●【はじめに・ご挨拶】

 プロジェクトをご覧いただき誠にありがとうござます。

はじめまして、中野利仁と申します。2年前まで俳優事務所に所属、数多くの現場を経験し現在はフリーの役者であり映画監督をしています。

昨年制作した短編映画「天国か地獄か」は大阪、名古屋の映画祭で上映して頂き、たくさんの方々に観て頂くことができました。今回の作品は身近に存在するマイノリティな恋愛を現実的に描いた映画「恋愛L+」です。

国内外映画祭入選を目指し前作品よりさらに多くの人に観てもらいたい!という熱意を皆様に応援して頂きたくお願い申し上げます。

私は監督をさせて頂きましたが、自分が作る作品というよりもキャスト、スタッフ、ご協力、ご協賛いただいた方々、そしてクラウドファンディングにご協力頂いた方々全員で作り上げていく作品にしたいと思っています。

是非、ご協力の程よろしくお願いします!!


●【この映画を通じて伝えたいこと】

昨今、世間で話題となっているLGBTQ+問題ですが、自分の周りにはそれに該当する人はいないと他人事の様に思っている方もまだまだ多いと思います。でも、実際はどうでしょうか?友達の友達、或いは友達のパートナーだったり、同じ学校、同じ職場、すぐ近くに暮らしている方がそうであったり、実は友人や知り合いの中に存在していても、その人がカミングアウト出来ないでいるかも知れません。もしかすると、自分自身の中にも未だ開花していないLGBTQ+要素があるのかもしれない。現実は本当は誰でもLGBTQ+の存在は身近にあると思います。そうしたマイノリティな恋愛をもっと身近に感じ、知って、現実として向き合ってもらえるように少しでも世間に伝えていけたらなと思い作成しました。


●【作品】

映画「恋愛L+」はLGBTQ+要素を含み、そうでない恋愛も複雑で簡単なものではないという現実的な観点をシリアスで時にコメディタッチで描きました。

LGBTQ+だけでなく「マイノリティな恋愛観」の要素も織り交ぜ、現実と現実の裏側を表現しました。

本編の尺:約60分


●【キャスト・スタッフ】

制作にあたってキャスト、スタッフを募集しチーム中野組をつくりました。その際に自身がLGBTQ+に該当するので是非参加したいと名乗りを上げて頂いた方も数名中野組に参加して頂きました。

キャストは概ねオーディションにより熱意あるキャストを採用させていただき、関西でのオーディション及び撮影にもかかわらず関東から参加して頂いた方も多くいます。

LGBTQ+に該当する方はもちろん、そうでない方にも是非ご覧いただきご理解を深めていただけたら嬉しいです。


●【映画の見どころ】

複雑に絡み合っていく恋愛を描きました。現実同様、他人と思っている人も実はどこかで繋がっている、そういった表現もこっそり織り込んだので、目に見える物語と、その裏側にある物語と、裏の裏や伏線、登場人物の在り方まで感じながらご覧いただければと思います。もちろん何も考えずに観て頂いても大丈夫です。クライマックスからのシーンはきっと皆さまの心に印象的に残ると思っております。


●【あらすじ】

ある日の夕方、彼氏とのデートに出かけた”天然“キャラの21歳大学生ひかりであったが、彼氏から突然の別れを告げられる。ひかりのことが以前から好きだった同じ大学に通う颯真(そうま)がそれを知っていざ告白しようとするもなかなか言い出せず。そうこうしているうちに颯真の友人、ゆうとが思いもよらなかったことを口にし事態は複雑化していく。ひかりはポツリと「本当に人を好きになるって、どんな気持ちなんだろうなぁ」とつぶやく。ひかりを中心に恋愛が複雑に交差していくラブストーリー。「本当に人を好きになる」の真実とは。


●【キャスト紹介】

入江美瑠・・・アイドルグループ「link start」の黄色担当。歌って踊れる役者。緊張しないという特性をもつ。

垣雅之・・・多数の映画/ドラマ/CMに出演歴をもち、モデルもこなす俳優。舞台「人狼TLPT」でスコットランド公演を行う。

小林怜衣・・・仏像大好きオタク。普段は人見知りだが、撮影が始まると別人になる役者。

風葵・・・YOAKEプロダクション所属。マネージャー、映像プロデュース業も行う。モデルもこなし、心理学に長けており台本を読み解く力がピカ一。

遠藤洸次郎・・・エーライツ所属。顔の小ささはタレント級。落ち着いた演技を見せてくれる。

春歌まりん・・・YouTuberで踊ってみたシリーズは必見。笑いと可愛さを兼ね備え、シリアスもいけるオールマイティ役者。

タイソン大屋・・・無台本芝居「はいどーも!」主催。モーションキャプチャー俳優。NHK大河ドラマ、舞台「魔界」等、多数の映画、ドラマ、舞台の出演歴をもつベテラン俳優。



●【スタッフ紹介】

恋愛L+オリジナル主題歌「Deneb」 作詞、作曲 / Miranda Otsuji

Miranda Otsuji : 大阪出身のシンガーソングライター。動物チャリティーフェス「ユメカナエフェス」主催者。

今回、先だって台本をお渡しし、恋愛L+のために作詞作曲をして頂きました。メロディーはもちろん、心に響く歌詞にも注目をしてお聴き頂きたい1曲です。



プロデューサー:小原美玲(nakano world FILMs)

プロデューサーの小原美玲です。

今回の作品も『中野ワールド』が広がっております。何も考えずに見れるストーリー重視の1回目。細部まで見て伏線をとらえる2回目。伏線をとらえた上で楽しめる3回目。と、見る回数を重ねるごとに、新たな発見や、楽しみがある作品となっております。

今回のクラウドファンディングで試写会を見られた後に、劇場にも足を運びたくなる、そんな『中野ワールド』を是非体験していただければ幸いです。是非、劇場公開に向けてご支援の程、よろしくお願いいたします!


●【募集方式について】

・全てのコースは、税・送料込みの価格です。

・複数コースのご購入が可能です。

・お申し込み後のコース変更は出来ません。

・プロジェクトへのご支援後、返品は受け付けられません。

・本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。



●【ご支援いただいたお金の使い道】


・映画祭出品費(エントリー費、字幕作成など)

・上映イベント開催費(会場費/宣伝広告費/人件費等)

・作品制作費(人件費、撮影現場使用料等)

・公開拡大のための宣伝・広告費(ポスター、チラシ等制作費)

・グッズ制作費 

・舞台挨拶の際の交通費など 

・クラウドファンディング手数料(17%+税)


 

●【実施スケジュール】


2023年

7月     撮影終了

8月     編集等開始

10月     クラウドファンディング終了

11月   作品完成予定、 パンフレット等作成、映画祭応募開始

12月   試写会・リターン発送

2024年 単館上映

※スケジュールにズレが生じる可能性がありますが、その際はご理解いただけると幸いです。

 



●【最後に】

このプロジェクトを最後までご覧いただき誠にありがとうございます。

今回、皆様のご協力のもと全員力を合わせ国内にとどまらず世界に向けて発信していきたいと思っております。

私の熱い思いにご賛同いただき、何卒ご協力の程よろしくおねがいします!!


このプロジェクトの問題報告はこちらよりお問い合わせください