2017年、演劇ワークショップを通じて出会った香川県の高校生たちにより企画。 自分たちの手で作りあげる舞台の楽しさを体現し、県内の高校生演劇を盛り上げることを目的する。 合言葉は「みんなの夢は皆さんの夢」。これまで2回の公演を行い、観客動員数は延べ400人。

プロジェクト本文

▼はじめに

はじめまして、香川県の高校生演劇集団『みんなの夢企画』です。この度、9月公演の資金調達のためにクラウドファンディングによって皆様からの支援を募る運びとなりました。よろしくお願いします。

▼発足の経緯

現在、香川県の高校生演劇はお世辞にも盛んとは言えません。しかし、その原因は県内にいる演劇をやりたい高校生が他都道府県のそれに比べて少ないなどではなく、高校生たちの演劇に対する熱をぶつける舞台が少な過ぎるからです。「学校に演劇部がない」「高校生参加の可能な劇団がない」そんな環境が香川県高校生演劇の発展を妨げています。

私たちも1年前は、そんな現状の中で「演じる」という夢を諦めかけていた高校生でした。しかし、演劇ワークショップで偶然今のメンバーたちと出会い、県内には同じ状況に置かれている人がたくさんいる、と気付いたのです。そして『舞台がないなら仲間と共に創ればいい』そう思いついた私たちは、この企画を発足させるに至りました。

▼目的とそれに対する意気込み

この企画の目的は『香川県高校生演劇の活性化』です。

私たちは過去2回の公演で観客の皆さんから「また来るよ!」「次の公演はいつ?」といった言葉を多くいただきました。また、高校生の観客の方から「参加したい」と声をかけていただくこともありました。そういった経験を通して、今私たちの中には『みんなの夢はみなさんの夢』という共通認識が生まれています。私たちの夢はみなさんのために演じること、みなさんの夢は私たちみんなで創りあげた演劇を観に来ること。小さいかもしれませんが、そこには一方通行でない確かなつながりが存在します。私たちはこの輪を広げ、みんな一丸となって香川県の高校生演劇を盛り上げることを約束します。

▼なぜ支援が必要なのか

みなさんからの支援は主に2つの用途に使わせていただきます。

まず1つ。私たちは過去2回の公演で約400人の観客を動員しました。しかし、多くは社会人の方であり、学生の方はほとんどいらっしゃいませんでした。私たちが出し合った金額では駅から遠い、車以外で来ることが出来ないようなホールしか借りられなかったからです。実際に高校生の方から「なぜ駅の近くのホールを使わないのか」等の意見もいただきました。そのため、今回の公演は学生の方も気軽に足を運べる、駅近のホールを借りる予定であり、その使用料。

そして2つ目。私たちは資金難のためにこれまで屋内の練習場所を確保できず、屋外で練習を行ってきました。しかし、公演で観客の皆さんに最高のパフォーマンスをお見せするためにも、熱中症のリスクと隣り合わせである屋外での長時間練習は避けたいところです。よって屋内練習場の使用料。

その他の雑費は私たちでなんとか捻出出来るのですが、この2つに関してはどうしても不足が生じるため皆様の支援を頼りたいと考えています。よろしくお願いします。

▼これまでの活動

秋の旗揚げ公演(9月)

春の卒業公演(3月)

▼リターン

・公演DVD(電子メール等による動画の送付も可)

・メンバーによる手書きのお礼状

・前方席優遇(公演を観に来ていただける方)

▼ギャラリー

▼最後に

みなさん、私たち『みんなの夢企画』と一緒に香川の高校生演劇を盛り上げていきましょう!!

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください