創業560有余年 総本家駿河屋善右衛門の始まり
総本家 駿河屋善右衛門(京都伏見本舗)

今から560年以上昔の室町時代中期。

船着き場として栄えた「山城国船戸の庄」現在の京都伏見の郊外で初代・岡本善右衛門が「鶴屋」という名で饅頭屋を開いたのが、総本家 駿河屋善右衛門の長い歴史の始まりです。

【室町時代の主な出来事】
1467年:応仁の乱
1534年:織田信長が生まれる
1537年:豊臣秀吉が生まれる
1543年:徳川家康が生まれる
1590年:豊臣秀吉、全国を統一

時は南蛮からの白糖などの伝来によって、日本に新しい和菓子文化が花開きはじめた頃。

城下町として栄華を誇った京都・伏見でさまざまな菓子屋がしのぎを削るなか、当時珍しかった駿河屋の『紅羊羹』が豊臣秀吉に取り立てられ、諸国大名の絶賛を博したといわれています。

その『紅羊羹』を現代によみがえらせたのが『太閤秀吉献上羊羹』なのです。

ここ数十年、日本人の和菓子離れは深刻化しており廃業に追い込まれる菓子処も少なくありません。

この羊羹がきっかけとなり一人でも多くの人が和菓子に興味をもって頂ける機会となれば幸いです。

直系 「総本家 駿河屋善右衛門」

駿河屋系統図

560有余年という長い歴史の中で直系から分家、別家(のれん分け) など様々な駿河屋が全国各地で誕生し成長してきました。


オレンジ色の線が直系である「総本家 駿河屋善右衛門」

写真の駿河屋系統図でオレンジに長く続く線が直系を意味する「総本家駿河屋善右衛門」の証です。

※青の線は分家、緑の線は別家(のれん分け)を表します。

そして総本家駿河屋善右衛門を現在受け継ぐのは初代・岡本善右衛門の子孫にあたる23代目 岡本良太です。

初代岡本善右衛門の子孫「23代目 岡本良太」室町時代から令和に受け継ぐ想い
総本家駿河屋善右衛門 23代目 岡本良太

【ご挨拶】
室町時代に京都で生まれ、豊臣秀吉や紀州徳川家に愛された『総本家 駿河屋善右衛門』は、和洋折衷菓子のセカンドブランド『鶴屋善右衛門』を立ち上げるなど、常に新たな菓子作りにも挑戦しております。

「菓子と共に生きる」という言葉を大切に和菓子の更なる可能性を信じ、これからも精進して参ります。 

【商品紹介】太閤秀吉献上羊羹

太閤秀吉献上羊羹

太閤秀吉献上羊羹は、安土桃山時代、豊臣秀吉公の大茶会の引出物に使われたという総本家駿河屋善右衛門の「紅羊羹」を、京都・伏見本舗の職人が丹精込めて再現した羊羹です。

竹皮に羊羹を流し込み蒸し上げ、竹の良い香りとモッチリとした食感が特徴です。