リターン品の配送が完了するまで、ナカナカ雑貨店はCYBERBRANDS社(アメリカ合衆国)の日本における独占販売権を有する正規代理店です。詳細に関しては、ページ下部のリスク&チャレンジをご確認ください。
また、ここで掲載している画像・動画は前モデルを使用している場合があります。新モデルの機能につきましては本文をご覧ください。

「CYBER PACK=サイバーパック」の外装には防弾装置やジェット戦闘機にも使われるポリカーボネート樹脂を使用。型崩れとは無縁、ナイフなど刃物も刺さりにくく、防水性能もバツグン!中身をガッチリ防御します。



──サイバーパックは──

外装に使われているポリカーボネート樹脂の特徴は、とにかく頑丈なこと。こんなナイフくらいなら、ビクともしません。
衝撃にも強いから大切なノートパソコンやタブレットを心配しなくて済みます。そしてナイロン製と違い形が変わらないので、中に入れた書類がクシャクシャになることもありません。

調子に乗ってでかいハンマーで思いきり叩いてみましたが……

ちょっと凹んだだけで(赤い塗料は付いていますが)、割れたりしませんでした。中に入っているMacBookも無事でしたよ。満員電車でギュウギュウ詰めになっても、つまずいて転んでも、あちこち出張に行っても、このサイバーパックと一緒なら安心です。

ビジネスリュックの中には書類や資料、大切な契約書、PC類や着替えなど、濡れたら困るものばかり。ポリカーボネートは防水性が高いので、たとえゲリラ豪雨に襲われても心配要りません。ということで乱暴に水をかけてみましたが、この通りです。
※ジッパーとナイロン繊維部分は防水ではありません。

例えば出張であまり治安の良くない国に行ったとしても、サイバーパックのTSAロックでしっかり施錠可能。ポリカーボネートはナイフの刃も通しませんから、外装を切り裂かれ中身を盗られにくい造りです。国内旅行でも、安全神話がグラついている昨今、とても頼もしいですね。

旅行用トランクやスーツケースに付いている赤いダイヤ柄のマークを見たことがあるでしょう。あれはTSAロックといって、アメリカ運輸保安局(TSA)で認められた証。CYBER PACKにも、そのTSAロックが採用されています。3桁の数字を自由に組み合わせてロックしておけば、何者かが開けようとしても大丈夫というわけです。

ファスナーを下まで下ろせばガバッと大きく口を開きます。だから中身の出し入れがラクで、どこに何が入っているか一目瞭然。PC、タブレット、書類、ノート、ガジェット、鍵、メガネ、おやつ……たくさんの持ち物もリュックの中で「住所」を決めてしまえば、あれどこだっけ?と中をかき回さなくて済みます。


ビジネスリュックですから、スーツ姿で背負うことも多いですよね。あまりにアウトドアっぽかったりカジュアルすぎるのもちょっと……。CYBER PACKの直線的なモダンデザインは、スーツにもジャケットにもフィット。しかも尖ったフォルムが個性を主張してくれます。

もちろん、カジュアルなスタイルにも!旅行や出張、サイクリングに連れ出してください。

CYBER PACKには、こんな困り事を解決して、快適な使い心地にしてくれるいろいろな特徴が備わっています。
上でご紹介したほかにも……

ハードな素材だから重いのでは……という心配はご無用。ポリカーボネートは軽さも特徴です。空の状態で1.33kg*。13インチのノートPCとほぼ同じくらいの重さです。中にあれこれ詰めてしまっても、肩にずっしり来にくいわけですね。
*実測/メーカー公表値:2.9ポンド


CYBER PACKの内部には、USB-AタイプとCタイプの端子を備えたケーブルが付いています。そこにお手持ちのモバイルバッテリーをつないでおけば外側の充電ポートから充電が可能。充電ポートは樹脂製のカバーでしっかり守られています。

中にはノートPC入れのほか、タブレットのポケット(これもパッド入り)、メッシュポケット、ファスナー付きポケットがたくさん。必要なものはサッと開けてパッと取り出せます。

旅行や出張などではキャリーケースを持っていくことも多いでしょう。CYBER PACKの背中部分には、キャリーケースのハンドルに通せるストラップを装備。空港で長い距離を歩くときなど、ラクになりますよ。
下のキャリーケースは、同じシリーズの「CYBER LUGGAGE」です。こちらも近日予約開始!
※写真のCYBER PACKは前モデルです。

内部のポケットには、17.3インチまでのノートPCを入れておくことができます。もちろんパッド入り。さらにゴムの固定バンドも付いていますから、万一逆さまになった時も受けとめてくれます。

通常の荷室容積は17リットルで、書類やノートPCを運んだりするのにはじゅうぶん。そして出張で着替えやお土産を入れて中身が増えたときは、ファスナーをぐるりと開けばなんと2.4倍の40リットルに拡張! 前のモデルは奥行きが5cmの拡張でしたが、新モデルでは10cmに広がりました。頼もしいです!

これに着替えくらいは余裕で入ってしまいます(さすがにドローンは畳んでます)。

前のモデルの「チェストストラップが欲しい」というリクエストにお応えしました。胸の前で両ストラップを固定し、多少荷物が重くても、ちょっと激しく動いても、しっかりと肩ストラップをサポートしてずれにくくしてくれます。もちろん長さ・位置調整も自在!

CYBER PACKの背中部分にはちょっとした仕掛けが。それが隠しポケット。スーツケースのハンドル固定用ベルトの裏に、ファスナー付きのポケットを仕込みました。パスポートなどの重要アイテムやAirTagなどをこっそりしまっておけます。そして今回はここにRFIDブロック機能を付けました。クレジットカードやパスポート、免許証、マイナンバーカードなどICチップを使ったカードの磁気データをスキミングしにくくなります。大切な個人情報を守り、安心して旅行を楽しめます。

※写真のCYBER PACKは前モデルです。


その他にもCYBER PACKの機能はたくさん。今までご紹介したものと併せて図解していきますね。

CYBER PACKは、毎日のいろいろなシーンで活躍します。ビジネス用として、旅行用として、自転車やバイク用として、オールマイティに使えます。飛行機の機内に持ち込めるサイズですから、手荷物を預けなくても身軽な移動が楽しめます。
※事前に各航空会社の規程をご確認ください。



●サイズ天地:47.0cm×左右:30.5cm×奥行:15.2cm(拡張後20.3cm)重量:1.33kg(実測/メーカー公表値:2.9ポンド)●材質外装:ポリカーボネート樹脂内装:ナイロン肩ベルト・ストラップ・背面:ポリエステル、ナイロン、ウレタンフォーム
製造国:中華人民共和国

CYBER PACKの開発者は、Riz Nwosu。カリフォルニア在住で、スタンフォード大学出身です。彼は2018年、アメリカで銃乱射事件が多発したときとても心を痛め、 子ども用防弾バックパックの開発を始めました。それはとても好評だったのですが、売るたびにそこに銃弾を受けるシーンが どうしても頭の中をよぎってしまい、何ともやりきれない気持ちに。
そこで、もっと広いユーザーに喜んでもらえるバックパック開発に取り組み、誕生したのが「CYBER PACK」です。
外装は、1枚のポリカーボネート樹脂から真空成型。仕事や旅行にぴったりな機能とサイズ。万全の盗難対策と軽量設計。
そしてユニークなデザインはTesla社の『CYBER TRUCK』からヒントを得ました。直線を基調としたエッジィなデザインのピックアップトラックです。
機能や頑丈さだけではない、このプロダクトデザインにもぜひご注目を!

私たち「ナカナカ雑貨店」は、いろいろな趣味の雑貨を世界から探して、日本の皆さんにご紹介しています。このたびmachi-yaにて実行するのが、「CYBER PACK=サイバーパック」です。

私はいわゆる「袋物」が大好きで、バックパックはじめウェストパック、スリングバッグ、ボストンバッグ、ダッフルバッグ、遠征バッグ、トートバッグ、アサルトパックなどなど、いろいろなバッグを集めてきました。そんな私の目に留まったのがCYBER PACKだったのです。「こりゃカッコいい」というのが第一印象。Rizも「クールだろ、これ」と自慢げに語りました。でも機能を教えてもらうにつれ「中身をガッチリ守れる」というのが一番のベネフィットだと気付いたんです。今までのナイロン製リュックは、書類を入れると必ず皺くちゃに。大切な書類はゼロ・ハリバートンの年代物のアタッシェに入れていました(重いんです、あれ)。そんなこんなでしっかり守ってくれるビジネスバッグはないかと思っていたところでした。

下の画像は適当に書類を突っ込んでオフィスまで小走りで来て、開けてみた時のものです。入れたときのまま、シワもありませんでした。(左に見えているリングはキーホルダーを付けておくもの。これも便利機能です)
実際に使用してみると、思った通り書類など内容物をガッチリ守ってくれると確信しました。雨が降ってきても体の前に回すこともせず、そのまま平気な顔をしていられます。充電しながら歩けるのも大きな魅力です。
使っていて「それどこで買ったの?」と訊かれることもしばしば。とあるプレステージバッグブランドのお店でも、「どこのですか?」と言われたことがあります。
機能だけでも格好だけでもない、その両方を満たしたCYBER PACK。使う満足、持つ満足を満たしていただけると確信しています。

Q. ポリカーボネート樹脂とABS樹脂はどう違うんですか?

A. 硬質な素材で作られた外装のバックパックは、他にもあります。いわゆるハードシェルで知名度の高い某リュックは、その外装にABS樹脂を使っています。これも強化プラスチックであり似たように見えますが、比較してみると耐衝撃性・耐熱性・難燃性ではポリカーボネート樹脂の方がまさっていると言われています。やはり防弾ガラス、鎮圧用のシールド(楯)、ジェット戦闘機のキャノピーなど、命を守る過酷な製品に使用されているだけありますね。

Q. お手入れの方法を教えてください

A. CYBER PACKのお手入れはとても簡単です。外装やナイロン生地が汚れた場合は、湿らせたタオルで拭くだけでOKです。ただし、直射日光には長い時間さらし続けないでください。紫外線により劣化する場合があります。

Q. ロックのパスコードはどうやって設定するんですか?

A. 下記の手順で行ってください。

1. 初期設定ではパスコードが000に設定されていますので、ダイヤルを000に合わせてください。2. ピンまたはボールペンの先で、ダイヤル右の小さな四角いボタンを押します。3. ボタンは下に押されて止まっていますので、そのままダイヤルを希望の番号にセットします。4. ダイヤル左のスライドレバーを右に動かすとボタンが戻り、リセット完了です。※このロックはTSA007という型式番号です。
※④の上にある鍵穴は、係官がチェックの際にTSAの合鍵で開錠するためのものです。CYBER PACKに鍵は付属しません。

Q. 充電ポートはどうやって使うんですか?

A. バックパックの内側には、モバイルバッテリーを接続するためのケーブル(USB-AとUSB-C)が付属しています。これにより、外側にある充電ポートにデバイスを接続し、電力を供給することができるようになります。外部充電ポートもUSB-AとUSB-Cを備えています。
※歩きスマホにはじゅうぶんにご注意ください。

Q. バックパックは飛行機の座席の下にも入りますか?

A. はい。CYBER PACKは、容量を拡張した状態でも飛行機の座席の下にぴったりと収まり、余裕を持って収納することができます。※各航空会社により収納サイズが違います。詳細はご利用の航空会社にてお確かめください。

Q. CYBER PACKの正確なサイズを教えてください。

A. 天地:47.0cm×左右:30.5cm×奥行:15.2cm(拡張後20.3cm)※ハンドル(持ち手)は4cmの空間が開きます重量:1.33kg(実測 下記画像をご覧ください メーカー公表値:2.9ポンド)容積:通常 17L 拡張時 26.4L

Q. CYBER PACKを背負って登山はできますか?

A. 登る山にもよります。ハイキングコース程度の緩やかな山道であれば何の問題もありません。しかし、ロープ場や鎖場のあるようなハードな登山やロングトレイルなどには正直向いていないと言えるでしょう。ハイドレーション、外部ボトルポケットなど、本格登山向けの装備はありません。これは、70Lの縦走用ザックやアサルトパックを背負ってオフィスに現れないのと同じことです。※なお、ドリンクボトルのポケットは内部に用意されています。伸縮性のある素材なので倒れることはありません。500mLのPETボトルにもピッタリです。

Q. CYBER PACKは防弾仕様ですか?

A. いいえ、まだ今のところは...しかし開発会社であるCYBERBRANDS社は、防弾仕様の実現を目指しています。もし、今後最新情報が来たら、SNSなどで発信しますね。

Q. 不良品が届いた場合はどうすればいいですか?

A. お届け後10日以内に、当店に当該箇所の画像をお送りください。良品と交換させていただきます。なお、お客様に心から満足いただけるバックパックをお使いいただくため、製造工場では出荷前に念入りな検品を行っております。また、お届け後3カ月以内に通常のご使用による破損や不具合が起きた場合は、その程度により新品と交換か無償にて修理をいたします。

CYBER PACKは既にアメリカで2022に初代が発売され、現在2.0というコードネームで海外の多くの方にお使いいただいています。また、日本でも先行予約販売にてお使いいただいている皆さんからもご感想をいただきました。
その一部をご紹介しますね。

※アメリカでのレビューは、下記の第三者レビューサイト「Judge me」に寄せられたものです。


※製造国の中国から日本へ輸入し、当店の配送拠点からご支援者の皆様に向け宅配便にて発送いたします。



・プロジェクトの属性:輸入商品
・代理店によるサポート:販売代理店(ナカナカ雑貨店)により日本語でサポートいたします。
・プロジェクト実行者(国):日本
・製品国:アメリカ合衆国/製造国:中華人民共和国

リスク&チャレンジ

●並行輸入品が発生する可能性があります。正規以外での個人輸入等は、完全に防ぐことができない場合がございます旨、予めご了承のほどお願いいたします。
●並行輸入品は正規代理店による製品保証を受けることができません。正規代理店を通じて購入することで、日本国内での流通に必要の取得や、関税の適切な処理が担保されます。
●本文中に記載させていただいたスケジュールは、あくまでプロジェクト公開時点の予定です。実施計画の性質上、配送遅延のおそれがございます。
・製造地である中華人民共和国から日本までの輸送は航空便となります。製造後通常3週間ほどで到着予定ですが、原材料不足による生産調整や注文個数の過多、物流混乱、天災や感染症等の影響で1カ月を超える遅延が発生する場合があります。あらかじめご了承ください。
カ●原則として、配送遅延に伴うお申込みのキャンセルはできませんが、リターン配送予定月から6カ月を超えた場合には、希望者に限りキャンセルにて対応させていただきます。

<募集方式について>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も計画を実行し、リターンをお届けします。

----------------------------------------------------------------

■ 特定商取引法に関する記載

●販売事業者名: 鳥羽山康一郎(ナカナカ雑貨店店主)
●通信販売に関する事業者の住所/所在地・事業者の連絡先:請求があり次第提供いたしますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。

●リターン価格:各リターン記載の通り
*商品内容についてはリターン欄記載の通り

※リターン価格とは別にCAMPFIRE(machi-ya)のシステム利⽤料として、⽀援⾦額1万円未満の場合は250円(税込)/ 1万円以上の場合は⽀援額の2.5%(税込)が⽀援者様の負担となります。
※上記システム利⽤料はCAMPFIREが受け取るもので、当社が受領するものではございません。
※⼿数料改定に関する詳細はこちら
●送料:送料込み
●対価以外に必要な費⽤:プロジェクトページ、リターンに記載のとおり。
●⽀払い⽅法:CAMPFIREの決済⼿段に準ずる。
●⽀払い時期:当プロジェクトは「All-in型」の為、⽬標達成の如何に問わず、ご契約が成⽴しリターンをお届けします。その為、お申込みと同時にご利⽤の決済⽅法に準じてご請求となります。
●引渡し時期: 各リターン詳細に記載の発送予定⽉を引き渡し時期とします。但し、開発・⽣産状況によって遅れが⽣じる場合がありますのでその際は当プロジェクトページ内の「活動報告」または購⼊者へのメール等で連絡します。
●キャンセル・返品: 当プロジェクトは「All-in型」の為、お申込み完了をもって契約が成⽴いたします。その為、お客様都合による返品・キャンセルはできませんのでご注意ください。
尚、製品到着後に破損や初期不良がある場合には交換させていただきますので「メッセージで意⾒や問い合わせを送る」から、または納品書記載の連絡先までお問い合わせください。
●ソフトウェアに係る取引である場合のソフトウェアの動作環境:該当なし
●その他記載事項:プロジェクトページ、リターン記載欄、共通記載欄をご確認ください。

  • 2024/02/26 11:13

    こんにちはCAMPFIREにおける「サイバーパック」のクラウドファンディングが昨日2月25日に終了しました。目標額に早々と到達し、その後も皆様のご支援が集まり、無事終了日を迎えた次第です。これからアメリカ・CYBERBRANDS社へ発注し、日本へ届き次第検品及び発送を順次行ってまいります。当初...

  • 2024/02/22 00:17

    こんにちはサイバーパックのCAMPFIREでのご予約は、2月25日(日)に終了です今日(21日)を入れてあと4日皆さんに支援されてここまで来ましたが、もう少しでお別れかもしれませんでも、引き続きサイバーシリーズは日本で販売していく計画ですし、ナカナカ雑貨店として他でもナカナカいいものをご紹介し...

  • 2024/02/15 09:06

    こんにちは!サイバーパックの公開もあと10日で終了です2月25日までです!いま、割引率20%のプランにはまだ余裕がございますこの価格でお求めいただける、多分最後のチャンス!すでにご予約いただいた皆様も、ぜひお友達に教えたりSNSで拡散お願いしますまた、サイバーラゲッジというスーツケースもクラフ...

このプロジェクトの問題報告はこちらよりお問い合わせください