熊本県天草市にある物件と土地を購入する事が出来ました!2階の窓からは海と雲仙普賢岳(うんぜんふげんだけ)を一望することができます。しかし、古い物件なので内外とも潮風や経年劣化によりボロボロです。今回その改修費用としてクラウドファンディングを開始しました。是非最後までご一読お願いいたします

プロジェクト本文

▼はじめにご挨拶

初めまして。ゲストハウスみちくさ 代表の諸藤健太郎と申します。

バイクに乗るのが好きで、20歳で日本一周47都道府県制覇、22歳でオーストラリア一周、24歳で台湾一周しています。 旅の様子を動画でYoutubeにモロケン/MorokenGo 旅のYouTuberのチャンネル名で投稿しています。モロケン/Moroken Go 公務員辞めて世界を旅してみたらこんな人生になった

上記の動画でも告知している通り、オーストラリアに2年間滞在した後は帰国して、ゲストハウスを作ろうと思っていました。

そんな時、熊本県天草市の空き家バンク経由にて空き物件を格安で譲って頂ける事になりました。

今回は購入した物件を改装して友人の栗原亨太(写真左)と一緒にゲストハウスにしたいと思っています。

天草(あまくさ)で道草(みちくさ)しませんか?という意味を込めて

ゲストハウスみちくさを 2020年春にオープンします。

(2019年夏の予定でしたが予定が遅れ来春オープンとなります)


熊本県天草市有明町赤崎280


ここで皆様にお願いがございます。

開業資金を準備していましたが、建物の老朽化が予想より酷く多くの個所を整備しなければなりません。

出費を抑える為に自分たちで改装する予定でしたが、それでも残念ながら十分ではありませんでした。

そこでこの度、宿泊者の方々が安心で快適な時間を過ごせる空間を整えるために、クラウドファンディングという形で資金調達をすることにしました。

改装中の様子(客室からの景色)

▼なぜゲストハウスを始めたいのか

私は19歳の頃からバイクに乗って日本中や世界を旅し、その様子をYouTubeにて発信し、今では各種SNS等のフォロワー数を合計すると80,000人程の規模となりました。

旅を始めて6年私はある1つの事に気がつきました

それは

"楽(らく)の中に楽(たの)しいはない。不便の中にこそ楽しさがある" 

という事です

現代の日本社会は高度な技術を持っており、世界1番便利な国です。

スマートフォン、インターネットの速度、コンビニの数、自販機の数、治安、衛生面

など便利な事をあげればきりがありません。

しかし、私たちはそのような日本社会に幸か不幸か生を持って生まれてしまったので

"工夫すること"

を忘れてしまっています。

私たちが"楽しい"と感じるときとはどういうときかというと

脳がドーパミンを分泌している時です。

ではいつドーパミンが分泌されているのかというと

目標に向かって努力を行ったり工夫する過程 で分泌 されています。

考えたり工夫して、それが成功した時に嬉しいと感じるのは想像できるかと思います。

私は旅人です。

目的地に いつまでに行くか、どうやっていくか、どのルートで行くか、誰と行くか...

今日の宿泊地(野宿地)で どうやって夜を明かすか、襲われないためにどうするか、水や食料は十分か、野生動物の危険はないか、天候は大丈夫か、携帯の電波は繋がっているか....等


旅というのは毎日、毎秒、その瞬間全てが"工夫"でできています。

旅をしたり、インフラのない自然の中でキャンプをすることは楽ではありません。

しかし、不便であるからこそ楽しいのです。

便利は、不便は楽しい

同じ漢字でも意味は違います。

"楽しい"は"楽"の中ではなく不便の中に隠れています。


旅中やキャンプ中などの非日常的な時間だけではなく

普段の生活でも不便が楽しいと思えるようになれば

人生はきっと、

いえ、

必ず豊かになると確信しています。

私が旅をしていた頃と比べて今は時間もお金も当時より余裕ができました。

今度は私が彼らに"楽しい"と思えるような機会を提供する側だと思っています。

これが私がゲストハウスを作りたい理由です。


▼ゲストハウスはどんなところに作るの?

当ゲストハウスに来るには熊本市から車で1時間30分

長崎県南島原市からフェリー30分で天草市に来ることもできます。

また、天草には空港があり、福岡空港まで40分で熊本空港まで20分で行くことができます。

当ゲストハウスの正面は海であり、天気のいい日は雲仙普賢岳を見ることができます。

ゲストハウス2階の窓から海と雲仙普賢岳が見えるように改修する予定です。

波の音と潮の匂いのするゲストハウスです!

当ゲストハウスから徒歩1分で飛び込み台のある海水浴場があります!(↑この写真は干潮時)

車で3分の場所に新しい海水浴場ができたので殆ど使われていないため

ほぼプライベートビーチです!

(砂浜ではありませんが石は丸っこく足は痛くありません)

SUPボードや釣り竿なども貸し出し出来るよう準備しようと思います!

その海水浴場からの夜の写真です

当ゲストハウスから300mの場所にどんなに初心者でも釣れちゃう釣り場があります!


▼資金の使い道

自分で出来る事は全てDIYにて改修します。下記の写真をご覧ください。

潮風により傷んだ外壁を全て塗装しなおします

軒先や外壁の補修

砂壁や壁を綺麗にする

畳をフローリングへ

全体的に古いので天井、壁、床を取り換える

キッチンもこのままでは使えないので入れ替えします

お風呂は取り壊してシャワーのみに

窓からは雲仙普賢岳が一望できますが、古く潮風にてガタがきているので全て取り換えます


改装中の様子

外壁塗装、窓の取り換え、お風呂をシャワーへ、キッチンのシンクの取り換えなど大掛かりな事がいくつかありますが、電気工事など免許が必要な作業以外は全てDIYにて行います。

よってそれぞれの個所のリフォーム代金が未知数な部分が多くあります。

また、客室のは快適な睡眠の為に防音環境とします。

TV番組ボンビーガールなどで同じようにゲストハウスを作る内容のものが放送された際は

ほとんどをDIYにて改修し最終的に123万円 の費用が掛かっていました。

今回はその金額を参考とし、おおよそ半額の70万円を今回の目標金額を設定させていただきました。

どの改修にいくらかかったのかという事はキャンプファイヤーの活動報告にてご報告させていただきます。

▼リターンについて

↑リターン↑

リターンはいくつかのパターンをご用意しています。

基本の宿泊券に加えて

①ステッカー2枚とマスク1枚 3,500円

②オリジナルタオル1枚 6,000円

③オリジナルトートバッグ 1枚 8,000円

④オリジナルTシャツ 1枚 10,000円

⑤トラベラーズノート 10,000円

⑥ゲストハウス1日貸し切り券 15,000円 

⑦モロケンと天草の無人島でキャンプする権利 20,000円 

⑧モロケン1日利用権利 20組限定 70,000円 


個人的にオススメなのは④オリジナルTシャツです!

シャツ自体は厚手で良い生地のものを使用しています。

また、ただロゴを印刷するのではなく、ラバーカッティング技法という印刷方法を使用しており

とても高級感のある仕上がりとなっています。

実物を見た友人にも大好評のTシャツで自信をもってオススメできるリターンです!

▼最後に↑改装中の客室の窓からの様子↑今の世の中、日本という国はどんどん便利になってきています。

しかし便利になればなるほど、人は工夫することを忘れてしまっています。

工夫はとても楽しいものです。みなさんも何かトラブルがあった時に工夫してそれが解決できたら嬉しい!といった感覚は分かると思います。

不便だからこそ自分で考えて、工夫して、創造して、不便なものが自分の手でより良くなるととても嬉しいものです。不便を楽しむ事ができれば人生はより良くなると思いませんか?

僕が作るゲストハウスは不便な場所にあります。コンビニも近くにありません。建物も都会にある綺麗なゲストハウスに比べたらとてもボロイです。


しかし、だからこそ、ここでしか出来ない事があります。


熊本の天草でちょっとだけ道草して、僕と一緒に不便を楽しみましょう!


2019年6月29日追記

いつもお世話になっております。

この度当ゲストハウスのオープンの延期をお伝えしなければならなくなりました。

理由は2点

1つ、屋根裏や床下の老朽化が酷く当初予定していた工期では間に合わない。

2つ、当物件の目の前で道路工事が始まりました。24時間片側通行になっており車が当物件のすれすれを通る状況です。ゲストハウスに必要な資材運搬にも支障が出ており、車をべた付けできない状況なので廃棄物の処理も手作業で行っており大幅に遅れています。足場も組むことができないので外壁の塗装は不可能な状況です。したがって道路工事が終わるまで待つ必要があります。

※道路工事は2019年9月までを予定しているそうです。

しかしながら当物件の目の前の道や歩道が綺麗になることはプラスのことだと考えており、道路工事が終わり安全に活動ができるようになってから着手しようと決断しました。


クラウドファンディングのお礼の有効期限について

1、宿泊券については2020年10月まで有効とします。

2、無人島キャンプについては2019年9月~2020年3月までとします。

3、モロケン1日利用券については2019年11月~2020年3月までとします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください