日本の伝統文化、匠の技を途絶えさせたくない。 そして、もっと日本の素晴らしい技術、世代を超えて受け継いでいける物を日本だけではなく世界へ向けて発信したい。着物を通して、日本とヨーロッパの架け橋になりたい。 そのために、ファッションショーという大きな花火をあげて、キッカケを作りたいと思っています。

プロジェクト本文


◆日本の着物を世界のファッションシーンへ

 

日本の伝統文化、匠の技を途絶えさせたくない。

そして、もっと日本の素晴らしい技術、
世代を超えて受け継いでいける物を
日本だけではなく世界へ向けて発信したい。

そんな想いを胸に、来る9月20日、
ミラノでのVogue Fashion's Night Out にて
着物のファッションショーを行いたく、
皆様のご支援を頂ければと思います。

  

 

 

素材の妙にこだわり職人技を重んじる、
日本の着物とイタリアのファッションに
共通点を見出し、以来、
イタリアに魅せられ続けています。



着物サービス“WAJAKU”を2013年に
ミラノで立ち上げたのも、着物を切り口に、
日本の文化をヨーロッパに紹介し、
マーケットを広げて、失われつつある
職人の手業を守りたいという気持ちと、





また、私がこうしてイタリアに
住むようになるほど惹かれたように、
なにかのきっかけで、海外の人に
日本という国を好きになってもらいたい、
という思いがあるからです。


 

その国の文化に惹かれたり、
その国の人と友人になったり、
そういう個人の経験の積み重ねが
平和につながるのではないかと思うのです。





いつか「着物とテキスタイルの美術館」を
イタリアに作ることが出来たら、
ファッションを学ぶヨーロッパの人たちに、
いつでも素晴らしい手業を見てもらうことが出来る、
そんな夢を描いています。



着物を通して、
日本とヨーロッパの架け橋になりたい、

まずはそのために、
着物ファッションショーという大きな花火をあげて、

知ってもらう、楽しんでもらう、カッコいい!
着てみたい!そんな風に思ってもらう
キッカケを作りたいと思っています。

 


 

WARIN スタッフ 

 

和寂代表:池田 眞美子 

================================================= 

WARIN スタッフ

着付けアーティスト : 福本 こうじ 

 

スタイリストとして、、、
Traditional / Change / Possibly という事を考えながら
スタイリングをしています。

古い着物でも少し着付け方法を変え、
ラインを変えればまた違う洋服として着る事が出来るという
可能性を信じて活動しています。

そして日本の伝統を形そのままで、違うスタイルとして世界に提案、
そして定着させたい!




=================================================

 

リターンにつきまして


ささやかではございますが、
皆様のお礼となりますリターンには、
プロジェクトへ賛同したアーティスト達の作品や、
ショーへの優先席を準備しております。

特に、アクセサリー作品は実際にファッションショーで使用されたものと
同じシリーズのものとなり、どれも手作りのため、
世界で1つだけの作品となっております。

 

 また、ポストカードに使われております写真は

ファッションショーとは別に、プロジェクト賛同チームにて
ベネツィアで撮影した作品となります。





中には、Vogue Italia の主催する写真コンペ部門で
認定された作品もございます。

今、現在、ポストカードとして手に入るのは、
このクラウド上のみとなっております。


集められた資金は、ファッションショーの運営資金等に
使用させていただきます。


ぜひ、皆様のお力添えをいただければと存じます。
何卒、よろしくお願い致します。

 

  • 2016/08/24 12:31

    皆様の応援を頂き、当初の目標の61パーセント、433600円という大きなご支援を頂き、クラウドファンディングを終了することができました。心より感謝申し上げます。ショーへの取り組みはFBなどを通じて、随時ご報告して参りたいと思います。最後まで見守っていただきますよう、何卒よろしくお願いいたします。

  • 2016/08/21 04:57

    皆様の温かいご支援で、目標の50パーセントを超えることができました!心より感謝申し上げます。日本時間8月24日午前0時が締め切りとなりますが、引き続き応援を何卒よろしくお願いいたします。

  • 2016/08/12 23:20

    皆様の温かいお気持ちで、ご支援が目標の40パーセントを超えることが出来ました。細かい情報はプロジェクト終了まで実は私どもにもまだ開示されておりませんが、そのメッセージやユーザーネームから推察出来る方々もいます。また、このプロジェクトに賛同してくださり、見ず知らずの私たちにご支援くださった方々も...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください