陸前高田のコミュニティカフェ「りくカフェ」を仮設から本設へ!

集まった支援総額
¥1,940,000
パトロン数
229人
募集終了まで残り
終了

現在194%/ 目標金額1,000,000円

このプロジェクトは、2013/08/01に募集を開始し、229人の支援により1,940,000円の資金を集め、2013/10/19 23:59に募集を終了しました

■陸前高田の憩いの場「りくカフェ」にご支援をお願いします!

はじめまして、「りくカフェ」の運営メンバー代表の吉田和子です。

このプロジェクトは、東日本大震災後、私を含む陸前高田の住民が多くの方のご支援を受けながらつくったコミュニティカフェ「りくカフェ」を、仮設から本設へ建て替えることを目的とするものです。

公式ホームページ:http://rikucafe.jp
公式facebookページ:http://www.facebook.com/rikucafe

rikucafe_01
▲仮設カフェ外観

rikucafe_02
▲仮設カフェ内観

地域の生活拠点・コミュニティ活動の拠点として成長しているりくカフェですが、様々な理由で近々建て替えを余儀なくされています。これまでに、寄付金や各種の助成金により建設費の7割程を集めることができました。今回、CAMPFIREを通じて残りの建設資金の一部をご支援いただき、より実現に近づけたらと考えています。りくカフェの活動を継続させ、より盛り上げていくために、皆さまのお力をいただければ嬉しいです。

プリント
▲仮設カフェでの活動の様子

たくさんのご支援やご協力のもと、順調に活動を続けてきた「りくカフェ」ですが、現在使用している建物が仮設の建築物のため、様々な問題を抱えています。

<仮設建築物の問題点>
・使用期限が限られている(平成26年3月まで)
・計画中の復興道路が現在のりくカフェの敷地を通る可能性がある
・せまい(約34㎡)
・トイレがない
・流しはあるがコンロがない
・従業員のためのスペースがない

仮設カフェ平面図
▲仮設カフェの平面図

本設カフェでは、こうした問題点を解決し、思う存分地域の拠点として活動できるようにしたいです。これまでの活動の勢いを継続させていくために、ぜひともご支援をよろしくお願いします!

■目標金額

建物の建設にかかる費用は、約1,800万円と想定しています。
現在、助成金や寄付金などで約1,250万円の建設資金が集まりました。
残りの建設費を集めるため、引き続き寄付金や助成金を集める活動を行っておりますが、今回はそのうち100万円以上を、CAMPFIREを通じて募りたいと考えています。

■リターンについて

りくカフェより、心をこめたお返しをいたします。
また、金額に関わらず、ご支援いただいた皆様のお名前を本設の建物に刻ませていただきます。
※ご不要の方はご連絡ください。

・オリジナル/プレミアムポストカード
東京と陸前高田で活動するアートディレクター大内裕史氏によるデザインのポストカードです。
オリジナルは1杯分、プレミアムは10杯分のドリンクチケットとなっております。
また、2014年春に開催予定のオープニングパーティーへの招待状を兼ねておりますので、これを機会に、ぜひりくカフェに足を運んでいただけるとうれしいです。
※交通費は各自ご負担をお願いいたします。

rikucafe_05
▲ポストカードのイメージ(デザイン作成中)

・オリジナルマグネット
陸前高田の木材を使用して製作した、ロゴ入りのマグネットです。
※2種類のうちいずれかをお送りいたします。

rikucafe_06

・りくカフェオリジナルブレンドコーヒー
岩手県平泉市の事業所「たけとんぼ」さんで焙煎していただいている、くせがなく飲みやすいオリジナルブレンドのコーヒー豆です。ドリップコーヒーやアイスコーヒーもご用意しております。ご支援額に応じていずれかをお送りさせていただきます。

プリント

・オリジナル/プレミアムギフトセット
ご支援額に応じて、コーヒーや人気の地場産品などを詰め合わせたギフトセットをお送りいたします。

プリント
▲ギフトセットの一例

■りくカフェとは?

「皆が気軽に立ち寄れる、まちのリビングのような場所を作りたい」という私たちの思いに多くの皆さんが賛同してくださり、2012年1月に仮設のコミュニティカフェ「りくカフェ」をオープンすることができました。以来、地域の憩いの場となるとともに、コンサートや習い事など様々なイベントを開催してきました。また、県内外・海外からも多くの方が訪れるようになっており、被災地での情報共有・発信の場としても活用されています。昨年の秋からは生協の移動販売車が毎週来るようになるなど、地域の生活を支える拠点としても大きく成長しています。

プリント

■本設カフェの設計について

・配置計画
現在仮設カフェがある場所から少し離れたところで本設の建設を始め、竣工後に仮設から本設へ移行することで、カフェの営業が途切れないようにします。

rikucafe_10

・建築計画
必要十分な厨房設備やトイレを備える上、より多様な活動を受け入れることができる、広がりをもった空間をつくります。

プリント
▲計画中の本設カフェの平面図と模型写真

■リンク

詳しいプロジェクトの経緯や、これまでの活動については下記のリンク先よりご覧いただけます。

公式ホームページ:http://rikucafe.jp
公式facebookページ:http://www.facebook.com/rikucafe

皆さまのあたたかいご支援を、どうかよろしくお願いいたします。

rikucafe_12