WALDHOFF(ヴァルドホフ)は世界三大複雑機構のひとつ、トゥールビヨンを搭載したドイツ製の高級機械式腕時計です。

時計専門誌「TIME Gear」船平編集長に[Continental S]をレビューしていただきました!

過去7回のプロジェクトを実施させて頂き、その他も含め累計1億5千万円以上の多大なる応援を頂くことが出来ました。この場を借りて厚く御礼を申し上げます。

おかげさまで、『POWERWatch』『TIMEGear』といった業界に広く影響力を持つ腕時計専門誌にも取り上げて頂けました。

またWALDHOFFをお求め頂いたユーザー様からも多くの賞賛を得られましたことを大変うれしく思います。


この度、WALDHOFFの第3弾として同社が誇るトゥールビヨン腕時計[QUANTUM(クオンタム)]と[Continental S(コンチネンタルエス)]をご紹介できる運びとなりました。

[QUANTUM]はメカニカルなムーブメントの動きを存分に堪能できるスケルトンの腕時計です。

幾何学模様のシャシーの9時方向にトゥールビヨンを配し、正統派のデザインの中に大人の遊び心をくすぐる逸品に仕上がっています。

※ミドルケース(側面)はステンレススチールです。したがって、構造上スケルトンになっておりません。

[Continental S]は高級カスタムナイフに使われる「ダマスカススチール」をフェイスに用いた重厚感ある腕時計です。

ダマスカススチール特有の木目模様に硬質なデザインのステンレスボディ、そして窓から覗くトゥールビヨンが洗練された美しさを醸し出しています。



トゥールビヨンが完成したのは1795年頃。

親指の爪ほどの小さなキャリッジに100以上ものパーツを詰め込む構造は複雑さを極め、しかも各パーツは一説に1/1000mmと言われるほどの精度が必要でした。

さらに熟練の時計職人でさえ、製作には途方もない時間が必要だったため、当時の価格は家が一軒買えるほど。

クォーツ式の腕時計が現れるまで、正確に時を刻むトゥールビヨンは王侯貴族や資産家など富裕層のみが手にできる、まさに「成功者の証」だったのです。

WALDHOFF社では現在オートマチック(自動巻き)で採用されることが多いトゥールビヨンを手巻き式に仕上げているのが大きな特徴です。

自動巻きではゼンマイを巻き上げるローターが必要なため、ケースも必然的に厚みが生じます。

手巻きではローターが不要なので、より薄くスマートで洗練されたフォルムのケースデザインが可能になります。

また薄いケースは手首に巻いた時のフィット感も抜群。

さらにオートマチックではローターに隠れて見づらかったメカニックがより美しくクローズアップされています。

定期的にリューズでゼンマイを巻き上げる手間はありますが、その分腕時計に対する愛着が湧いていき、トゥールビヨンの素晴らしさをより身近に感じて頂けることでしょう。



WALDHOFF社の『トゥールビヨン・コレクション』は、高級腕時計で世界にその名を轟かすスイスのデザイナーが手掛けています。

[QUANTUM]はトゥールビヨンをはじめとしたWALDHOFF社の手巻きの機械式ムーヴメントの機能美を楽しむために、デザインを究極まで高めた作品です。

モース硬度9を誇るサファイアグラスの特徴を生かし、風防と裏蓋をサファイアグラスで仕立てた、近年トレンドのスケルトンデザイン。

風防のサファイアグラスは敢えてフラットに仕上げ、光の屈折による歪みを減少。

インダストリアルな雰囲気を醸し出しています。

サファイアグラスを挟むステンレスケースもエッジを丹念に磨き上げた丁寧な造り。

クリアなサファイアグラス越しに臨むムーブメントの精緻で規則正しい動きにきっと感嘆されることでしょう。

また[QUANTUM]ではスケルトンの特徴を生かし、ムーブメントの受け板をフレーム状にカットすることで機械のパーツをクローズアップしています。

シースルーバックで機械式時計の造形美が存分に楽しめ、背景まで透けて見える様は、まるでムーブメントが宙に浮いているかのような錯覚を覚えます。

もちろん高硬度を誇るサファイアグラスをケースサイドの形状に合わせ、高精度に磨き上げるには高度な技術が必要です。

WALDHOFF社の技術の高さが、このパーツひとつでもお分かりいただけるかと思います。

またフェイスはムーブメントのメカニックを生かすためインデックスはシンプルに、幾何学模様のシャシーでモダンなデザインに仕立てました。

さらに9時方向に配置したトゥールビヨンと2台の香箱に収められたゼンマイ仕掛けが個性を主張し、お洒落度も格段にアップしています。

[QUANTUM]はまさに技術大国ドイツの魅力に溢れた至極の作品と言っても過言ではありません。

さらにメカニカルな見た目と違い、とても軽い装着感。

ラグの部分が手首に沿って角度付けされているためフィット感も抜群。

文字盤越しに素肌が見えるので立体感も際立ちます。


[QUANTUM]ではイタリア製の高級カーフスキンレザーのベルトを配した3種類のバージョンをご用意しました。

カーフスキンレザーは生後3~6か月の子牛の革を鞣した柔らかなレザーで、手首に優しくフィットします。


英国王室の公式カラーであるロイヤルブルーであしらった作品です。鮮やかで目を引き、あなたの手首をお洒落に演出。ストラップも同色なので個性を重視する方におすすめです。


ケースとフェイスをシルバーで統一したスタイリッシュな作品です。トゥールビヨンのゴールドやジュエルがワンポイントとして美しく映え、ドイツ時計らしいインダストリアルな雰囲気を備えつつ、まるで宝飾品のような高級感を演出しています。


シルバーのケースにシックなブラックのフェイスというモノトーンが硬派な印象を与える作品です。幅広いファッションとコーディネートしやすく、フォーマルでもカジュアルでもあなたのイメージを格段にアップします。



[Continental S]はフェイスにナイフマニアの間で人気の高い「ダマスカススチール」を用いた重厚感と威厳に満ちた作品です。

ダマスカススチールとは古代インドにルーツを持つ金属で、シリアのダマスカスで製造技術が発達したダマスカス鋼からインスパイアされた鍛造鋼です。

ダマスカススチールは日本刀のように美しい木目模様が現れるのが特徴です。

武器として理想的な硬度と粘りがある一方、切断して加工するには不向きな金属です。

ダマスカススチールの美しさに魅了されたWALDHOFF社では試行錯誤の末、ようやく文字盤に加工することに成功しました。

メタリックで幻想的なダマスカススチールのフェイスと対比するように、インデックスと針は立体的な造形を持たせました。

角度によって煌めく様は見とれてしまうほどの美しさ。

硬質でエッジの利いたステンレス製ケースやベルトと調和し、力強く、まさに正統派の腕時計に相応しいトラディショナルな風格を醸し出しています。

もちろん裏蓋はシースルーバック。

軸受けのステンレスプレートにサンバーストの放射状のデザインを立体的に施した、まるでジュエルが星のように輝く高級感ある仕立てになっています。

またケースのベゼルは10角形、ミドルケースは8角形と複雑な造形で、それぞれ904Lと316Lの異なるステンレスを採用。

表面を鏡面仕上げ、サイドはヘアラインの艶消し加工を施し、立体感が際立っています。

さらに6時方向に配したトゥールビヨンが映え、ドイツ腕時計の伝統を継承したWALDHOFFならではの高級感と審美性を兼ね備えています。

装着も重厚な外見に反して意外なほど軽く、裏蓋がフラットなので心地の良い装着感。

ビジネスシーンはもとより、カジュアルシーンでも使いこなせるラグジュアリーなフォルムと色彩美を手首に装着した時、きっとあなたもその美しさに魅了されることでしょう。

[Continental S]では硬質なイメージのステンレス製ストラップを配し、3色のバリエーションをご用意しています。


シルバーのケースにロイヤルブルーのフェイスが鮮烈な作品です。ダマスカススチールの模様が海の波間のように幻想的な雰囲気を醸し出しています。カジュアルやスポーツシーンでもあなたのファッションをスタイリッシュに決めてくれます。


フェイスもストラップもブラックで統一した重厚感溢れる作品です。ダマスカススチールのいぶし銀の木目模様は、まるで漆黒の闇に光る日本刀。デキる男のギアとして、あなたの手元をカッコ良く演出します。


シルバーのステンレスケースにブラックのダマスカススチールが映えるシャープな作品です。全体的に上品で落ち着いた雰囲気を醸し出し、フォーマルなシーンでもダマスカススチールの模様が個性をさりげなく演出。汎用性の高い逸品です。


https://www.instagram.com/waldhoff_japan/

「公式Instagramでは、各商品タイプの画像を更新UPしておりますので、ぜひご覧ください!」

※以前、公式ウェブサイトと SNS では、試作品にて撮影した『ミドルケース(側面)がスケルトンに見える』画像、動画を一部ご紹介しておりました。本製品において、フレーム構造の外装パーツでサンドイッチされたミドルケースはステンレススチールです。したがって、『ミドルケース(側面)は構造上スケルトンにはなっておりません』ので、予めご了承ください。




WALDHOFF社はドイツの時計産業のメッカ、フォルツハイムに拠点を置く、新進の時計メーカーです。

フォルツハイムはスイスと国境を接し、戦前は軍事産業下で精密機械の生産で名を成した地。

現在はその技術を生かしヨーロッパ随一の時計産業の町として知られています。

高級腕時計のブランドというとスイスの名が浮かびますが、その生産はフォルツハイムをはじめドイツ国内で行っている場合がほとんど。

そのためWALDHOFF社も高級腕時計の生産に必要なノウハウを有し、徹底的な品質管理の下で腕時計の生産を行っています。

WALDHOFF社では1/1000mm単位の精度が必要なトゥールビヨンのパーツをドイツの先進的な技術で生産。

組み立ても腕時計専門の熟練職人が1点1点丁寧にパーツを組み上げています。

そして、ドイツらしい合理的な生産手法により、高級ブランドのトゥールビヨンに匹敵する精密さでありながら、一般消費者でも手が届く価格を実現しました。

もちろんWALDHOFF社はその品質に自信を持っており、生産した時計全てに個別の識別番号を付属。

末永くご愛用頂くために、万が一故障したとしても全世界からの修理に対応する国際保証サービスも付随しています。

メイド・イン・ジャーマニーの粋を感じる芸術品を、是非お手元でお楽しみください。



WALDHOFF社のトゥールビヨンはケースや風防といったパーツひとつ一つもこだわり抜いた逸品。

ケースは316Lステンレスを使用。

316Lステンレスは別名サージカルステンレスとも呼ばれ医療用ナイフにも使われる素材で、錆や腐食に強く、肌の弱い方が気にする金属イオンをほとんど発生しません。

またナイフでも傷つけられないほど堅牢なので簡単には傷つかず、末永くその輝きを保ち続けます。

風防のサファイアグラスはモアサナイト、ダイヤモンドに次ぐ硬度を持つ天然宝石サファイアと同じ結晶構造を持つガラスで、モース硬度も9。

釘はもちろん、砂に含まれる石英よりも硬いので、泥汚れなどが付着し布で拭いたとしても風防に傷はつきません。

インデックスと針は蓄光、フェイスにはミクロン単位で研磨したスイス製TriTecのルミナスダイヤモンドカットの針を配し、立体感を演出。

暗闇でもしっかりと時間を確認できます。

もちろんムーブメントも高性能。

[QUANTUM][Continental S] 共に秒針を回すテンプの回数は有名ブランドの高級腕時計にも使われるハイビートの28,800振動。

ムーブメントの歯車に使われるジュエルも[QUANTUM]では21石、[Continental S]では25石と贅沢且つ堅牢で狂いが生じない造り。

リザーブも[QUANTUM]では60時間、[Continental S]では72時間もあるので、小まめにゼンマイを巻き戻す必要がありません。

もちろんどちらの腕時計も3AMTの気圧防水仕様。

日常生活での水や汗で濡れる程度では壊れず、気兼ねなく装着して頂けます。



ドイツ本国でのWALDHOFFメカニカルサポートにて、修理・オーバーホール他を行うと共に、日本のサポーターの皆さまに、アフターでより一層安心していただく為に、国内にWALDHOFF修理センターを設置しています。

その運営実務については、国内有数の時計修理実績をお持ちの共栄産業株式会社様に担って頂いております。

具体的には、WALDHOFF腕時計のメカニカルサポートをWOSTEP取得者、 1級時計修理技能士、有名ブランド公認技術者など確かな技術と多くの経験と実績を保有する、総勢50名以上の技術スタッフの皆さまに行っていただいております。


「スイス方式アフターケア」について(共栄産業株式会社様コメント)

『当社はスイス製の機械式時計を中心に修理を行ってまいりました。

今ではハイエンドな機構の一種でもある、トゥールビヨンなどの超複雑時計から、一般的な機械式クロノグラフやクォーツ式時計の分解掃除や修理まで幅広く対応しています。

有名メーカーのスイスやドイツ本国の技術トレーニングや情報共有についても積極的に行っております。

工程別に分けられ、ラインに組み込まれる修理方法ではなく、一本一本の時計を各ウォッチメーカー(=修理技術者)が状態チェックから分解・洗浄・組立・注油・調整・最終チェックまで責任をもって行います。

時計から使い方やくせ、想いや歴史をウォッチメーカーが読み取り、お客様に合わせて心を込めて修理します。』


「充実の設備」について

共栄産業株式会社様は、時計修理の設備においても国内トップ規模の施設を有していらっしゃいます。

特に、緻密な作業が必要とされる、「トゥールビヨン」のような複雑な機械式時計の修理においては、専用の機器が必要不可欠です。

その必要な機器を海外から直接輸入し、他社にはない精密な検査と修理を実現していらっしゃいます。


共栄産業株式会社執行役員 細野観史様よりmachi-yaをご覧の皆さまへのメッセージをいただきました。

『どんなに良い時計でも、サポート体制がしっかりしていないと安心して購入することはできません。売りっぱなしで、いざ修理をしたくてもどこに持って行っても受け付けてくれない、、、、こんな寂しいことはありません。

WALDHOFFの時計はその点安心していただけます。思う存分、ハイエンドなトゥールビヨンという構造をお楽しみくださいませ。』

https://www.kyoeico.com/repair



また、今回WALDHOFFの第3弾[QUANTUM][Continental S]ご紹介にあたり、『TIMEGear』の船平編集長からコメントを頂きました。


クオンタムは近年、スケルトンウオッチでトレンドとなっているフレーム構造の文字盤を採用したモダンなデザインが特徴的。

トゥールビヨン自体は、専業メーカーである“Hangzhou”の機械を採用していますが、ドイツのフォルツハイムにある工房で時計のデザイン、組み立て、品質管理を行うことで高品質な作りを実現しています。

特に印象的なのがフレームの作りでしょう。フレーム自体がドイツブランドらしい堅牢で厚みのある作りであることに加えて、角を面取りして仕上げています。

仕上げ自体は機械で仕上げたシンプルなものですが、多面的に仕上げたことで、同価格帯の手頃な価格のトゥールビヨンと比べて、重厚で高級感のある質感になっています。

もうひとつのコンチネンタルSは何と言っても文字盤が印象的です。針とインデックスだけを配置したシンプルなデザインで6時位置にあるキャリッジのメカニカルな造形を際立たせつつ、年輪のような模様を備えたダマスカススチールを素材に採用することで独特の存在感を主張してくれます。

近年、手頃な価格のトゥールビヨンが数を増やしていますが、意外に没個性的なモデルが多いのも事実です。その点、この二つのモデルは、ドイツブランドらしい重厚でインダストリアルな意匠で、同価格帯のモデルにはない個性を主張しているのが魅力的です

TIMEGear(タイムギア)編集長
船平 卓馬 氏
時計専門誌“パワーウオッチ”の編集長を経て、カジュアルウオッチの専門誌である“タイムギア”の編集長に就任



※機械式腕時計の潤滑剤は、時間が経過すると酸化して粘性が増し、不具合の原因となります。5年を目安にオーバーホールしていただくことをお勧めします。

※機械式時計は磁気の近くで長時間使用すると、使われているパーツが磁気を帯び故障の原因となります。ご使用の際はマグネットブレスなど磁石を用いたアクセサリーとの併用を避け、磁石が無い場所で保管してください。

※[QUANTUM]はカーフスキンレザーのベルト、[Continental S]はステンレススチールバンドがセットになります(ベルトは選択できません)。
















 


私たちは、2021年9月、ドイツの腕時計ブランド「WALDHOFF(ヴァルドホフ)」を日本で初めて、machi-yaの皆さまにご紹介することが出来ました。

皆さまの多大なる応援と関係者の方々のご協力のもと、「THE IMPERIAL」「THE VANGUARD V8」と「Ultramatic Limited」の3アイテム、2つのプロジェクトは、支援総額55,294,900円という、予想を遥かに超える成果を収めることが出来ました。この場をお借りして、改めて御礼申し上げます。誠にありがとうございました。

そして、この度、待望の第3弾プロジェクトとして[QUANTUM]と[Continental S]をご紹介させていただくこととなりました。

今回もmachi-yaの皆さまには、ドイツの本格派トゥールビヨン「WALDHOFF(ヴァルドホフ)」の魅力が伝わり、ひとりでも多くの方々に応援していただければ幸いです。

また、永きにわたり[QUANTUM]と[Continental S]をご愛顧いただける、WALDHOFFブランドの良きサポーターになっていただければ、とても嬉しいです!



Q. ストラップは、他の腕時計にも使用できますか?

A. ストラップの「サイズ幅22mm」に合うものでしたら、レザー・ステンレススチール共に、他の腕時計でもご使用が可能です。また、ストラップには取り外しが簡単なスライドピンも付いていますので、専用工具がなくても交換していただけます。

※なお、ストラップ自体の保証はありませんので、予めご了承ください。


Q. 保証内容について、詳しく教えて下さい?

A. WALDHOFF全製品についての国際保証は、2年間となります。

この保証期間内では、WALDHOFF修理センター(東京・巣鴨)、またはドイツ本国のWALDHOFFメカニカルサポートにて、不良及び通常使用により自然発生した故障の検査、メンテナンスを行います。また、その費用と送料は全て当社が負担致しますのでご安心ください。

なお、部品交換につきましては、ドイツ本国のWALDHOFFメカニカルサポートにて対応いたしますので、予めご了承ください。

※国際保証書を紛失されますと保証内容が受けられなくなりますので、お気を付けください。


Q. 保証期間を過ぎたらどうなりますか?

A. 保証期間終了後は、有料での修理をWALDHOFF修理センター(東京・巣鴨)、またはドイツ本国のWALDHOFFメカニカルサポートにて承ります。

※なお、修理にて発生する送料はお客様のご負担となりますので、予めご了承ください。


Q. 今後のカスタマーサポートはどのようになりますか?

A. 修理、オーバーホール、メンテナンスなどのサポートは当社及びWALDHOFF修理センター(東京・巣鴨)、またはドイツ本国のWALDHOFFメカニカルサポートが責任を持って行いますのでご安心くださいませ。

なお、共栄産業様の本社、各店舗への修理持ち込みは受け付けておりませんので、予めご了承ください。

※保証外の修理、メンテナンスにて発生する費用、送料はお客様のご負担となりますので、予めご了承ください。


Q. 今後のカスタマーサポートはどこに連絡したらいいですか?

A. (info@carpediemjp.com)にお問い合わせください。

なお、カスタマーサポートは日本語にて対応しております。また動画にて日本語テロップ入りの取り扱い説明書をご用意しております。

※共栄産業様の本社、各店舗への修理持ち込みは受け付けておりませんので、まず初めに、(info@carpediemjp.com)に連絡ください。



『WALDHOFFの魅力を発信していますので、ぜひご覧ください!』

https://www.instagram.com/waldhoff_japan/

https://www.facebook.com/waldhoff.japan



リスク&チャレンジ

プロジェクトに関する情報 

・プロジェクトの属性:輸入商品 

・代理店によるサポート:製品保証2年間 アフターサポート 

・実行者(国):日本 

・企画国:ドイツ 

・製造国:ドイツ


国内倉庫まではドイツからの発送となり、国際普通便を利用しております。 通常3週間程度で配送されますが、稀に1か月を超えることもありますので予めご了承ください。 また、国内倉庫に到着後は、支援者の皆さまへのお届けまで1週間程かかる見込みです。

※並行輸入品が発生する可能性があります。個人輸入及び販路によっては防ぐことができない可能性がある点、ご了承願います。

※使用感などに関しては、感じ方に個人差が予想される製品でございます。そのため、使用感等に関する返品・返金はお受けいたしかねます。

※初期不良以外に関する返品・返金はお受けいたしかねます。

※デザイン・カラー・素材などの仕様が一部変更になる可能性がございます。

※モニター環境によって、画像の色が実物と異なって見える場合がございます。

※ご支援の数が想定を上回った場合、製造工程上の都合等により出荷時期が遅れる場合がございます。

※皆様から想定を上回るご支援を頂き、量産体制を更に充実させることができた場合、一般販売価格が予定価格を下回る可能性がございます。

以上の注意点につきましてあらかじめご理解とご了承いただいた上でご支援くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

最後に、本製品を手に取った皆様に喜んでもうえるよう、チームメンバー一同心を込めて対応していきますので、 応援よろしくお願い致します。

--

■ 特定商取引法に関する記載

◯ 販売事業者名: 株式会社カルペディエム

◯代表者または通信販売に関する業務の責任者の氏名:大竹秀明

◯ 事業者の所在地:〒104-0061東京都中央区銀座一丁目22番11号 銀座大竹ビジデンス2階 株式会社カルペディエム

◯ 事業者の連絡先:Tel: 03-6869-7024    メール: info@carpediemjp.com

※こちらでは当該製品に対するお申し込み、質問等は受け付けておりません。

◯ リターン価格:各リターン記載の通り

※ 商品内容に関してはリターン欄記載の通り

※リターン価格とは別にCAMPFIRE(machi-ya)のシステム利用料として、支援金額1万円未満の場合は250円(税込)/ 1万円以上の場合は支援額の2.5%(税込)が支援者様の負担となります。

※上記システム利用料はCAMPFIREが受け取るもので、当社が受領するものではございません。

◯ 申込期限:当ページ記載のプロジェクト終了期限通り

◯ 支払い方法:CAMPFIREの決済手段に準ずる(詳しくはこちら https://help.camp-fire.jp/hc/ja/articles/234485888 )

◯ 支払い時期 :当プロジェクトは「All-in型」の為、目標達成の如何に問わず、ご契約が成立しリターンをお届けします。その為、お申込みと同時にご利用の決済方法に準じてご請求となります。

◯ 引渡し時期: 各リターン詳細に記載の発送予定月を引き渡し時期とします。但し、開発・生産状況によって遅れが生じる場合がありますのでその際は当プロジェクトページ内の「活動報告」または購入者へのメール等で連絡します。

◯ キャンセル・返品: 当プロジェクトは「All-in型」の為、お申込み完了をもって契約が成立いたします。その為、お客様都合による返品・キャンセルはできませんのでご注意ください。尚、製品到着後に破損や初期不良がある場合には交換させていただきますので「メッセージで意見や問い合わせを送る」から、または上記連絡先までお問い合わせください。

◯ソフトウェアに係る取引である場合のソフトウェアの動作環境:特になし

◯その他記載事項:プロジェクトページ、リターン記載欄、共通記載欄(https://camp-fire.jp/legal)をご確認ください。

※上記以外の事項に関しては、お取引の際に請求があれば遅延なく提示いたします。

  • 2024/02/24 15:00

    こんにちは、WALDHOFF運営者です。皆さまのご支援のお陰にて、現在、支援総額1200万円を突破しております。これまでにご支援いただきました皆さま、「本当にありがとうございます!」この度、WEBメディア『LIFEHACKER』にて[Continental S]を掲載していただきましたので、お...

  • 2024/02/12 14:00

    こんにちは、WALDHOFF運営者です。皆さまのご支援のお陰にて、支援総額1000万円を達成できました!!これまでにご支援いただきました皆さまには、改めて御礼申し上げます。「本当にありがとうございます!」そして、WEBメディア『LIFEHACKER』でも[QUANTUM]を掲載していただきまし...

  • 2024/02/03 17:30

    皆さまのご支援のお陰にて、支援総額700万円を達成できました!!『WALDHOFFを本当に温かく応援していただきまして、誠にありがとうございます!』この皆さまの熱い支援の輪が広がっており、1月30日発売の時計専門雑誌『POWER Watch』にてWALDHOFFの特集を掲載していただきました。...

このプロジェクトの問題報告はこちらよりお問い合わせください