イカ!タコ!みんなで盛り上がる簡単ルールのオリジナルゲームを開発しました。



1.  時代劇でもおなじみ「半か丁か」ゲームを、「イカ」と「タコ」に変えてみました。

2. 「イカ」と「タコ」を選んだあとは、「調理カード」をめくって点数が変わります。

3.  短時間で「一か八かのドキドキ感」が楽しめるお手軽ゲーム。





・「イカ」か「タコ」どっちかを予想して、点数を賭け合い最後に、得点が多かった人が勝ちとなります。

・調理カードは、イカかタコの点数が上がります。※調理カードが当たらないと点数は入りません。

・10回勝負を想定しております。


・イカタコカード 2種20枚

・調理カード   10種20枚


・点数駒(点数コマ)   100個 (1個1ポイントの駒)

100個 (1個1ポイントの駒)

◆対象人数 2人~6人

◆対象年齢 6歳~

◆プレイ時間 10分程度

1.) 各プレーヤーに「10点」の駒(点数コマを10個)を配ります

➡残りの駒はポイント補充時に使う『ストック用駒』

2.) プレーヤーは、シャッフルして山に伏せている「イカタコ」カードから「イカ」か「タコ」を予想します

          「イカタコ」カード

3.) 予想したら、もっている駒(点数コマ)を賭けます➡最高で3点まで


4.) めくってイカかタコが出ます。

イカorタコのいずれかが出る

5.)さらにシャッフルして山にして置いていた「調理カード」をめくります

➡調理カードは「イカ」か「タコ」か予想が当たった場合のみ


➡「動画」イカかタコを予想してカードをめくり、さらに調理カードをめくる


➡イカ(タコ)が出てれば、イカ(タコ)の料理のイカ(タコ)の数の倍率が点数となります

➡イカ1 タコ1 カードはどちらが出ても点数になります。


6.) 1人を除いてプレーヤーの点数(手持ちの点数コマ)が全てなくなるか?

10回戦の結果

➡点数を1番稼いだプレーヤーの勝ち


1.プレーヤーは「イカ」か「タコ」か?予想する ➡この場合は「イカ」

2.点数を賭ける「今回はイカに2点」(3点まで)
所持している駒から2点(2個)を賭けて置く


駒2つで2点


3.「イカタコ」カードの山の一番上をめくる



◆イカに賭けて、「イカタコ」カードの‶イカ”が出てきた場合

4.めくったカードが「イカ」の場合➡調理カードをめくる権利あり

5.「調理カード」をめくって「イカ」に関するものなら、そのカードの「イカ」の数と、賭けた駒の点数を掛け合わせた数が得点となる


画像例では、イカに2点賭けて、調理カードは「イカ2」なので、2×2=「4点」を獲得する。

補充時に使う『ストック用駒』から4個の駒をもらい4点を獲得、

同時に、先ほどイカに賭けていた2点(2コマ)も返還される。

よって手元には計6点(6コマ)が増えたことになる。

画像ちなみに、たこ焼きは点数が3倍ですが、イカに賭けていた場合は、「調理カード」をめくって「たこ焼き」が出たら、調理ができないのでイカに賭けた駒(点数コマ)は全て没収となります。例では、イカに2点賭けていた駒(点数コマ)2つは没収。

自分の所持している駒(点数コマ)が2個減ります。

手元に残っている駒(点数コマ)が、全てなくなってしまった時点で、そのプレーヤーはゲームオーバー。

10回戦までゲームを続けて勝負。

➡「動画」イカに賭けて、「イカタコ」カードの‶タコ”が出てきた場合


めくったカードが「タコ」の場合➡調理カードをめくる権利ナシ

イカに2点賭けていた駒(点数コマ)2つは没収。

「調理カード」をめくる権利はなく、そのまま1回戦目は終了。

続けて、2回戦目へ挑みます。

10回戦までゲームを続けて勝負。


➡もう一度「動画」で確認ください




とある飲み会の最中

イカの刺身を注文しまして

透明なイカ刺身ではなかったですが

「透明なイカ刺身」は最高だねと

「イカはいいねぇ」となりまして

盛り上がったのですが

「タコ」はタコでよくない?

なんと言ってもたこ焼きがあるもんね

となりまして

イカタコ闘争が勃発したところでこの「イカタコどっち?ゲーム」を思いつきました。

このゲームは「半か丁」かの丁半ゲームの博打的な要素もありながら身近にある好きなものを題材にしたものです。

妄想では、とても面白い光景が広がっておりますがどうでしょう?


このプロジェクトの問題報告はこちらよりお問い合わせください