詩・音楽・写真… 芸術はいつまでも無限の可能性に満ちていて欲しい。もっと気軽に、身近に、「あ、これ好きだな」って思える素敵なきっかけになりたい。

プロジェクト本文

Poetry with Music

芸術大学に通い勉強していると、いろんな声が聞こえます。

「芸術は難しい」

「こんなこと勉強して将来どうするの」

そんなとき私は言葉を失ってしまいます。

機械化が進むこの"平成"という時代に、古代から途絶えることのなかった「芸術」という分野は、生まれ育った環境や知識の量を超えて、誰もが自らの感覚で信じることのできる素敵な分野だと思います。

今回のイベントや詩集を通して、「あ、これ好きだな」って思える素直な気持ちを、1人でも多くの人が感じてくれたら嬉しいです。

 

【イベントの詳細】

Poetry with Music 

2018/6/29 Fri.

19:00開場 19:30開演

¥1,500 (1drink&sweet付)

@Jazz茶房青猫

↓↓↓

1部では詩集の中のいくつかに即興で曲を付け演奏。朗読をしつつ、後ろで詩のイメージの曲が流れる。

2部ではピアノ・ウッドベース・カホン・サックス・ボーカルでJazz演奏。これはそれぞれの英詞を超訳したものを朗読→英詞で演奏。

Fly me to the moon

The girl from Ipanema

Take the "A" train

Moon river

…など

 

朗読の際に詩が文字媒体で手元にあると良いなと思いから、詩集を制作中。貰って嬉しい1冊の素敵な本にしたいので、写真も挿入したい。

 

会場は愛知県名東区にあるジャズ喫茶「Jazz茶房青猫」。前回はクラシックとジャスの2本立てでコンサートを開催。

昼間は喫茶店としてお茶やランチが楽しめ、夜はバーのような雰囲気でお酒も楽しめる。

 

【資金の使いみち】

◯ピアノ調律代

◯詩集制作代

◯フライヤー制作代

 

【リターンについて】

下記の通りです。

もしイベントにお越しいただける場合は、ご連絡いただけましたら1番良い席を確保させていただきます。

ただ、チャージはお店への会場費・ドリンクやスイーツ代も兼ねておりますので、お納めいただきたく何卒よろしくお願いいたします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください