はじめに。
なんで鯉女子の雑誌をつくろうと思ったか。
 

 

 

はじめまして。ふだんはコピーライターをしています、

寺門 常幸(テラカド ツネユキ)と申します。32歳です。

 

 

僕は広島東洋カープファンです。

カープ女子という名の、にわかファンのが嫌で嫌で仕方無く、

なんとかそれを皮肉りたいというねじ曲がった気持ちだけで、

「鯉(=カープ)女子」を思いつき、「鯉女子」をテーマに雑誌を作りました!

それが2014年でした。

 

それから4年の月日が経ち、

増え続けるにわかファンをさらに皮肉るため、

クオリティをアップさせたVol.2を作りたいんです!

 

(↑Vol.1の表紙。一見、カープ女子の雑誌かなと思わせつつ…ページを開くと)

 

             ▼▼▼▼▼

 

↑表紙をめくると、鯉を持った女の子が。

「そっちのカープかよ!」というツッコミが成立した時点で、

この雑誌の面白さの9割を堪能したことになります。

 

 

Vol.1は、

雑誌『ソトコト』で紹介していただけたり、

『ビートたけしと北野武』『タモリと戦後ニッポン』の著書である

ライターの近藤正高さんのブログで紹介していただきました。

 

 

 

今回、
コンテンツもクオリティも大幅にパワーアップさせた
VOl.2を作りたいんです!!!!

 

Vol.2では読者の方により満足してもらうために

まず、ページ数を増やします。全52ページです(Vol.1は16Pでした)。

 

そして、
表紙と巻頭のグラビアページには、
水野しず さんに登場していただきます。
 
表紙はカープ女子の水野さん、
 
巻頭のグラビアページ(全16P)は鯉と戯れる水野さん、
ふたつの彼女の魅力を楽しむことができます。

 

 

すでに水野さんとの撮影は終えました。

 

 

また水野さんの登場に伴い、特別なリターンもご用意しました。

水野しずさんと鯉が戯れる☆ポラロイド☆をプレゼント。

直筆サイン入りです。

特別に13枚をご用意しております。

 

 

 

気になるVol.2の中身は……

 

今回も徹底的に鯉にこだわった誌面構成になっています。
おかげさまで、カープ女子を皮肉るためだけにつくったつもりが、
ぼく自身、完全に鯉の虜です…

 

 

●鯉図鑑〜錦鯉篇〜(イラストが可愛いでしょ?)●

 

●手描き鯉のぼり職人へのインタビュー記事も●

 

 

 

Vol.2の店頭販売価格は?
 

Vol.1は16ページ程度の薄い冊子ということもあり300円で販売しました。

しかしVol.2は52ページでコンテンツのクオリティも格段に上がっています!

自信をもっていえます。

店頭での販売価格は、1000円(税込み)を想定しております。

 

 

さいごに……
 

Vol.2の制作を実現するために、

取材費や、撮影費、スタッフ、モデルさんのギャランティ、印刷代など

約20万円の費用がかかってしまいます。

ぜひご支援いただけるとありがたいです。

 

Vol.2ではみなさんに支援していただくこともあり、
販売部数にもこだわっていきたいと思います。
Vol.1は300部の販売でしたが、
Vol.2は1000部〜10000部を目指します!

 

イベントに出たり、書店への営業も頑張りますので

なにとぞよろしくお願いします!!

 

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください