牛乳、ビール、シャンプー、歯磨き粉、トイレットペーパーなどなど、生活に必要なものを切らしてしまって困まった経験はありませんか? もう残りの量を気にする必要はありません。あなたの最適な買い時をお知らせします。買い足し必需品が切れそうにな時にお知らせしてくれるサービスを開発させてください。

プロジェクト本文

▼はじめにご挨拶

はじめまして、深海(ふかみ)と申します。

私はIT業界で仕事をしてきて、独立後にアメリカと日本で会社作って新しいサービスを作ってきた創業者兼エンジニアです。

今まで世に出してきたものは、スマホアプリやWebサービスが多く、サービスを使ってくれるユーザーは一般的な方々から企業まで幅広くやってきました。



今は、今までの経験をもとに企業さんにアドバイスしたり人に教えたりしながら、生み出したサービスの運営と新しいサービスのアイデアを実現に向けて取り組んでいます。

今回、新しいサービスアイデアの1つを皆さんに紹介して、「これ欲しい!」と思っていただいた方から開発するための資金を集めたいと思いプロジェクトを作成しました。

▼このプロジェクトで実現したいもの

あなたの日常から「買い忘れた。。」をなくす、「買い忘れ防止サービス」を開発したいと思います。

買い忘れたくない商品を登録すれば、使い切りそうな時期のちょっと前にお知らせするようなサービです。

使っているうちにサービスが学習して、最適な購入時期でお知らせするようになります。システムが学習する部分には、AI(今流行りですね :-))を使います。

▼プロジェクトをやろうと思った理由

私はなるべく家のことも嫁さんと同じようにやりたいと思っていて、日用品の買い物もやります。

で、結構まめにスーパーに行って買い物するのですが、それでも牛乳とかシャンプーとか切らして焦るみたいなことが起きてしまいました。

買い足し必需品というか「いつもあってほしいもの」って結構あげてみると多くて、その全ての残量を常にチェックしてなくなる前に買うというのは大変で、記憶を頼りに続けていては買い忘れはなくならないなと思いました。

▼買い忘れ防止のためにいくつかサービスを使ってみた

買い忘れをなくすために、今あるサービスのいくつかを使ってみました。サービス名は具体的に挙げられませんが、定期購入するものや買い忘れ防止サービスと最安通知してくれるようなサービスです。

しかし、2ヶ月ほどたって以下の理由で使わなくなりました。

1. 定期購入できる対象商品が少ない

2. 1ヶ月サイクルでしか購入できない

3. 買い忘れ防止に特化していない

特に購入サイクルが1ヶ月単位なのでなくなるだいぶ前に買わないといけなかったり、通知に対して都度購入時期の変更をするのは結構な手間でした。

ということで、残念ながら使い続けられるような買い忘れ防止サービスはまだ世の中にないようなので、自分で解決してみることにしました。

▼自分でトライ 小さなスクリプトを動かしてみた

自分で作ってみようということで、簡単なプログラミングをして(Rubyスクリプト)手元のMacで動かすことにしました。

あまり作りすぎずにサクッと行きたかったので、「各商品の無くなりそうになる数日前に買い時ですよとお知らせしてくれる」だけでとりあえずOKで、大体の使い切る日数を商品ごとにあらかじめ決めて、数日前になったらメールでお知らせするようにしました。

これを動かしはじめて6ヶ月ほどになりますが、買い忘れを防止できてとても便利です。

残量を気にすることなくメールの通知を待つのみで、通知が来れば買い物すればOK。本当に買い忘れがなくなりました。

ただ、改善点としては、購入した日時を入力するのにファイルを編集するが手間だったり、購入サイクルを自動的に変動できるともっと便利だったりという点がありました。

確かに便利だったので、多くの人に使って欲しい!というエンジニアとしての思いと、でも同じように買い忘れをなくしたい人がそんなにいるのだろうかという不安がありました。

サービスを使ってみたい!と思う方がそれなりの人数いらっしゃるならば、使えるような状態に開発して世に出してみよう!というのが今回のいきさつです。

▼資金の使い道

皆さまが使えるような状態にするための開発費になります。

開発に必要な環境準備やリリース後のサーバ台などは私の会社で負担します。

私も仕事の合間で開発しますが、それだと時間がかかりすぎるために友人のエンジニアも一緒に開発してもらいます。開発費は彼らに支払うお金になります。

あまり過度に作りすぎずリリースしたいと思いますが、学習機能を持たせない初期段階で3人月、AIを含む最終段階まで全体で最低でも6人月と見積もっています。

だいたいエンジニアの開発費はひとり1ヶ月80−100万円なので、低く見積もって

80万円/月・人 x 6ヶ月 = 480万円

となります。このうち3割分を私が仕事の合間に開発する(無給)として、

480万円 x 2/3 = 320万円 が今回必要な金額となります。

▼使ってみたい方は是非表明&シェアを

お金があって使ってみたい!という方は、是非リターンを購入いただければです。

お金がないけど使ってみたい!という方は、お気に入りの登録とTwitter, Facebookへのシェアを是非お願いします。

コメントもいただけると開発メンバーの励みになります。是非お気軽にいただければです。

今回のプロジェクトは単にお金集めを目的にしているのではなく、「使いたい人が十分いる」ことも同時に確認したいと思っています。

このため All-or-Nothing 形式にして「目標金額に未達成 = 使いたいと思う人がいなかった」と判断して開発を行わないことにしています。

是非使ってみたい皆さんで広めて金額達成をともに作れたらと思います。

▼リターンについて

お金をかけれないのでグッズなどは配れないのですが、使ってみたいと思た方が一緒にサービス開発に関われたり、リリースした時に一緒に喜び合えるような仕組みになれば良いなと思って考えました。

▼達成した場合のサービス開発運営と母体について

サービスをリリースする場合やはり運営責任が個人にあるとリスクになりますので、私が代表をしている株式会社プレイヤーズファーストで運営やメンテナンスを行います。

株式会社プレイヤーズファーストは、現在オリジナルWebサービスの開発と運営(現役アスリートの月額スポンサー募集サービス : Players1st)をしていて、課金サービスや企業さん相手のコンサルティングなどを行っています。 

▼最後に

同じ課題を持っていて、解決したいと思っている皆さんと一緒にサービスを作れたらと思っています。まずは使ってみたいと思っていただけたら、お気に入りにポチッとしていただければ私や私のチームが喜びます。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください