到ったのは髪に宿る女性達の強い信心のお陰だと賞賛されたそうです。

その後、遍照尊院の末寺で岡山の豊楽寺向井坊を委譲され、別院と統合することで昭和十五年、陸奥護国寺の寺号認可を受け、昭和二十三年には、本山より高野山真言宗準別格本山の寺格を賜りました。そして、本州最北の高野山霊場として現在に到っております。

年間の行事として、日々の供養・祈願、お盆・お彼岸の供養以外にも季節に応じて星祭り節分会、春季大祭、夏季大祭、秋季大祭を行っており、宗旨宗派を問わず誰でもご参加頂いております。


2022年8月9日、北日本に前線が停滞し、青森県・秋田県周辺で降雨が集中いたしました。

この令和4年8月豪雨災害被害の影響により、青森県鰺ヶ沢町では浸水などにより農作物、建物、道路等に甚大な被害が発生したのは記憶に新しいところです。この際の24時間積算雨量は、数十年に一度の「稀な」大雨でありました。

当寺のある青森県浅虫もかつてない程の豪雨となり、境内に通ずる参道にて土砂崩れが起き、道が塞がってしまう被害を受けました。


豪雨災害ののち、応急処置は施すことはできましたが根本解決ではなく、今後の大雨などで被害が拡大する可能性もございます。再度土砂崩れの影響を受けるようなことがあれば、各種大祭などの風物詩も、開催が危うくなります。

そこで、土砂崩れに根本から対処をし、来て頂くみなさまに安心して参拝して頂ける様に新参道の建設を行うことを決めました。

大規模な工事となるため当寺だけで費用を捻出することは難しく、その費用をクラウドファンディングで募ることといたしました。

これまでのつながりや、新たに心をお寄せいただける方々と手を取り合って、大きな傷跡を癒したいと思います。

当寺の境内から見える景観はとても素晴らしく、春は桜やウグイスの鳴き声、夏は一面に咲く紫陽花、秋には紅葉、冬には雪景色など季節に応じた四季を感じることが出来ます。

行事の折には参拝がてらみなさまに境内からの絶景を楽しんで頂いております。

今回の新たな挑戦が、地域の復興の機運を少しでも高めるものになれば嬉しく思います。みなさまの応援ひとつひとつが私たちの励みとなります。

ぜひ多くの方に知って頂ける様に今回の取り組みについてSNS等で拡散頂けますと幸いです。

どうかみなさまの温かなご支援のほど、よろしくお願いいたします。


< 目標金額 >

2,800万円 

< 内訳 >

新設工事費用:2,500万円

CFリターン準備費用:50万円

プロジェクトオーナー手数料:250万円


< 資金使途 >

ご参拝いただく全てのみなさまの安全確保と再度の大雨による二次被害の防止としての参道新設工事、青森県を代表する観光地にある寺院として美しい景観の再生に使用いたします。

< 工事日程 >

2024.5~ 準備・地盤形成工事

2024.6~ 参道舗装工事

2024.07~ 安全施設工

2024.07末 工事完了予定


参道新設工事が完了した折には、境内まで安心して参拝にいらしていただけるようになるかと存じます。

境内から見える景観を、この先100年、1000年の未来へと守り伝えるため、多くの方々のご支援を頂戴できることを願ってやみません。

どうかご支援をよろしくお願いいたします。


「陸奥護国寺は非営利法人ですが、このクラウドファンディングを支援することで、支援者が税制優遇を受けることはありません。」

  • 2024/02/29 20:00

    いつもお世話になっております。改めて当プロジェクトへの沢山のご支援、ありがとうございました。返礼品について、まずはとりいそぎ御礼のメールや活動報告書等を支援してくだった皆様に送らせて頂きました。その他の返礼品については準備が出来次第順次送付させて頂きますので、今しばらくお待ちくだされば幸いです...

  • 2024/02/01 17:00

    いつもお世話になっております。当プロジェクトへの沢山のご支援、ありがとうございました。当寺のある青森県だけでなく、全国津々浦々の皆さまから多くの善意を頂戴出来ましたのも、「お陰とご縁」の賜物と感じております。お預かりしている善意は、ご参拝いただく全てのみなさまの安全確保と再度の大雨による二次被...

  • 2024/01/30 09:00

    いつもお世話になっております。令和6年能登半島地震で被災された方々にお見舞い申し上げます。また、救助・捜索活動等に当たられている方々や被災された方々の安全と、被災地の一日でも早い復旧を心よりお祈り申し上げます。沢山のご支援ありがとうございます。プロジェクト期間もいよいよ最終日となりました。ここ...

このプロジェクトの問題報告はこちらよりお問い合わせください